当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

社名変更でカードローン内容が変わる?トライトで借入の際は注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/12/19

サラリーマン金融でお金を借りている場合、借金の整理が上手くいかないことがありますが、社名変更となっている場合は対応が難しくなりやすいです。

というのも、社名変更となっている場合は聞いたことのない業者から督促状が来るため、本当に返済を継続して良いのかわからないからです。

今回は、そんな社名変更とリスクについて案内していきますので、これから借入先が変わった場合の返済、過払い金の返還請求でお悩みの方は、良ければ記事を参考にしてください。

社名が変わったトライト!社名変更による利用者のメリットは?

社名変更というのは、会社が主に吸収合併される形で発生するため、意外と多くの業者で見ることができる現象でもあります。

なので、インターネットで言われているような社名変更のリスクはあまり発生しない、と理解して問題ありません。実際に中小サラリーマン金融だけでなく、大手サラリーマン金融でも見られる現象です。

例えば、有名な業者では以下のような業者で社名変更が行われています。

  • 三洋信販:プロミス
  • プロミス:SMBCコンシューマーファイナンス
  • ユニマットレディス:ディック

なぜ、このような吸収合併が現代になって目立つようになったのか?というと、それは「利便性」を追求した結果というケースが多いため、大半の社名変更も利便性の影響で行われていると思って問題ないでしょう。

利便性の追求というのは主に以下のような目的で行われています。

  • 信用の増大
  • 貸付の増大
  • ブランド価値の向上

今の時代では、なるべく大手のほうが信用が増大しやすいため、トライトでもそうですが、今よりも収益が増す大手の傘下になっているケースが多いです。

貸付の増大についても同じで、貸付対象者が多いのは中小より大手とされています。大手にとってみれば、中小を傘下にすることで「ノウハウを得る」ことができるため、これほど多くの大手で吸収合併が見られるようになりました。

つまり、ギブアンドテイクの関係にあるため、自然な形で提携している業者が増えたというわけです。

利用によってはデメリットも!正しい利用で安全な生活を送ろう

トライトは、今ではギルドという会社に吸収合併されています。

そのため、通知に関してもトライトではなくギルドから行われるようになりました

ここで重要なことは、大半の人がその事実を知らないという点でしょう。ですが、通知されてきた郵便物、メールには会社の名称や電話番号が記載されているので、そちらを参考にしてネットで調べてみると安全であるかどうかがわかります。

なぜネットで調べるのか?というと、以下のようなデメリットと遭遇することもあるからです。

  • 紛らわしい社名に変更している
  • 以前と契約内容が変わっている

今回の件を参考にすると、ギルドという社名がギルトのような社名になっているケースが該当します。

このような社名の貸付業者が見つからない場合、「なりすましで通知している」ということがわかりますので、そのような郵便物を返送しないように注意しましょう。

間違って返送してしまうと大変です。このようなケースでは、まだ債権が残っているかのように案内されてしまうため、管理が甘い人では借金返済に応じてしまうからです。

支払わなくても良いお金・・・まで返済しているようでは、他の業者からも似たような手口で返済を迫られることがあるため、中々、返済そのものを終えられないことがあるのです。

社名の濁点については正確にチェックし、契約内容が大幅に変わっているようであれば、そのことを問い合わせて承諾されてから、契約の継続を検討するようにしましょう。

社名変更が多い会社ほど、このようなトラブルは多いので、社名変更が多い会社とインターネットで騒がれている会社については、様子見が必要となることもあります。

社名変更で借入内容も変わる?借金の状況によっては継続が難しい

社名変更後のカードローンで重要となるのは、実は返済がいくら残っているのか?ではなく、カードローンの借入内容に変更点は無いのか?となります。

返済に関しては、そのまま引き継がれる形になっていますので安心してください。今では、インターネットのアカウント処理で借入額を正確にチェックすることができます。
アカウントとは

カードローン契約時に発行される契約者専用ページのことです。

こちらはログインID、PASSを入力することで閲覧できるようになっているだけでなく、今までの利用履歴についてもチェックできるようになっています。

つまり、社名変更後に借金額が変わっていた・・・場合は、その借金額が正常であるかをチェックしておいたほうが良いのです。

このような行為はトライトのように社名変更が多い業者で良く見られます。

ですが、それほど重大な問題ではありません。社名変更後は多くの利用者に対して同時にメール(通知)を発信していますので、中には「手違い」も混ざるからです。

つまり、アカウントの管理をされている人であれば、すぐに見抜ける問題となっていますし、返済についてもすぐに対応しないで問題ないのです。

トライトの場合、ギルドに対して問題点を連絡されれば、その後はギルドの方で引き継ぎを終える形となり、正常な借金額の元、継続して借金返済ができるようになります。

アカウントの解約はどうなる?契約解除に関する豆知識

先ほど案内させていただいたアカウントについてですが、「解約手続き」をされても残ってしまうことがあります。

ただ、サーバー内の情報として残っているだけなので、消さないといけないものでもありません

トライトの場合、以前までの契約者情報はギルドでも保有しています。

つまり、契約者情報を用いてギルドに問い合わせをすると、解約しても良いか決定できるのです。

以前の会社(トライト)では、営業そのものが完全に終了しているケースもありますので、問い合わせをされても「無反応」なまま時が流れていきます。

このような対応は、銀行やサラリーマン金融で大きな違いがありませんので、以下のような対応を取られるだけで解約できるように定められています。

  • 一定期間経過後に自動的に解約されるのを待つ
  • 社名変更側(今回の場合はギルド)に問い合わせをして対処を待つ

こんな場合はどうすれば良いの?急に通知される書類の対処方法

社名変更後に送られてくる通知には、人によっては恐怖を感じるような通知もあります。

その通知とは、裁判に関する処理などが書かれた通知のことです

ただ、このような通知についても社名変更された場合は、高確率で送られてくる通知なのであまり気にしないでも問題ありません。

というのも、債権の移譲などが正常に完了しました・・・という内容のものだからです。このような処理は、裁判手続後に正式な債権処理が必要となってきますので、まだ債権が残っている場合には通知されてくることがあります。

