当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

月を撃ったらタイホー!問題は月を撃った理由だったww

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/25

W293
銃社会アメリカでは、州によって規制は違うそうですが、大抵の州で、許可申請さえすれば簡単に銃が手に入るそうです。

第一の目的はもちろん保身のためであると思われますが、何億もの人が銃を持てば、正しい使い方を理解できない人が出てくるのは当たり前かもしれません。

今回はアリゾナ州で、タイトルほぼそのままの珍事件がありました。まずはレポートをご覧ください。

彼には何が見えたの?

アメリカ、アリゾナ州で、39歳の男性がピストルで月を撃ち、彼の奇行を止めようとガールフレンドが呼んだ警察官と揉み合いになり、逮捕された。彼はマリファナを吸っていた。

ある日の深夜にこの男性は、ガールフレンドとその息子にほうき星が見えると言って何回か空中に発砲した。彼は、この事件を起こす前にマリファナを吸っていたが、誰かを傷つけるつもりはなかったと供述している。

今回の発砲や、その他の混乱した行動は不法、なお且つ、危険であると判断され、彼は今も拘留されている。月を撃つだけなら映画のワンシーンにも出てきそうですが、もう39歳のこの男性は他にも問題があるようです。

アメリカでは、年齢制限を満たし、身分証さえあれば簡単に銃を手に入れられるそうですが、銃が絡んだ事件は後を絶たず、規制は色々とできているようですね。

海外のみなさんの反応はどうでしょう?

マリファナ中毒のせいだ。
↑マリファナに中毒はない。習慣化していたのでは。
マリファナじゃなくて、本当は他のクスリをやってると思う。
「月はスイスのチーズに似ている」といつも人が言っている意味がやっと分かった。
彼は月にイラっとしたんだろう。
↑月も彼にイラっとしたと思う。
月を撃つなんて、なんか想像力に欠けてる。
マリファナでこんな風になるなんて聞いたことがない。
彼は以前からマリファナを吸っていたことは認めているけど、他のクスリを所持しているとは確認されていない。
アリゾナって寛容なんだね。
↑自分の経験では、そんなことはない。
これが、ニュース?
彼の罪は重いだろう。彼女は、この話を売り、警察を呼んで、今は彼のマリファナを吸って楽しんでいるはず。
マリファナはもうすぐ合法になる。大した問題ではない。
彼は、マリファナを吸っただけではないな。
月に向かって撃った?警察に向かって月を撃った?
マリファナが人を愚かにするのではなく、愚かな人間が愚かなんだ。
彼は星に着いたかな?
皆がマリファナを親友のようにかばってるのが面白い。
彼が銃を持つのを許されているというのは喜ばしいね。
これがカリフォルニアだったら、政治家たちが明日には「月を撃つこと」を違法にするだろう。
彼は、撃つのではなく、吠えるべきだった。
マリファナの合法化に対して、メディアが反発して悪印象を与えようとしているけど・・・マリファナは何世紀にも渡って使用されてきた。マリファナのせいで、誰かが暴力的になったり、おかしくなったりという事実はない。
お酒と同じようなもの。
人生を謳歌できている人間が、ハイになって現実逃避する必要はない。
彼は、この事件に関してマリファナを吸っていたことを認めている。それが原因だと言っているんだから、他のドラッグに関する質問に答える必要はない。抵抗もしていないのに抑え込まれるマリファナ使用者もいるけど、彼はもう捕まってるし、取っ組み合う相手もスナック菓子しかいないだろう。
なんでコロラドではこんなものが合法になったんだろう。
↑マリファナでこんな事件は起きないよ。
↑なぜなら君ならお酒を飲んで、もっとアホなことをするからだ。
変なの。ハイになっただけではなくて、もっと精神的に問題がありそう。
アリゾナにはそんなに問題はないと思われがちだけど・・・自分たちの州境にはセキュリティーはないし、多くの不法滞在者がいるという事実がある。
彼が吸ったものを自分も吸ってみたい。ほうき星が見えて、弾が月に届くかもなんて思えるんだろ。なんという冒険!
彼は、マリファナを吸って楽しんでただけ。なんでみんな、人が幸福に満たされているのをそんなに騒ぐんだ?
彼の頭に何千の銃弾が降り落ちますように。他の愚か者からね。
祝祭日にのみ、空中に発砲しても大丈夫だってこと、みんな知らないの?一人でやったら捕まるだろうけどね。
アリゾナからはロクなものがやってこない。
こういう映画、あったよね。
そして、みんなマリファナには害がないと言い続ける。

