当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

「地球上の富の半分を持つ男」と呼ばれたハワード・ヒューズの人生

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/08/30

W606
世の中には一般庶民の想像を遥かに超えるスケールの大金持ちがいます。

かつてアメリカには「地球上の富の半分を持つ男」または「資本主義の権化」と揶揄されたハワード・ヒューズという大富豪がいました。彼は世界でもっとも波乱万丈な人生を送った男だったのです。

03

大富豪、ハワード・ヒューズ

ヒューズは1905年に富豪の家庭に生まれました。ハーバード大学ロー・スクール中退の弁護士・実業家ハワード・ヒューズ・シニアと名家のエイリーンとの間の一人息子として育ちます。

彼は14歳の時に3つの世界一になることを宣言します。1つは資産家、2つ目はパイロット、そして3つ目は映画作家です。

両親が夭折したため、18歳で莫大な事業と資産を引き継ぎ、世界で最も金持ちの1人になるのです。学校生活に馴染めなかったヒューズは高校と大学を転々として、最終的には卒業できませんでした。

ヒューズは高等教育をほとんど受けていませんでしたが、子どもの頃から天才的な機械オタクだったのです。彼は独学で並外れた工学と化学などの知識を得ました。

14歳で飛行訓練を始め、23歳で免許と自家用機を手に入れます。その後、全米横断や世界一周などの当時最速の世界記録を達成し、世界一のパイロットになります。

他方では航空機メーカー『ヒューズ・エアクラフト』を設立し、高速偵察機や世界最大の飛行艇、ヘリコプターなどの開発やテスト・パイロットに直接関わります。彼が開発に関わった技術はその後の航空・宇宙産業に大きく貢献することになります。

04

映画業界にも参入

ハリウッドでは新規参入にも関わらず、手がけた映画が成功を収めます。そして大手映画会社を買収して経営にまで参入。

映画では空戦モノを得意とし、彼自身は監督やパイロットとして活躍しています。またハリウッド女優の色恋沙汰も多く、世間の注目を浴びます。

ヒューズと比べたら、大富豪の大統領候補として知られるロス・ペロー(1992年と1996年)やドナルド・トランプ(2016年)は小者にしか見えません。ヒューズは1968年のビジネス誌では世界一の資産家となっています。

ちなみに2016年の世界一はビル・ゲイツ(資産750億ドル)で、トランプは324位(45億ドル)です。

彼の死や失敗を恐れない生き様を綴ったドキュメンタリーには沢山のコメントが寄せられています。

彼は先見性のある男だ!!
映画『アビエイター』でレオナルド・ディカプリが主演で出ていましたが、かなり迫力がありました。
いや~興味が尽きない人物ですね。彼は精神的にも肉体的にも病気だったと思います。彼は強迫観念症を患っていて、コデインも常用していました。自分自身をコントロールすることができない状態だったのでしょう。
ヒューズも異常だけど、彼の事を汚職容疑で追及している国会議員も異常・・・
公聴会に問責している国会議員はヒューズの財力に嫉妬していただけだろ。
彼の描いた未来図は偉大だ!!
私は映画『アビエイター』で初めてハワード・ヒューズを知りました。
アメリカの歴史上最も魅力的な男の1人。現在では彼が病気だと分かっているけど、当時の医学レベルでは彼が変人だって事で片付けられていた。
私も『アビエイター』を観ることを勧めます。ハチャメチャな男ですよ。彼のような男が実在したなんて信じられない。
男が憧れる男だ!!
彼は戦争で大金を儲けた政商だった。
レオナルド・ディカプリはヒューズの細かい癖まで研究したんだろうね。凄い迫力がありました。
あの映画はかなり史実に忠実に作られている。実際のヒューズを知らない人には是非観て欲しい。
私はこんな男に憧れます。でも小心者だからあんなに大きなことはできないけど。
彼はキチガイです。
伝記作家のダーウィン・ポーターが書いたヒューズのドキュメンタリーはかなり面白かった。
私の母もヒューズと同じ強迫観念症です。食器洗い機から出したての食器じゃないと触れません。社会的にはこれが病気だという認識が薄いと感じます。
彼はある意味、天才です。彼は冒険家であり、発明家であり、人類の発展に貢献しました。
彼の半生は誰よりも幸せで、残りの半生は誰よりも不幸だった・・・
彼は自閉症だったのではないしょうか。
私は正直言ってヒューズが嫌いです。彼は親からの事業を引き継いだ放蕩息子。お金の感覚が完全に麻痺していたのでしょう。
結果的に『アビエイター』でディカプリオは受賞を逃したけど、彼の演技はオスカーに値すると思います。
ヒューズは真の愛国者であり、アメリカンヒーローだ。
彼の分厚い伝記を読みました。賛否両論はあるとは思いますが、とにかく興味深い男ですね。
彼のような男を放置していたら、資本家に食い物にされてしまう。
面白い男だけど、身近にいたら嫌だろうね。
完全に吹っ飛んでいる。普通じゃない!!
彼は3度も結婚しているし、セックススキャンダルも多かった。
航空業界と映画業界での貢献は非常に大きい。
コミック『アイアンマン』の主人公、トニー・スターク(巨大軍需企業の一人息子で莫大な遺産と会社を継承したヒーロー)みたいだね。
トニー・スタークのモデルはハワード・ヒューズらしいよ。
トニー・スタークはMITを主席で卒業という設定だけど、ハワード・ヒューズは大学を卒業できなかった。
でもハワード・ヒューズの父親はハーバード大学ロー・スクールを中退した弁護士。ハワードは地頭が良く、大学に行く理由がなかったのさ。

果たして幸せだったのか?

ヒューズの残した事業は成長を続け、財団の『ハワード・ヒューズ医学研究所』は世界第二位の規模になり、ノーベル賞受賞者も数多く輩出しています。

一方、晩年の彼は強迫観念症や薬の副作用に悩まされ、心身ともにボロボロになります。70歳で亡くなった時、190cmあった身長は10cm低くなり、体重は42kgしかなかったと言われています。

大富豪ハワード・ヒューズの生涯については数多くの伝記が書かれ、ドラマや映画にもなっています。最も有名なのが2004年に全米公開された『アビエイター』。ヒューズ役はレオナルド・ディカプリオが好演。

アカデミー賞では最多の11部門でノミネートされ、5部門でオスカーを獲得している名作です。史実に基づいた質の高い作品に仕上がっています。見逃した方にはレンタルやオンデマンドで観ることをおすすめします。

(参考)https://en.wikipedia.org/wiki/Howard_Hughes
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Aviator_(2004_film)

この映画は見たことないけど、アカデミー賞にそんなにノミネートされていたなんて、興味出てきたので今度見てみたいと思う。

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.