当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

毎年1億人以上の少女が15歳以下で結婚!その結果が酷い事に

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/09/07

15yearsold
今年15歳になるマイネスちゃんは夫となる男に会わされたとき、祖母と暮らしていました。「それは13歳の時におきたの。既婚していた友達に説得させられて結婚することになったんだ。」と彼女は言います。

しかし、マイネスちゃん自身がアルコール中毒で自分のおじいちゃんとも言える年の男と結婚することに同意したのです。

衝撃的なことに、彼女のケースは珍しいことではないのも明らかとなっています。世界保健機関によると、毎年1億4200万人の15歳以下の女の子たちが強制的に結婚させられているのです。その多くはインド、中東、そしてマイネスちゃんのようにサハラ以南のアフリカ地域で起こっています。

①世界中の女の子の3分の1が18歳未満で結婚しています。
②15歳以下で出産をすると20代で出産するより5倍の死亡率が伴います。
③サハラ以南のアフリカ地域に住む15歳から19歳の女の子は同じ地域に住む同年代の男の子に比べ2倍から5倍もエイズにかかる危険性が高いのです。

この問題が女の子達にもたらす影響は驚愕するものがあります。子供時代や教育が短くなるだけでなく、彼女達は性的関係に対するトラウマを抱えるようになり、家庭内暴力や性感染症、そして自身のキャリアや将来を奪われてしまう危機にさらされるのです。

さらに酷いことに、多くの女の子達は出産や妊娠により命をおとしてしまい、国連によると実際これは発展途上国の15歳から19歳の女の子達の主な死亡原因になっています。

「児童婚は女の子達の人権や教育をうける権利を奪うだけでなく健康や幸せも脅かす、ある種の暴力なのです。」と国連人口基金常任理事はいいます。

子どものうちに結婚させられた女の子の将来の可能性は一生開かれることなく終わってしまうのです。

家庭の貧困が結婚を早める原因に

マイネスちゃんの場合、金銭的に家庭内が苦しく石けん1つも買えない状態にあったところを、既婚している友達に「私のように結婚すれば苦しみもなくなるし世話してもらえるわよ。」と勧められました。

そんなとき同じ村の老人にアプローチされたのです。自分と結婚すれば二度とお腹がすくこともなくなる、と説得され、ついに結婚を承諾してしまいます。

しかし結婚してみたところ、その老人はアルコール中毒者でありマイネスちゃんを常にお腹がすいた状態にさせるような結果が待っていたのです。

自分の決めたことにしても何の約束も守ってくれない旦那と一緒になった今、希望の教育を受け続けることができず後悔しているが誰も助けてくれる人はいないとマイネスちゃんはいいます。

マイネスちゃんの場合、児童保護委員会に助けを求め、結果的に夫から逃げることができました。しかしマラウイは今でも多くの児童婚が起こっている地域であり、マイネスちゃんのケースのように金銭的理由で仕方なく結婚をしてしまう女の子が多くいるのが現実です。

最近では部族リーダー達が、児童婚を強制した場合60,000クワチャ(約15,000円)の罰金が生じる新たな規則を設け、児童婚の数を減らす働きを試みています。

この試みにより多くの男性は多額の罰金を恐れ、女の子に結婚を強いることに抵抗を覚え始めたといいます。

これらの児童婚を減らす為には教育の発展と子ども達の学校滞留が求められ、より多くの女の子達が強制的な結婚から免れ自分たちの未来を切り開いていけるような国の努力が必要なのです。

