当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

食われる前の少年画像!体長8mのニシキヘビと暮らす中国人

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/05/29

W511
中国南部の広東省東莞市には100kg近い大きさのニシキヘビと生活している少年、アー・ジョーア君がいます。わずか13歳(取材時)ですが、なんと彼は生後9ヶ月からニシキヘビと一緒に生活しているのです。

01

ニシキヘビと暮らす少年

ニシキヘビの卵はアー・ジョーア君が生まれる6年前にお父さんが買ってきました。彼が生まれた時点でニシキヘビは20kg以上に育っていたのです。両親は共働きで忙しかったので、アー・ジョーア君はニシキヘビと一緒に育ちました。

6歳年上のニシキヘビが彼のベビーシッター役だったのかも知れません。彼らは寝る時も同じベッドです。暑い夏にはニシキヘビがアー・ジョーア君の体を冷やし、寒い冬にはアー・ジョーア君がニシキヘビを暖めているのです。

お父さんによると、アー・ジョーア君とニシキヘビは四六時中一緒に生活していても、一度もケガをしたことがないそうです。アー・ジョーア君はニシキヘビと遊び、普通の子どもが興味を持つような玩具には関心が全くありません。

天気の良い日はアー・ジョーア君とニシキヘビは散歩に出かけて、日光浴を楽しみます。犬や猫をペットとしているのは一般的ですが、巨大なニシキヘビをペットにするなんて、異様な光景ですね。

02

03

04

05

ニシキヘビって怖くないの??

このニシキヘビはビルマニシキヘビで、比較的大人しい性格です。東南アジアの観光地などでは首や肩にビルマニシキヘビを乗せる体験もできます。体長は5~7mですが、8m以上の記録もあります。寿命は25~30年らしいです。

南米の大蛇、アナコンダと比較されることがありますが、ニシキヘビは卵を産み、アナコンダは赤ちゃんを産むという違いがあります。

ニシキヘビが人間を丸呑みすることは極めて少ないです。それでも凶暴なアフリカニシキヘビが35歳の男性を丸呑みした例もあります。

飲み込まなくても、飼い主や飼育員を絞め殺してしまう事例は世界中で報告されています。絶対に安全という訳ではありません。

中学生になったアー・ジョーア君は学校の寮で生活していて、ニシキヘビと一緒に眠れるのは土曜の夜だけになってしまいました。彼はこの状況を寂しく思っています。

アー・ジョーア君は人間と動物は友達になれると信じており、将来は動物学者になりたいと思っています。

このアー・ジョーア君とニシキヘビの生活については、中国国内外から多くのコメントが寄せられています。

馬鹿じゃないの?こんな大きなヘビを買う理由はあるの??
普通の人は犬と散歩するが、この少年はヘビと散歩する。
あ~私もあのセクシーなニシキヘビに抱かれたい(笑)。
この巨大なニシキヘビっていくらで買えるの?
中国ではこんな大きなヘビは飼えないよ。動物園に寄贈しないと・・・
なんか、この話は嘘じゃないの??だってヘビは肉食でしょう!?この子どもは絶対に危険よ!
ヘビは食べたら美味しいの?
中国の広東料理には美味しい蛇料理がたくさんあるよ^_^ 蛇スープが有名かな。
恐ろしそう・・・とても私は耐えられない。睨まれたら動けなくなる。
ヘビにも人間への愛着はあるのかな?知能や感情はどの程度あるのだろうか?
ニシキヘビってデカイけど、とても大人しいヘビなんだぜ。
よく家庭も学校もこんなペットを認めているね・・・気色悪い。
この少年は大人になっても、奥さんじゃなくてヘビと寝るのかな(^^)
10年以上もヘビと一緒に生活しているって凄い!私は彼氏ともそんなに続かない・・
中国人ならどうやって食べるかいつも考えるね。我々の人生最大の関心事は食べることだ(笑)。
これは危険過ぎる!!爬虫類にはサルモネラ菌だってあるからね。
トキソプラズマ症(原虫感染症)になる恐れもあるぞ!!
あの少年はいつかオカマを掘られそう^_^;
野生動物を甘く観てはいけない。半年後には「この少年は食べられてしまいました」ってニュースが報道させるかも・・
12年間も一緒にいるんだぜ。これを野生動物とは言わないよ。十分にペットとして飼いならされている。
いろいろな野生動物がペット化されているけど、まだ数十年しか経っていない動物が多い。まだまだ野生の本能を残しているよ。
野生のキツネをペットにしようとすれば、10世代ぐらい人間と生活しないとダメらしいですよ。ペット化って簡単じゃないよ。
中国にはペットに関する法律あるのかね?私の国ではこんなペットは違法です。
コロラド州では24キロのニシキヘビが43キロの青年を殺している。この少年は大丈夫??
中国人は我々とは違うな~ とても真似ができない。
中国は別世界なのさ。同じ基準で見てはだめ。
この少年は自然との共存を目指しているのさ。中国の子どもたちはこの少年に学ぶべきだ。
俺の知り合いでもヘビを飼っている奴がいるけど、この少年には敵わない。
私はほっそりしたサルを飼いたい。そのサルに洋服を着せてあげるの。
少年は赤ちゃんの時からこのニシキヘビと一緒に生活していたらしいけど、赤ちゃんの時の写真が一枚もないのは何故?
少年がニシキヘビを食べるのと、少年がニシキヘビを食べるのはどちらが先だろうか。
ヘビって本当に人間になつくの??
このニシキヘビはずっとこの少年と一緒に寝ているんでしょう??どうして卵の写真があるのよ!父親は少年かしら(笑)。
何年も飼っている獰猛なペットが飼い主を襲う例はいくらでもある。一日も早くこのヘビを隔離すべきだ。

人民網(中国共産党の公式ネットメディア)もこの話題を好意的に報道しています。

しかし、ニシキヘビと小さな子どもを一緒にするのは非常に危険です。日本であれば保護者は罰せられます。最悪の場合、両親は刑務所に、アー・ジョーア君は児童養護施設に引き取られるかも知れません。

正式な申請・許可さえとれば、日本では大型のニシキヘビも飼うことができます。間違っても大きくなって飼育できなくなったからといって、近くの公園や山に放つような無責任なことをしては駄目です。

ちょっとだけ興味のある方は動物園で楽しんで下さい。直接ビルマニシキヘビに触れられるイベントもありますよ。

(参考)http://www.chinasmack.com/2013/pictures/little-chinese-boy-and-
python-lived-together-for-12-years.html

アナコンダは卵を産まないって事実に驚いた。飼い主が絞め殺されたなんて、たしかにこんな筋肉の固まりに全力で絡まれたら死んじゃうと思う。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年6月2日 2:26 AM

    幼少期に襲われなかったのが驚き、蛇は人に慣れるけど
    慣れるだけで特別な感情や関係を持てるわけではない
    実際に海外では時々ペットのニシキヘビに絞め殺されてる飼い主が居る

  2. 日本の名無しさん
    2016年8月16日 9:18 AM

    ヘビとこんなに仲良くなれるなんて(´。・v・。`)イイナァ

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.