当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

スピルバーグもサインを求める!世界に影響を与えるゲームクリエイター「鈴木裕」

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/11/29

j425

日本を代表するゲームクリエイター、鈴木裕。彼はテレビゲームの熱心なファンからは神のように尊敬されている存在です。15年以上前の傑作ゲーム「シェンムー」には世界中から続編を熱望されています。

01

ゲームクリエイター「鈴木裕」

1958年生まれの鈴木は大学で当時は珍しかった三次元コンピューターグラフィックス(3DCG)の研究を行い、ゲームメーカーのセガに入社します。

早くから才能を発揮し、入社2年目の1984年には初のデレクター作品の「チャンピオンボクシング」をリリース。 3DCGを追求しながら次々にヒット作を生み出します。

1990年代になると「バーチャレーシング」や「F355チャレンジ」、「バーチャファイター」等のリアルなゲームを他社に先駆けて発表し、特に「バーチャファイター」シリーズは社会現象化したと言っていいでしょう。

彼の開発したゲームは一般家庭だけでなく、アーケード・ゲーム(ゲームセンター向け)でも革新的な発展を続けていきます。

初の体感ゲーム「バイクオン」も鈴木の作品。これは実際のオートバイレース、GP500(ロードレース世界選手権500ccクラス)をモチーフにしたゲームです。

更にフェラーリ社から正式ライセンスを受けたカーレース「F355チャレンジ」が大ブレイク。当時はまだ貴重だった大型モニターを3つ使い、クラッチや6速シフトが付いている本格的なマシーンだったのです。

大ヒット作「シェンムー」

1999年、彼の名声を世界中に轟かせた超大作「シェンムー」がリリース。総制作費はなんと70億円とも言われています。各国の賞を受賞するなど、世界中で絶賛されます。

2003年にはゲーム業界で最も権威のあるAcademy of Interactive Arts & Sciencesの殿堂入りしています。これはスーパーマリオの宮本茂、ファイナルファンタジーの坂口博信に続く日本人として3人目です。

あの映画監督のスティーブン・スピルバーグが鈴木にサインを求めたというから凄いですね。この作品がその後のゲームに与えた影響は計り知れません。なお、2001年には制作費20億円をかけて「シェンムー2」がリリースされました。

02

03

鈴木の創りだすリアルなゲームは自身の体験が基になっています。例えば「F355チャレンジ」のF355(フェラーリのスポーツカー)は鈴木の愛車。また、格闘技ゲームの開発のため、中国の少林寺などで実際の武闘家の動きを学んでいます。

プロのレーサーや格闘家達が舌を巻くほどディテールへのこだわりよう。彼の追求したリアル感はゲーム業界のレベルを飛躍的に高め、近年では実際のパイロット訓練(シミュレーター)などにも応用されています。

