当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

金利優遇最大7%!?高知信用金庫カードローンの特徴とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/12/08

高知信用金庫には、個人が利用できる様々なタイプの借入があります。その中でも、やはり使い勝手が良いのはカードローンでしょう。

カードローンは、好きな時に好きなだけ借入出来るという便利さが最大の魅力なわけですが、やはり借入をする上で金利が気になるのでは?

高知信用金庫のカードローン「パックカードローン」は、なんと取引内容に応じて最大で7%の金利優遇を受けることが可能なのです!

そんなお得な高知信用金庫カードローンの特徴、申し込み方法などを詳しくチェックしていきましょう!

基本プランと定額プラン、選べる2つのパックカードローンとは

高知信用金庫のパックカードローンには、基本プランと定額プランという2つの種類があります。どちらを利用するのが良いのか、それぞれの商品概要をご紹介しましょう。

項目 基本プラン 定額プラン
融資限度額 30・50万円
(取引期間・内容により
50万円に自動増額)
30・50万円
(取引期間・内容により
100万円まで段階的に
増額可能)
金利 3.8%~8.8% 7.5%~14.5%
利用方法 ATMでキャッシュカードを使用
利用融資金額は指定口座へ入金
ATMでキャッシュカードを使用
預金の引き出し方法と同じ
返済方法 毎月指定日に指定口座から
自動引き落とし
利用残高によって返済金額が決定
都合の良い金額を随時返済

このように、利用金額や返済方法に違いがあるのです。

また、基本プラン独自の特徴としては、次の点が挙げられます。

  • 高知信用金庫だけでなく全国の信用金庫・ゆうちょ銀行ATMが利用可能
  • 指定口座への公共料金自動支払いサービスをセットすると
    口座残高不足時に自動融資をする機能が付く
  • 指定口座の通帳・お届印を窓口に持参すれば、窓口からも借入が可能

基本プランは、定額プランよりも金利が高めですが、便利な特徴も多くあると言えます。

次に、2つのプランに共通している特徴をご紹介しましょう。

  • 今手元にあるキャッシュカードでカードローンが利用できるようになる
  • 20歳以上65歳未満で、しんきん保証基金の保証を受けられる人が利用可能
  • 担保・保証人は不要

この3点ですね。どちらのプランを利用するのか、利用方法・返済方法の違いをしっかり確認して決めるようにしたいですね。

金利優遇最大7%!?取引内容による適用条件をチェック

パックカードローンは、高知信用金庫との取引内容に応じた金利優遇を受けることが出来るという特徴があります。どの取引内容でどのくらい優遇されるのか、気になりますよね。

まずは、金利優遇対象となる取引内容と、その取引内容で得られるポイントについて一部ご紹介しましょう。

取引内容 ポイント
給与振込または年金振込 20ポイント
公共料金自動支払い 1件1ポイント(最大5ポイント)
積立預金 毎月1万円以上…3ポイント
毎月2万円以上…5ポイント
定期預金 残高30万円以上…3ポイント
残高100万円以上…5ポイント
残高300万円以上…10ポイント
普通預金残高20万円以上 5ポイント
住宅ローン利用 5ポイント

このポイント数がどのくらいあるのかで、金利優遇率が決まるのです。

では、プラン事の金利優遇率についてご紹介していきましょう。

金利優遇率 基本プラン
(必要ポイント数)
定額プラン
(必要ポイント数)
0.2% 5~9ポイント 8~14ポイント
0.5% 10~14ポイント 15~19ポイント
1.0% 15~19ポイント 20~24ポイント
1.5% 適用無し 25~29ポイント
2.0% 20~24ポイント 30~34ポイント
3.0% 25~29ポイント 35~39ポイント
4.0% 30~34ポイント 40~44ポイント
5.0% 35~39ポイント 45ポイント以上
6.0% 40~44ポイント 適用無し
7.0% 45ポイント以上 適用無し
ポイント数が多ければ多いほど、優遇率も大きくなるというわけですね。しかし、金利優遇率には上限があります。
  • 基本プラン…最大7%
  • 定額プラン…最大5%

