当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【動画あり】これが刑務所!?ホテル並みに快適な世界の刑務所10選

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/06/17

W523
罪を犯した囚人が入る刑務所。暗くて、看守のみならず囚人同士の上下関係もあって、ご飯はまずくて、トイレやシャワーなんて使えれば有難い。そんなイメージの刑務所。確かに殆どの刑務所がイメージ通りだと思うのですが・・・。

そんな中、ホテルじゃないの?と驚くほどラグジュアリーな刑務所が在るのを知っていましたか?こんなに犯罪者を甘やかしていいの!?と呆れてしまうこと間違いありません。

これが刑務所?信じられない

1. バストイ刑務所:ノルウェー

ノルウェーのバストイ島にある「バストイ刑務所」は、最も警備が緩いと自負する刑務所。最低限のセキュリティレベルの中で生活する囚人達は、毎日をのんびりと平和に過ごしてます。

施設内に収監されている囚人は100人程で、一人一人に農作業や力仕事が与えられます。「更生すること」を第一の目的とするこの刑務所では、囚人の人権を尊重し、自信を取り戻し再犯罪につながらないよう促しているのだそう。

そんなバストイ刑務所では、仕事が無い日は日光浴や釣りなどを楽しみ、施設内のスーパーで食材を買い自炊も出来るそう。

甘やかしているようですが、しっかりとした更生プログラムと、囚人達の人権を尊重しているおかげか、再犯罪の確率は30%ととても低いと言われています。

01
優雅に日光浴をする囚人

2. HMPアディーウェル:スコットランド

清潔でモダンな施設のHMPアディーウェルは、スコットランドの南にある刑務所。この刑務所では、囚人達が出所してからも仕事に就けるよう、労働プログラムを設けています。

週に40時間のプログラムでは、建築関係の仕事のスキルを身につけさせ、仕事をすることによって犯罪から遠ざけることを目的とします。ほとんどの囚人達がこのプログラムに集中し、施設内での暴動などの事件発生率はとても低いとのこと。

02
清潔に保たれている部屋

3. オタゴ更生施設:ニュージーランド

その名の通り、刑務所というよりは更生施設として囚人達をケアしている「オタゴ更生施設」。

施設は全て通電柵で囲われ、囚人を訪ねる家族等にも一人一人綿密なボディーチェックをするなど、警備はとても厳しいものの、囚人達一人一人に対しては「快適」な環境を与えています。

この施設では囚人達に機械関係、料理、農業に関する仕事のスキルを身につけさせ、出所後にはいつでも仕事に就けるようなプログラムを設けています。

03
自炊も出来るキッチン

4. レオーベン司法センター:オーストリア

軽犯罪者のみ収監されるオーストリアの「レオーベン司法センター」は、まるでGoogleのオフィスを思わせるようなデザインの施設。

5つ星刑務所とさえ謳われるこの施設では、囚人一人につき一部屋与えられ、ミニキッチンやテレビ、そしてシャワールームまで完備されているというからまさに「ホテル」そのものです。

軽犯罪者だけということで警備も緩く、囚人達は毎日カフェテリアで読書とゆったり過ごしたり、スポーツジムで一汗かいたりと気ままに過ごしています。

04
一人一部屋

05
施設内のジム

5. アランフェス刑務所:スペイン

赤ちゃんがいるにもかかわらず、犯罪に手を染めてしまった囚人達。刑務所に入る犯罪者の家族にとって、こんなに辛いことはありません。

そんな犯罪者と家族の為にあるのが、この「アランフェス刑務所」。ここはまさかの育児室が完備された、世界初の家族で過ごせる刑務所なんです。入所条件は三歳未満の子供がいる囚人のみ。

こんなに至れり尽くせりでいいの!?と叫んでしまいそうですが、実はこれも更生を目的とした立派な理由があってのことなのだそう。

家族と共に穏やかに過ごした囚人達は、出所後に再犯罪を犯すことがなく、何とこの十数年で出所してから罪を犯した者は1人もいないとのこと。

06

6. ポンドック・バンブ刑務所:インドネシア

インドネシアにある「ポンドック・バンブ刑務所」では、収監されているほとんどの囚人達が、麻薬関係による犯罪した者ばかり。この刑務所では囚人達の持ち物に関する規制がとても緩く、中にはカラオケの機械を自分の部屋に置いている囚人も。

自身のスマートフォンで、刑務所の中からツイッター等のソーシャルネットワークを通じて、世の中と繋がりまで持てるというから何とも驚きです。

07
まるである家庭のリビングルームのよう

7. JVAフールスビュッテル刑務所:ドイツ

懲役年数が長い囚人の為の「JVAフールスビュッテル刑務所」では、広々とした部屋にソファーとデスクが置かれ、専用のシャワールームまで付いているという快適さ。

2011年に改装されてからは、快適且つ清潔で「外の生活よりもいい」とまで言われる程。施設内にはジムやランドリーなども完備されており、ちょっとしたビジネスホテルと同じレベルなのだそう。

