当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【動画あり】外国人が回転寿司に挑戦!人生で初めての寿司の味はいかに!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/06/09

J200
日本食といえば寿司、ということは世界でも常識で、寿司の美味しさを紹介する日本食レストランを世界中で見つけることができるようになりました。

それでも、やはり寿司の元祖は日本。誰でも気軽に寿司を楽しめる回転寿司は日本のアイディア、海外ではよほどの大都市でしか「回転」している寿司屋はありません。

そこで、日本の回転寿司屋に入った外国人が紹介した動画が話題になりました。

魅力的な回転寿司

日本では、寿司屋といえば大きく分けて2種類あります。伝統的な寿司屋と、大衆的な回転寿司屋です。

その違いは、なんといってもその値段。伝統的な寿司屋のなかには、高級感を保つために子供の入店お断り、ということもあるなど、日本人にとっても敷居が高いもの。

それに比べて回転寿司となると、値段はずっとリーズナブルで、誰でも気軽に入れるファストフード店です。

回転寿司屋の中身をご紹介しましょう。なんと寿司が回転しているんです!アイランド式調理台を囲む大きなカウンターが店の中心で、カウンターに沿って走るベルトコンベアがあります。その上を各種寿司が並んで店内を走っているのです。

好みの皿が自分の席に回ってくると、客は皿を取ります。おすすめは食事どきの時間帯。そうすれば新鮮なお皿が沢山回転しています。

もちろん、回転で回ってこないお寿司は板前さんに直接注文することができます。操作画面がある寿司屋の場合、ほとんど英語メニューが付いています。

値段はひと皿100円から500円ほどです。全皿均一に値段が決まっている店もあれば、皿の色によって値段が違う店もあります。皿の色ごとに値段が決まっている店のお会計は、お皿を色別に仕分け、皿の色の数を数えて値段を計算します。

回転寿司屋をオススメする最大の理由は、日本語を話す必要がない、という点です。カウンターの小さな空間に、寿司を食べるために必要なものがほとんど全て揃っています。

例えば、オシボリがあり、手をきれいにします。他にも箸やつまようじ、醤油、わさび、唐辛子があります。そしてガリがたっぷり置いてあります。

一番すごいのは、粉状のお茶か、ティーパックがあり、熱いお湯の出る水道管も各席に通っていて、温かいお茶をそれぞれで用意するようになっています。

そんな装置があるにも関わらず、入店するとウェイトレスが冷たいお水を運んで迎えてくれます。

日本で美味い寿司を、手頃な値段で食べたければ、回転寿司が一番です!よくわからなかった人は、添付のビデオを見て、日本で回転寿司を食べる日に備えましょう。

日本食レストランは高い、ってイメージが強いけど、日本で日本食を食べるほうが、ヨーロッパの日本食レストランより安く済むんじゃないかな。
みんな日本のことを何か勘違いしてるんじゃない、日本ではりんご1個1ユーロとかいうニュースばっかり見るもんね。まあそれは事実だけど、外食を安く済ませよう、と思えば安いんだよ。

日本の給料水準はスペインより高い、っていうことも考慮に入れておかないと。外食で8~9ユーロで済むっていうと、そんなに高くないよね。

ぼくの町にある日本食レストランによく行くよ。だけど、日本で食べる日本食と、ヨーロッパで食べる日本食では、質の面で相当違うって言うよね。本物の日本料理を食べてみたいな!
↑日本食レストランの80パーセント以上は、シェフが日本人じゃないんだよ。それと、レストランにも当たり外れもあるし。美味しい日本食レストランを日本以外で見つけるのって難しいさ。
もう一度回転寿司屋に行きたい!ファストフードに過ぎない、って言われるかもしれない。だけど僕の国には、日本の回転寿司ほどの美味しい寿司を、あの値段で食べられるところはないよ。
日本に行く人にはすごいいい情報だね!寿司の食べ方についていろいろ聞いたことあるけど、まだよくわからないんだよね。

お寿司を箸で持たないといけないのか、手でもいいのか、醤油に漬けるのか、垂らすだけなのか、とか…寿司の食べ方を勉強してから日本に行かないと、恥かいちゃうよね。日本食レストランに行くときいつも、どうしたらいいかわからなくて戸惑う。

↑正式な食べ方は、寿司を手でつかんで、ネタに軽くを醤油をつける感じだよ。だけど「おいしい」って思えれば、どんな食べ方でもOK! ただ、ネタを醤油にサッとつけるだけっていうことに注意。
誰かが日本のレストランは高いって言ってたけど、回転寿司なら安いんだね。僕が払ってあげる!

