当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

日本でも流行るかもしれないライドシェアについてフランス人に聞いてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/11/03

W357
ここ数年、公共の交通機関の運賃値上げやガソリン代の高騰が続き、フランスでは一般のドライバーが自家用車で他の利用者を運ぶ、いわゆる「ライドシェア」が一つの移動手段として普及しつつあります。

日本ではまだあまり普及していないこのサービスですが、実際どのようなものなのでしょう?

フランス人はみんな知ってるcovoiturageって何?

自家用車を運転する際、車内で一人だけというケースはよくあることです。フランスでは通勤など日常的な移動の際、1台の車に平均1,1~1,2人しか乗車していないそうです。

また休暇などに出かける場合でも平均1,6~2人と、いずれの場合においても1台の車の車内占有率はとても低くなっています。

そんな事情ですが、渋滞を緩和し、大気汚染を軽減する観点でここ数年ライドシェアの重要性が議論されるようになりました。

同一の車を複数人で利用することはフランス語でcovoiturage(コヴォアチュラージュ)と呼ばれ、この方法は若い人から人気に火がつき、今では幅広い世代で支持されています。

相乗りする他の利用者を探すためには主にウェブサイトが利用されており、利用希望者はまずウェブサイト上で会員登録をします。自家用車を持つ会員は自分が移動する日時や行程、乗れる人数などを登録し、値段を提示します。

相乗りしたい会員は出発地、目的地、日時、値段などから自分の希望にあう車を検索して探しだし、提案者の運転手とウェブ上のメッセージや電話、メールなどで連絡を取り合った上で相乗りする車を決定します。

フランス国内のcovoiturage利用者の95%の間を取り持つ業界の最大手Bla Bla Car(ブラブラカー)は毎月約1万人もの利用者があります。

Bla Bla Carは2006年にウェブサイトを開設し徐々にその利用者数を増やし、今では約2千万人の会員数を誇ります。またBla Bla carは今後はメキシコ、トルコ、インド、セルビア、クロアチア、ルーマニアなど国際的な展開を視野に入れています。

Covoiturageの見逃せないメリット

Covoiturageを利用して移動する場合の利点の1つとして、まずその低価格があげられるでしょう。

電車や飛行機の運賃はよく変動するので一概には言えませんが、目安として、例えば出発の1週間前にフランス国有鉄道SNCFの電車の切符を購入する場合と比較するとcovoiturageの利用ではその約1 /3の出費で済むと言います。

またcovoiturageを提案する側としては、利用者が支払う代金によって高速代やガソリン代の一部をまかなえるというメリットがあります。

どんな人が相乗りの相手になるのか心配と言う人もおられると思いますが、Bla Bla Carの場合を例にあげると、会員登録の際の身分証確認が義務付けられており、身元がはっきりした人しか登録できないシステムになっています。

それでも心配な場合や女性の一人旅の場合は、女性ドライバーを選ぶようにしたり、これまでの利用者の評価コメントを参考にしたりして相乗り相手を選べばさらに安心でしょう。よい同乗者にあたれば、移動中楽しいひとときが過ごせることでしょう。

他の利点としては、ライドシェアが普及することで道路を走る車の数が減り渋滞を緩和することができることと、二酸化炭素の排出量を減らすことがあげられます。

さらにエネルギー節減の面でも有効で、2014年には130万メガワット/時のエネルギーを節約できたといいます。このように経済的で楽しくてエコにもなるcovoiturageがフランスで人気になったのも納得ですね。