要するに、「新しい社名となりましたが債権は継続して対応します」という案内なのです。

○○裁判所という名称が通知に記載されているため、裁判関連の通知を受け取ったことがない人は驚く人もおられるでしょう。

次に債権ですが、この場合は契約者として利用された分ではなく、「過払い金返還請求分」だと思ったほうが適切です。

過払い金とは

サラリーマン金融で設定されている金利は、20%超を認めないという法律を前提として設定されています。

しかし、法律が施工されるまでは20%超の金利で営業を行っていた時期があるため、今ではその分を過払い金と呼び、契約者からの返還請求があった際には返還に応じるという決まりも誕生しました。

先ほどの通知書を受け取った際ですが、債権についても引き継ぐという証明なので、新しく社名変更となった会社に対して過払い金返還請求を行える・・・という連絡に相当します。

以前の会社(ギルドの場合はトライト)に対して連絡を行っても、「社名変更となった会社の連絡先」を教えてもらえるだけなので、過払い金返還請求が進展するわけではありません。

また、正確な社名をメモしておくことも大事です。

法律事務所を通じて過払い金返還請求を進めている場合は、事務所に対して「社名変更になった件」も正確に連絡しておきましょう。

過払い金が返還されない?意外なケースもあるので要注意!

過払い金返還請求というと、トライトのような社名変更された会社では揉めることが多くあります。

というのも、状況によっては過払い金返還請求そのものが行えなくなるからです

どのような状況で、過払い金返還請求が認められなくなるのかに関しては、以下のようなケースで発生しやすいということしか、今のところは分かっていない状況です。

  • 会社が無くなった
  • 会社が債権を引き継いでいない

会社が無くなるというケースは、サラリーマン金融で良く見られるケースです。

会社そのものを無くしてしまったほうが、過払い金返還請求分の支払いを軽減できるため、過払い金関連で揉めている業者で良く見かけることができます。

次に債権を引き継がないというものですが、「一部の債権を別の会社に移譲する」ケースが該当します。

例えば、A社(旧社名)、B社(新社名)、C社(業種が別の会社)となっている場合に、A社の債権をC社のみに引き継がせるという形で発生します。

債権というのは、裁判の結果次第で一部のみ引き継ぎにできるため、「全体的に会社の運営が上手くいっていない」際には、このような裁判処理が行われることもあるのです。

裁判により債権は一部のみ認める・・・という形になると、以前の過払い金返還請求は認められない、もしくは長期間において保留となることが多いでしょう。

社名変更後の継続利用!継続利用は得をする人もいる

トライトからギルドに社名変更となった際ですが、このようなケースでは「継続利用が好ましい」と思っておいたほうが良いです。

というのも、主に移動するのは債権ではなく契約だけだからです

債権が多い場合では、社名変更するのではなく会社そのものを潰してしまうケースが目立ちますので、債権、借金を正常に引き継ぐケースであれば、そのまま継続して利用されても問題ありません。

このようなケースは社名変更の際に「吸収合併」されていることが多く、中小から大手の傘下となることが多いのです。

つまり、またそれほど日が経っていないのに社名変更となり、契約先が変わってしまう・・・という心配がありません。

また、「これから先も継続して運営していく方針」のため、以下のような手厚いサービスを受けられることが多いのです。

  • 借金の低減
  • 金利の低減
  • 借入内容の見直し

トライトからギルドに変わった際でも同じことが言えます。客商売をしているので、以前まで契約してくれていた顧客を簡単に離すことはない・・・ということです。

「新しく生まれ変わったので以前のようにご愛顧いただきたい」というのが本音でしょうし、実際に法律などの影響で甘い金利設定が行えなくなっているため、高確率で以前より金利が下がるような優遇を受けられます。

補足となりますが、すでに契約を解約されている場合は適用されません。

このようなケースでは、「以前までの契約状況を引き継がない新規の顧客」として扱われますので、契約の解約を急いで行う必要はないのです。

なりすましに注意!このような手口で騙される人が多い

今では、「なりすまし」でカードローン契約者を騙そうとしている悪徳業者も存在します。

ですが、見抜く方法はそれほど難しくないので、次のことを覚えておくようにするだけで対応はずいぶんと楽になります

  • ○○ファイナンスは信用しない
  • メール連絡のみは信用しない
  • 公式サイトの有無は確認する
  • 会社概要は必ずチェックする
  • 営業許可の番号もチェックする

○○ファイナンスについてですが、今では「悪徳業者の代名詞」として知られています。健全な運営を行っているサラリーマン金融、個人の業者では100%使われていない社名なのです。

過去に何度となくトラブルを起こした悪徳業者が使っていた社名ということで、社名変更があった際もこの名に切り替わることはありません。

トライトのような社名変更が定期的に発生している業者ほど、このようななりすましを確認できます。

トライトはギルドに社名変更後、特に大きな変化はありませんので信用してしまわないよう注意しましょう。

それと、営業許可についても本当に認可が下りているかチェックしたほうが良いです。本来であれば(営)の後に番号が割り振られているのですが、営業届け先に問い合わせてみると認可が下りていないこともあります。

この2点だけでもかなりの悪徳業者を絞り出せるので、社名変更のなりすましで騙されるリスクも軽減するでしょう。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.