08

8. ソレンツナ刑務所:スウェーデン

「ソレンツナ刑務所」は、あのサダム・フセインに「この刑務所に入りたい」とさえ言わせた程、世界一の快適さを誇る刑務所。

好きな食材を使ってデザイナーズマンションのようなキッチンで調理し、フラットスクリーンのテレビを見ながら部屋で夕食をとる。というあり得ない程優雅な刑務所。

快適すぎて体が鈍ってしまいそう?そんな時はスポーツジム顔負けのジム施設にてエクササイズも可能です。

09
まるでデザイナーズマンションの一室のよう

9. ハルデン刑務所:スウェーデン

ここもまたスウェーデンの刑務所。「ハルデン」では、10部屋に一つ大きなキッチンが与えられており、施設内のスーパーで食材を購入し自炊も出来ます。

スーパーの他に、ジム、サッカー場、ジョギングコース等があり、囚人の健康維持を心がけているとか。また、料理や音楽などのレッスンも受講でき、囚人によるラジオ番組もあるそう。ここまでくるともはや刑務所とは言えません。

10
刑務所内のスーパー

11
アクティビティルーム

10. セブ刑務所:フィリピン

この「セブ刑務所」では、上記で紹介した刑務所のような快適さはないのですが、「楽しさ」を提供するというちょっと一風変わった刑務所。

所長により取り入れられた「ダンス」によって、囚人達のストレスを解消させるのだそう。中でも1500人もの囚人達によるマイケル・ジャクソンの「スリラー」のダンスは、YouTubeにて数百万ものアクセスがあったというから驚きです。

ダンスを通して囚人達の獄中生活が少しでも苦にならないよう、また出所しても再犯罪を起こさないように更生させるのが目的とのこと。ダンスで更生させるというのは素敵なアイデアですね。

12

僕の部屋よりよっぽど快適そうなんだけど・・・
犯罪者でもちゃんと人として接し、更生させるのを手伝えば、刑務所に戻ってくる確率は減るんだよ。ノルウェーは犯罪者に対する更生プログラムがしっかりなされてるから、再犯罪を犯して刑務所に戻って来る奴は20%にしかならないんだって。アメリカは76%だとさ。
ノルウェーにはきっとホームレスの人達がいないのよ。だってちょっとコンビニで強盗に入れば、素敵なホテルにチェックイン出来るんですもの。
刑務所は自由が奪われるだけであって、自分の人生がもう終わりだと思わせる場所じゃない。
なんか、「犯罪して、素敵なバケーションへ!」って言ってるようにしか受け取れないんだけど・・・
囚人の部屋にベビーベッドが置いてあること自体、おかしいと思わないか!?
自分の独房のカギでさえ、自分で管理出来るとこもあるんだって。もはやマンションだよね。
大学で勉強してるのがバカらしくなってきた。
これ見て犯罪に走る人って、絶対いるよね!?
今すぐノルウェーに飛んで行きたい。
↑ノルウェーで犯罪したって、自分の国に送還されて、自国の刑務所に入れられるんだけど・・・それでもいいの?
人を殺して(最長懲役)21年もラグジュアリーなホテル暮らしだって!?ありえないよ。
僕は賛成だな。ここで更生して、二度と犯罪をしないようになるんだったら、こんな刑務所もありだと思う。
アメリカでこれが実現出来るワケないだろ。犯罪者の数だって桁違い。犯罪の内容だって全く違うし、こんなことしたら逆に犯罪してホテルのような刑務所に行きたいと思う奴らが増えるだけさ。
このラグジュアリー刑務所は、高齢者だけに限定すればいいのに。
この刑務所に入ってる犯罪者の人達って、絶対俺よりいい人生送ってる。
殺人とレイプ犯はここに入っちゃダメだろ!?
どんなにラグジュアリーなとこでも、Wi-Fi環境が整ってなかったら絶対行かない!
これらの刑務所に入るのって、宝くじに当たるようなもんだって知ってた!?入れる確率がとんでもなく低いんだ。だからここに入りたいからって犯罪したって、こんなラグジュアリーな刑務所に入れるって保障は全くないんだよ。
なんか、見てたら悲しくなってきた。何で犯罪した人達がこんないい暮らししてるの?
僕の国の病院よりいい部屋だ。
しかもこれらの刑務所って、中で働いたら少ないけどちゃんと給料貰えるんだよ。

犯罪をしたにもかかわらず、こんないい暮らしが出来るなんて、ちょっと違うんじゃない!?と最初は思ったのですが、しっかりと更生させて、再犯罪が激減しているのであれば、それはそれで良い対策なのかもしれません。

それにしても、マンションやホテル並みにキレイな刑務所。入るのが目的で犯罪、ということだけは防ぎたいですね。

(参考)http://www.takepart.com/photos/worlds-most-luxurious-prisons

ホームレスになるくらいならこっちのほうがいいって思う人も出てくるんじゃないか?刑務所に入るために必要ない犯罪をする人が出てくるんじゃないか 心配。

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年6月19日 2:33 PM

    露西亜のシベリア送りにされた囚人涙目。無期懲役のためタヒぬまで寒さ厳しい農地労働。

  2. 日本の名無しさん
    2016年11月20日 1:36 PM

    いいいました

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.