当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【アートの島】国内外の有名アーティストが作品を展示する瀬戸内海の島

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/10/21

1021
穏やかな気候と豊かな自然が美しい瀬戸内海に、多くの外国人が憧れる島がある。香川県の北に位置する外周16キロ、住民3200人の小さな島、直島だ。美しい海を背景に、のどかな雰囲気に包まれた島の至る所に、先鋭な現代アート作品が展示される。

代表的なのは地中美術館。展示作品のコンセプトを最大限に生かすことを目的に、安藤忠雄が設計した。照明ではなく、屋外の自然光を上手く建物に取り入れることで、独特なアートの観賞空間となっている。

モネの代表作「睡蓮」もここで見ることができる。同じく安藤忠雄設計のベネッセハウスはホテルと美術館が一体となっており、現代アートをじっくり楽しめるリゾート施設だ。

自然とアートの共生を実現する島

美術館内だけではなく、島内のパブリックスペースも恒久的なアートの展示場となっている。港に設置された草間弥生の巨大なかぼちゃのオブジェは圧倒的な存在感だ。

さらに、近くには美術施設に見える銭湯があったり、公園にアート作品のような椅子が置かれていたりする。また、島に残された古民家や街並みの保存と再生を目的とした「家プロジェクト」では、実に多様なアート体験ができる。

アメリカを代表する現代美術家、ジェームズ・タレルを筆頭に、杉本博司、宮島達男、大竹伸郎、内藤礼など、国内外で活躍するアーティスト達の作品を特別な空間で楽しむことができる。

現在では、アーティストを呼び、ここにしかないサイトスペシフィックな作品を創作してもらうことで、直島そのものが「アートの島」として確立した存在になっている。

直島でのアート活動を一連のプロジェクトとして推進したのが、ベネッセコーポレーション会長の福武總一郎である。「ベネッセ―良く生きる」を信条に置く彼は、直島において自然とアートの共生を実現することで、真に豊かな暮らし方について1つの形を私たちに提示した。

旅行者にとっても、都会の喧騒を離れ自然を近くに感じられる場所で、ゆっくりとアートを観賞し自分を見つめ直すことができる特別な場所と言えるだろう。海外からの賞賛と感動の声をここに紹介する。

日本への旅のハイライト!小規模な展示も見るべき。私は本当に直島が好きです。4月中旬に行ったのですが、幸運なことに晴天続きで雲ひとつありませんでした。

私はベネッセミュージアムに無料のシャトルバスでアクセスできる海の近くのパオに滞在しました。美術館は構造的にも建築的にも展示にすばらしい空間で良かったわ。芸術作品も良かった。

私は特に、家プロジェクトや地域の若いアーティストが使われていない家や神社などすでにあるスペースを使ってインスタレーションを創作する手法にとても刺激を受けたわ。

このエリアの展示は本当に興味深くて、景観を大きく使っている。もし可能なら、2日間の直島探索の後、豊島にも1日行ってみるといいわよ。素晴らしいものが見られるから。後悔はしないと思うわ。

このような場所は見たことがありません。日本を旅した中でのハイライトでした。直島は特別な環境でリラックスして美しいアートを見るのにパーフェクトな場所です。

3つの美術館は全て、島と展示する作品に捧げられています。すばらしい建築です(美術館もホテルも)。また、家プロジェクトはとても特別なものです。ジェームズ・タレルと安藤忠雄による南寺は忘れられません。私たちはたった2日間しかいられませんでしたが、次回はもっと長く滞在したいです。

私の日本旅行の中で1番良かった。私はこのあり得ない場所にすっかりやられてしまいました。大阪から2本電車を乗り継ぎ、フェリーを使って来たのですが、その価値があります。

大きなゲートは朝早く見ても夜に見てもすばらしいの。私たちはケーブルカーに2回乗って山の頂上まで行きました。雨で霧がかっていて何も見えなかったけど、それでも楽しめたわ!!日本に行ったら是非直島に行くことをリストに入れた方がいいわよ!!!

すばらしいアートと建築。素晴らしい景色と環境。愛すべき地域性や民家。まさしくアートを愛する人たちにとってパーフェクトな場所だ。
2月の静けさと寒さ、完璧だった
この島での3日間を本当に楽しんだ。雪が降ったんだよ!美しくて稀なことだった。それ程たくさんの人がいなかったので、アートを親密に個人的に体験することができた。アートがあらゆる場所にあるよ!
愛すべき島。私は島中にあるアート作品が好きだし、お刺身やカレーライスなど島のローカルフードも気に入りました。シャトルバスは旅行の時間を調整するのに役立ちました。
私たちは直島が好きです!
私たちは直島に行くのに宇野を経由して行きました。午前の客船で行きましたが、とても楽でしたよ。11歳の娘は安藤忠雄と彼の建築物のファンで、島で体験した全てに感動していました。

私たちにとっては夢のようでした。地中美術館での時間は、壮大なスケールの中で、ほとんどミニマリスムとも言える精神性を体験するためのものでした。

その場所は奇妙でありながら神聖で、私たちに静謐な感覚を残してくれました。限定された展示方法ですが、アート作品をただたくさん並べるのではなく、現代の巨匠の作品について数点をじっくり瞑想するような方法で見せています。

