当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

自己破産のデメリット・リスクとは?車や家のその後はどうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

自己破産は、免責許可が下りれば「借金をチャラにできる」というメリットがあります。しかし実際には、「デメリットが不安で手続きできない…」という方が多いのも事実です。

自己破産には、いったいどのようなデメリットがあるのでしょうか。「車や家はどうなるのか?」という点も含めて、その後のリスクをわかりやすく解説します。

自己破産のデメリットは大きく5つ

自己破産を検討する上で、無視できないのがデメリットについてです。「いくらメリットがあっても、その後のリスクが大きいのでは…」と不安になる方もいるでしょう。

自己破産の主なデメリットは、大きく以下の5つです。

ブラックリストに登録される

自己破産のデメリットとして、もっとも影響が大きいのは、信用情報機関への事故情報の登録です。

いわゆる「ブラックリスト入り」と呼ばれる状況で、新たなローン契約やクレジット契約を結ぶことが難しくなります。

ローン契約やクレジットカード発行時には、どの業者を利用した場合でも、信用情報機関へと情報照会が行われます。事故情報が登録されていると、審査通過はまず難しいでしょう。

ただし、自己破産から5~10年経過すれば、登録された事故情報は消去されます。ローン契約やカード発行も、また問題なくできるようになりますから、安心してください。

主な所有財産が処分される

自己破産をした場合、一定の生活必需品を除いて、自身が所有する財産は処分されます。自己破産後も所持が認められる財産は、「自由財産」と呼ばれます。

自由財産に含まれるのは、以下のような財産です。

  • 99万円以下の現金
  • 手続き開始後に取得した財産
  • 法律で差し押さえが禁止されている財産
またこれ以外の財産でも、管轄の裁判所によっては手元に残せる可能性も。家財道具や当面の生活資金、給料などまで没収されるわけではありません。

官報に自己破産の事実が掲載される

自己破産の手続きをした人の氏名や住所は、その事実と共に、官報にて公告されます。

身近な場所に「日常的に官報をチェックしている人がいる」という場合には、自己破産の事実を隠し通すことは難しくなるでしょう。

連帯保証人に請求される

自己破産の手続きをして、免責許可が下りた場合、本人の借金返済義務はなくなります。しかし保証人や連帯保証人の義務までもがなくなるわけではありません。

債権者は保証人や連帯保証人のもとに、本人の代わりに返済するよう連絡するでしょう。迷惑をかけてしまう点も、自己破産のデメリットと言えます。

手続き中に一定の制限を受ける

自己破産の手続き中には、日常生活に一定の制限を受ける可能性があります。

  • 裁判所の許可なく引越しや長期旅行ができない
  • 破産管財人による郵便物のチェックが行われる
  • 高額ショッピングや浪費ができない
  • 職業制限を受ける

職業制限を受けるのは、弁護士や司法書士、団体企業の役員や貸金業社、生命保険募集人などです。一定期間、業務につけなくなるでしょう。

手続きが完了すれば、制限は解かれます。

自己破産のその後…家や車はどうなる?

自己破産のその後の生活について、家や車がどうなるのか、不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

まず家についてですが、現在の住まいが賃貸であれば、自己破産をしたからといって追い出されるようなことはありません。

「家賃が高すぎる」といった問題がない限り、そのまま同じ家で暮らし続けられるでしょう。

一方で持ち家の場合、処分されるケースがほとんどです。不動産は競売にかけられ、売却したお金は債権者への返済に充てられます。

「どうしてもマイホームを守りたい…」という場合は、自己破産以外の債務整理を検討するのがおすすめです。個人再生や任意整理を選択すれば、マイホームを守れる可能性もあるでしょう。

一方で車については、個々の状況によって判断が分かれます。

たとえば東京地方裁判所で手続きを行う場合、車の価値が20万円以下であればそのまま保持することが認められます。

自動車ローンが残っている場合は、車を引き上げられてしまう可能性が高いでしょう。また財産として価値のある車は、やはり処分されてしまいます。

ただし、処分される財産は、あくまでも「本人名義の財産」のみです。たとえば「普段使っているのが家族名義の車」の場合、処分されることはないので安心してください。

自己破産してもその後の影響は限定的

確かに自己破産にはデメリットもありますが、その後の生活への影響はそれほど大きくありません。

たとえば、自己破産の事実が戸籍に登録されたり、将来の就職や結婚に影響を与えたりすることもありませんから、安心してください。もちろん選挙権がはく奪されるようなこともありません。

ブラックリストや手続き中の各種制限など、確かに不自由さを感じる場面もあるでしょう。しかし、決して一生続く問題ではないのです。

自己破産を検討している方の多くは、借金問題を抱え、すでに多くの不自由さを感じているはず。自己破産のデメリットよりも、メリットの方が大きくなるでしょう。

デメリットが気になったらまずは専門家に相談を

自己破産のデメリットやその後の生活のリスクが気になったら、まずは借金問題の専門家に相談してみるのがおすすめです。

借金問題に強い弁護士事務所に相談すれば、

  • 自分の場合、どういったデメリットが生じる可能性があるのか?
  • どうすればリスクを回避できるのか?
  • 本当に自己破産した方が良いのか?

このような疑問を解決できます。

どんな手続きにもデメリットはありますが、自己破産の場合、過度に恐れすぎる必要はありません。法律で認められた手続きですから、ぜひ生活再建のために役立ててみてください。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.