さて、いかがでしょうか?男性が銃で月を撃ったことよりも、マリファナに話題が集中しておりました。

アメリカは州によって銃の規制が違うようですが、この事件があったアリゾナ州は、所持自体に関しては比較的緩めだそうです。それでも、正当な目的以外の発砲は厳重に取り締まられているみたいですね。

マリファナは危険じゃない?

話は戻って、マリファナについてですが・・・マリファナが合法化されているのは、オランダが有名ですが、アメリカでも近頃、合法化された州がありました。

日本は非常に取り締まりが厳しいため、マリファナも覚せい剤の一種と思われる方も多いと思いますが、海外の人にとってはマリファナとドラッグは別モノという認識の人も少なくないようです。

合法化されていない他のヨーロッパの国(全部ではありませんが)でも、売買は捕まりますが、一定量以下の所持であればほとんど問題になりません。

ただ、クラブ等の公の場で吸うと追い出されることはあり、あくまでも私的に嗜む程度という人も少なくないようです。なので、マリファナというのは、海外の人たちにとっては、私たち日本人が思うほど抵抗を感じるものではないみたいです。

慣れるから大丈夫!?

オランダ人の友人に聞いた話では、オランダの若者たちもマリファナは吸うそうですが、初めは楽しい気分になるものの、だんだんと慣れてくるらしく、大人になると何も感じないのでやめるという人が多いらしいです。

そこでやめられればいいですが、より強い刺激をもとめてドラッグに走る危険性が高まるのではないかと思ったりします。実際はどうなのでしょうか。

上記のコメントで、マリファナのせいではないと主張する人が多いのは、39歳で常用している人間はもう慣れているはずで、我を忘れるほどハイになるわけがない、という経験談からなのでしょう。

そんな、自由な海外で味をしめてしまった日本人が、日本でも・・・という事件もあります。日本では違法ですので、『ダメ、ゼッタイ』ですよ。

(参考)http://news.yahoo.com/arizona-police-arrest-man-shooting-moon-
200917328.html

マリファナってドラッグっていうよりタバコに近いんじゃないの?なぜ日本ではタバコは合法でマリファナは危険って認識なんだっけ?タバコの有害性は政治家には見えないようになってるのかな?

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年5月25日 10:44 PM

    マリファナの酔う成分を品種改良で強くしたのを吸ったのだろ

  2. 日本の名無しさん
    2015年5月26日 1:50 AM

    マリファナ吸ってガールフレンドが見える←まぁ分かる。
    銃で撃とう!←???

  3. 日本の名無しさん
    2015年5月26日 7:23 AM

    マリファナの多幸感が有害なんですよ
    身体的な問題ではなく
    パチンコと同じ有害性
    社会にとってね

  4. 日本の名無しさん
    2015年5月26日 8:28 AM

    マリファナは酒や煙草に比べてもむしろ害が少ないです。
    もとは日本でもその辺に生えていた麻の葉であり、自然的なハーブです。
    皆さんお上の流す情報に従順過ぎ、欧米と比べ日本のマリファナに対する取り締まりは厳し過ぎる。

  5. 日本の名無しさん
    2015年5月26日 8:40 PM

    マリファナ吸って車運転するのは無理だろうし呼気検査で白か黒か判断つかないからじゃない?
    飲酒と比べて取り締まりが面倒だし

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.