当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

ラーメンの業界の革命児!「博多一風堂」の創業者・河原成美

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/05/21

J403
福岡のラーメン店「博多一風堂」は日本国内だけでなく、世界中で人気です。この店を展開する「力の源カンパニー」の創業者、河原成美はラーメン文化を発展させ、国内外に発信しています。

ラーメン業界を変えた男

河原にはとにかく目が鋭いという印象があります。それは人と話す時も聞く時も、仕事をする時もです。別に睨んでいる訳ではありませんが、隙のない緊張感が漂っています。

もちろん、喜怒哀楽はあります。この真剣な眼差しの河原はラーメン業界の革命児なのです。これは大げさな表現ではありません。

河原は味を極めるラーメン職人です。その実力は折り紙つきで、1990年代から数々のラーメンコンテストに出場し、何度も日本一になっています。テレビ番組で実際に河原がガチ勝負で競うシーンを観たことがある人も多いでしょう。

けれど、彼が本当に凄いところは、職人である以上に超一流のプロデューサー・経営者であることです。頑固さと柔軟さをバランスよく備えています。そう、目的を達成するために、柔軟に戦略が立てられるのです。

一流であっても頑固職人になると、自身の味やスタイルに固執し、お客さんの立場を無視してしまう場合があります。もちろん、それが一定数にお客に受け入れられれば良いのですが、同時にそれが限界になります。

河原は常にラーメンを食べるお客さん側の視点を意識し、既存のルールには囚われません。企業理念の「変わらないために 変わり続ける」は彼のスタイルを端的に表しています。

河原がラーメン業界の革命児と言われる所以を2つ紹介しましょう。

おしゃれなラーメン店

1つは河原の一風堂へのこだわりです。かつて、ラーメン店は女性が入りにくいお店がほとんどでした。特に福岡のラーメンの中心地は港湾労働者が集まる「長浜」と呼ばれる地域で、倉庫街に多くのラーメン屋台が並んでいます。

飲み屋街の「中洲」地区でも屋台のラーメン店の顧客は男性サラリーマンが中心でした。当時は女性が1人で店内に入れない雰囲気があったのです。

屋台の親父はある意味フレンドリー、ある意味大雑把で、ラーメンの味さえ良ければ、接客サービスも店の雰囲気も重視しない風潮があったのです。

しかし、河原は味覚だけではなく、視覚・聴覚・触覚・嗅覚でも楽しめるラーメンと店舗作りを一風堂で実現したのです。BGMが流れるオシャレな和風カフェ。まさに今のラーメン店のトレンドと言ってよいでしょう。

即席ラーメンとのタッグ

もう1つは日清食品とのコラボによる「一風堂」の即席ラーメンの開発・発売です。

今でこそラーメン専門店と即席ラーメンメーカーとのコラボは当たり前ですが、昔はラーメン専門店と即席ラーメンは対峙するものと、ラーメン店もメーカーも、そして消費者までも考えていたのです。

河原は、即席ラーメンの生みの親で日清食品を世界有数の企業に育て上げた故・安藤百福と強力なタッグを組み、妥協を許さない最高級の即席ラーメンを完成させたのです。これはラーメン業界にとって衝撃的な出来事でした。

現在のラーメン業界は河原の存在抜きでは語れません。

彼の率いる「力の源カンパニー」が運営する一風堂は日本国内のみならず、世界13ヶ国・地域(アメリカ、イギリス、フランス、中国、香港、台湾、シンガポール、韓国、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、オーストラリア)に広がっています。

そして多くの外国人にその味は愛されているのです。

外国人には豚骨ラーメンの味は新鮮です。
初めて食べたけど、とても美味しかった(^^)
一風堂・・・名前を聞いただけでお腹が空いてくる。
外国人にとって、どのラーメン店に入れば良いか分からないけど、一風堂なら間違いない!
日本人はラーメンのスープを飲み干さない人が多いけど、外国人はほとんど飲み干します。美味しいからね。
味の好みはそれぞれだけど、一風堂の味は多くの外国人が支持をしている。
美味しいラーメンのチャーシューは例外なく美味しい。
↑その通り、一風堂のチャーシューも旨い!!
一風堂の紹介動画を観ていたら、ムチャクチャ日本に行きたくなった!!でも俺は日本語全然話せないからな・・・
胃袋を刺激する素晴らしい動画だ。
レベルが半端じゃない!!絶対に気にいるはず!
私の友人が海外から来たらこの店を薦めている。
なんか、ものすごくオシャレな感じの料理とお店ですね。
アジアの屋台風の拉麺を想像していたけど、お店は清潔で味は洗練されている。
一風堂は私の国にもお店を出して欲しい!!絶対に大人気になるはず。
日本のラーメンは素晴らしい。一風堂はその中でも最高!
アメリカにも日本風ラーメン店はいくつかありますが、日本国内のラーメン店には敵いません。NYの一風堂には行ったことがありませんが・・
日本に旅行に行く目的の1つは本場のラーメンを食べることです。
東京に行って驚いたけど、ラーメンっていろんな種類があるんだね。奥が深い!
パーフェクトな味です!!
私の住むベトナム・ホーチミンにも日本のような美味しいラーメン店があればいいのだけど。
俺は個人的には一蘭の方が一風堂よりも好きだ。
↑豚骨スープが好きなのですか。私は醤油ラーメンの方が好きです。
観ているだけでおいしそうだね!
うん、実際に食べてご覧よ。絶対に満足するはず。
ニューヨークに住んでいるけど、一風堂のラーメンは美味しいね。
なんだか、とても上品な感じのするお店と料理。

河原の情熱や感性により成長を続ける一風堂ですが、河原が常に順風満帆だった訳ではありません。最初の中国進出では商習慣などの違いから失敗しています。

彼はその失敗を冷静に分析し、そこから学び、次の成功に活かしているのです。彼は自信に満ち溢れていますが、決して奢ることはなく謙虚です。そして人の話や状況から何か学ぶことはないか、と常に鋭くアンテナを張っています。

これからも世界に挑戦

現在、日本政府は「クール・ジャパン」をキャッチフレーズに日本文化の海外発信を支援しています。

一風堂の海外展開には官民ファンド「海外需要開拓支援機構(クール・ジャパン機構)」から7億円の出資と最大13億円の融資枠、合計20億円が用意されました。

海外展開は多くの困難やリスクを伴いますが、河原の実績や情熱を日本国が認めた結果と言っていいでしょう。日の丸を背負った一風堂の今後の海外展開には目が離せません!

クール・ジャパン機構があるなんてビックリした。しかも20億円って!これだけあればどんな国でも一等地に店出せそうな気がするけど、もっとデカイ計画でもあるのかな?

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年5月21日 11:07 PM

    河原成美…名前があれくさいな

  2. 日本の名無しさん
    2016年5月22日 1:07 AM

    クールだ!

  3. 日本の名無しさん
    2016年5月22日 7:47 AM

    赤玉はまじでうまい
    白玉はまずい
    でも800円は高すぎ

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.