当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

微笑みの国タイはいったいどこに?クーデターを繰り返すタイ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/04/24

W264
微笑みの国タイが現在のように不安定な時代に突入してしまってから、一体何年経ったのでしょう。街ではいつ起こるか予測できないデモ隊と軍隊、警察との衝突に人々は不安を抱えています。

観光業や外資で成り立つこの国への経済的打撃も少なくなく、観光客や企業への影響も計り知れません。わたしたちは一日も早くこの国が以前のように平和で、のんびりした生活を取り戻してくれるのを願うばかりです。

タイの混乱を引き起こしたものは

どうしてタイはこのような状態になってしまったのでしょう。それはタクシンという人物が首相になった時までさかのぼって考えなければなりません。

タクシン氏は警察出身ですが、副業の(タイの警察官は給料が安く、副業をしている人が少なくありません)電話・通信事業が大成功。立派な事業家に転身しました。その後、政治家となり、2005年に首相に就任したのです。

彼の出身地、北部の農民救済を中心に経済復興が進められました。タクシン氏支持の北部農民は赤シャツ隊(赤いシャツを着ている)と呼ばれました。

南部や都市部の反応はと言うと、「北部から票を集めるために南部の富をばらまいた」「そこから不正が発生している」「親族も汚職の疑いがある」などなど。これが反タクシン派、黄色シャツ隊(黄色は王室支持の色です)となっていきます。

そして、2006年に軍によるクーデターが勃発、タクシン氏は失脚、国外へ逃亡しました。その後、2008年サマック氏(タクシン氏の義理の弟)、2011年インラック女史(タクシン氏の妹)が首相となります。

反タクシン派は、お金はあるのですが票が集まらないので、選挙で勝つことができません。選挙で混乱を収めたいタクシン派、それに反対する反タクシン派。そして、2013年の選挙ボイコット…

2014年5月22日、再び軍隊によるクーデターが起こります。軍はデモ隊の活動を抑えるために夜間外出禁止令を出し、現状一時的な政権を作って、全ての権利を握ったと宣言します。

平和と秩序を取り戻してから、選挙を行なうことを推奨しています。タイが正常な民主主義に復帰するには場合によっては、1年はかかるだろうと言っています。

こんな興味深い現象も出てきました。

軍事クーデターに反対する市民がアメリカの映画「ハンガー・ゲーム」にあやかり、三本指をたてて、抗議するというジェスチャーを始めました。映画の中では主人公が支配者への抵抗を示すジェスチャーです。

今後、タイ人共通のサインになりそうな兆しがあります。「自由」「平等」「同胞愛」を示していますが、タイ人の間の反応は賛否両論のようです。

どうして英語のサインを出すの?国際社会の仲間入りでもしたい訳?
タイ人の知的能力が低いか欧米のコピーをする羊かのように外国で認識されそうだよ…高い教育水準を持って、自分たちのアイデンティティを保たなきゃ…
あまり利口じゃないな…ソーシャルメディアを通して、タイ人であることが自覚できるのかな…
公的な場で指をたてるのは違法でも何でもないけど…

軍による道路封鎖、催涙ガス、外出禁止令、Webサイトへの書き込み閲覧など検閲の処置、タイの現状について人々の反応は…

タイの人々にとってプロキシー(代理サーバー)の使い方を学び始める時が来たね。Webの検閲なんてどうってことないよ。危機はもっと他にあるんだから。
赤シャツは今黒シャツに取って代わったの?国際メディアをあまりからかわないで。彼らはもう充分タクシンのプロパガンダのえじきになったんだから…
タイは自由の国のはずだよ。そんな風に感じなきゃ。たとえ軍が法律を変えたとしても…
タイは常に外国からの観光客の消費が必要なんだから、外出禁止令なんてそう長く続かないよ。
みんなに聞きたいんだけど…クーデターの前と今とどっちがいい?個人的には今かな…クーデター好きって訳じゃないけど…
2006年のクーデターの時にバンコクにいたんだけど…みんなとてもリラックスしていて、夜にテレビは晩は見られなかったけど、翌朝はもう正常だった。外出禁止令もなかったし、生活も変わらなかった。