以下はこのニュースに寄せられたコメントの一部です。

イギリスでも16歳で結婚は認められているが親の承諾が必要だよな…
マイネスちゃんのケースは彼女自身が結婚を承諾している訳だから強制的な結婚ではないけれど、13歳という年を考えると世界中どの国でも教育を終えて16歳になってからしか結婚は認められるべきではないと思う。
若くしての結婚はこの人たちの文化では当たり前なのでは?なんでもかんでも欧米のやり方で判断するのもどうかと思う。
いますぐ世界中のみんながなにか出来ることを始めるべきだよ!
多くの子どもたちは自分たちがどれだけ恵まれているか認識できていないよな。
残念ながら児童婚はすぐなくなることはないと思う。絶対に裏で誰かがどうにかして彼等の伝統とやらを続ける道を見つけ出して行くと思う。町中の女性が一緒になってこの問題に立ち向かい始めた時にきっとなにかが変わるはず。
また他の世界の問題か…
石けんも買えない様な考えられない貧困にいる彼女達にとってしょうがない選択にみえてしまうのは本当に悲しい現実だ。
僕たちも自分たちの世界観から一歩ふみでてこのような問題についてちゃんと考えなくてはいけないね。
文化によっては早くしての結婚は、いろんな男と寝て成熟してからシングルマザーとして子どもを育てることに比べたら断然いいこととみなされているのでは?
この世界になんて卑劣で最低な場所があるんだ!
なんてかわいそうな子ども達!年老いた男と結婚なんかじゃなくて、本当は校庭で遊んだり初キスでドキドキしたり、好きな子のことを話したりしているべき年齢なのに。

こんなに沢山の女の子達が強制的にこのようなことに巻き込まれているなんてひどい現実だわ。

彼等の文化と生き方っていう考え方もあると思う。もし本当にこの現実を変えたければ自分たちでどうにかするしかないと思う。
なんて悲しいのでしょう。「素敵な人生」なんて彼女達にとってはほど遠いんでしょうね。
気分が悪くなる程ひどい話だな。マイネスちゃんは結婚から抜け出して学校にもどれて本当によかった!
たしかにこんなに若くして結婚するなんて私だったら絶対にできないし嫌だ。でも彼等には彼等の文化と伝統があることも忘れてはいけないきがする。何が彼等にとって幸せなのかは私たちの考える幸せの定義とは違うかもしれないのでは?
この酷い文化は男によって作られたもので、男の利益しか考えられていないんだ。だからこそ女性はとても弱い立場にいてそこから逃げ出せない状況にいる。今だからこそ世界がバックアップしてこういう女の子達を助ける努力をするべきでは?
教育をきちんと受けられていないと、結婚して旦那につくすことだけが彼等の未来だと思ってしまうこともある。この罰金とやらが児童婚を減少させることの手助けになるといいな。
僕たちになにができるんだ?募金したってそれが彼女達のもとにいくわけではないんだろう?
母達やおばあちゃん達、おばさん達や姉妹達が一緒になるしかこれを止める方法はないのでは?

(参考)http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2599820/Shocking-story-Malawian-child-bride-forced-marriage-feckless-alcoholic.html#comments

13歳での結婚に親の同意などが必要ないところが驚いた。しかも世界中で毎年1億4200万人いるなんて。

マイネスちゃんのように詐欺みたいな結婚もあるので、罰金のような防止策が世界中で必要だと思う。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. coupons
    2014年11月2日 9:45 PM

    Amaze, would be to quality amount of write up which I have experience about often extended period of time. Make as well surf to my best online site.

  2. 日本の名無しさん
    2014年11月5日 1:46 PM

    児童婚を認める国は、せめて結婚する双方に結婚するに値する資格(身体的・経済的)が有る者しか認めないようにすべきだろう。

    出産に適さない幼時に結婚を認めるのはそれだけでも十分暴力だし、伴侶を養う経済力も無いのに養育が必要な年齢の子供と結婚するなんて、奴隷に等しいじゃないか。

    資格審査を受けて審査に通らないと児童婚が出来ないように圧力を掛ける位出来るんじゃないか?

  3. 日本の名無しさん
    2014年12月8日 5:39 AM

    人類の唯一の罪は無知だ
    自由は知恵や体力、金と権力を持ってこそ与えられる

  4. 日本の名無しさん
    2016年2月2日 1:39 AM

    保守的な国と言われる事が多い日本、そこの女性としてはこれを文化と定義されるのは非常に不愉快。
    文化は守る物であって、依存する物でも利用する物でもない。
    児童婚を文化にしたいなら身体的にも経済的にも精神的にも成熟した生活が送れる結婚でなければならない。
    助けを求める子が出た時点で暴力だと言われても仕方ないと思う。

  5. 日本の名無しさん
    2016年7月12日 8:48 PM

    この問題の解決による一番最終的なメリットを、私たちも当事者たちもわかっていません。それが問題です。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.