当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【動画あり】人間扱いしてもらえないカースト制度の最下位アンタッチャブル

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/04/06

W237

「カースト制度(ヴァルナ)」といえば、学生時代学校で勉強したことを覚えている人も多いでしょう。

私は4つのグループがあり、それは生まれながらに決まっている社会でのランクのようなものと記憶していました。日本にも過去にそのような歴史があり、どこの国でも考えられていた悲しい文化なのだと認識していました。

しかしながら、調べてみたところ日本との大きな違いがありました。インドのカースト制度は過去の歴史として存在するものではなく、この現代でも重要視される制度なのです。

生まれた時の身分は変えられない

カースト制度はインドのヒンドゥー教における身分制度で、生れながらにして親から受け継ぎ、生涯にわたってその身分が変わることはありません。

大きく分けると4つに分類されており、ピラミッドのような割合の配分で、下の身分の人々の数が多くなっています。

  • バラモン(司祭)神聖な職に就き、儀式を行うことが可能
  • クシャトリア(王族・武士)武力や政治力を持つ
  • ヴァイシャ(平民)商業や製造業に就くことが可能
  • シュードラ(奴隷)一般的に人々が嫌がる仕事に就くことのみ可能

驚くべきことに、一番下に分類されるシュードラよりもひどい扱いをされる人々がいます。カースト制度に属すことのできないこの人々は「アチュート」、「不可触賎民(アンタッチャブル)」と言われています。

この身分の人々は、触れたり見たりすると汚れるものとして扱われます。そう、人間扱いをしてもらえないのです。アチュートの人々は自分たちのことを「ダリット」とも呼びます。

インドで頻発しているレイプ事件等の被害者の多くはこのアチュートの人々です。同じ尊い命を持つはずのアチュートの存在を軽く見られているのではないでしょうか。

異なったカースト間の婚姻は不可能ということで、結婚によっても一生カーストが変わることがありません。そのような状況の中、現世の生活を頑張ることにより、来世のカーストは今よりも上層に上がれるというヒンドゥー教の教えに人々はすがります。

なお、他宗教に改宗することにより、カースト制度を抜け出すことは可能です。現在このカースト制度も都市部では軽視されるようになってきましたが、農村部ではいまだ根強い意識が存在します。

インドでIT産業が盛んなわけは

上記したように、職業の制限もカースト制度により存在します。生れながらにして就ける仕事の範囲が決まっているのです。

しかしながら、カースト制度制定の際に存在しなかったIT産業については職業による制限はないため、どのような身分の人でも就業することが可能です。

現在インドはIT産業が盛んであり、世界でも目を見張るものがありますが、それはこのカースト制度から抜け出すための一つの方法なのかもしれません。

これについて海外からの反応は

宗教や社会のシステムというよりも、差別としか思えない。下層部の人たちは人間として見てもらえていない。
アメリカの大都市でも類似点があり、容易に理解できる。
アメリカ人は、自国以外でもそんなことが行われていることにびっくりするんじゃないかな。アメリカの人種差別と違いもあるけれど同じ社会問題。
インドではなくスリランカだけれど、6か月間住んだことがある。その時に、表には出ていないようなカースト制度を見た。
左翼福祉国家統制主義と右翼縁故資本主義(政府官僚や大企業のビジネスマンとの密接な関係がビジネスの継続、成功に決定的な要因となる資本主義経済を指す軽蔑的な用語)との間でこの国が作り出した独自の制度で、誰も触れることのできない問題になっている。夢も希望もない国になってしまっている。
イギリスが植民地にしたとき、西洋的な考え方を取り入れたら良かったのに。
西洋の文化からは偉そうにアドバイスできない。
ヒンドゥー教から仏教に改宗してカースト制度から抜け出そうという、下階級の人の動きがあるというのを聞いたことがあるよ。
なんでいまだに、法的にこの制度があるのか不思議でならない。
呼び方が違うだけで、世界中でこのようなシステムは多数存在するんじゃないかな。
もうこの制度は存在していないのでは。インドで慈善活動等による貧しい人を助ける人々を多く見た。この制度は近いうちになくなるはず。
見て見ぬふりをせず、私たちも行動を起こすことが何より大切だ。
下層部の人たちが勉強をして文字を読めるようになり、左翼の考えを持ち、社会の弱い部分を取り除くような努力をして、カースト制度を乗り越えた都市がインド南部にあるらしい。
カースト制度の考え方は理解できない。
カースト制度は非常に古い考えであり、私は出会ったインド人がどの層に位置する人であっても全く気にしない。
カースト制度を支持しているのは上層部の人たちで、カースト制度はその人たちの先祖によりつくられたもの。神につくられたわけではない。
神様は全ての人を平等に作ってくれたはず。見た目がどんなに違おうとも、考え方がどんなに違おうともそれは個性。
カースト制度をなくすべく、何か動いて協力をしたい。インド頑張って!
アメリカではお金のある人がカースト制度で言う上層部の特権階級とみなされる。アメリカでは収入によって階級を変えることが可能。教育で言えばどんな人にも、例えば学校でやる気があるとするでしょ、そしたら先生が成功するように色々と導いてくれるはず。

