当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【バレンタイン中止のお知らせ】イランでバレンタイン廃止宣言!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/13

W515
2月14日はバレンタインデー。皆さん今年は何かプレゼントしたりもらったりしましたか?

バレンタインは日本でも女性が男性にチョコレートを渡す日として毎年外せないイベントとなり、さらに一ヵ月後の3月14日はお返しの日としてホワイトデーなんていうのも作られるほど、イベント好きな日本人にとってお馴染みの日になりました。

一方、ネット上では、チョコに恵まれなかった人々がバレンタイン中止を訴えるというのも恒例イベントとなっています。

もちろん、そのほとんどがネットお決まりのジョークだと思いますが、なんと実際に政府がバレンタイン禁止宣言をした国があるというのです。

規制だらけの国

近年、イランでは西洋文化を排除する動きがあり、髪型や服装など、国が指定したイスラム圏にふさわしいものでないと認められない、というとても厳しい規定があります。

音楽もロックやラップ、女性が演奏しているバンド等が規制対象となり、出版物においてはイスラム教の預言者を侮辱するような内容のものは規制、逆に西洋文化に反抗する内容であれば推奨されるとのことです。

2016年の1月には文化省によってワインという単語や外国の動物の名前等の外国語が規制されたそうです。祝い事もその例外ではなく、イスラム教の祝い事以外は祝うべきではないという意見があがり、バレンタインも規制されることとなりました。

01
(2001年、イランの首都テヘランでバレンタインのプレゼントを買う人々)

元々、バレンタインはヨーロッパを中心に行われていたイベントであり、イランなどの中東諸国ではつい最近祝われるようになったそうです。

しかし、今回の規制によって、お店でのバレンタイン商品の販売や展示、個人でのプレゼント交換も禁止されました。

さらにイランの首都テヘランでは、警察が店に警告して回り、喫茶店やアイスクリーム店で、若者がバレンタイン的な行動をとらないかの監視をしていたというのですから、何か異常なものを感じずにはいられません。

このことについて海外の人たちはどう思ったのでしょうか?いくつかコメントを紹介いたします。

イスラム神権政治ってのはイスラム圏に住む人々にとっちゃ終わらない悪夢だな・・・。
イスラム=楽しいことは絶対禁止。
イスラム教はことごとく西洋の物や習慣に反抗してきてるけど、なんでそんな奴らをこっちに招き入れなきゃいないんだ?馬鹿なの?
男女が惹かれあったり愛しあったりするのにイスラムは関係ないだろ!
イラン政府を廃止したほうが世界はもっとよくなると思うよ。
もうホントうんざり。少し前まではイスラムのことなんて知らんぷりだった癖に、今じゃニュースでも学校でも政治でもイスラムの事ばかり。イランで何があったかなんてどうでもいいし、押し付けてこないでほしい。
↑今日、大学内のスターバックスに行ったらアラビアにでも来たのかと思うくらい中東の人ばかりで皆アラビア語を喋ってたよ。あれはすごく変だった。
やりたい放題な法規制ってのはこんな風になる。
イスラム教徒は「首を切る日」のほうが好きなのさ。
↑赤色はその日にとてもふさわしい色だね。イスラムの文化交流で奴隷少女オークションをやるってのも良いかもしれない。
こんな理不尽で抑圧的な神権政治の中で暮らしてるイランの一般人に同情しちゃうね。
人々が互いに愛を示しあう祝日が無いだって?じゃぁ、自分の首を切り落とす日なんてのはどうかな。これなら認可してもらえると思う。
愛すべきイラン人教徒が恋を軽視している事ってのを受け入れたらどうよ。異教徒の頭を切り落とせる奴が愛だなんだと気にするわけないだろ?彼らが満足するバレンタインをデモンストレーションしてみるんだ。胸元に飛び込んで胸を切り開いて脈打つ心臓を取り出して見せるんだ。彼らが死ぬ前にね。
「その国が何をやってるかなんて知ったこっちゃない」って言う人たちへ。イランみたいな国は気をつけたほうが良いんじゃないかしら。イランは戦争の火種で、私達は自由と民主主義を守る為に戦わなくちゃいけない。

イランには善も悪も、正しさも間違いも、民主も独裁も入り乱れていて、かつて東ヨーロッパが共産主義に抵抗していた時のように、西側の力を必要としている。

「知ったこっちゃない」って言うのは自分の身に何かが起きたときに、周りにも同じように思われるって事。この人間の思想に関する戦いに立ち向かっていく事が必要だ。

基本的にこういう偽善的な日は好きじゃないんだけど、でも政府から生き方を規制されるっていうのも嫌だなぁ。イランはその悪い例だね。
別に良いじゃん。彼らの国なんだし、好きになんでも規制させたら良い。アメリカの祝日だっていろいろ規制してほしいもん。まずはマーティンルーサーキング・デー。この忌々しい日がなくなれば後は大目にみるよ。
調査によるとイランでは38.6%が従兄弟とか親族と結婚してるそうだから、バレンタインデーとかどうでもいいんだろ。従兄弟と結婚するならロマンはいらない。
妻や彼女を良いレストランへ連れて行ったり花やチョコレートをあげたりするのは退廃的で西洋的。妻を殴ったり、子供と結婚したり、妻を沢山抱えるのがイスラム的。西洋的なほうが良いよね!
なんてこった、イランが愛を祝う日を拒絶するなんて思いもよらなかった。
なら、こっちもイスラム文化は受け入れられないね。

イランの神権政治についてやり過ぎという声が多くあがっていました。一方で、イランには恋愛を祝う日は必要ないのかもしれないと納得している人も多いようです。

伝統を重んじるのも大事ですが、インターネット等で色んな世界が見られるようになった今の時代には、伝統は狭く息苦しく感じるのかもしれません。

日本では西洋文化はかなり浸透していて、バレンタインやクリスマスにはじまり、最近ではハロウィンも恒例イベントとなってきていますね。イベントが近づいてくると街中も華やかになってきてワクワクとします。

楽しい、良いと思ったものを積極的に取り入れてゆく。文化の発展というのはそうして成り立っていくものなのではないでしょうか。

(参考)http://www.breitbart.com/national-security/2016/02/12/iran-latest-
country-to-ban-valentines-day/

良い悪いの判断基準が西洋文化かどうかなんて捻くれてる。イスラムってレッテル貼ってるわけじゃないけど、こういうものの考え方は嫌われる要因なんじゃないの?

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.