当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

年月を全く感じさせない不朽の名作!世界中が夢中になる『銀河英雄伝説』

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/10/21

j438
『銀河英雄伝説』は田中芳樹が1982年に発表した歴史小説や叙情詩スタイルのスペースオペラ。その世界観は単純なSFという枠に収まらず、政治や経済、軍事など幅広いジャンルに跨り、日本のみならず、世界中の人々が夢中になっています。

長編アニメ「銀河英雄伝説」

時は36世紀、銀河系に進出した人類は2つの陣営に別れ、150年間に及ぶ戦争を繰り返しています。ドイツ帝国を模したような銀河帝国と、これに対抗する民主主義の自由惑星同盟にはそれぞれ異なる立場の軍事的天才が現れます。

帝国軍では下級貴族のラインハルトが強い意志と才能で皇帝の座に上り詰め、同盟軍では歴史家志望の平民のヤンが自らの意志と反して、軍司令官としてラインハルトと対峙します。

アニメでは本編の110エピソードに加え、劇場版が2作、その他50以上のエピソードで構成される長編物語です。

01

物語には2人の英雄を中心に50人以上の人物が登場します。それぞれ個性的なキャラクターが細かく設定がされていて、複雑な人間関係や権謀術数と共に物語は展開するのです。

また、声優陣も驚くほど豪華メンバー。ヤン役の富山敬やラインハルト役の堀川りょう、それに佐々木望、納谷悟朗、池田秀一、井上真樹夫、榊原良子、若本規夫など・・往年の名声優が名前を連ねています。

アニメならではの良さも

アニメに登場する艦艇や戦闘機のメカニックデザインは特筆すべき点です。原作では登場人物を重点的に描いているため、アニメでは加藤直之ら一流のスタッフが戦闘メカのコンセプトやディテールを担当したのです。

各陣営の艦艇のデザインやネーミングに至るまでこだわりを徹底。無数の艦艇が登場しますが、慣れれば外観や名前だけで陣営の所属が分かります。

また、登場人物のセリフの素晴らしさも人気の秘訣。格言や粋なジョーク、または強烈な皮肉などに溢れ、それぞれのキャラクターを見事に引き立ているのです。

特に戦略家で歴史家のヤンの言葉は味があります。多分、ヤンまたはその後継者ユリアンのセリフは原作者の田中自身が読者に最も伝えたかったメッセージなのでしょう。

『銀河英雄伝説』は海外でも大人気で、その内容を英語で解説している動画にはたくさんのコメントが寄せられています。

この作品はアニメ界の金字塔だと思っています。
ストーリーが細かい点までよく考えて設定されているので、観る度に新しい発見をします。
何度もこの作品を観ています。物凄く長いストーリーだけど、時間をかけてじっくり観ることをお勧めします。
歴史や政治、軍事などあらゆる要素が含まれた重みのある作品。
ラインハルトが一番大好き。とても魅力的なキャラクターです。
この作品が大のお気に入り。各キャラクターは非常に細かく設定されています。
物語のスケールの大きさには驚かされます。とてもエレガントに描かれています。
遠い将来の話だけど、とても人間くさいところが好き。機械は進歩しても人間はあまり進歩しない。
技術は進歩しても人間の本質はほとんど変わらない。
絶対に観て欲しいスペースオペラ。日本版のスター・ウォーズ。
ジョージ・ルーカスに『銀河英雄伝説』を実写映画化して欲しい。
ヤン・ウェンリーのセリフには学ぶことが多い。
『アリア』や『モンスター』や『21世紀少年』に並ぶ傑作アニメ。
これだけ壮大で複雑なアニメを作るもの大変だったでしょうね。
アマゾンでも待望の原作(英語版)が買えるようになったぞ。
どうして日本人はこんな傑作が作れるんだ!
この作品を超えるアニメに出会ったことがありません。
私はもう原作の1巻目を読みました。アメリカでも随時続刊が発売されます。
中身が本当に濃い作品ですね。観るたびに驚きます。これだけ長い物語なのに、整合性がきちんととれている。
政治学を学ぶ上での良い教科書になると思います。
世の中の権力者の思考が分かってきた。
『銀河英雄伝説』は『坂道のアポロン』に次いで好きな作品。好きなキャラはオスカー・フォン・ロイエンタールです。
このアニメのビデオゲームをやったことがある。
大人が楽しめる奥の深い作品!
日本のアニメは子ども向けや大人向けなど、いろいろなジャンルに分かれていて自分に合った作品が選べるのがいい。さすがニッポン!
この作品の原作者が日本人とは驚かされるね。よく西洋史を研究している。
キャラの髪型が登場人物の性格を表していると思います。優雅なラインハルトと野暮ったいヤンとは対照的ね。
クリスマスの長期休暇中にまとめて観ました。面白かったけど疲れた(笑)
壮大な宇宙の美しい叙情詩。
内容がとても難しいですね。英語の字幕を観てもすぐに理解できない。
俺も最初はそうだった。でも用語を覚えれば、ぐっと作品に引き込まれるよ。
30年近く前の作品とはとても思えない。現在の作品と比べても全く見劣りしない。
とても幅のあるストーリーだから、今後もいろいろなエピソードが加わることを期待しています。
2年前に初めてこの作品に出会ったけど、それから他のアニメが子供っぽく感じるようになりました。ヤン・ウェンリーは戦争の天才でありながら、誰よりも戦争の愚かさを知っている人物。
ヤンもラインハルトもそれぞれ魅力的な人物。好みが大きく分かれるだろうね。
最近のアニメでは『すべてがFになる』がお気に入りだけど。昔の作品では『銀河英雄伝説』が断トツに素晴らしい。
やっと全作を観終わったけど、その素晴らしさに言葉を失うほど感激しています。
僕はまだ第8話までしか観ていない。まだ100話以上残っている(笑)
このアニメはアメリカでもっと高い評価を受けるべき作品だと思う。

