当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【動画あり】60年たってもまだ現役!「死の鳥」と恐れられた名機の実力

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/15

W424

ストラトフォートレス「成層圏の要塞」 の名で知られるアメリカのB-52は、半世紀以上も第一線で活躍する戦略爆撃機です。

恐るべき戦略爆撃機

「戦略爆撃機」って言葉を聞いたことがありますか。爆撃機といえば、爆弾を落とす軍用機の事。戦略爆撃機とは第二次世界大戦中にアメリカが生み出した概念です。

相手が戦争継続をできなくなるように、敵のすべてを攻撃目標する爆撃機なのです。

アメリカはB-29というプロペラ式の長距離戦略爆撃機を開発します。そして東京大空襲、広島・長崎の原爆投下など、日本中を焦土にしたのです。しかし戦後すぐに、プロペラ機からジェット機の時代に変わってしまいます。

1955年、アメリカはジェット式の長距離戦略爆撃機、B-52の実戦配備を始めます。当時はソビエトを仮想敵国とした核戦争を想定した設計・運用がされたんです。

この核攻撃には大陸間弾道ミサイル、戦略型原子力潜水艦と戦略爆撃機(B-52)の3つが作戦の要だったのです。

けれども、ベトナム戦争において通常爆弾による戦闘の重要性が再認識されます。アメリカ空軍はB-52を核爆弾と通常爆弾の双方を装備できる機体に変更し、北ベトナムに絨毯爆撃を加えるのです。

09
横幅56mの巨大な爆撃機ですが、搭乗員はたった5名(操縦士と副操縦士、電子戦士官、レーダー航法士、攻撃システム士官)だけです。

見た目は旧式にも関わらず、最新のレーダーや武器、電子システムなどを装備しています。航続距離は16000kmあり、空中給油を受ければ、世界中のどこにでも無着陸で移動ができます。

08

60年経ってもいまだ現役

B-52は湾岸戦争でも大活躍をします。トマホークなどの精密誘導兵器がクローズアップされた戦争でしたが、最終的にはB-52による絨毯爆撃が決定打だったのです。

また爆撃機と言っても、最新型のミサイルも搭載しているので、地上・海上、空中の敵をピンポイントで攻撃する能力もあるんです。まさに「成層圏の要塞」ですね。

B-52の後継機として、ステルス性の高いB-1、B-2が開発されています。でも、あまりにもコストが高すぎて、十分な量産はされていません。

アメリカはコストパフォマンスが優れたB-52を、2045年まで運用するそうです。つまり約90年間使い続けるということです。アップグレードや部品交換を繰り返しているので、製造時の部品はほとんど残っていないそうです。

いまでも第一線で活躍するB-52には、世界中の人々から注目されています。その中の一部を紹介しましょう。

B-52ストラトフォートレスは長距離で、超音速のジェット推進型の戦略爆撃機だ。この爆撃機は32トンもの爆弾を搭載できるんですよ。
圧倒的な軍事的脅威がある恐ろしい兵器だ。
飛行機の中の怪物だ!
そして、頼りになる守護神。
旧式だが、美しい外観。
フロリダのオーランド国際空港近くのB-52メモリアルパークには退役したB-52が飾ってあるわよ。近くで見ると、その大きさに改めて驚くはず。
百年後の歴史家たちも、このB-52の性能を絶賛するはず。現役で活躍しているB-52が見られる我々は幸せものだぜ。
燃費の悪そうな爆撃機だな。黒煙吹いているよ・・・
ベトナム戦争で実際に活躍していた爆撃機が、今も現役だなんて凄くないですか・・・アメリカ軍って実はB-52で隣国のラオスも爆撃していたんですよ。
私もかつて、アメリカ空軍の第2爆撃航空団でB-52に搭乗していました。あの頃が懐かしく思えます。
各翼に4つのエンジンを持つなんて、世界最大級の飛行機だろうな。
B-52の開発が計画された頃のジェットエンジンの力は、今の最新型と較べて低性能だったんだ。だから長距離爆撃機にはエンジンが8つ必要だったのです。
トライアド(戦略爆撃機と大陸間弾道弾(ICBM)、潜水艦発射弾道弾)はアメリカの核戦略の柱だ。
B-52G型が好きだったけど、START(米ソの戦略兵器削減条約)でほとんど廃棄されてしまった・・・
50年間も現役で活躍しているって、マジ!?安全と環境のためには、早めの退役した方が良いのでは・・・
C-5がB-52の後継にはならないの??
ギャラクシー(C-5の愛称)は爆撃機じゃなくて、世界最大級の輸送機だよ。運用目的が全然違うよ。
この戦略爆撃機は航空機の歴史に残る名機ですね。
そう、戦闘機のP-51、F6F、爆撃機B-29と並ぶ、米空軍が誇る飛行機です。
金属疲労で空中分解しなければ良いけど・・・
私は1960年生まれだが、B-52よりも長生きする自信がない。
最近はステルス爆撃機もあるけど、価格が高すぎて、またB-52ほど爆弾が積めない。
世界でもっとも美しい「死の鳥」ですね・・・
トマホークなどの巡航ミサイルの時代だけど、まだ爆撃機とか爆弾とか必要なの?
あなたは湾岸戦争での大活躍ついて何も知らないんですね。
アメリカは最高だ!アメリカ空軍は最強だ!
B-52は核爆弾や核ミサイルだって搭載可能だそうですよ。
無法者のテロリストたちをB-52で退治して欲しいです。
信じられない大きさの飛行機だ!敵から見れば、悪魔の鳥に見えるだろう。
B-52は傑作機です。1機でいいので、私の国にも配備して欲しい。
世界でもっとも活躍している爆撃機。
それって大量殺戮の達人!?
この成層圏の要塞を操縦できるパイロットって気持ちいいだろうね。神の目線になれるのだから・・
99%以上の市民は、見えない上空から命が狙われていることを知らない。

