当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

どっちを使うべき?北日本銀行のカードローンとフリーローン

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/08/20

北日本銀行は、岩手県を中心に営業している地方銀行です。もちろん銀行ならば欠かせないローン商品も沢山用意されています。

北日本銀行の融資は”ASUMO”と呼ばれており、この融資のキャッチフレーズは「くらし応援ローン」です。

ASUMOは『カードローン』『フリーローン』『マイカーローン』『教育ローン』『リフォームローン』の5つに分かれており、利用者ご自身の状況によって選ぶことが可能です。

今回は、ASUMOを構成する5つのローンについて、特に現金融資の方法を中心に詳しく説明いたします。

現金を借りるならどれ?ASUMOを用途で分類する

北日本銀行のASUMOには5種類の融資方法があると説明しましたが、現金融資に該当する方法というのは、そのうちの2つです。

☆現金融資に該当する方法
・カードローン
・フリーローン
★現金融資ではない方法
・マイカーローン
・教育ローン
・リフォームローン

『カードローン』と『フリーローン』は、金融機関によっては同一視されることもありますが、ASUMOでは使い勝手も異なっています。

現金融資は使いどころが非常に多く、どちらを使うかでその後の立ち回りも異なりますから、特にこの2つの融資について掘り下げて説明します。

融資の王道!特に使われることが多いのは「カードローン」

それではまず、『カードローン』の条件について確認しておきましょう。

名称 限度額 金利 主な特徴
カードローン 最大500万円 4.5%〜14.5% カードを用いた現金融資

多くの金融機関における現金融資の方法としては、カードローンが1番使われやすいと言っても過言ではありません。

基本的に人気商品というのは、多くの人にとって使いやすいから評価されていますので、なんとなく選んだとしても後悔はしにくいです。

とはいえ、フリーローンと比べて明確な違いがある以上、その特徴を詳しく把握しておくと、より効果的に利用できるでしょう。

お得な上に使いやすい!納得の人気を誇るカードローンの特徴

ASUMOのカードローンの魅力はたくさんありますが、まとめると以下のようになります。

  • 金利がフリーローンよりも安い
  • カードがあればいつでも利用可能

後述するフリーローンの条件と比較すれば分かりますが、カードローンは金利面にて優っている上にいつでも使えるという特性があり、現金融資として人気なのも納得できるでしょう。

金利が低いということは、大金を借りても実質的な負担が少なく、長期的な返済になっても安心だと言えますね。金利を融資選びの最重要項目として見ている人が多いのには、相応の理由があるのです。

また、カード1枚あればいつでも自由にお金を借りられるのは、急な出費に強いということでもあります。今は融資が不要という方も、未来に備えて作るのは賢い選択でしょう。

おまとめローンとしても利用可能!「フリーローン」をチェック

続いて、ASUMOのもう1つの現金融資でもある、『フリーローン』についてご説明いたします。

名称 限度額 金利 主な特徴
フリーローン 最大500万円 6.0%〜14.5% おまとめローンにも利用可能な現金融資

カードローンとフリーローンの違いが分からないという人へ簡単に説明しておくと、『カードが発行される現金融資がカードローン、発行されないのがフリーローン』と思えば良いでしょう。

現金融資というと全てカードが発行されると思っているかもしれませんが、そんなことはありません。例えば規模が小さな消費者金融の場合、フリーローンしか扱っていないところも多いです。

北日本銀行では幸い2種類とも用意しており、このフリーローンは『おまとめローン』にも使えるという特徴がありますので、次項にてさらに詳しく説明いたします。

カードなしでも便利!?フリーローンの意外な使い道とは

フリーローンの魅力については、以下のようにまとめられます。

  • 出し入れ自由ではないので使いすぎが起きにくい
  • おまとめローンへの正式対応を表明している

カードがない分不便になっているのですが、実はそれが利点にもなり得ます。特にお金を使いすぎやすい人にとっては、フリーローンは計画的な利用にぴったりなのです。

フリーローンは融資を受けるたびに申し込みなどの諸手続きが必要で、カードローンのような即応性はありません。しかし、カードローンはいつでも融資を受けられるという都合上、限度額いっぱいまで無駄遣いする人が多く、自制心がない人には不向きです。

さらに、おまとめローンという『複数社からの借り入れを1つにまとめる』方法でも使えると銀行が記載していますので、そちらの用途でも相談できるのはありがたいですね。

ASUMOの現金融資を使い分けるための基準はココだ!

ASUMOの現金融資の方法を見比べてみると、金利が低い上にいつでも使えるカードローン以外は使い道がない…と言いたいですが、1点だけ大きな違いがありますね。

カードローンと違ってフリーローンの場合、おまとめローンも可能というのは大きな差となっています。その違いを活かすというのなら、『おまとめローンかどうか』が使い分けの基準となるでしょう。

はっきり言えば、おまとめローン以外で現金融資を受けるなら、無駄遣いしない限りはカードローンが全ての面で上回ります。それなのに無理してフリーローンを選んでも、なんの恩恵もありません。

ですが「他社からの借り入れが多いからまとめたい…」という明確な理由さえあれば、おまとめローンに対応している方法を使うしかありませんので、むしろフリーローン以外が選択肢にならない…という答えになるのです。

難しく考えず、おまとめローンじゃないならカードローン、おまとめならフリーローンとすぐに判断できるので、ASUMOの現金融資は住み分けができていると言えましょう。

現金融資以外も便利?用途で異なる3つのプラン

融資方法の花形と言えば現金融資ですが、ASUMOは現金融資以外も用意されており、それぞれに違った用途と特徴があります。

名称 限度額 金利 主な特徴
マイカーローン 最大500万円 2.8%〜3.7% 車関係専用の融資
教育ローン 最大500万円 2.8%〜3.7% 教育関係専用のローン
リフォームローン 最大1000万円 3.0%〜3.9% リフォーム関係専用のローン

どの融資方法も名前から分かるように、完全に用途が固定されています。従って、「教育ローンという名目で現金を安く借りよう」なんてことはできません。

専用の融資方法というのは、自分の用途を説明したのちに案内を受けると、スムーズに手続きも進めることができるでしょう。

用途さえ合えばお得!現金融資とこまめに使いわけよう

現金融資と違って用途が固定されている分、基本的には出番が少ないため、そもそも一切チェックしないという人も多いでしょう。ですが、限度額や金利の数値に関しては、一見の価値があります。

用途が限定されている融資というのは、非常に低金利で大金を借りられることが可能です。ASUMOの場合でもそれは同じで、専用ローンと用途が噛み合うなら、そちらを優先することも考えましょう。

例えば教育目的で100万円を借り入れる場合、教育ローンが使えるにも関わらずカードローンでお金を借りてしまうと、利息負担が大きく増えてしまいます。

カードローンで限度額が多めに設定されると、全てそちらで済ませてしまいそうになりますが、それは結果的に損をしてしまいます。専用の融資との併用こそが、カードローンも活かす結果となるでしょう。

なお、カードローンは「自由に使える現金じゃないと対応できない!」という場合に強いです。備えとして温存しつつも必要な時に迷わず使えば、その良さが存分に活かせるでしょう。

特に急な飲み会や冠婚葬祭などに直面した時に、ぜひカードローンをご活用ください。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.