当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【世界一への挑戦!】世界の女性を美しくする日本の化粧品

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/10/08

1008
「一瞬も一生も美しく」、資生堂のコーポレートメッセージとして有名な言葉だ。この言葉には、美しく生きたいという世界中の人々の願いを叶えるため、その人それぞれの人生における瞬間を大切に慈しもうとする心が表れている。

国内で最も一般的でブランドイメージの高い化粧品会社である資生堂は、いち早く海外展開に乗り出し、世界中にその名を浸透させた。

資生堂のグローバル戦略

元々、初代社長から国際的なビジョンを持っていた資生堂。1950年代から1980年代にかけて、台湾資生堂の設立を皮切りに、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど世界各国に販路を拡大した。

現在では89の国と地域で資生堂ブランドを展開する。2013年には初めて海外の売上高比率が国内を上回った。

資生堂のグローバル戦略の根底には、元々、化粧品市場が早くからボーダレス化していたことにある。

世界から支持を集めるような良質な商品を売ることを目指さなければ、いずれ国内でも需要が見込めなくなる。

このような視点から、海外でもロングセラーとなるような商品の開発と、現地で化粧品や接客についての教育を徹底して行った。

サービスの向上で顧客満足度を上げる

商品の単価を下げて流通の活性化を図るより、質の高さときめ細かいサービスで顧客の満足度を上げることに重きを置いたのだ。過剰在庫を抱えるなど、経営的に危機的状況に陥ったときも、従来の志を社内に徹底させることで乗り切ってきた。

例えば、ビューティーコンサルタントにノルマを与えるのを止めたことで、サービスの質が向上し、結果的にロイヤリティの高い顧客を増やすことに繋がった。このように、高い品質とサービス、イメージを前面に出して、資生堂は化粧品の本場であるヨーロッパでの成功を確実にした。

ヨーロッパ進出の翌年に発売された香水「ZEN」など、海外の嗜好を反映した商品もロングセラーとなっている。特に資生堂が得意とするスキンケア部門ではイタリア、ドイツでトップシェアを取るなど評価が高い。

では、実際の顧客は資生堂に対してどのようなイメージを持っているのだろうか。化粧品に関して先進的なイメージのあるフランスを中心に海外の声を紹介する。

資生堂は魅惑的で神秘的な存在として、優雅で魅力的だ。世界の果てのアジア的な香りを発している。これは私たちが、普段とはかけ離れたロマンティックな贅沢として、知りたいと渇望するものだ。
贅沢な宝石箱に入った、特筆すべきパフォーマンスを表す商標!全くシンプルでエレガント。自分へのご褒美の宝石みたいなものよ!
私にとって、資生堂の商標はとても良い品質の商品であることを示すものよ。贅沢な商品なので予算に合わないこともあるかもしれないけど、家計をやり繰りして買う価値があるわ。
優雅!私は一般的にアジア、特に日本に惹かれるの。私にとってこの遠い国の女性たちは、女性的で粋で、自分自身のお手入れの仕方を知っていると思います。

私が資生堂の化粧品を初めて試したのは最近ですが、その清潔なパッケージと、丸みを帯びたフォルム、流行に沿いながら、決して後追いはせずに改良される商品として、他の化粧品と一線を画していると気付きました。

そして優れた助言者でもあります。何と言う美しさでしょう!