美術館の中には海と島と空との素晴らしい景観を楽しめるカフェがあります。私たちはそこで休憩し軽食をとりました。美味しい料理が提供されていました。

地中美術館は私たちにとってポイントの高い場所です。また、島の周りを見るのに電動自転車を借りました。

とても楽しかったのですが、全ての美術館やアートハウスを見られなくなってしまったのと、バスを使えばなんとかなっただろう重たいアートブックを購入できなかったので、少し残念でした。

アートハウスは素晴らしかったので、ぜひ全てを見にまた来たいと思います。安藤忠雄美術館は小さいですが、印象的で安藤の仕事の繊細さを感じました。。

アート好きは後悔しないだろう!
島にある全てのギャラリーで展示される芸術作品の質が高いだけでなく、作品を展示する建物がすばらしい。

直島にあるギャラリーは、どうすればギャラリーそのものが芸術作品の体験を高められるか、素晴らしい一例になっている。

李禹煥美術館や地中美術館は建築家とアーティストの成功したコラボレーションとして素晴らしい。家プロジェクトもとてもお薦めしたい。この興味深いコンセプトは、島の歴史や文化を現代アートに上手く結びつけた。。

気が弱い人向けの旅ではないけど、1度訪れれば、この島に心を動かされると思うわ。行ってしまうと何をすればいいのか分からなくなる可能性もあるから、行く前に調べて行った方がいいわ。

予約が必要な展示や体験したいものは書きとめておいてね(地中美術館のジェームズ・タレルの作品とか)。この島は、私が今まで行った中でも最上級に壮観な場所の1つだわ。。

冒険の価値あり!今回で直島に行くのは2回目で、予めベネッセハウスに2泊する予定で行きました。最小限で曖昧な英語の情報は複雑で、時間とお金の投資が必要でした。

自分で計画するのは困難にも思えましたが、努力する価値が十分にあります。実際にはアクセスできる場所でありながら、遠く別世界の感じがする世界中で類を見ない場所です。

2日間あればなんとか美術館や自然の中にあるアート作品、アートサイト、安藤忠雄ミュージアム、そして近くの豊島にあるインスタレーションを見ることができます(犬島を逃してしまったので、また来るつもりですが)。

直島に行くなら、追加で豊島に行く時間を確保した方がいいですよ。豊島美術館は見逃さないで!!!!私が今まで経験した中でも最も驚きのある場所の1つです。。

驚くべき、信じられないほど魅力的な場所。直島行きは私の10日間に及ぶ日本への旅の中のハイライトでした。地中美術館は私の人生で見た中で最も美しい場所です。

少しでもアートに敏感であるなら、3つ続けて美術館を見る最後に地中美術館に行けば、信じられないような経験ができると思います。まるで現代の巡礼地のような場所です。

少なくとも1泊は島に泊まることを薦めます(私たちはビーチの近くのパオに泊まりました)。攻撃的な蚊がいるので、殺虫剤は忘れないで。。

日本の異なる場所
アートの島と呼ばれる直島には、たくさんのアートインスタレーションや美術館がある。なかでもおそらくベネッセハウスは最も有名だろう。トリエンナーレ開催中に行くといい。月曜日はベネッセハウス以外の美術館は休みだが、ボートに乗って近くの豊島まで日帰りで足を伸ばせるよ。。
すばらしく楽しい気持ちにさせてくれる。私は職場の仲間と一緒に直島に来ました。魅力的な滞在でした。

フェリーを降りてすぐ、神社に向かう草の階段を降りていくまでに、巨大な赤と黒のかぼちゃが目に入ります。至る所に愛すべき、驚きのある、そして興味深い何かがあるのです。

ニューヨークにあるストームキングのインスタレーションや、日常的に公共の中で見られる彫刻が好きなら、直島のことを好きになると思います。。

私の旅の中の1番。この島は小さいけど、ずいぶん遠くから来た私たち家族は惹きつけられました。この島にあるアートはすばらしいです。

宇野港からのフェリーの旅も楽しかった。私たちは島で何度か食事をし、バスに乗りましたが、運転手はいつも丁寧で親切でした。直島が大好きです。。

アート好きのためのパラダイス。楽しい休日でした。私たちはボートに乗って出かけ、この島を散策しました。家がアートスペースになっているものも見ましたし、日本の現代アートと特筆すべき西欧の現代アーティスト達の作品が所蔵されている大きな現代美術館にも行きました。

その美術館からの景色が信じられないほどすばらしくて、作品を鑑賞する時間と同じだけ、美術館そのものとその景色を堪能しました。。

日本の現代美術のメッカ。安藤忠雄による設計の美術館は全く素晴らしかった。作品の数は少ないが、非常に価値がある。光を取り入れた建築の方法が奇跡に感じられるほどだ。
絶頂にある現代美術
安藤忠雄のファンであってもなくても、直島に行ったら、特別な体験ができる地中美術館を逃しちゃダメだよ。