実写化もあるかも

原作者の田中芳樹は学習院大学・大学院で文学を専攻し、26歳から李家豊のペンネームで作家活動を開始。『銀河英雄伝説』で一躍脚光を浴びます。代表作には『創竜伝』と『アルスラーン戦記』はいずれもアニメ化されています。

時間をかけて作品を仕上げるタイプのようで、未完の作品がいくつもあります。『タイタニア』などは22年ぶりに新刊を出し、全5巻を27年かけて完成させています。まるで『ガラスの仮面』の美内すずえのようですね。

02

『銀河英雄伝説』は小説やアニメだけではなく、漫画やゲーム、オーディオブック、ミュージカル(宝塚歌劇団)などにもなっています。

原作は中国語と韓国語に翻訳されていましたが、2016年から英語版の発売も始まりました。近い将来、アメリカのハリウッドで実写化されることも期待したいですね。

(参考)http://io9.gizmodo.com/anime-epic-legend-of-the-galactic-heroes-is-
getting-a-w-1716179101
http://www.amazon.com/Legend-Galactic-Heroes-Vol-Dawn/dp/
1421584948/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1461919414&sr=1-
1&keywords=Legend+of+the+Galactic+Heroes#customerReviews

名前はよく聞くけど、実際に読んだことはない。 英訳されたのが遅すぎると思うけど先に中国語に翻訳されていたら裏ルートで英訳されちゃってるだろうな。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年10月21日 10:21 PM

    ヤマトも参戦したし銀英伝もスパロボ出ないかな~♪

  2. 日本の名無しさん
    2016年10月21日 10:27 PM

    左翼臭さがちょっと鼻につくけど名作だと思う。
    でも、これ以外に評価できる作品が無いんだよな

  3. 日本の名無しさん
    2016年10月21日 10:49 PM

    創竜伝もアルスラーンも未完だっけ?
    ながーく続くとだれてくるから銀英伝はその点すっきり終わった感がある

  4. 日本の名無しさん
    2016年10月21日 11:10 PM

    銀英伝が中国で大人気なのは、ゴールデンバウム王朝と共産党が酷似してるからだろうか?
    自らを脅かす物を片っ端から規制しまくるあの共産党がよく放置してるもんだ。

  5. 日本の名無しさん
    2016年10月21日 11:15 PM

    「シン・ゴジラ」のコメントを読んで、この人のコメントを聞いて思ったことは、アメリカ人やカナダ人って概して細かな話のディテールに感心を向けられないみたいですね。つまり、日本人と比べて物語をマクロにしか見えない。逆に日本人は細かなディテールにこだわりますね。「パン屋の二代目」チュン・ウー・チェンのパンの話をつまらないなんて、本当に感性が違う。

  6. 日本の名無しさん
    2016年10月21日 11:23 PM

    シェーンコップとロイエンタールがいい。
    他は全部ナルシスト。

  7. 日本の名無しさん
    2016年10月21日 11:27 PM

    アメリカは今頃、翻訳されてんのか
    日本人で良かった

  8. 日本の名無しさん
    2016年10月21日 11:47 PM

    新書版の8巻を、鼻すすりながら読んだなあ
    これ書いた当時、田中先生は30歳になるならないが何かの重大事だと思っているほど、若かったんだな
    今はまた、考え方変わってるだろうか

    ※7
    キャラクターの名付けとかが、大きな障壁の一つだったのやも知れず。
    あなたは大真面目なシーンで、言葉を尽くして讃えられてきたイケメンが、綾小路吾作、とよばれるシーンを平静に読めます?

