当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

働かずに大金が!メキシコの「バゴネロス」は優遇されすぎじゃない?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/10/01

10012
メキシコの首都メキシコシティで地下鉄に乗ると、背中に背負ったリュックサックから大音量で音楽を流しながら乗車してくる人に出会うことがあります。いきなりそんな人が現れたらびっくりしませんか?しますよね。

そして手にCDを持って、なにやら他の乗客に向かって話しかけています。彼らが何をしているのかというと、そう、 まさに背中のリュックサックに仕込んだCDプレーヤーで再生中のCDを販売しているんです。

地下鉄で大音量の音楽を流し海賊版を売るバゴネロス

しかも、販売されているのはすべて海賊版。ビートルズやマイケルジャクソン、 有名アーティストのカバー曲なんかも流れています。

販売されているのは、CDだけではありません。裁縫セットや文房具、ライター、ガムなどなど…駅に着くとだれか乗ってきて、次の駅に着くと、今度は別の人が入れ替わりでやってくる。

彼らは「バゴネロス」と呼ばれています。バゴネロスの得る収入は課税されず国内総生産にも統計されない非公式経済、すなわち違法労働者なのです。

こんな習慣があるだけでもおどろきなですが、さらに驚きなのは、バゴネロスを撤退させるべくメキシコシティ連邦政府が講じた策です。それは、汚染撤退をしたらひとりひとりに毎月152ドル支払うということ。この金額がびっくりするほど高額なんです。

手厚い補助を受けるバゴネロス

メキシコシティの最低賃金は1日およそ5ドル。月の勤務日数を30日とすると同等の金額になります。しかし、いくら勤勉といわれる日本人でも1ヶ月間休みなく働く人は稀でしょう。

そう考えると、最低賃金以上の金額が支払われるということになりますね。日本に置き換えて考えると、例えば、首都東京の最低賃金は850円。この金額に勤務日数30日をかけると、25万5千円。つまり働かずして毎月これだけの金額がもらえるというわけです。こう考えると大金だということがわかりますね。

この支払いは、上限2千500人までで6ヶ月間とされていて、もし、2千500人に6ヶ月支払い続けるとなると総額は2百27万ドルにもおよびます。これは公共交通機関の収入や税金が財源となっています。

さらには、バゴネロスを対象とした職業訓練への予算も用意されており、その額はおよそ676万ドル。車の整備士やコンピュータ関連、会計アシスタント、配管工、大工などの仕事への就職を目標とした職業訓練を提供すると発表されています。

メキシコシティでは、電車内での騒音やバゴネロスと利用者の暴力事件などが問題となっており、昨年末からこの施策が発表された3月までのたった3ヶ月間で、およそ3210人のバゴネロスが民事裁判所に送られています。

バゴネロスに就職したい。
ずいぶんと手厚い対応だな…
違法行為なんだから、もっと厳しい法律を制定するという案じゃダメなの?職業訓練の提供はわかるけど、どうしてそんな大金を払う必要があるの?
まともに働くのがバカらしくなってしまうくらいの金額。
メキシコ社会の歪み。たしかに補助金としては高額かもしれないけど、職業訓練や就職のあっせんなどきちんとした助けを施して排除する価値はあると思う。それが国全体の発展にもつながると思う。
法律違反している人にお金を払うなんておかしい。賄賂?
地道に一生懸命働いて納税してる人の苦労はどこへ?
これほどふざけた税金の使い道はない!僕の国にバゴネロスがいなくてよかった。
メキシコシティでメトロに乗ったことがあるけど、バゴネロスのかける音楽がすごくうるさかったのをよく覚えてます!メキシコってこういう国なんだってあっけにとられました。けど、現地の人もうっとうしがっていたんですね。当たり前か。
素晴らしいアイデア!ドラッグディーラーや誘拐犯、強姦や暴行の加害者にそれだけのお金を払えば、市の犯罪はなくなるはずだ。なくならなかったらただ愚かなだけだ。
わたしたち市民はバゴネロスのために運賃を払っているの?運賃だってついこないだ倍の金額に値上がりしたのよ。それはこのため?
ナンセンス。景気の悪さや教育制度の不備、そういった問題を差し置いて、お金をかけることがこれ?
バカげた話。合法的にまじめに働いてその収入の40%に近い金額を納税しているのに、そのお金が地下鉄内で騒音をまき散らしながら非合法に働いているひとに与えられているなんて。
まともに働いている人を侮辱しているように見える…
メキシコシティの市民がかわいそう。自分が汗水垂らして稼いだお金がこんな風に使われるなんてなんだか報われない気がする。
そもそも教育の問題。そこから改善していかないといくらお金を払ってもいたちごっこだと思う。
スペインにも地下鉄内や路上で違法にものを販売している人がいるけど、法律もあるし、警察が厳しく対応してる。歌を歌ったりしてチップをもらってる人はまだいるけど、それくらいは許せる範囲なのかな。
どろぼうじゃないか。市民はそれでいいの?
あのやかましい奴らを地下鉄から追い出すことは大賛成だけど、そんな奴らにお金を払うことは大反対。
やっぱり格差っていうのはどこの国でも解決しきれない問題なんだな。発展途上の国ならなおさらだろう。たかだか6ヶ月補助金を出すだけじゃ足りないと思うけど、なにもしないよりはマシじゃないかな。
6ヶ月間まじめに就職活動すれば、仕事は見つかると思うんだけど。これでバゴネロスがいなくならなかったらメキシコシティにとってはさらに大きな問題じゃないか。市民から集めた大金を使ったのになんの成果もなかったって。

これほどまでに大掛かりに行なわれようとしているバゴネロスの排除。表面的な問題だけでなく、教育制度、社会保障システムなどさまざまな問題が見え隠れする中、この政策は成功するのでしょうか。

これに比べて日本の公共交通機関はなんと整備され気持ちよく利用できるものか。改めてありがたみを感じますね。

(参考)http://www.banderasnews.com/1403/nr-vagoneroson
thedfmetro.htm
http://www.cctv-america.tv/2014/01/13/mexico-reports
-from-the-underground/(動画あり)
http://aristeguinoticias.com/0702/mexico/gdf-pagara-
2-mil-pesos-a-cada-vagonero-del-metro/

なぜこういう人たちにお金を援助するのか全く理解できない。大音量で他人に迷惑をかける人たちは、罰金にしてもいいぐらいだと思う。

日本もハロウィンになると地下鉄で暴れる人がいるそうだが、普段は大音量で迷惑をかける人はいないと思う。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.