当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

ツイッターで罰金?!しかもその金額が恐ろしいロシアの規制

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/10/24

10242
クリミア問題で揺れ動くロシア。そんななか、ロシア政府ではインターネットの規制が可決され、twitter、FacebookなどのSNSの監視を考えているそうだ。

その目的というのも、生活の中に潜むテロリスト(=反政府的な思考を持った人)を効率よく逃さないため、いまや世界中にユーザーが増えているTwitterの存続が危機にさらされているのだ!

Twitterが禁止!?信じられない

Twitter。その手軽さで、いまや世界中の人が愛用するSNS。日本人にとっても同じように欠かせないもの。電車や休み時間にポチポチっとなんて事無い日常を書いて不特定多数に送信し、興味を持った人と楽しくオンライン上で会話なんて事は今じゃ当たり前だし、勿論私だってやっている。

もはやストレス発散の為に必要と言っても過言ではない!おまけに日本語は、世界中の全ツイートの中で一番使われている言語が、英語の次に多いとランキングで発表されるほど、日本人はツイッター大好き(ちなみ3位がスペイン語、4位がマレー語)。

そんな私たちには、にわかに信じられない事が、他国のツイッター事情である。その中の一つがロシア。というのも政府が今年に入って法でインターネットを規制する事が決まり、近い将来ロシアでは、ツイッターで自由に好き勝手つぶやく事が出来なくなるかもしれないとネットでさわがれているのだ。

ちなみにロシアのツイッターユーザー数は500万人を超え、ロシアでも日本と同じ様に絶大な人気がある。そこまで国民に浸透しているのに、何故このような事が起きたかというと、プーチン大統領の再選がきっかけだそうだ。

プーチン大統領が 「インターネットはアメリカCIAの秘密工作だ!」とメディアで発言したことにより、それまでは無かった、インターネット規制の風潮が高まったようだ。その結果先日ロシアにてインターネットの規制強化案が可決されたのである。

ブログも勝手に更新できない

実際どのような規制が考えられているのかというと、Twitter,Facebookでの発言内容が審査、制限されたり、規則を破ると罰金が発生することが予想されるそうだ。おそらく政府にとって不適切な発言などが審査の対象になるのではと言われている。

私が読んだ記事では、罰金に関してはブログを例にして説明されていたが、例えば3000以上の読者の来訪があるブロガーは、政府にマスメディアとしての登録が必要になったり、ブログを更新する際、機関での検問が必要になったり。もし規則を破ったら、30,000ルーブル支払わなければいけない事になるらしい。

ちなみにこの金額は住民一人当たりの月の収入に値するそう。特に人気のブロガーの中には政治的な発言をし、人気を集めている方も多く、政府に反対派の意見をもった仲間や読者を抱えているため、こういったブロガーがこの規制で一番影響をうけるのでは?と推測されている。

しかしこの政策、まだまだ議論の余地がある問題らしく、どのようにこの法律を機能させて行くか検討する必要があり、まだ具体的に声明を発表出来る準備が整ってないらしい。

すでに 中国ではネットの規制は行われているが、同じような事をする国が増えて行くとは思わなかったし、もうすでに常にネットは世界中で自由であるべきっていう認識は幻になりつつあるのかも。

ちなみにこの記事はドイツ語圏のニュースサイトで知ったのだが、もちろんネットユーザーの反応というと

信じられない!
残念だ。。。
この政策には反対だ。でも一方ではツイッターというアメリカの道具が、好ましくない政府へけしかけている様に見える。
メディアは真実を伝えるべきだ。プーチンのような人や西洋のプロバガンダから人々を守るため、SNSは必要だ。
非常におもしろい!
Twitterは主に民間の間で使われていて、ロシアの政治家には優れていない。なぜか?それはアメリカの物だから。
人々のコミュニケーションをブロックして自由な表現を罰するのは非民主的だ。
まだ世の中には現代社会へ準備ができていない国や政治団体がいっぱいあります。私は、数世紀前から歴史を学ぶべきた!と思うけど、やっぱ経済的な意見ではないよね。でもそれが次の世代を作ると確信しているよ。
確かに中世のようだね!
間違った判断。私はこの法律に拘束力はないと願っている。次の選挙を祈る。
政策への批判が高まると、いつも検問がやってくる、私たちドイツでは有名ではないがいつもそうだ。
アメリカ人が他国に蜂起を扇動するためにTwitterを使用する!ってコメントは最高だね。確かに米国内の企業が世界を征服するように見えるしね!
私はわかんないね。
たしかに米国ではすべてのツイッターアクセスや個人情報を持っているからね。
ロシアが簡単にすぐそんな状態になるとは思えないな。たとえばモスクワで一度twitterがダウンした時、私の友達は海外のSIMカードをさしてまたツイッターをしてたし。
あくびがでる。私はこれは良いアイディアじゃないと思うね。
罰金高すぎ!
アメリカ人はいつも危険だ。インターネットを発明して、彼らの作ったツイッターがロシアを最終的にコマンド停止させる世界の脅威だ。
今はロシアとアメリカがどちらが重要な国家であるかが問題ではなくて、全ての無料のメディアと同じ様に自分たちの自由な意見がツイート出来るか出来ないかが重要だろう。
プーチンには理解出来ない。私はいつでもスマホでロシアではツイート出来ると思ってたよ。
どんなマスメディアもロシアを悪く報道するから、両方の意見をきちんと理解しなければいけないね。

やはり私と同様に信じられないと言う方から、アメリカとロシアを同時に中傷する方までいるが、当然反対意見しかみなかった。当然というか、だよね・・・って感想。

日本ではすっかりスマホが定着して、空き時間のパートナーとしてネット、ツイッターをはじめとしたSNSが私たちの生活の一部になっているが、自由にこれらを使えるというのは幸せな事かも知れない。普段つぶやく、くだらないつぶやきにありがたみを感じてみるのもたまには悪くないなと思った。

(参考)http://www.spiegel.de/netzwelt/netzpolitik/internetzensur
-russland-droht-eine-twitter-sperre-a-969895.html

ブログ更新しただけで罰金なんて絶対国民から反対の声が出ると思う。

しかもその額が月収分ぐらいなんて、海外のコメントでもあるけど高すぎる。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.