幾つかの作品の演出がすばらしく、感覚が惹きつけられる。特にジェームズ・タレルのどこまでも青の部屋は、1度中に入れば大きな驚きが待ち受けているよ。心が震える体験に身を投じてみて!。

美術館は作品点数が少ないにも関わらず、その他に類を見ない展示方法は見る価値がある。
アートや現代建築や自然が好きであれば、直島への滞在は幸せをもたらしてくれるよ。島にたどりつくまでに時間や寒さに耐える価値がある。1泊して朝ごはんくらいは食べなくちゃだめだよ。美術館を見るなら2日間滞在した方がいい。私はもう1度行くつもりだけどね。
直島に行ったけど、優れた美術館だった。モネの部屋は素晴らしかったよ。建物の構造にも驚いた。私たちはモネの部屋に何度も戻ったよ。

現代アートを楽しむためにあらゆる趣向が凝らされた直島では、まるで現実から離れ、別世界に来たような感覚になる。このような体験は旅の醍醐味とも言えるだろう。

ここを訪れた多くの外国人がもう1度来たいと思うのは、直島で得た特別な身体感覚が忘れられないからなのかもしれない。

直島から始まった瀬戸内の現代アートへの試みは、2010年、2013年に開催された瀬戸内国際芸術際にも繋がり、今日では他の瀬戸内の島々にもアート好きの観光客がたくさん訪れる。

今後、「自然とアートの共生」が瀬戸内の文化の中でどのような広がりを見せるか大きな期待が集まっている。

(参考)http://www.tripadvisor.co.uk/Attraction_Review
-g1121428-d1397411-Reviews-Naoshima-Naoshima_
cho_Kagawa_gun_Kagawa_Prefecture_Shikoku.html
http://www.tripadvisor.fr/Attraction_Review-g1121428
-d598766-Reviews-Chichu_Art_Museum-Naoshima
_cho_Kagawa_gun_Kagawa_Prefecture_Shikoku.html

日本の小さな島はどんどん過疎化が進んで、小学校がなくなったりしているが、直島はアイデアで外国人観光客を呼び、成功している代表例だと思う。

島だけじゃなく、日本全体でこういう活動が広まればなぁと思う。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2014年10月21日 11:53 PM

    新幹線から、Benesse郵便局見えるよ。

  2. 日本の名無しさん
    2014年10月21日 11:59 PM

    まったく管理人さんのコメントのとおりですなぁ。
    東京だけが日本を代表する街じゃないものね。

  3. 日本の名無しさん
    2014年10月22日 10:18 AM

    ※2に猛烈な東京コンプレックスが見える…
    京都とか観光客で賑わっているところ山ほどあるの
    可愛そうだ

  4. 日本の名無しさん
    2014年10月22日 10:54 AM

    うちわの家が良かったなぁ
    寝転がって昼寝したくなるくらい涼やかで気持ちよかった

  5. 日本の名無しさん
    2014年10月22日 12:26 PM

    ※3 2は、外国人が東京ばかり注目しているとおもって書き込んだんじゃないか?些細なことで、そんなに煽り口調にならなくても。気を付けた方がいいよ。
    ※2 日本に強い関心のある外国人は地方にもいくし、大丈夫だとおもうよ。アメリカだってニューヨークが全てじゃないことは世界中の人が知ってるし。

  6. 日本の名無しさん
    2014年10月22日 3:24 PM

    ※3
    私には※2さんがそういうコンプレックスで言ってるようには全く思えませんけど…あなたはなんでそんな発想になったの?
    ※2さんの言う東京やあなたが言う京都といった
    外国客が多い場所以外にも良いところがあるし
    地方にもきてみてねってことでしょうに
    最初からうがった見方しすぎ
    これだと逆にコンプレックスがあるのはあなたの方に見えます

  7. 日本の名無しさん
    2014年10月22日 4:25 PM

    ※3と5と6へ
    ドヤしすぎ。人に絡まず記事にだけコメントでいきましょう。
    コメント欄閉じられかねない。

  8. 日本の名無しさん
    2014年10月23日 2:17 AM

    娘が修学旅行でここに行ったけどもかなり面白いところらしいね。芸術にそれほど興味がなくても見るもの全部面白いし、景色もいいし食べ物も美味しいし、修学旅行でTDLや海外に行くより有意義だったかもしれないって言ってた。でも中にはちょっと一般人には???っていう美術館や芸術作品もあって、レポート提出の時にどうまとめたらいいのかわからない場所もあったとか。まあ、芸術っていうのはそんなものかもw

    娘のレポートの中に写真付きであったんだけど、芸術的な銭湯を見てみたい。

  9. 日本の名無しさん
    2014年10月23日 2:34 AM

    瀬戸内海ののんびりした気候とアートがいい具合にマッチしてるよね。
    豊島にある美術館もおすすめ!個人的にはこっちの方が好き。
    晴の日には時間を忘れてのんびり出来るよ!
    美術館の目の前には一面の海が広がってるよ。絶景!
    電動自転車で回るのがおすすめ。
    いちご屋っていうお店で食べたクレープやパフェ美味しかったなぁ。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.