いくら取引内容によるポイント数が高くても、これ以上の優遇を受けることは出来ないという事は覚えておきましょう。

申し込み方法は来店のみ!必要な書類と利用までの流れをご紹介

パックカードローンは、どちらのプランを利用するにしても申し込み方法、必要書類は変わりません。

パックカードローンの申し込み方法は、来店のみです。つまり、最寄の高知信用金庫店舗の営業時間内に来店し、手続きをする必要があるわけですね。

申し込み時に必要となるのは、次の3点です。

  • 本人確認書類
  • カードローン契約をセットする本人名義の口座通帳
  • 口座のお届印

これだけです。ポケットカードローンは、キャッシュカードにカードローン機能を追加するという形で利用しますので、高知信用金庫の口座を持っている必要があるわけです。

しかし、現時点で口座を開設していなくても、カードローン申し込みと同時に口座を開設することが可能です。

どちらにしろ来店での申し込みになるのは変わりませんし、口座開設に必要な物も本人確認書類と印鑑ですから、特に追加で準備をする必要もないのです。

申し込みから利用までは最短1週間!その流れとは

ポケットカードローンの申し込み方法は、店舗への来店のみということは紹介しました。では、申し込みから利用までの流れはどうなっているのでしょうか。

基本的な流れは、2つのプランで違いはありません。

 申し込み
  ↓
 審査
 (審査結果は申し込み後約1週間で通知)
  ↓
  契約
 (指定口座キャッシュカードにカードローン機能追加)

審査に通り次第、カードローン機能が追加されるようになっています。つまり、最短で申し込み後1週間前後からカードローンが利用できるようになるわけです。

しかし、審査の結果によってはカードローンが利用できない場合もあります。誰もが審査に通るわけではないという事は認識しておきましょう。

カードローンだけじゃない!利用すると便利なその他借入商品

高知信用金庫には、ポケットカードローン以外にも個人で利用出来る様々なローン商品を取り扱っています。

いくつか紹介しておきましょう。

幅広い教育資金に対応!教育ローンの特徴とは

高知信用金庫の教育ローンは、幼稚園から大学までの学費だけではなく、次のような目的でも利用することが可能です。

  • 入学金・授業料
  • 受験費用下宿費用
  • 教材代・制服代
  • 下宿費用

教育に関する様々な費用に対して利用できる、汎用性の高いローンだと言えますね。

では、教育ローンの基本情報をご紹介しておきましょう。

最高融資額 金利 特徴
500万円 1.7~3.3% 卒業予定月まで元金据え置き可能

元金据え置きは、その期間中は元金返済を行わずに、金利分の支払いのみでOKだというものです。当然、返済負担は軽くなります。

学校に通っている間は、どうしても様々な出費が発生してしまいます。だからこそ、卒業予定月までの元金据え置きは嬉しいですよね。

教育ローンを利用する際は、どの費用がいくらかかるのかを示す書類の提出が必要です。そして、その必要金額を借入れするというものになります。

  • 注文書
  • 見積書
  • 請求書

これらを用意して、申し込みをするようにしましょう。

目的に応じて選べる3つのフリーローンをご紹介

フリーローンは利用目的が自由なのでフリーローンと呼ばれるわけですが、高知信用金庫のフリーローンには目的に応じて選べる3つのフリーローンがあります。

それぞれの特徴についてご紹介しましょう。

(結婚式・出産・成人式等)

プラン名 利用目的 金利 最高融資額
福祉プラン 介護資金目的であればOK
(介護機器購入
老人ホーム入居資金
リフォーム資金等)
2.7~3.9% 最高500万円
およろこびプラン 本人もしくは家族の
およろこび資金目的ならOK
2.7~3.9% 最高500万円
フリーローン 暮らしの資金目的ならOK
(事業資金は除く)
3.0%~5.9% 最高500万円

金利は、やはり利用目的にある程度制限がある福祉プランやおよろこびプランの方がお得になっていますね。

3つのローンいずれも、何か目的があってお金を借りるという事になりますので、その目的にいくらかかるのか、費用の明細を提出する必要があります。

費用の明細を証明する書類は、次のようなものです。

  • 注文書
  • 見積書
  • 請求書

必要な金額のみを借入するという事になりますね。費用によっては、直接支払先に入金してくれる場合もあります。

興味がある場合は、高知信用金庫に問い合わせをしてみましょう。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.