  9. 日本の名無しさん
    2016年10月21日 11:57 PM

    つべで本当に絶賛されてるよね

  10. 日本の名無しさん
    2016年10月21日 11:58 PM

    ※2
    まぁこの作者のことはよく知らないけど、確かに巻末コメントとか拝見するに、左のほう向いてる方だとは思う。何でこういう人って、自分の国の不況とか、中国や韓国に経済的に押されてることを嬉しそうに語るんだろう。右翼嫌いが高じてなのかな?
    作品は面白いけど。

  11. 日本の名無しさん
    2016年10月22日 12:13 AM

    主人公クラスのキャラは簡単に死なないものだと思っていたので初版の二巻でいきなり主要キャラ死んで唖然とした思い出
    八巻も好きなキャラが軒並み死んでいった
    雪花石膏の肌とか金銀妖瞳とか妙な単語を覚えたなあ

    アルスラーンはいつの間にか再開してんだなと本屋でパラパラ捲ってみたらまたしても主要キャラが死にまくってたのでそっ閉じした

  12. 日本の名無しさん
    2016年10月22日 12:21 AM

    北朝鮮に動画やってもらったんだよね。
    最近のディスクでは修正されたと聞くがどうなんだろう。

    それに、来年プロダクションIGで新作作るらしいじゃない。すげー楽しみ。
    艦隊戦もCGじゃなくセルでやってほしい。

    綺羅星の声優が鬼籍に入ってるので、
    それが残念といえば残念。

  13. 日本の名無しさん
    2016年10月22日 2:04 AM

    ロイエンタールが漢でカッコいいんだわ!
    独特のセリフ回しとキャラデザインが嫌で無ければ
    絶対見るべし!

  14. 日本の名無しさん
    2016年10月22日 3:03 AM

    田中芳樹は完結した作品の方が少ないっていうのがね……
    一時期の代理シリーズは本当に悲しかった
    こっちはあなたの作品が読みたくて何年も続きを待っていたのに

    それ以降読んでいません

  15. 日本の名無しさん
    2016年10月22日 5:54 AM

    左翼臭さあるかな?むしろ逆でしょ。

    この作品は「優秀なモノによる独裁。これこそが素早く対応でき、衆愚政治におちいらずに理想的だという」英雄待望論で、右とか左とかいうことじゃないよね。どちらでも独裁体制にも、ポピュリズムにも陥りやすいし。英雄自体民衆が創り出すものだし。

    敢えて言えば、憂国的右翼思想が通底していて、歴史学的な批判精神でつくり上げた左翼運動の反省作品だと思う。

  16. 日本の名無しさん
    2016年10月22日 4:45 PM

    初期の翻訳で誤訳が有ってタイトル見たドイツ人が爆笑したって逸話を聞いたことがある
    銀河かまど伝説とかなんとか

  17. 日本の名無しさん
    2016年10月22日 6:02 PM

    いやこれ右にも左にも喧嘩吹っ掛けておいて、中道は死ねって作品だよ
    だから極に振りきってる奴あぶりだすのにはもってこいなんだよなあ
    100パーふぁびょるから

  18. 日本の名無しさん
    2016年10月22日 8:10 PM

    去年なんとなく一話観たら止まらなくなって一気に観たすごい疲れたけど本当に面白いですね
    ただ登場人物多すぎて一回観ただけじゃ覚えられないw
    富山敬や堀川りょうをはじめ皆役にはまってて演技が素晴らしかった

  19. 日本の名無しさん
    2016年10月22日 11:11 PM

    ブログ主さんは未読なのか。読むといいのに。

  20. 日本の名無しさん
    2016年10月22日 11:13 PM

    アニメ見て原作にも手を出してみたけど無理だった
    平仮名が多くてすごく読み辛かった

  21. 日本の名無しさん
    2016年10月23日 12:52 AM

    中国で人気なのって、中華系がW主人公の片方だからじゃないの?

  22. 日本の名無しさん
    2016年10月23日 2:45 AM

    ※18
    アニメというより海外映画吹き替えの空気で取り組んでるからね
    キャスティングにしろ内容にしろ

  23. 日本の名無しさん
    2016年10月23日 9:33 AM

    米21

    ヤンは在日韓国人をイメージしている

  24. 日本の名無しさん
    2016年10月23日 9:42 AM

    原作は全世界の人にオススメできる傑作だと思う。歴史の勉強と政治の勉強を楽しみながらできて、民主主義と独裁の良い点悪い点をわかりやすく教えてくれる。
    出てくる登場人物も魅力的で、だからこそその人物が死んだ時の喪失感が感じられて戦争の愚かさがはっきり解るようになってる。
    原作を読むのが苦痛な人にはアニメがあるし、良い時代です。

  25. 日本の名無しさん
    2016年10月24日 3:08 PM

    ハリウッドなんかに任せないで日本で実写化してほしい。
    コスプレ大会もどきになっちゃっても構わないから是非!

  26. 日本の名無しさん
    2016年10月24日 9:51 PM

    米23
    初耳すぐるwwwww
    しかも何でわざわざ「在日」なんだよドアホ

    田中芳樹は中国好きだし中華系でしょイメージは。
    中国に受けてるのは三国志っぽいからじゃね?

  27. 日本の名無しさん
    2016年10月25日 8:59 AM

    ※26
    釣られやがってw
    まあ原作が書かれた80年代は韓国の存在感なんか限りなくゼロに近かったからな。
    今では出すことがタブーになるほど悪い意味で存在感抜群。
    端から半島が存在しない世界観の作品まである始末。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.