資生堂、気分転換のお風呂の時間を楽しませてくれるクリームのかぐわしさと滑らかな豊かさを思わせる。
資生堂は私に、化粧とは何か気付かせてくれました。そして私の内に女性を感じさせてくれます。優雅で特に女性的なブランドです。
資生堂は私にとって、とてもシンプルだけど大切な言葉の寄せ集まったもの。信頼性、品質、美しさ、シンプル、本物など。商品の発表の仕方、またはこれらの言葉の扱い方がいつも現代的であるということが重要です。
まず私は資生堂の商標に詩的なものを感じます。たくさんのものが詰まった名前。普通の状態から引き上げてくれる。資生堂にがっかりすることなんてあり得ないと思います。
資生堂は、独自の存在価値を持って、時を経てきた信頼ある商標です。テクスチャーときめ細かさ、デザインや効能など、最も頻繁に商品の改良を重ねています。資生堂は、とても贅沢でありながら、あらゆる人に恩恵を運んでくれます。
自然の淡い色合いとすばらしい品質に対する自信。資生堂のファンデーションはとても素肌感がありながら、まぶたに千の燃え立つようなきらめきを与えてくれる。
その名前から、資生堂は神秘的だ。とても控え目で穏やかで、資生堂の名前は聞こえもよく、私たちに肌の手入れをさせたい気分にさせる。
私たちは、資生堂のお店で日本の本質を再認識する。美が至る所にある国。庭園、芸術、内装、料理。繊細さと優雅さがこの商標に表れている。
資生堂の商品を使うその指先から、アジアの果ての女性らしさに触れることができる。心地よさ、エキゾチズム、質の高さ、私にとってこれらの形容語は、この化粧品の商標に最高の価値を与える。
まだそれ程知られていないのに人を惹きつける特別な香り!だから、私にとって、自分を唯一の存在と感じさせてくれる完璧な香水よ。幸せな日々がやってきたら、持ち歩くつもりよ。

服に香水をかけると1日中香りが残るし、賞賛の言葉しか思いつかない。もうこれ以外は考えられません。私に元気を与えてくれるのにちょうどいい香りなのです。

春がやって来ました!!!待ち望んでいた太陽が戻ってくると、私はZENの香水を付けたくなります。私にとって、ZENの香りは再生。まさしく春でしょう!
優雅で貴重で、ほとんど神秘的、ZENはあまりない香りです。オリエンタルで夏の風に優しくなでられているような暑さ、金色の容器がとてもマッチしている。魅惑的なのです。
あなたの顔が滑らかで明るくなると思います。やさしい香りもするわ。柔らかく潤いに満ち、どんどん美しくなる肌と共に目覚めてみて!
とてもリッチで潤いのあるクリーム、私がまさしく必要としていたものです。スーパーリヴァイタルクリーム(資生堂)と似ていますが、もっと濃厚です。

スーパーリヴァイタルクリームは滑らかな付け心地ですが、これはもっと肌がしっとりするのです。マイクロダーマローラーを先にやっておいてから、このクリームを顔にのせると、もうおかしな程、幸せな顔になるわ!

本当にすばらしい。私は冬中、たくさんの商品を試したけど、これははるかに潤いを与えてくれるわ。少し油分が多いけど、すばらしい仕事をしてくれるわ。
肌を気遣っている人なら、男性でも女性でも誰にでもこの商品を薦めたいわ。これは完璧なの。小皺や皺を減らして、肌のトーンさえ整えてくれるのよ。
妻がこの商品を気に入っているんだ。彼女が口を開くと、すばらしい広告になると思うよ。彼女もこの商品についての評判を読むか、友達か誰かから聞くかして知ったんだよ。

1回試してからずっと買い続けているよ。彼女は資生堂の他の商品も手に入れている。彼女を幸せなら、私も嬉しいよ。

私はコンビネーション肌で冬は乾燥します。このクリームは救世主です!美しいテクスチャーで、ベトベトしないしすぐに肌に浸透します。

肌の表面に留まっている感じではないのに、潤いの膜はなくならないの。肌がオイリーになる夏でもそうです。冬は朝と夜に2回使います。

夏は、朝は使わず夜だけ。資生堂の全ての商品でそうですが、敏感肌でもアレルギー反応を起こしたことはありません。このクリームは私の美のための必需品です。

資生堂のようなブランドを使って悪い結果など起こりえません。アンチエイジングや引きしめ、肌を白くしたり、ふっくら潤したり、この多機能なクリームは肌の上でヴェルヴェットのように感じるでしょう。

濃厚なので、私は夜に使いますが、朝、自分の肌が美しく滑らかになっているのを感じられるのが大好きです。お薦めしたい商品です。

このクリームを使うと、ドゥ・ラ・メールのモイスチャークリームにとても近いと感じるのに、値段はその半額なのよ!私は朝と夜に使っているけど、これは私の顔をとても潤った状態にしてくれるの。

西欧の人々にとって東洋の美は神秘的だ。神秘的であるが故に、彼らは資生堂にとても高い理想を描いている。海外の声から、資生堂がすでにその期待に十分応える商品とイメージを提供していることが分かるだろう。