今回はハッタイにいて、外出禁止令と4日間テレビが見られなかった…これは大きな違いで、タイ人も懸念しているのではないだろうか。

タクシン政権下で収穫の報酬をもらえなかった米農業者を励まします。彼らこそ本当のPTP政策の犠牲者で助けが必要なんだ。
わたしもクーデターの時、タイにいたけど、そんなに面倒なことはなかった。道には軍の車があって、平和を保つ努力をしていることを人々に伝えていた。とても普通のことだと思う。
あまりばかな真似はしないで。この戦いは長引くだろう。今、軍でさえ分裂してきている。
赤シャツも黄色シャツももう少し大人になって、妥協の意思を見せるべきだね。そこが著しく欠けているよ。
赤か黄色か選ぶのは難しいことだろうか…前6回の選挙で政府は勝利を収めている。でも、一部富裕層は彼らの所有物を保つためにクーデターを扇動しているんだよ。
タイはエゴによる戦いで多くの物を失うでしょう。民主主義は完全ではないけれど、軍によるクーデターや新しい首相を任命するために駆り立てる暴徒よりはましだね。

もう一度選挙をしたら、負けることが分かっているから一方的に行動したり、選挙のルールを変えたがったりしているんだね。彼らに反対する票を持つ多数の公民権を剥奪したいんだろう。わたしたちはタイが民主主義を選ぶことを望む。

タイは瀬戸際だね。民主主義で管理されている法廷もまた立ち往生だ。驚きだね。
タイは三つの国に分かれている。バンコクと北と南。バンコクと国王と法廷と軍は民主主義。(黄色シャツ)北はタクシン派(赤シャツ)。市民戦争はプミポン国王が死去したとき勃発するだろう。それは避けられない。

バンコクの現状を心配する観光客に対する反応は…

抗議運動は政府に関係する所で行われるから、観光客には全然影響がないよ。観光客に被害が出たら、大変なことになるってタイ人も分かっているから。誰も確かなことは分からないけど、だんだん良い方向に向かっているんじゃないかな。

バンコクでは気をつけて。タクシーに乗るときは渋滞を避けてもらって。まあ、1、2箇所だと思うけど。

バンコクの中心地を避ければ、大丈夫だよ。
ピークはもう過ぎたみたい。マスコミじゃないと気づかないぐらいじゃないかな。地元のニュースに気をつけて、バンコクの政治的な地域に近寄らないようにして。BTS路線が通っているエリアぐらいかな。

梅雨時に膿んでしまった傷口のようにぐずぐずと長引く紛争。命に別状はないものの、交通網に影響が出たり、自由に外出できなかったりと憂鬱な気分にされられます。何より身近に平和を感じられなかったら、穏やかに過ごせないでしょう。

そういう意味ではどんなに政治が乱れても、紛争までには発展しえないであろう日本の現状は「幸せ」そのものではないでしょうか。

(参考)https://answers.yahoo.com/question/index?qid=20131213224136AA0a9Kh
http://www.telegraph.co.uk/expat/expatnews/
http://www.bangkokpost.com/

政治が理由で内戦、紛争が起きるのは日本じゃ考えられないけど、この平和は変わることなく今後も続いてほしい。タイも早く微笑みの国に戻ることを祈ってます。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年4月24日 10:17 PM

    平和ボケしてるなあ
    地方自治や大阪都化とか移民攻撃の布石だろ?
    内戦は発生するよ、ロケットランチャーが既に見つかってるし

  2. 日本の名無しさん
    2015年4月25日 4:35 AM

    日本はよくも悪くも事なかれだからな
    何か事が起きたらすぐに潰そうと皆がやっきになる

    問題が深刻な物であれば有るほどにその解決策が練られ、歴史になり定石化する

    やはり歴史は大事

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.