鈴木裕と「シェンムー」を紹介する動画には多くのコメントが寄せられています。

鈴木さんがいなければ「シェンムー」 は世の中に出なかった。
あの名作を作ったのがこの男か・・・
「シェンムー」を完結するまで絶対に死ねない(笑)
すごい技術力だ!!感動しました。
世界最高のゲームシリーズ。次回作が楽しみ!!
何故このゲームは未完なんだ!?俺は消化不良のままだぜ!
世界は「シェンムー3」を待望している。
この作品は格闘&冒険ゲームの金字塔だ。
私はいつまでだって「シェンムー3」を待ち続けるぞ。
インタビューで鈴木さんが着ているジェケットは芭月涼(ゲームの主人公)の物と同じだ。
これに匹敵する名作は「メトロプライム」か「悪魔城ドラキュラX_月下の夜想曲」ぐらいかな・・
「シェンムー2」の不振は内容が悪かったのではない。プラットフォームが悪かったんだ。
プラットフォームはゲームにとって永遠の課題だね・・・
鈴木先生の作品は芸術の域に達している。
この作品が私にゲームの楽しさを教えてくれた。
次回作はどのプラットフォームで発売するんだ??ドリームキャストはもう撤退しているし・・・
マイクロソフトがシェンムー2を買ったからXBOXじゃないの?
ソニーのプレステだって聞いたぞ。
もし俺が宝くじに当ったら、セガに「シェンムー3」を作ってもらう。
今のセガが大金を投資してまでソフト開発をするかな?
みんなでお金を出して「シェンムー3」 の開発費をだそうぜ!
そうだそうだ!世界中のファンが出資すれば作れるはずだ。
鈴木氏はゲーム界のJ・K・ローリング(ハリーポッターの作者)!!
鈴木氏はゲーム業界のカリスマ的な存在です。
そう、彼はもう伝説になっているね。
みんなあまり言及しないけど、このゲームの音楽も群を抜いて素晴らしかった。
違法ソフトを買わない、買わせないようにしようぜ。クリエイターの成果が実らないとゲームはできない。
「シェンムー」の出現は衝撃的だった。それまでのゲームの概念を変えた!
セガはWEBサイトで世界中から出資者を募ればいいのに。絶対に出資金は集まるよ。
つくづく鈴木裕は本物の天才だと思う。
鈴木氏がセガを退社したニュースを聞きました。今後の彼の活躍に目が離せない。
これが15年以上前の作品とは思えないレベルの高さ。
嫁を売り飛ばしてでも「シェンムー3」が欲しい(笑)
彼はキックスターターで制作資金が集まったと聞いたぞ!凄い!
私も出資したよ。このプロジェクトに参加できたことは光栄だ。
シェンムー3のプロモーション動画を観たけど、画質が大幅に向上しているね。待ち遠しい!

待ち望まれる「シェンムー3」

セガが「シェンムー3」を開発できなかった理由は「シェンムー2」の不振にあると言われています。ただその原因は、セガのハードウェア(マシーン)からの撤退がアナウンスされた後でのリリースだったためです。

セガはハードウェアで任天堂(Wii)やソニー(PlayStation)、マイクロソフト(Xbox)に敗れ、資金的にも苦しくなっていたのです。

長年勤めたセガから独立した鈴木は2015年、クラウドファンディングのキックスターターで「シェンムー3」の開発資金を世界中から募ります。

応募開始から僅か1時間44分で100万ドル、8時間半で目標額の200万ドルが集まるという驚異的な記録を達成したのです。最終的には7万人近くの人々から630万ドル(約8億円)以上の資金が集まりました。

これはキックスターター史上歴代6位の出資金額。資金を得て、2017年末頃の完成目標で開発が続いています。「シェンムー2」のリリースから15年ほど経っていますが、今なお世界中で鈴木の最新作を待ち望んでいるのです。

(参考)https://en.wikipedia.org/wiki/Yu_Suzuki
https://www.kickstarter.com/projects/ysnet/shenmue-3/description

シェンムーは初めて聞いたけど、嫁を売り飛ばしても欲しいぐらい魅力あるゲームなんだぁ。それは面白いに違いない!

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年11月29日 10:25 PM

    livearcadeで1と2出してくれないかな
    3も出たら買うんだが

  2. 日本の名無しさん
    2016年11月29日 10:37 PM

    シェンムーはオープンワールドが持つ可能性を知らしめた作品だから後世に語り継がれるだろうね

  3. 日本の名無しさん
    2016年11月29日 11:20 PM

    シェンムーやったなあ
    2のミニゲームが好きでそればっかやってたきがする

  4. 日本の名無しさん
    2016年11月29日 11:28 PM

    どうでもいいけど任天堂(Wii)は時代が合ってないwwマイクロソフト(Xbox)は時代的にはギリOKだけど直接的な影響じゃない

  5. 日本の名無しさん
    2016年11月30日 1:24 AM

    「街を歩いた時、何回壁に当ったかを裏でカウントしてる」と何かで読んだ記憶がある
    凡人では作り出せなかったゲームだと思う

  6. 日本の名無しさん
    2016年11月30日 10:34 AM

    ずっとタバコ屋でガチャガチャ
    朝から晩までゲーセン

    バイト先のフォークリフトレース

    たしかこんなゲーム

  7. 日本の名無しさん
    2016年12月2日 6:20 PM

    ×「バイクオン」
    ○「ハングオン」
    ハングオンもバイク用語としては間違ってるけどね。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.