当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

世界最強の日本刀!芸術的価値の高い刀に驚きの価格が!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/04/10

J111

その鋭い切れ味だけに限らず、美しい形の芸術的価値が世界中で認められている日本刀は、日本で1500年以上の歴史を持ち、刀を製造する刀鍛冶の技術は世界最高のものと評価されています。

刀の製造は単に技術的な技法だけではなく、現在でも信仰や祈祷といった精神的な意味を含み、その鍛錬技術をユニークなものとして保存しています。

日本刀の鋭さと美しさは世界最高水準

日本刀は世界にある刀剣の中でも最も強靭で刃こぼれや湾曲が起こり難く、切れ味が鋭いとされています。

古代日本においては武器として使用された刀は、現在では格闘技などで精神を鍛えるためのアイテムとして、または神聖な儀式等に使用され、さらにその美しい形から芸術品としての価値を持つとされています。

日本刀を扱う刀剣ショップは日本では約200店舗あるとされ、最も品質の高いものは金属製の甲や甲冑をも切り抜くほどの鋭さを持つと言われています。

これらの日本刀のコレクターは日本国内に限らず、アメリカやヨーロッパの人々もその歴史や鍛冶の方法、技術などを研究し、品質の良さを知る知識を備えているとのことです。

現在、日本刀は例えば居合道において、完璧な剣術と精神修行の為の道具として使用され、箱根神社では毎年5月に居合の型やスキルを競い合う、居合道大会が催されています。

また儀式等に使用される例では、刀鍛冶700年の歴史を持つ岐阜県の関において、新年に地元の刀鍛冶が日本刀を作る儀式が行われ、また埼玉県の御嶽神社では、春に刀で作られた梯子を素足で上るという儀式が行われます。

さらに新潟県の佐渡では白刃というお祭で、民家の前で勇姿達によって剣術の模倣が行われるといったものがあり、それぞれに地域の繁栄や豊作、家族の健康や長寿を祈る目的で行われています。

一財産になる刀

ところで日本刀の価値は、100万円を越えるものは芸術的価値があるとされ、250万円を越えるものは芸術的価値がかなり高いものとされています。

刀の品質は、まず全体の湾曲とバランスがチェックされ、さらに刀身の焼入れや焼戻しによって作られる刃紋が鑑定され、山や雲といった自然の要素をモチーフにした美しい刃紋などが高い芸術的評価を受けます。

最も優れた作品としては、江戸時代後期に活躍した刀工である源清麿の作った日本刀は、5500万円の価値があるとされています。

明治時代に廃刀令が布告され武器としての日本刀を携帯することが禁止されるまで、その歴史は1500年以上にも及びます。

1000年程前には皇族などが神聖な儀式を行う際の道具として利用され、その後豊臣秀吉によって侍の階級にある者だけが帯剣を許されることとなり、日本刀は侍のシンボルとされました。

現在における日本の刀鍛冶は、数こそ少なくなっているものの伝統を守ろうとする動きは健在であり、中でも杉田善昭氏は周防国分寺に刀を奉納する為、200年前に製造された釘から刀を作り出しました。残念ながらその後杉田氏は死去されたそうです。

この映像にも見られるように、日本の刀鍛冶は刀を打つ際に、刀身を何度も何度も折り曲げて重ねることで、細く薄い刀でも強靭に作り上げる技術を持っていす。

ドイツのカミソリはその切れ味で世界でも評判が高い製品ですが、これは太平洋戦争時代に同盟を結んでいたドイツの技術者達が日本を訪れ、日本刀の鋭さに感心して、その技術の一部を持ち帰った為だと言われています。

古代の刀剣は全て素晴らしい品質だったよね、日本はその技術を守る努力をしてきたが、中国やヨーロッパはそうした努力をしなかったってことだよね。
絶対に折れず曲がりもしないとうのはちょっと信じがたいね・・・。
本当に素晴らしい製造技術ですね。一本欲しいな。
刀の持つ全ての緻密さが本当に綺麗ですね。芸術的な作品ですね。
凄く欲しいです!
素敵ですね。こうした刀が一本欲しいです。
驚異的だね。時間と貢献、経験と技法、そして情熱によってなんでも作り出していることに、いつも驚かされるよ。
刀身だけを作る人と、鞘や鍔を作る人は別なんじゃないかな?
日本刀の歴史も素晴らしいし、鍛冶は息を呑むほどだ。こうした技術を表現する言葉が足りないね。
本当に精巧ですね。いつ見ても欲しくなるよ。
本当に美しいわ。
武士の魂ですね。
凄い!刀が大好きだ~。本当に綺麗だ!
京都にある刀剣店を訪問して、居合用の刀を買いました。古武道の修行に使用しています。
わぉ!本当に宝物だね。
それは驚異的です。完璧な作品だよ。
私は鋼の強度を重視しているよ。だから刀が、ライフルの銃撃に耐えることができれば満足なんだ。しかし私の持っている刀は、30口径以上のライフルだと耐えられないんだ。残念だよ。
バイキングの溶接法は日本刀のものと類似していたけど、2000年程前にそうした製造技術は使用されなくなったらしい。
刀身の一部は焼入れされる際に粘土でカバーされるべきだと思うけど、私は何か見落としたのでしょうか?
日本の刀を愛していますが、こうした刀はまさに芸術品ですね。

日本の刀鍛冶の持つ技術を保護する必要性

日本刀の製造技術は世界においても独特であり、それが刀の鋭さと美しさを最高水準のものとしています。他の国に見られる刀剣は、それ自体の重量によって殺傷用の武器としての優位性を得ています。

しかし日本の刀は細く薄く作られている為に重量も軽く、その鋭さを活かす特殊な技術が必要となり、それが剣術における多くの流派を生み出す原因となったようです。

こうした日本の刀鍛冶の特殊で伝統的な技術を、今後も守ってゆく必要があるのではないでしょうか。

(参考)https://www.facebook.com/japaneseculturestyle

日本刀が5500万円なんてすごい!切れ味だけでなく、美しさも併せ持つ日本刀は本当に芸術品だと思う。ドイツのカミソリが世界で評価が高いのは日本の技術が伝わったからっていうのは、世界でも有名なのかな?

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年4月10日 8:09 PM

    1500年以上…
    皇室の前身であるヤマト王権が始まったのは3世紀だから皇室は1700年以上の歴史があるけど、僅か数世紀差だ…

  2. 日本の名無しさん
    2015年4月10日 8:49 PM

    刀としての殺傷能力はコールドスチールの方が凄いんだろうけど
    美術品としては最高だな

  3. 日本の名無しさん
    2015年4月11日 4:39 AM

    切れ味の良さは良質な天然の砥石が取れた事が大きいんじゃないのかな

  4. 日本の名無しさん
    2015年4月11日 10:57 AM

    値段が付いてる時点でまだ安い部類。
    本当に高い刀は値段すら付かん。
    大包平とか敗戦直後でさえ値段=自由の女神と国が言い放ってるし。

  5. 日本の名無しさん
    2015年6月27日 10:53 PM

    日本刀の凄さは鉄が切れる事です、そして鮮やかな模様同じ模様が二つとないことです他の方が言われていた湾曲の美しさしなやかさでしょう、以前テレビ番組で刀工がわざわざ新刀を打ちアメリカまで持って行って固定して機関銃で打ちましたが10発までは弾を切っていました凄かったです。

  6. 日本の名無しさん
    2015年8月1日 11:19 PM

    自動車を一刀両断できる斬鉄剣が存在すれば日本刀は無敵っすな。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.