※記事の中で、ひと皿100円~500円という情報があったので、1食の値段がそのくらいだと勘違いしているのかもしれません。まさか一人10皿以上も食べるなんて想像できないのでしょう。

スペインの日本食レストランに行くときは、へそくりをおろして行かないといけないくらい高いよ。日本に行ったとき、もっともっと回転寿司で美味しい寿司を食べておくべきだった。
↑スペインで日本レベルの寿司を食べたければ、それくらい払わなきゃいけないのは当たり前だよね。
回転してるなんておもしろいね。特に寿司が好きなわけじゃないけど、回転寿司にそばやうどんもあるなら、絶対行くけど。
↑うどん、そば、ラーメンを食べたいなら、回転寿司屋じゃなくて、専門のもっといい店があるよ!寿司を食べたい人は、回転寿司が一番いいアイディアだと思う。
お腹いっぱい寿司だけを食べる、って試したことないけど、もっと寿司を食べ慣れて、好きになってから回転寿司に行って、お腹いっぱい食べてみようと思う。
姪っ子が回転寿司に連れて行ってくれて、未知の世界に足を踏み込んだ気がしたよ。この回転システム、席に全てのものが揃ってること、全部びっくりしたなあ。日本のテクノロジーのなせるわざだね。
回ってるお皿、全部が全部、すごく美味しそう。注文画面に、漢字の意味の説明がついたミニガイドがあればよかったのに。
↑ほんと、漢字って見るだけで頭痛くなるよね。注文画面の使い方がわからないときは、エラーが出るまでボタンを押し続けるしかないね。
寿司大好き!この記事を書いてくれた人、本当にどうもありがとう。これを読んで、全く違う文化に触れることができたよ。全然システムを知らないから、この記事を読む前に回転寿司に行ったとしたら、子供みたいに目を丸くしてたと思う。
来週日本に2週間行ってきます。なんと生魚にはアニサキスっていう回虫がいるんだっていうことを知ってしまった。ショック状態、もうどんな生魚も食べられないよー。

日本の寿司屋で、いちいちその魚が冷凍処理されてるかどうか尋ねることはマナー違反?なんかナーバスになっちゃったけど、でも絶対食べたいんだ!

↑シェフに尋ねても別にいいと思うけど、回転寿司みたいな安い店の魚は、冷凍ものに間違いないさ。でもマグロが一番アレルギー物質持ってるって噂。マグロ以外のもの食べればいいんじゃない?

あらためて回転寿司のシステムを考えると、とても驚くべきシステムですね。テクノロジー化された伝統料理、日本人はやっぱり頭がいい、と世界をうならせるのに十分な話題です。

(参考)http://www.japonfacil.com/?p=105
http://creativoenjapon.com/2013/04/16/que-veo-en-japon-1×14-
kaitenzushi/

回転寿司は安くておいしいので、高くて手が出せないと思っている外国人はぜひ回転寿司に行ってみてもらいたい。始めはシステムが難しいかもしれないけど日本っぽさは十分味わえると思う。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年6月9日 11:37 PM

    スシローは「韓国産海苔」使うのやめろ。
    噛み切れないから変だなと思ってネット見たら、やっぱりな。

  2. 日本の名無しさん
    2015年6月17日 4:44 AM

    ★未だに生魚を食わず嫌いしてる未開害人がいるな。そんなんだから寿司を発明出来なかったのだ。

  3. 日本の名無しさん
    2015年7月10日 2:14 PM

    回虫や寄生虫みたいなのに関しては中国以外は大体捌く人に知識あるし衛生管理行き届いてるから問題ない
    正しいお寿司の食べ方は回転してないお皿に何貫も乗せて客に出したりする寿司屋や高級寿司屋以外は気にしなくていいよ
    手で食べるも箸で食べるも自由

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.