近年ではB-52が活躍するような大きな戦争は起こっていません。しかし、そのB-52の軍事的な重要性は変わりません。

2013年、中国は突然、日本の領空を含む防空識別圏を発表し、他国に飛行プランを事前通告するように要求します。国際法を無視した暴挙に対して、周辺国は反発します。

アメリカは「ノー」の意思表示を示すため、グアムの空軍基地から2機のB-52を発進させ、中国の主張する防空識別圏を事前通告なしで飛行させます。この飛行に中国は何も対応できなかったのです。

中国は自分が設定した防空識別圏の中を飛行する、巨大な爆撃機をレーダーで識別していながら、あまりの怖さに中国軍機の緊急発進すら躊躇ったと言われています。B-52の恐ろしさを物語るエピソードです。

(参考)https://en.wikipedia.org/wiki/Boeing_B-52_Stratofortress

こんなに大きな飛行機で5人しか乗れないなんて!中国の主張した防空識別圏を事前通告なしにB-52で飛ばせたのは面白いと思った。もっとやってほしい。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年2月15日 10:29 PM

    敵地を非戦闘員ごと爆撃
    だよな、やってる事は

  2. 日本の名無しさん
    2016年2月15日 10:48 PM

    >そして東京大空襲、広島・長崎の原爆投下など、日本中を焦土にしたのです。

    日本中で民間人を生きたまま焼き殺すと言う虐殺を繰り広げたのです。
    が正しい。

  3. 日本の名無しさん
    2016年2月15日 11:04 PM

    >>管理人

    5人しか乗れない
    のではなく
    乗せないのです
    兵器は人が少ないほうが良いんですよ。

  4. 日本の名無しさん
    2016年2月15日 11:12 PM

    アメリカとの軋轢は脅威だろうが、幾ら何でも新式兵器を自国で開発できる国がB52そのものに脅威は感じないでしょ
    ステルスでもなく亜音速で飛ぶ爆撃機は一線級の対空兵器に狙われて生き残るのはかなり難しいんでは?

  5. 日本の名無しさん
    2016年2月16日 5:23 AM

    ※4
    現代では巡航ミサイルが進歩しているので、別に危険な敵地上空を飛ぶ必要はない。
    遠方からミサイルを発射すればいい。
    敵はB52の姿を一度も見ないまま、わけもわからずやられるだけ。

    なら機体に音速は要らないよね、B52のほうが安いし、って話。
    その場合、機体設計に余裕があるほうが改装できて各種武装への対応が用意で、
    積載量の大きいほうがよりロングレンジのミサイルを乗せられる。のでB52はその点でも優秀。

  6. 日本の名無しさん
    2016年2月16日 7:27 AM

    米4
    多分爆撃機が絨毯爆撃する時は、制空権を確保した後だと思われ

  7. 日本の名無しさん
    2016年2月17日 10:51 PM

    よく、アメリカで山火事によって○○区と同じ面積が焼けた。なんてニュースで見る。

    この機体に五大湖とかの水積んで、爆撃の要領で水撒けば消火出来そうな気がするんだが。

    素人考えかな?

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.