当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

夜10時以降はトイレ禁止!無茶にも思えるスイスの法律

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/11/28

112715
毎日仕事に忙しく生きる日本人にとって、夜帰宅した後の時間は至福の時間といえるでしょう。熱いシャワーを浴びて一杯飲んで…リラックスのために必要不可欠なこの習慣、たとえ残業で遅く帰り着いたとしてもこれだけは、ゆずれませんよね。

さて、このリラックスの時間に、もしストップがかかったら皆さんはどう感じますか?実は“シャワーを浴びる時間までもが法律によって規制されている国がある”のです。信じられないと思ったあなた、本当にそういう国があるのです。

公共の福祉が何よりも大事…

その国というのが、アルプス山脈や永世中立国として有名なあのスイスなのです。
どういう法律なのかと探ってみると、「夜10時以降は近所の迷惑になるほどの音を立ててはいけない」という原則から始まっています。実はルクセンブルクにもこの法律は存在するのですが、スイスになるとさらに厳戒で、「シャワーを浴びるのはおろか、トイレの水も流してはいけない」ということなのです。

政府としては、夜間の騒音=近所への迷惑というコンセプトからこの条例を実施し始めたそうですが、我々人間の生理現象までも法律によってコントロールしないといけないのか?と、あまりにも無茶な気がしますよね。

トイレの音も騒音公害に

つまりはシャワーを浴びるときの音、トイレを流す時の音が騒音公害とみなされるわけです。ちなみに男性がトイレで小便をする時の音も騒音らしく、このような理由から「夜10時以降はトイレ禁止」令が取り決められました。

政府はトイレを流さないことによる臭いの公害より、騒音公害に重きを置いているようです。それともスイスの家の作りは壁が薄いのでしょうか…。謎は深まるばかりです。

ちなみにこの条例は旅行者にも容赦なく適用されるので、スイスに旅行で訪れるときは、夜トイレに行かずにすむように日中から飲み物のコントロールをする必要があるかもしれません。少なくとも「夜10時以降はトイレ禁止」令を知っておくことは大事です。

さてこの無茶にも思える法律、世界の人はどう思っているのでしょうか。

世界各地の変な法律をいろいろ見てきたけど、スイスのこの法律は僕の中でランキングのかなり上位に入るね。道理にはかなってると思うけど、現実問題としてトイレを我慢するのは無理だろ!
騒音にそんなに敏感な国民なのか?
つまりは隣の人が騒音と感じなかったらいい話だろ?トイレを流す音より、テレビとか音楽とかもっと騒音になりかねないものは山ほどあるぞ。
スイスは夜にかけてのお祭りとか宴会とかできないってことか。よっぽど静けさを愛する国なんだな。
スイス人の身体のつくりは、小さいころから夜にトイレにいかないようにってちゃんと訓練されてるのか?子供には特に残酷な法律だな。
トイレすらない国もあれば、トイレがあっても使っちゃいけない国もある。なんて皮肉なことなんだ。
健康のためにも、衛生上も、この法律は改正したほうがいいんじゃない?そんなに騒音に気を配るなら、家の作りをもっと防音にする建築基準とか、そういう方面で規制をもうけるほうがよっぽど納得できる。家と家の間隔をあけるようにするとか、そういうのがまともな法律でしょ。
スイスではお腹こわしたり病気になったり、まともにできないな。
そんなに周りを気にして生活するなんて、かなりストレスたまるでしょ。
夜のアルコールはてきめんだな…。
家にいても自由、プライバシーがないって、ヨーロッパにしては珍しい話。そろそろ改正してもいいんじゃないか。
その時間帯に騒音をたてないように生活を意識しないといけないってわけか。でもいくら予定を立てていたって思い通りにいかないこともある、それが人生ってもんだろ。実際はどこまで厳しいんだろうな。
確かに男性の小便の音はけっこう耳に障るけど、どうしようもないからって思ってた。まさかそこまで気をつかえっていう法律があるとは、スイスもなかなかやるわね。(イタリア)
赤ちゃんの夜泣きのほうがよっぽど騒音になると思うんだけど。それは規制されていないの?
スイスのトイレは水を流すだけでそんなにうるさい音がするのか?どこかのメーカーが騒音のしないトイレなんていうのを開発したら爆発的に売れるかも!国の特許もとれるし、全部それにしてしまえばこの法律だって必要なくなるんじゃないか。
常に周りに気を使ってないといけないなんて、落ち着く時間がないじゃないか。みんなが寝ている時間に騒音を立てるなってことか?スイス国民は、みんなが同じ生活リズムでいないといけないってことだね。
忙しく働いて汗だくで家に帰り着いて、シャワーも浴びれないってつらい話だな。そのままじゃベッドに入りたくないよ。
臭いのほうがよっぽど公害になり得ると思うんですけど…。
病院とかは話別だよな。だって現実問題病人にトイレを我慢しろっていうのは、酷な話だろ。
ちなみに知らずに10時以降にトイレを流してしまった場合は罰金ですか?道でトイレをして罰金っていうのはよく聞く話だけど、家でトイレをしても罰金はありえない話だな。

美しい観光地として世界でも有名なスイスですが、この種の“騒音”に関する法律はまだまだ知られていないようで、世界から驚きの声がたくさんあがっています。

深夜にパーティーなどで大声をあげたり大きな音を立てたりして近所の迷惑になるのも問題ですが、自然現象によって起こる“騒音”まで気をつかうスイスの決まりは、スイス国民の性格を反映しているのかもしれません。

周りに気をつかうという点では日本の国民性と似ていますが、日本では家の作りから違うので、まずこの点に“騒音”として注意が向けられることはまずないでしょう。よかったですね。

以前にも、ドイツも騒音のためシャワーを浴びちゃいけないという記事があってビックリしたが、スイスもドイツの隣国なだけに同じような法律があったとは驚きだ。深夜のパーティーは理解できても、シャワーやトイレはやり過ぎだと思う。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2014年11月28日 5:49 AM

    十年以上前にホテル泊まった時も今年スイスのユースホステル泊まった時もそんなの一切知らなかったよ。
    正直その時風邪引いてて咳が止まらなかったことの方が公害だったと思う。
    ただ長期間ホステル渡り歩いてると無神経な旅人も少なくなくてスイス人ほどじゃ無いにせよ10時以降静かにしてくれとは思う。

  2. 日本の名無しさん
    2014年11月28日 6:31 AM

    トイレの音が聞こえるって壁がベニヤ板なのか?

  3. 日本の名無しさん
    2014年11月28日 9:17 AM

    セクースする前やした後シャワー出来ないのか…

  4. 日本の名無しさん
    2014年11月28日 6:55 PM

    これただ単に決まってるだけで実際はなんら実効力はないんでしょ?
    そうであってくれ。

  5. 日本の名無しさん
    2014年12月12日 8:17 PM

    スイスに住んでいるけど、この記事は間違ってる。
    夜の水の音に関する法律があるわけじゃなくて、単にアパートごとの規則で「夜は静かに」っていうのがあるだけ。夜10時以降のシャワーは自重っていうのはスイスに住む人の暗黙の了解だけど、トイレも禁止なんて絶対にありえない話。仮にそんな法律がまかりとおればスイスの人権委員会が黙っていないよ。

  6. 日本の名無しさん
    2015年8月4日 11:40 AM

    夜トイレダメとか俺死ぬぞw

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.