当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

ナチスの軍服がスタイリッシュな理由とは?あの人気ブランドもナチス党だった

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/04/20

W477

スタイリッシュなスーツなどで人気ブランドのヒューゴ・ボスですが、第2次世界大戦中はナチス・ドイツの軍服もデザイン・製造していたのです。世界で最もエレガンスと言われる軍服はどのようにして誕生したのでしょうか。

スタイリッシュ、ナチスの軍服

戦争犯罪の有無や勝敗は別として、純粋に世界の軍服の中でずば抜けて高い評価を得ているのが第2次世界大戦中のナチス・ドイツの制服です。

これは同時期の軍隊だけでなく、現在の軍隊の制服を含めてもナチス・ドイツを超えるレベルの物はないと言えるでしょう。

特に悪の象徴のように言われることが多い、ナチス突撃隊や親衛隊、ヒトラー・ユーゲントという3つの制服は際立った魅力があります。この3つの制服をデザインした人物こそヒューゴ・ボスなのです。

02

03

ヒューゴ・ボスは1923年に作業着メーカーを設立します。その後、ドイツで急速に勢力を伸ばしてきたナチス党に入党し、1933年にはナチス・ドイツの制服のデザインと製造を請負います。

ボスが完全オリジナルで制服を作ったわけではありません。どの国でもそうですが、ある程度の伝統を継承する形で軍服はデザインされています。

例えば、ナチス親衛隊の服は真っ黒ですが、これは旧プロセイン王国(ドイツの前身)の近衛軽騎兵の軍服がベースになっています。黒はドイツにとって高貴な部隊の象徴だったのです。

また帽子についたドクロの徽章も近衛軽騎兵の「死を恐れぬ軍隊」というエリート部隊を意味しています。伝統を引き継ぎつつ、ボスがスタイリッシュで洗練された究極のデザインに仕上げたのです。

人気ブランドのヒューゴ・ボスの歴史ついては、世界中の人々が強い関心を持っています。インターネット上のコメントを集めてみました。

アメリカ軍やイギリス軍と比べて、どうしてドイツ軍の軍服があんなにかっこいいのか納得できた。
第2次世界大戦当時、他国軍の軍服には申し訳ないけど、ナチス・ドイツの軍服は比較にならないレベルの洗練さです。
普通の人々はヒューゴ・ボスやフォルクスワーゲンがナチスの協力企業だった事なんてすっかり忘れているさ。それでいいんじゃないの。
ナチスの制服はナチスの極悪で非道な体勢を象徴している。でもその服装のレベルが非常に高かったことは認めるべきだ。
ボスブランドの購入を躊躇う人もいるけど、彼らはヒューゴ・ボスの生き様を認められないんだろうね。彼のブランドの服は高価だけど、その価格に見合う価値があるわ。今10万円が手元にあれば、私なら絶対にボスのジャケットを選びますよ。
親衛隊の服装がスタイリッシュだということは紛れも無い事実。
ボスの服の品質の高さもさることながら、ナチスがボスのデザインを採用するだけの確かな目を持っていたんだね。ソビエト軍に対してもデザイナーが制服をデザインしているけど、結局、ソビエト軍が採用しなかったんだからね。選ぶ方のセンスも重要だよ。
”残忍な政権が採用した最高の制服”って評価している人がいるけど、この意見には全く同感です。ナチスはこの魅力的な軍服で国民を戦争に導いたのさ。
ボスファッションのボイコットを叫ぶことは簡単だけど、ドイツの服や車の品質が高いことは素直に認めるべき。イギリスとドイツの自動車産業を比べて見れば、どちらが優秀かは一目瞭然だね。
この動画はボスのネガティブキャンペーンをやっているみたいに感じる。
いやいや、私はボスの凄さが分かる素晴らしい動画だと思いますよ。
確かにヒューゴ・ボスはユダヤ人を嫌っていました。でも、1938年にナチスの軍服をデザインしたことを今さら気にすることはないだろう。
当時は軍需産業がいいビジネスだったのです。それは現代で言えば、環境産業がいいビジネスになっているのと同じです。これはあくまでもビジネスです。

政治や社会情勢の風向きが変われば多くのビジネスリーダーやメディアもそれに合わせて動きます。時代によって価値観は変化します。社会はモラルで動いているわけではありません。

