当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

中国の連休って地獄でしょ!?身の危険すら感じる混雑ぶりに驚愕

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/27

W424
中国では、10月にある国慶節と、1月から2月にかけての春節(旧正月)と、年に二回の大型連休があります。

日本以上に休暇をとりにくい中国ではこの時に皆こぞって、里帰りをしたり旅行を楽しんだりします。ただ、あまりにも多くの人が一度に旅行するため観光地はどこも人であふれます。

01

万里の長城もこの通り。身の危険を感じるレベルで混雑します。彼らはわきまえていますから、不思議と、めったなことでは将棋倒しにはなりませんが、押されつつ押し戻しつつ進むため、腕が筋肉痛になります。

これだけ混むのを知っていても、数ある万里の長城のうち、八達嶺(バーダーリン)を選んで皆揃ってそこへ行く理由はただ一つ、そこが一番有名だからです。人に自慢できないようなところへ旅行に行っても、仕方ないでしょう。

最低限の秩序を守りつつ旅行へ行く一途な人達

2013年国慶節には、四川の九寨溝(高山にある湖)で、大混雑が起きました。移動のための唯一の公共交通機関であるバスが来ない。だからバスで移動するはずの人が溢れる。すると道に人が溢れすぎて自家用車も通れなくなる。

そして大渋滞の末、バスは来たくても来られなくなる・・・。面白いほどの負の連鎖で、にっちもさっちもいかなくなりました。

02

仕方なく皆、バスに乗らずに歩いて下山しました。そしてようやく下山した後、更にチケットの払い戻しのために並ぶ人々。

03

彼らは相当疲れているはずですが、払い戻しを諦めてその場を後にするのは許せなかった様子です。お金ヘの執着心と、待たされることへの忍耐心の二つをあわせ持つ中国人だからこそです。

誰のためのルール?

ところで混雑は万里の長城や四川だけではありません。重慶の歴史的文化財でもこの通り大混雑で、しかも「一方通行でお願いします。出口はあちら」の矢印の方向へ歩く人は誰ひとりとしていません。

04

ルールを守らない国民性であるせいもありますが、こういったルールを作る側は、使う側の立場など一切考えていないため、使い勝手や人の流れを到底予測せずにルールだけを作ります。そのためおかしな一方通行の垂れ幕を作ってしまったのでしょう。

この件でも明らかですが、例えば観光地でも、交通機関でも、デパートの中でも、利用する側が便利にうまく使えるかどうか、なんてことは一切考えられていません。

そのため道案内の矢印が途中でなくなったり、5列で進入したのに窓口が1つしか開いていなくて結局そこで大混雑したり、が絶えません。

そして大行列と大混雑の末にようやく、もう1つ窓口が開くというその瞬間、地鳴りが聞こえそうな勢いで人々が大移動するため、更に危ない状況となります。

それまで並んでいた順番がチャラになる瞬間です。走ったもん勝ち。新しく開いた窓口へみんなが走ります。

人よりも少しでも前に…

ちなみにこの時、足が速いことに加え、手の長さも重要です。手が長ければ、前に並んでいる人よりも更に前へ手を伸ばすことができ、順番は実質、自分の方が早くなります。

チケットにしろ申込用紙にしろ、係の人と先にやり取りできた人が優先ですから、並ぶのが後ろになってしまってもあきらめる必要はありません。1人や2人なら軽く抜かせます。もちろんトラブルの元ですから相手をよく見て手を伸ばしましょう。

係りの人は順番など気にしていませんから、より自分の手元の近くに来たものを受け取る習性があります。その方が楽ですから。

中国の観光地で生き抜く三原則。「もみくちゃにされながらもあきらめずに待ち続ける」「1㎝の隙間でも詰める」「でも押し過ぎない」。これによりなんとか秩序は保たれます。中国人はある意味、すごいのです。