これは私の経験なんだけど、もちろんアメリカは広いから全ての人に当てはまるとは限らないわ。でも大学に入るお金がない子供は、政府や個人の奨学金で教育を受けることはできる。競争率は高いし、望んだ全ての子供に行きわたるわけではないんだけれど。

1998年に3か月インドで暮らしたとき、カースト制度の一部に触れた。カルカッタでマザーテレサの慈善活動に参加した時、アチュートの貧困が確かにあった。そして同時期にバラモンの人に出会う機会もあったのだけれど、この人達は確かに名前が示す通り皆エリートであった。
きっと世界中で同様のことは行われていると思う。アメリカでも人種によって差別が行われている。そして賛成、反対派両方が存在する。インドでカースト制度が撤廃されることを願うと同時に、アメリカでもなくなることを願う。

生まれながらに階層が決定済みで、就業の自由さえない運命は子供や若者の希望や生きる力を奪ってしまうのではないでしょうか。宗教の教えと言われれば諦めがつくのかもしれませんが、生まれながらの不平等は残念と思われてなりません。

(参考)http://reason.com/archives/2012/01/24/the-tragic-truth-about-
indias-caste-syst#comment
http://aravindhaksha.hubpages.com/hub/Caste-System
http://nataliepeart.wordpress.com/2011/10/23/hindu-caste-system-
the-facts/
http://www.worldmomsblog.com/2012/01/27/india-breaking-caste-system/

カーストのシュードラが奴隷となていたので、1番下かと思ったら、さらにその下に階級があったなんてびっくりした。触れたり見たりすると汚れるって酷すぎる。他の身分制度がなくなったのに対して、なぜ今までこのカーストは残ってきたのだろう。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年4月7日 12:08 AM

    ヒンドゥー教以外の人はアウトカースト
    つまり、アチュートダリットだ。
    ちなみに、同じ店でご飯は駄目。
    顔見てはいけない。
    影を踏むのも駄目。

  2. 日本の名無しさん
    2015年4月7日 1:25 AM

    >触れたり見たりすると汚れるもの
    なのにレイプするのか…

  3. 日本の名無しさん
    2015年4月7日 1:51 AM

    ブログ名と違って海外のネガティブなネタばかりだね

  4. 日本の名無しさん
    2015年4月7日 5:27 AM

    確かに日本の魅力ではないな、この内容ではね。

    ともかく、社会のあるところ、差別、もしくは区別という名の一方的な区分けは必ず存在する。
    鳥類などの群れ社会でさえ見られるモノ。

    何故なら、差別は他者を侮辱する=快楽であるから。
    正直、誰にでもある。
    理解できないなんて言うのはカッコつけのウソつきか、宗教倫理に無意識に縛られた人。

    相手を下げると、相対的に自分が上位に感じる。特別だと思うと、自己保存の動機付けになるから。
    生きるというのは、一面で必ず醜い自分を認めざるを得ないということ。

  5. 日本の名無しさん
    2015年4月7日 12:41 PM

    とんでもねえな…

    と思ったけど日本も人のこと言えんなww
    昔そうだったし、田舎ではここまででは
    ないけれど村長(笑)が王様のような
    振る舞いをしているし

  6. 日本の名無しさん
    2015年4月7日 12:42 PM

    タイトルはただの客寄せ目的だろ
    俺的にはこっちのほうがいいぜ

  7. 日本の名無しさん
    2015年4月7日 12:47 PM

    ※4
    だから人間を畜生と同等に語るなよ

    人類は生態系の頂点であり
    高等生物なんだから

    人間には理性がある

  8. 日本の名無しさん
    2015年4月7日 3:53 PM

    4さん

    は悪いけど、自分に酔ってる感がありありで好感が持てない。

    7さんが言ってる通り、それを言っちゃおしまい。
    人間は「人道」と言う観念を擬制して、それを信じようとする生き物。そこを際限無く崩してしまっては社会は維持できない。例えそれが叶わない、儚い理想でもそれを守ろうと思う。

