当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

万人におすすめ!イオン銀行のカードローンが優秀な3つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/12/06

イオン銀行といえば、大手スーパーで有名なイオングループの金融機関です。スーパー内に設置されていることが多いため、買い物のお供としても非常に人気ですね。

もちろん銀行らしくカードローンも備えており、こちらもかなり優秀なのはご存じでしたか?イオン銀行を既に使っている人もそうですが、それ以外の方にもおすすめできる点が多いです。

なぜイオン銀行のカードローンは万人向けなのか、その理由を3つに分けて解説いたします。

基本もばっちり!イオンカードローンの融資条件とは

最初に、『イオン銀行カードローンの基本条件』を確認しておきましょう。

カードローン名 限度額 金利
カードローンBIG 30万円〜800万円 3.8%〜13.8%
ほぼ全てのカードローンに共通していますが、限度額も金利も幅があるように、審査結果によって増減します。希望限度額を大きくすればするほど審査は厳しくなるので、通ることを優先するなら最小限に設定しましょう。

審査では主に収入や職業がチェックされますが、より良い条件で借りたいなら、余裕があるうちに申し込むのがポイントです。イオンのカードローンは年会費もありませんので、出費に備えて先に作っても問題ありません。

文句なしの金利条件!低負担なイオン銀行カードローン

カードローンBIGで最大の魅力といえば、やはり極めて低い金利の数値でしょう。

この金利の優秀さについては、他社カードローンと比較すればすぐに分かります。

会社名 金利
イオン銀行 3.8%〜13.8%
三井住友銀行 4.0%〜14.5%
アイフル 4.5%〜18.0%

金利には上限と下限がありますが、イオン銀行はどちらも低く、融資額に関わらず低負担で利用できます。

消費者金融だけでなく銀行と比較しても低いというのは、トップクラスの低金利と断言できるでしょう。

金利を下げるなら増額を!イオン銀行と長く付き合うコツ

最大でも13.8%と低金利なイオン銀行ですが、長く使っていくならもっと引き下げたいですよね?その場合、限度額を後から増やせば金利も下がっていきます。

カードローンで限度額を増やすことを『増額』と呼びますが、イオン銀行のカードローンBIGも対応しています。初回申し込みの場合、ほとんどのカードローンが上限金利での貸し付けなので、下限金利で借りるなら増額は欠かせません。

カードローンBIGの増額申請については、とても簡単に行えます。

インターネット上の申し込みフォームより申請

審査結果の連絡

結果により限度額が変動する

審査に落ちると限度額が変わらないどころか、これまでの利用実績に問題があると下がる可能性もあるので、無闇に希望するのはNGです。

こまめに使いつつ返済にも遅れなければ、限度額はゆっくりと増やせます。3.8%という低金利で借りるなら、焦らず増やしていくべきでしょう。

24時間いつでも使える!イオン銀行の対応が優れる理由

カードローンといえば『好きなタイミングで好きなだけ借りられる』のがとても便利ですが、イオン銀行の場合は『24時間対応』が本当に可能です。

カードローンBIGの借り入れ方法については、主に以下の2つです。

  • インターネットバンキングでの振り込み
  • 専用ATMからの引き出し

インターネットバンキングで融資を受ける場合、手続きはいつでも実行できる上、それが終われば即座にイオン銀行の口座に振り込んでくれます。もともとネットの手続きは時間を選ばないサービスが多いのですが、振り込みまで24時間対応なのには驚きですね。

そしてATMから使う場合も、イオン銀行の専用ATMなら24時間営業しており、手数料も無料で現金が引き出せます。消費者金融の専用ATMですら24時間対応はなかなか見かけないため、カードローンBIGは文字通り『いつでも借りられるカード』なのです。

こうした特徴もあり、全国どこでも、すぐに借りられるカードローンとしても十分使えるでしょう。

例外もある?イオン銀行が24時間対応できないケースとは

基本は24時間いつでも使えるカードローンBIGですが、実は例外もあり、一定の条件下だと24時間対応ではなくなるのに注意しましょう。

たとえば、以下の状況だと一時的にカードローンが利用できなくなります。

  • ATMがイオンの店内に設置されている
  • 公式サイトがメンテナンス中

ATM自体は24時間稼働していても、その筐体がイオンの店内に設置されている場合、店舗の営業時間中しか利用できません。最寄りのイオンATMが店内設置型だった場合、営業時間のチェックを事前に済ませましょう。

また、インターネットバンキングも定期的にメンテナンスをしており、その期間中は利用ができません。メンテナンスは定期だけでなく緊急で発生することもあるので、障害状況もチェックしておくとより安心ですね。

専業主婦でも問題なし!ほとんどの人が作れるカードローン

銀行の口座なら専業主婦でも普通に使えますが、融資だと無職の主婦に対応しない銀行が多く、カードローンもなかなか作れません。。

しかし、イオンのカードローンBIGは専業主婦でも作ることが可能で、それ以外の職業であっても制限はかなり緩いのです。

専業主婦がイオン銀行のカードローンに申し込む場合、配偶者に安定した収入があれば、そちらを参考にして審査されます。つまりは夫の人がちゃんと仕事をしてさえいれば、普通にカードローンが作れるでしょう。

また、イオンは以下の職業でも審査してくれます。

  • アルバイト・パート
  • 派遣社員
  • 自営業

これらの職業はカードローンの申し込みが制限されやすいのですが、イオン銀行なら普通に申し込めるため、他のカードが作れずに困ったときにも頼れるでしょう。

大金は無理?専業主婦に良くある限度額制限について

専業主婦でも申し込めるだけで十分なのですが、カードローンBIGは職業によって融資額に制限があり、仕事をしていない主婦だと最大でも50万円しか借りられません。

ただ、これはイオン銀行だけではなく、他の銀行カードローンでも良くある制限です。

銀行名 制限後の限度額
三菱東京UFJ銀行 最大30万円
みずほ銀行 最大30万円
楽天銀行 最大50万円
じぶん銀行 最大30万円

この表で見ると分かるように、制限後でも50万円借りられるカードローンBIGは優秀な部類なので、専業主婦の借入先として良好なのには変わりません。

最大の魅力は汎用性?イオン銀行の融資が万人向けな理由

以上がイオン銀行カードローンの魅力でしたが、「どうして万人向けなの?」と気になる人向けに、今回のまとめをしておきます。

まず、カードローンBIGの利点を簡単におさらいすれば、以下のようになりますよね?

  • 他の銀行以上に低金利
  • 24時間いつでも融資が受けられる
  • ほとんどの職業に対応

たとえば「カードローンを使うほどポイント還元!」という特徴があると、「カードを良く使う人ならいいけど、あまり使わないと意味がないのでは?」と思うでしょう。

しかし、『低金利』や『24時間対応』、『職業に関わらない融資』はどんな人でも受けられる恩恵なので、立場によって無駄になることがありません。

ゆえに、『誰にとっても有意義なイオン銀行のカードローンこそ万人向け』という図式が成り立つので、「これだ!」というカードが見つからない人にもおすすめなのです。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.