国民全員が同じ日に休暇を取るのが悪いんだよ。僕たちは、それぞれ好きに休みを取るからここまで混雑することはありえないよ。
取ろうと思えばちょっとずらしてとれるだろうに。それが労働者の権利なんだから。
それができるのは一部の外資系のホワイトカラーだけだよ。じゃなきゃこんな混雑の中旅行に行くわけがないだろう。わかってないね。
中国にだってすいてる観光地もあるんだよ。中国人は有名どころにしか行かないから、少し外せば快適に観光できるよ。
一日の旅客数の多さでギネスを狙ってるとしか思えない混雑ぶり。なんでみんな、同じ日に行くんだ?
これだけ混雑していると、トイレにたどり着けずその辺で用をたす人の数が更に増えそうだね。
旅行へは行かず、写真で見るだけで我慢しようよ。これは混み過ぎだ。
この時しか休みを取れず、こんなに混みあう観光地しか行くところがない、かわいそうな人達。
「国慶節にはプロポーズするな」って言うけど、確かにこれでは、ひざまずくところがないね。
万里の長城から落ちる人、いないのかな・・・。
これ、西洋なら絶対死者がたくさん出てるよ。よくぞみんなここまで落ち着いてずっと混雑していられるね。
観光地が混むのはわかるけど、観光地、全てがこの混み具合なの?ちょっと工夫すれば脇道へ回れたりしないの?本当にどこもかしこもこの人出だとしたら、人口多すぎでしょう。
殺到しても不思議とみんな、倒れないんだよね。日頃からタフな生活で鍛えられてるってことかな。
お金持ちの、お抱え便器運びにでもなろうかな。こういう時便利だろう?いつでも電話一本で便器を運んでさしあげるんだ。
便器を運んで行ける隙間があったら、絶対他の奴がその隙間に割り込んでるはずだから、便器を運ぶのは不可能だね。
それより、金持ちでも貧乏人でも、そこにいきなり座り込んで用をたすことに何の抵抗も無いんだからそんなバイトはそもそもありえないだろう。
中国人の心境。混んでる=人気がある。だからこれはこれでいいんだろう、きっと。
この連休を「黄金週間」と呼ぶ奴らの気がしれない。
中国には会社が休みを買い戻すシステムがあるから、無理やりにでも休ませるんだよ。休ませなかったら後で有給休暇を買い取らないといけないから、会社にとっても損だろ。
こんな写真、きっとインチキだろう。人が多いように見せかけてるだけだよ。
なんのためにそんなことするんだ?

ここまでしないと旅行もできないの、とあきれる必要はありません。彼らはそれが普通だと思っています。より早く、より前へ、とせっかちな割には、それと同じくらい忍耐力もあります。

結局はあきらめる潔さもあります。彼らの口癖は「仕方がない」。その通りです。彼らにはどうしようもないのです。

(参考)http://shanghaiist.com/2013/10/03/armed_police_used_to_keep_order_
after_tourists_stranded_jiuzhaigou_scenic_area.php
http://shanghaiist.com/2013/10/03/national_day_crowds_queues_around_
china_golden_week_2013.php
http://shanghaiist.com/2014/10/04/badaling_great_wall_sees_the_bigges.
php

なぜ中国人がルールを守らないか少し理解できた気がする。海外コメントのお抱え便器が面白いwたしかにこんなに人が集まったら何かビジネスも生まれるんじゃないかな。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年2月27日 10:23 PM

    万里の長城怖すぎw落ちんの?

  2. 日本の名無しさん
    2016年2月27日 11:09 PM

    この程度の調整すら出来ない。社会主義国失格である。

  3. 日本の名無しさん
    2016年2月28日 12:13 AM

    ゴールデンウィークとかの日本の観光地も大概酷いけど、上には上がいるもんだ
    さらに、ラスボスのインドもあるしね

  4. 日本の名無しさん
    2016年2月28日 2:06 PM

    人混みの嫌いなオイラにゃ考えられん。
    こんだけ人がいるってことはここに至る交通はどうなる。
    日本の渋滞の比じゃないだろな

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.