今後、より重要なマーケットとなることが予測される、中国をはじめとするアジアの国や地域でも、資生堂は着々と実績を挙げている。

アジアの美を一手に担う化粧品会社としてさらに成長すれば、いずれ業界で世界一になることも夢ではないかもしれない。

「一瞬も一生も美しく」、世界中の女性を輝かせることを目指して、資生堂はこれから先もずっと進化し続けるのだろう。

(参考)http://clubshiseido.fr/forum/comment-d%C3%A9finiriez
-vous-la-marque-shiseido
http://www.clubshiseido.fr/forum/zen
http://www.amazon.com/Shiseido-Performance-Super-Restoring
-Unisex/product-reviews/B000R8SAOI/ref=cm_cr_pr_hist_5?ie
=UTF8&filterBy=addFiveStar&showViewpoints=0&sortBy=bySubmissionDateDescending

資生堂の化粧品は海外の敏感な肌の持ち主の間でも、とても好評だという。

日本人が作る化粧品は、その点において海外のものと比べ、かなり重要視して作られていると思う。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2014年10月8日 10:09 AM

    金の亡者ことカネボウさんとは違うんです

  2. 日本の名無しさん
    2014年10月8日 10:18 AM

    ドゥラメールと機能が同じはないわー。美白研究は確かに世界一だね。
    アジア市場のシェアの方が大きいのではないかと思うけど、フランス人のコメントが多いね。洗顔ではフランス製品にお世話になってるんで親近感を感じる。

  3. 日本の名無しさん
    2014年10月8日 10:28 AM

    一方、IKKO始め日本の芸能人は粗悪な韓国コスメを勧めるのであったw

  4. 日本の名無しさん
    2014年10月8日 10:34 AM

    韓国コスメ使うくらいなら絵の具と色鉛筆でいいわ

  5. 日本の名無しさん
    2014年10月8日 10:50 AM

    そう言えばメイクで一時期よくテレビに出てたかづきれいこも眉毛描くのに鉛筆でいいって言ってたな。

  6. 日本の名無しさん
    2014年10月8日 11:30 AM

    日本の化粧品のクオリティは確かに高いと思うが、それよりも日本女性の化粧技術の高さのほうが驚きだよ。
    彼女たちは自分の顔をキャンパスに自在に好きな絵を描き好きなものになることができる。
    もはや芸術、アーティストだよ。

  7. 日本の名無しさん
    2014年10月8日 12:02 PM

    資生堂の製品がどうしても肌に合わないんだけど、パッケージとかは
    高級感あって素敵だと思う。特に昔の広告なんかは本当にセンスがある。

  8. 日本の名無しさん
    2014年10月8日 2:17 PM

    何故なら、非常に文句の多い日本人を満足させなければならないからだ。
    必然的に品質は良くないと買わなくなるという。

  9. 日本の名無しさん
    2014年10月8日 3:31 PM

    資生堂、国内で落ちてきてるから海外展開に力を入れてきてるね。国内でも宣伝方法変えたほうがいいよ。

  10. 日本の名無しさん
    2014年10月8日 5:53 PM

    脂性顔の俺にはクリームなんて無縁だわ
    散髪屋での顔剃りのあとでもクリーム塗るのを拒否したいくらいだし

  11. 日本の名無しさん
    2014年10月8日 5:56 PM

    資生堂は魅惑的で神秘的な存在として、優雅で魅力的だ。世界の果てのアジア的な香りを発している。これは私たちが、普段とはかけ離れたロマンティックな贅沢として、知りたいと渇望するものだ。

    抽象的な表現の塊だな。

  12. 日本の名無しさん
    2014年10月8日 6:27 PM

    あのお粗末な品質のメイベリンが世界展開できたのだから、
    資生堂ならば成功するだろう。

  13. 日本の名無しさん
    2014年10月8日 11:35 PM

    資生堂は、かなり異質な会社だよ
    哲学、環境、日本文化などに対する探求心が凄い
    もはや企業レベルを越えた、不思議な組織だ
    知性によって気品を生む、志のある会社といえる

  14. 日本の名無しさん
    2014年10月9日 8:01 AM

    中国産の原料を使うようになったんで
    資生堂はそれからちょっと遠慮してるわ
    ドルックス大好きだったのに残念

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.