当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【動画あり】復活の「F」!?佐世保にあるロボットが従業員の変なホテル

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/03/22

J396
恐竜に身分証を求められたら…
いかつい戦闘ロボットに案内されてどこかに連れて行かれたら…
ロボットに貴重品を預けなければいけないとしたら…

ありえないことが全部実現する、長崎県佐世保市のハウステンボス内にある「変なホテル」へ宿泊されてみてはいかがですか!?

世界が仰天!ロボットのホテル

海外では、「世界一進化する国、ロボットの技術も一番高い国、日本から、世界初の完全ロボット型ホテルが誕生」と大きく報道されています。その名も「変なホテル」

受付から荷物を運ぶベルボーイ、部屋の清掃やベッドメイキングまでロボットがしてしまうのです!ロボットとコンピュータが約80台、それを監視、コントロールする人が10人ほどいます。ロボットを使うのは、人件費をカットするためです。

まずは彼らの働きぶりをご紹介します。

従業員のご紹介

ホテルに入ると、荷物を運んでもらい、受付を済ませます。部屋のキーは安心の顔認証。気になる意思疎通もバッチリ!

受付は、日本人と恐竜の2人(という設定)です。日本語のお客は人間の受付係が、英語のお客は恐竜が受付をしてくれます!!

なんで恐竜?という声も多く上がっていますが、リゾート地ハウステンボスという場所にあるホテルですから、それくらいの遊び心は必要かもしれませんね!?

05

06

ロッカールームもロボットがしっかり守ってくれます!

07

ロボットが清掃してくれた清潔な部屋に、快適に宿泊できます

ホテル情報

アルデバラン・ロボティクス、安川電機、ココロといったロボットの開発企業と大阪大学の協力で作られました。最新型テクノロジーを効率よく用い、低コストで経営できるようになります。

2015年7月15日にマスコミに公開され、17日に営業開始しました。現在のところ72室ですが、まだこれから客室数も増えていく計画です。ご予約やお問い合わせはこちらのホームページをご覧下さい。→http://www.h-n-h.jp/

「変なホテル」の『変』には、どんどん変化する最新技術に合わせて変化、進化するという意味が込められています。そう言われれば納得、これからどんどん進化する技術によって、ますます快適な滞在になっていきそうです。

日本人の手にかかれば、今やロボットは、なんでもできる優秀な従業員のひとり。医者、看護師、運転手、受付…これから高齢化が進み、人口が減って行く中での、大きな助け手になってくれることでしょう。

ロボットって、人間よりもずっとずっと働き者だと思う。アルゼンチンにもこんな「変なホテル」ができたらいいのにな。
↑ガマン、ガマン、いつかはアルゼンチンにもこんなロボットたちが来て、人間の仕事を助けてくれると思うよ。だけど最低100年くらいは待たないとね。
周りがしゃべるロボットだらけだなんて、怖いよ!夜も絶対眠れないと思う。
まさに「革新」そんなの無理、とか、人任せにするんじゃなくて、自分たちの手でやっていく、さすが日本人だと思う。
恐竜が受付!?上手く調理されて食べられちゃいそうだねー!
セルフサービスのガソリンスタンドを利用するような気分かな?とにかく、日本のテクノロジーの進歩は世界一だね。
うーん、新たに挑戦するコンピュータがたくさんありそうだね!早く、全部ハッキングしてみたいよ。
コスト削減、人件費削減っていうことは、人間の雇用の機会が減るっていうことだろう?こうやって、金持ちはどんどん金持ちになって、貧乏人はロボットを掃除する仕事しかなくなるんだ。
現代人は、テクノロジーに頼りすぎているんじゃないだろうか。既に人間は、直接話しをしたり、電話で話したりすることすら忘れて、SNSのメッセージで用事を済ますようになってしまった。なんかさみしいよね。

テクノロジーの進化と、それにどこまで頼るか、長い目で見れば何が良くて何が悪いのか、今のうちに線引きをしっかりしておかないといけないと思う。

オーストラリアだって先進国だよ。だけど失業率も高くて、生きていくのが大変。こんな状況に、これだけしっかり働けるロボットが来ちゃったら俺たちはどうなるの。
結局、ロボットって機械だよ。ロボットの監視や整備は、誰がするの?ロボットがしてもいいけど、そのロボットの監視や整備は誰がするの?結局、いつだって人間の手は必要なのさ。
テクノロジーの進化は、喜ばしいことだよ。テクノロジーの進化によって、より安くてよいものが手に入ることもある。ロボットの進出で、ある意味人間の仕事も奪われるかもしれないけれど、そのロボットのおかげで、新たな雇用も生まれるだろうし。

テクノロジーの進化に伴って、人間も進化していかないといけないよね。そうやって、ロボットに使われるんじゃなくて、ロボットを使った仕事ができるようになるんだよ。

本当に日本人って、天才だと思う!
恐竜ってもう絶滅しているのに、また恐竜が復活しようとしている!しかもロボットとして!
日本人は未来の扉を開いてくれる人たち。
ロボットの活躍によって、ロボット業界はこれからどんどん仕事が増えるでしょう!そしてロボットを使う会社は、ますます生産性も上がっていくし。昔は、みんな農民だった。モノを植えて、飼育して、でもみんな貧しかった。現代では、テクノロジーのおかげで、豊かな生活が送れる。
こういうロボット1台1台について、整備したり、部品を作ったり…仕事はいくらでもあるよね。ロボット業界の未来は明るいよ!
ロボットを配置するのも、ロボットの掃除や整備をするのも、新しいロボットを開発するのも、全部人間の仕事。顧客の入力した情報を分析するのだって、人間だよね。
少子高齢化に悩む日本。それでも日本には難民や移民も来ないみたいだし。そういう状況じゃ、ロボットが唯一の問題解決の手段だよね。
ロボット進出の是非は、時間が答えを出してくれるんじゃないかな。ここでそれぞれの意見を述べても、まだわからないことだらけだからね。

ロボットの進出に海外からも賛否両論あるようですが、そんな人間の心配をよそに、「変なホテル」では今日も従業員たちが熱心に仕事に励んでいます。

彼らの仕事ぶりを目の当たりにしたら、すぐにロボットたちのことを好きになってしまうと思いますよ!是非一度、「変なホテル」を訪れてみましょう。

(参考)http://www.neoteo.com/henn-na-hotel-conoce-al-hotel-japones-con-
personal-robotico/
http://www.sankei.com/west/news/150902/wst1509020002-n1.html
http://gamerstyle.com.mx/2015/07/31/conoce-el-primer-hotel-atendido-por-
androides-henn-na-hotel/
http://www.h-n-h.jp/

変すぎるw なんでこんなに統一感がないんだろう。恐竜にフリーザに妖精って!ロボットのネーミングも変だし、まさしく「変なホテル」だ。

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.