    あなたの理屈で言えば、誰にも犯罪を非難することはできないと言うことになる。

  9. 日本の名無しさん
    2015年4月8日 1:06 PM

    理性があってもレイプするんだよなあwwwwいじめて人を殺すんだよなあwwwww高等とwwはwwwwwどいつもこいつも屁理屈まみれかwwwww

  10. 日本の名無しさん
    2015年11月24日 5:47 PM

    いじめ問題の原点だな

  11. 日本の名無しさん
    2016年7月3日 6:59 PM

    日本はアフリカかアジアン(インドカースト制度の最下層)の奴隷化にしていくのは、ヒット曲に色んな新聞に哲学に政治からまちがいありません。
    「アジアンビューティー」てシャンプーのCMが流れましたよね?
     日本の政策を考えて下さい。非正規雇用100%は(又は非正規と同じ待遇給与の正規)まちがいありません。社会保証に各種年金はどんどん現物支給化に延期が決定、更にはTPP1000万人受け入れで、日本人の雇用は移民に「だって移民者の方が安い賃金でよく働いてくれるし、日本人魅力ないし」と奪われ、更に最低賃金規定は「国際競争に勝つ為のグローバル化」のために撤廃、生活保護に障害年金はゼロ円、→日本人多くは路上生活に追い込まれます。つまり、日本一億人をインドカースト奴隷層の「アジアンビューティー」です。ネットや文化は全て自民党公明党の意見以外は瞬殺されてます。
    シルバーサーチというスピリチュアル思想が流行しました。これが与党の本音です。「食べ物飲み物家は全て錯覚。そのうちお金も家も食べ物飲み物も不思議といらなくなって、インド奴隷みたいに路上生活して好きで働いているからお金なんていらないの♪」
    徴兵制ですか?「フランス革命」です。
    今の非正規雇用ですか?「産業革命」です。
    そしてインドのカースト奴隷成功は色んな宗教の基本事項に書いてあります。
    西洋宣教師による奴隷貿易→経済に必要なのはお金ではなくタダ働きの奴隷。食べ物と住むところも与えた世界的な動き。
    アジア宗教→人間の悩みである根本の解決にお金も地位も名誉があると全て捨てると執着と苦しみから離れ、幸せな死後は涅槃です。それは何もとらわれない絶対的な幸福境涯です→奴隷になれってこと?中国韓国イルミナティぐらいの超インテリじゃないと有限実行出来ないし理解出来ないなと。

  12. 日本の名無しさん
    2016年7月3日 7:11 PM

    40近いばばあですが、
    お若いならヒット曲や娯楽にカルチャーに流行、さまざまなものに関心があるかと思います。けど、それには全て統治者の本音や未来があるのです。よく考えて見て聞いて下さいね。また、中国韓国イルミナティぐらいのハーバード進学率No.1は全て本やネットやメディアを疑い無く調べもせずそのまま信用するそうですが、よく考えて調べて読んだ方が良いかと思います。
    中国の殷という時代があります。
    「無数のお寺が建立され、戦乱が絶えず重税が課せられたが、経済的に安定した時代だった」。→常に歴史まで統治者目線と本音で記録されてます。

  13. 日本の名無しさん
    2016年7月3日 7:40 PM

    宗教について批判やインドカーストとアジアンビューティーについて調べてたけど、
    アジアンビューティー反対なら
    アフリカ、
    ルーマニア、
    北朝鮮
    のいづれか悲惨な未来をえらぶのか。
    で、中国みたいに共産党恐怖社会主義属国へ。中国の歴史調べたら多分古代から戦争強く複数の国の統治や莫大な「人道的」経済支援で大国化してきた。だから日本のアジアンビューティー化未来の原因として宗教歴史調べても分かりづらく、インドの宗教歴史を調べてたらああっと少しは判明。
    で、インドみたいにイスラム教が勢力拡大してるしどの宗教もアジアンビューティー礼賛してます。wikiのインドカーストページの写真見て納得。日本がカースト奴隷成功する直前はインドと同じく神秘的宗教が大流行ですよね。ヒンズー教の女神にかかっていたドクロに、ある神秘的宗教の儀式や有名武将か使ってたドクロ、そして二昔前だけど日本の有名歌手が使ってたドクロのアクセサリ(涅槃経や神秘的宗教を理解出来ないバカな自分は欲しがってた)を、今更ながらドクロは死後の植民地化と奴隷化を祈られていたのだと理解しました。
    また中国韓国人にイルミナティは、よく考えて言葉を並べます。
    「架け橋」→中国の古い法律にて「死」を意味します。ユダヤ人が歌にまでして、自分も何も知らず歌ってたバカでした。
    「正法」→硬骨文字にて「攻撃」を意味します。
    色んな有力宗教団体がかなり衰退してますが神秘的宗教が大流行ですし、イスラム教がキリスト教に変わって三大宗教に。ま、キリスト教も教会が大量売り出し中です。カースト直前前のヒンズー教のバラモンみたいに貧乏人にも面倒見が良いそうです。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.