ここでフランス人たちの声を聞いてみましょう。

最近Covoiturageを利用しました。リヨン-パリ間で30ユーロ、パリ-マルセイユ間は15ユーロでした。とても快適でしたよ。もう値段が高い電車に乗る気にはなれませんね。
利用者が少ない出発地、目的地の場合は提案が少なく、気に入るものを見つけるのには運がいるね。
ドイツでもcovoiturageは人気らしくて、carpooling.comは2011年に1万人の利用者があったと聞いたよ。
covoiturageはすばらしい交通手段だと思うよ。僕はしばしば相乗りを受け入れる運転手側だけど、運転手にも相乗り利用者にも安全なシステムだと思っているよ。Bla Bla Carは始まった当初に比べてすごく進化したね。
楽しい旅になるかどうかは同乗者次第だよね。
誰かを乗せるってことで1人の時より運転が慎重になるよ。
今回は同乗者としてcovoiturageを利用し、とても気に入ったのでまた利用したいです。機会があれば運転する側もやってみたいです。
58歳男性です。2年間、パリ-リヨン間を120回covoiturageで移動し、300人の人と出会いました。乗せた人は俳優、先生、警察官など職業もさまざまでした。これからもまだまだcovoiturageを続けようと思っています。
恋人に教えられて始めました。始めはちゃんと時間通りに集合して出発できるのかとか、へんな運転手にあたらないかとかいろいろ心配で乗り気ではなかったのですが、やってみるとすごく楽しくて気に入りました。ライドシェアには未来があると思います。いろいろな人に参加してほしいです。
いろんな人と出会えるところがいい点だと思います。
運転手が2時間も遅れてきて、車内の音楽のセンスは最低、助手席の女の子はスマホをいじってばっかりで雰囲気も最低。こんな時もあったわ。
人とのふれあいとエコロジーの観点でライドシェアを高く評価しているわ。もちろん経済的なメリットもあって、利用者、運転手共にいいことづくめね。
2年以上covoiturageをしているけど、はじめての時のことをまだよく覚えているわ。変な人が来たらどうしようってとても心配だったの。たまになんにもしゃべらない人にあたっちゃって車内が重い雰囲気になることもあるけど、だいたいはいい人だったわね。
フランス人だけでなく、いろんな国籍の人を乗せて会話を楽しんだよ。Bla Bla Carのおかげで語学が上達したかも⁈
2年前から利用しているよ。すごくいい経験ができるからいろんな人にすすめているよ。グループで移動するのってとても楽しいよね。
運悪くスピード狂の運転手にあたってしまって車内で怖い思いをしたわ。
もともと1人でいるのは嫌いだから、とても気に入ってるわ。いろんな世代が混じりあって意見を交換しあえるのがいいわね。まだの人は一度ぜひやってみて。
すばらしいコンセプトだと思うよ。もうcovoiturageなしでの長距離移動は考えられないほどだよ。
5か月前にcovoiturageでの出会いがきっかけで彼女ができたんだ!
少し前のことだけど、la Rochelのユースホステルに行きたいっていう若い女の子を乗せたの。でも到着してみたらユースホステルが閉まっていて、困り果てていた彼女をうちに泊めたわ。

彼女は宿泊先がみつかって満足してたし、彼女と楽しい時が過ごせた私も満足だったわ。これをcovoiturageよ。いろんな出会いがあるの。

日本の公共交通機関はその時間の正確さで世界の人を驚かせています。時間通りに来ないバスにイライラすることや、ストライキで地下鉄がストップ、なんていうひどい目に合うことが少ない日本の交通事情は恵まれていると思います。

公共の交通機関があまりない場合などもcovoiturageのシステムは重宝されているようです。

日本の場合はもともとヒッチハイクの習慣がほとんどなく、「知らない人の車に乗るのはちょっと…」という人もたくさんいらっしゃると思いますが、いいことづくめのcovoiturage、ちょっと試してみたくなりませんか?

(参考)http://www.ladepeche.fr/article/2014/08/26/1939500-covoiturage-
le-transport-qui-n-arrete-pas-de-monter.html
http://www.lefigaro.fr/conjoncture/2012/04/20/20002-20120420ARTFIG
00562-le-covoiturage-se-developpe-de-plus-en-plus.php
http://www.capital.fr/finances-perso/actualites/le-covoiturage-un-bon-plan-
pour-rentabiliser-votre-voiture-836826
http://www.leparisien.fr/environnement/ville-durable/transport-le-
covoiturage-economique-sympathique-et-plus-ecologique-11-05-2015-
4762779.php
https://www.blablacar.fr/blog/temoignages
http://www.topito.com/top-inconvenients-covoiturage

フランスでの車の占有率がそんなに低かったなんて驚いた。covoiturageのシステムはフランスに限らず、若い人が車を持たなくなった日本でもうまく活用できそう。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年11月3日 10:35 PM

    当たり前のように反日分子がいる国でそんなことしたらレイプ犯罪急増するわ

  2. 日本の名無しさん
    2015年11月3日 11:51 PM

    狭い空間で他人に気を使うなら公共交通機関の方がいいんと違うか?

  3. 日本の名無しさん
    2015年11月3日 11:58 PM

    日本でも流行るかも…?
    これって昭和30年代に日本ですでにやってたっぽいよ
    父親から聞いたけど、会社の人らと車シェアしてたらしい
    ご近所付き合いが濃かった時代には出来たんだろうけど
    現代ではどうかなぁ

  4. 日本の名無しさん
    2015年11月4日 12:36 AM

    これ白タクにならないのかね?

  5. 日本の名無しさん
    2015年11月4日 2:07 AM

    日本でヒッチハイクしたことある。

  6. 日本の名無しさん
    2015年11月4日 12:26 PM

    これ、ガチでフランス人の友達にオススメされたし、ストラスブールから家まで電車だと高いって言って友達はこれで帰っていった。
    自分もそうだけど友達もバックパッカーなんで宿とかでいろんな旅人と出会うの好きなんで、そういう人にはいいと思う。ホステル、ヒッチハイクでストレス溜まらない人向け。
    ただ、フランス人だとドライバーが英語話せなかったり、待ち合わせ場所がわかりづらかったり、時間に余裕がない人と気を使う人はやめた方がいいかも。
    ブラブラカーはたしかドライバーの顔写真も載ってたはず。

  7. 日本の名無しさん
    2015年11月4日 1:31 PM

    あんまり向かないんじゃないのかな
    日本の過疎地で近所の人たちを好意から車に乗せてて、謝礼を金銭で貰ってた人は捕まってたようだから、法的にもどうだろ?

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.