父親の罪は子どもの罪か?ヒューゴ・ボスがナチスの制服を作ったからどうだって言うんだ。創業者のヒューゴ・ボスがナチス党員だったからと言っても、今の会社とは全く関係ないよ。また他のナチスと取引があった会社の悪口を言うのは良くないよ。
ユダヤ人の人々は一貫してナチスを徹底的に非難しているけど、ナチスだって他の軍隊と同じように良い面と悪い面があったのさ。
ホロコーストが実際にあったかどうかを検証することすら、認められないような世の中はおかしいよ。
この動画を観ていたらボスの服が欲しくなってきた。
軍服をデザインして作ったから、戦争犯罪者か?そんな訳ないだろう。
ナチスの軍服は本当に気に入っている。これらはとてもエレガントでカッコいい。
ナチスがやったことは気違いじみていて、最悪の事をしたわ。でも彼らの制服が本当に魅力なのは認めます。もちろん、武器や兵器も素晴らしかったけど。
私はナショナリストじゃないけど、ヒューゴ・ボスは素晴らしい軍服を作ったと思う。ブランドの汚点だという人もいるけど、私は逆にいい宣伝になっていると思いますよ。
今でも全く古臭さを感じさせないところが凄い!
史上最高の軍服。旧ドイツ軍以外にこんなに完璧なエレガントさを持つ軍服はない。
ヒューゴ・ボスの最高傑作ですね。

軍服を作ったら戦犯なのか?

戦後、人気ブランドに成長したヒューゴ・ボスをナチスの戦犯企業のように言う人々がいますが、これは的はずれです。

ヒューゴ・ボスの会社は一時倒産の危機に陥っていて、ナチスとのビジネスのためにナチス党との関係を深めたとも言われています。

ナチスとの関係があった会社は世界各地に存在し、敵国だったフランスのココ・シャネルやアメリカのフォードもそうです。

特に当時のドイツ国内の企業はほとんどナチスとの取引があったのです。皮肉な事ですが、不景気だった当時の西欧にとって戦争は最大の公共事業だったのです。

ボス自身は戦後まもなく亡くなりますが、ヒューゴ・ボスというブランドとしては成長を続けます。1980年代のバブル期には日本企業がこのブランドを所有したこともあるのです。思想やイデオロギーに関係のない純粋なブランドなのです。

(参考)http://www.cvltnation.com/genocide-and-hi-fashion-the-hugo-boss-
nazi-collection/

当時の状況から考えるとヒューゴ・ボスがナチス党に入っていても不思議はないだろうな。一党独裁だったから、ナチスと組まなければ仕事はなかったのかも。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年4月21日 12:08 AM

    ???「戦犯企業は謝罪と賠償を」

  2. 日本の名無しさん
    2016年4月21日 2:22 AM

    ※1終わった事なの詐欺師を相手にするほどドイツや日本の企業は暇では無いし納得出来ないなら証拠が必要だろうよ
    ところで何処に謝罪と補償が必要なんだい?

  3. 日本の名無しさん
    2016年4月21日 3:59 AM

    日本がデザイナーで服作るとしたら誰がいるんだろう今?結婚ドレスのおばちゃんとか森泉のおばあちゃんだっけ?そんなトコしか思いつかんわw

  4. 日本の名無しさん
    2016年4月21日 8:11 AM

    ※3
    ギャルソン・イッセイミヤケ・山本寛斎・KENZO。
    活躍してる日本人デザイナーは沢山いるんだけど?
    無知ってスゴいねwwwww

  5. 日本の名無しさん
    2016年4月21日 11:09 AM

    多少知名度上がったと思っていた名前がまだまだ間違えられる現実…頑張れプロシア。

    ※4
    無知を煽るのカッコ悪いからやめなはれ

    やっぱり日本人は文化的にも人種的にもカジュアルブランドに頑張って欲しい
    スーツなんかは紳士服の⚪⚪で充分品質いいし
    五輪のセレモニー衣装が毎回ダサすぎるのをそろそろ何とかして欲しいね

  6. 日本の名無しさん
    2016年4月22日 2:14 AM

    「NY」マークでお馴染みのNYヤンキースのデザインがカッコイイのもティファニーのデザインだからね
    やっぱりデザイナーは凄いよ

  7. 日本の名無しさん
    2016年4月22日 2:23 AM

    ナチスの制服は美しい。
    けど、日本のマニアが着ても・・似合わねー

  8. 日本の名無しさん
    2017年7月21日 11:49 PM

    骨格が良くないと服に負けて、服に着られているように見える
    やはり、良くも悪くも日本人には和服だよ

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.