当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

合併で営業エリアが広がった!つくば銀行で借りる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/12/20

2010年(平成22年)3月に関東つくば銀行が茨城銀行を吸収合併し筑波銀行へとなりました。本店は茨城県土浦市にあり、本部はつくば市となっています。

もちろん筑波銀行でも、カードローンはありますのでお金を借りたいと思った時には安心して申込みをしましょう。カードローンは「いまほし」と「ポケットカード」の2種類!どちらが借りやすいか詳細を見ていきましょう。

知ってる人は知っている!関東つくば銀行が筑波銀行に改称

冒頭にも触れましたが、関東つくば銀行が茨城銀行を吸収合併して筑波銀行へとなりました。もともと、2003年につくば銀行と関東銀行が合併し、関東つくば銀行となったのですが、2010年には茨城銀行を吸収合併して「筑波銀行」へと銀行名を変更しました。

ローンの対象エリアは営業エリア内に居住もしくは勤務している方となりますので、合併によりエリアが広がり、利用できる人が増えましたよ。

欲しい時に役に立つ!「いまほし」の魅力

カードローン「いまほし」の商品詳細は以下になります。

いまほし 詳細
融資額 10万円以上300万円以下
金利 年6.0%~14.6%(保証料込み)
担保 不要
保証人 不要(新生フィナンシャル株式会社)
必要書類 本人確認資料(運転免許証、パスポート、健康保険証など)
利用できる人 契約時年齢満20歳以上満65歳未満の方

もちろん、筑波銀行の営業区域内に住んでいるか、働いている人が対象となりますよ。20歳以上65歳未満であれば、パート、アルバイト、主婦、年金受給者、学生の方も利用できます。

ただし、主婦を除いて本人の収入が0の場合は利用できませんので、学生の場合もアルバイトなどで本人に収入が必要となりますよ。

雇用形態 借入れできる金額
パート 50万円以下
アルバイト 50万円以下
主婦 50万円以下
年金受給者 20万円以下
学生 10万円以下

使いみちは自由ですので、家具がほしい、車がほしい、服がほしい、といった理由でもお金を借りることができますよ。

「いまほし」の申込みから契約までの流れ

申込方法は、窓口、電話、インターネットの3種類あります。

  • 窓口、電話で申込→窓口で契約
  • インターネットで申込→インターネットで契約
インターネットで契約するには、申込時に筑波銀行の普通預金口座を持っていることが条件となります。来店不要で契約しようと思ったら、あらかじめ預金口座が必要となりますよ。

気になる借入れ・返済方法

借入れは、ATMかインターネットバンキングとなります。インターネットバンキングを利用するには、事前に利用口座登録が必要ですよ。

返済は、月々2,000円からとなります。利用残高に応じて、返済額が返済口座から自動引き落としされますので、返済日を忘れることはありませんね。

利用残高 返済額
2,000円未満 利用残高
2,000円以上100,000以下 2,000円
100,000円超200,000円以下 4,000円
200,000円超300,000円以下 6,000円
300,000円超400,000円以下 8,000円
400,000円超500,000以下 10,000円
以降10万円増すごと プラス2,000円追加

自動引き落とし以外にも、ATMから任意で追加返済ができますので、余裕のある月には多めに返済することもできますよ。ATMは以下が利用できます。

利用出来るATM 借入れ 返済
筑波銀行ATM
セブン銀行ATM
イオン銀行ATM
提携銀行ATM

返済が出来るのは筑波銀行ATMのみとなっていますので、筑波銀行ATMの場所を把握しておくと、いざという時に気軽に借入れ・返済ができますね。

72歳まで借入可能!ポケットカードローンの特長

ポケットカードローンの商品詳細は以下になります。

ポケットカードローン 詳細
融資額 10万円以上200万円以内 (10万円単位)
金利 年14.6%
担保 不要
保証人 不要(SMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証)
必要書類 本人確認資料 (運転免許証・健康保険証・パスポート)
利用できる人 お申し込み時年齢満20歳以上72歳以下の方
利用できる人が72歳以下という高年齢に驚きですね!ただし、申し込み金額が100万円以上の場合は65歳以下となりますよ。主婦、学生、パート、アルバイト、年金受給者も借入可能となっていますので、100万円未満であれば72歳の年金受給者でも借入できます。

もちろん、「いまほし」同様に主婦を除いて本人に収入が無い方は、利用出来ません。主婦、学生、年金受給者の場合は融資額の上限が90万円までとなっていますよ。

ポケットカードの申込みから借入れまでの流れ

申込みは電話、ネットから申込むことができます。まずは仮審査に申し込み、審査結果が出てから正式に申し込むことになりますよ。正式に申し込みをすると契約が成立し、借入可能となります。

ポケットカードの返済方法

ポケットカードの返済方法は約定日に残高に応じた金額の返済となります。

利用残高 返済額
50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超200万円以下 3万円

もちろん、ポケットカードローンでも余裕のある月には任意の返済ができますよ。いざという時のために、ポケットに入れて持ち歩いておくと便利ですね。

筑波銀行のカードローンの魅力といえばコレ!

欲しい時に役立つ「いまほし」と、いざという時に頼りになる「ポケットカードローン」の違いは分かりましたか?もちろん、どちらも筑波銀行の営業エリアに住んでいるか、働いていることが利用条件となっていますね。

「いまほし」の魅力と言えば、返済金額ですね。月々2,000円~となっていますので、ゆっくり負担なく返済していきたいなら「いまほし」が助かりますね。

そして、「ポケットカードローン」の魅力と言えば、年齢ですね。年金受給者OK、72歳以下までOK、となっていますので、高齢で他社から借りることができないという人でも安心して借入れができます。

車が欲しい、家具が欲しい、といった高額が必要な時は融資額300万円までの「いまほし」、そしていざという時に小額でも良いから借りたいといった時には「ポケットカードローン」がピッタリとなりますね。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.