当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

欲しいプランがきっとある!七十七銀行のカードローン3種を比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/11/18

七十七銀行は宮城県の『大手』地方銀行です。地方の銀行といえば小さなものを想像しますが、大手と前置きしているだけあって、規模もサービスも充実しています。

カードローンに関しても同じで、『77カードローン』『77スマートネクスト』『77ミニカードローン』と3種類も用意されており、どれも個人向け融資としてはかなり使いやすいです。

特徴もそれぞれに独自性があるため、一つずつ見比べて自分が欲しいプランを選びましょう。

名前も条件も分かりやすい?77カードローンは中間的存在

まず、『77カードローン』の条件について確認しましょう。

商品名 限度額 金利
77カードローン 最大300万円 11.000%

他のカードローンに比べてシンプルな商品名のように、限度額や金利も中間的な存在です。

悪くいえばどっちつかずなのですが、銀行としての平均的な条件を満たしており、消費者金融と比較すれば低負担で利用できます。「77カードローンを作ると損なの?」という心配は無用なので、その点は安心してください。

また、基本条件だけでは分からない機能がたくさん内蔵されており、「実際に使ってみたら手放せない…」なんて意見もあるくらいです。

実はお得意様向け?77カードローンの隠れた利点とは

77カードローンには、以下のような特徴があります。

  • 口座振替の際に残高不足だと自動で融資してくれる
  • 七十七銀行のサービス利用度合いによって金利が下がる
  • 限度額は50万、100万、200万、300万円の4段階

特に嬉しいのは『他のサービスの利用状況に応じて金利が下がる』ことで、最大でなんと3.1%もの割引が発生します。

通常のカードローンは限度額を増やすことで金利が下がるのですが、3%以上下げるには大幅な増額が欠かせません。しかし七十七銀行のサービスを多数利用していれば、最初から他行を圧倒する低金利で借りられるのです。

また、『口座振替で不足分があれば自動で融資してくれる』のも、七十七銀行の利用者には頼もしいでしょう。クレジットカードなどの引き落としが不足すると信頼にも関わるため、77カードローンが一枚あるだけで安心感が違います。

総じて、77カードローンは『七十七銀行の口座も融資も多用するお得意様向け』的な色合いが強く、メインバンクとして使っているなら真っ先に検討すべきです。

ぱっと見でも分かる77スマートネクストの魅力とは?

次に『77スマートネクスト』の条件を見ていきます。

商品名 限度額 金利
クイックカードローン「77スマートネクスト」 最大500万円 4.9%〜14.8%

先ほどの77カードローンに比べて金利の幅が大きいものの、下限金利はとても低く、ぱっと見の条件では最もお得な一枚です。

基本条件だけを見て決めると思わぬ利点に気付きませんが、こうした『誰にとっても大事な要素』が優れていると、万人向けの一枚になれます。

さらに条件だけでは分からない良さも隠れているため、他のカードローン同様に詳しく見ておくと、より便利に使えるでしょう。

口座なしでもOK!名前通りなクイックカードローンの利点

77スマートネクストは、他のカードローンに比べて以下のような違いと利点があります。

  • 最大限度額が最も大きく余裕がある
  • 下限金利が最も低く負担が少ない
  • 七十七銀行の口座なしでも申し込める

限度額と金利もさることながら、『七十七銀行の口座不要』で申し込める点に注目しましょう。

地方銀行のカードローンは銀行口座とセットで作るものが多く、口座がないと開設から始めないといけません。しかし77スマートネクストは口座不要で申し込めるため、「預金は他の銀行が良いけど、カードローンだけは七十七銀行で作りたい…」というニーズも満たせますね。

しかもクイックカードローンの名前通り、365日24時間の受付をしています。口座開設不要の利点も相まって、『すぐに申し込めて条件も充実したカードローン』だといえるでしょう。

条件も小さくまとまった77ミニカードローンの特徴について

それでは、3つめのカードである『77ミニカードローン』についてご紹介します。

商品名 限度額 金利
77ミニカードローン 最大30万円 13.500%

基本条件は若干心もとないですが、消費者金融で同額借りた場合を想定すると、金利自体はお得な水準です。

限度額は20万円か30万円の二択で、仕事によっては希望可能額が固定されてしまいます。この点もあって、大金を借りるには不向きな一枚でしょう。

ただ、無駄のないカードローンなので、そこがメリットにつながっています。

作るのも簡単!少額融資に最適なミニカードローン

限度額や金利に物足りないと感じた人は、ミニカードローンならではの利点に注目してみましょう。

  • 申し込む際に必要なものが少ない
  • 主婦やフリーターでも作りやすい
  • 限度額が少ない分無駄遣いしにくい

77ミニカードローンは申し込みに必要なものが少なく、『大抵の職業でも作れる制限の緩さ』が魅力ですね。

たとえばアルバイトやパートもそうですが、主婦に対してもOKとしているのはこのカードくらいです。職業や年収に自信がなくて申し込みを躊躇しているなら、ミニカードローンから検討してみましょう。

また、最大限度額が少ないのは欠点ですが、裏を返せば『使いすぎても少額融資の範囲内なので、無駄遣い防止にもなる』といえます。「昔持っていたカードローンでは浪費しすぎた…」という苦い経験がある人も、77ミニカードローンなら安心ですね。

教育特化のカードローンも?特殊なプランの使いどころとは

また、七十七銀行のカードローンにはもう一枚あり、こちらは『77教育カードローン』と呼ばれています。

商品名 限度額 金利
77教育カードローン 最大500万円 3.975%

カードローンなので『好きなタイミングで利用できる』のには変わりませんが、問題は用途です。

普通のカードローンは原則として用途自由の現金が借りられますが、77教育カードローンは『教育用途でのみ利用可能なお金』しか借りられません。カードタイプの融資としては、かなり珍しい特徴でしょう。

限度額も金利もかなり優れていますが、それは『用途を限定』したから実現できた数値です。通常のカードローンと同じ感覚で作ると、用途の狭さに悩まされるため、教育でしか使わない場合のみ利用を検討してください。

豊富なプランと併用しよう!カードローンを上手に使うコツ

以上が七十七銀行のカードローンでしたが、自分にぴったりな一枚は見つかりましたか?もしも「カードローンは欲しいけど、まだ具体的な用途が決まっていない」なら、以下のことを意識してください。

多くの銀行では特定の用途に特化した『専用ローン』がありますが、これらはカードローンよりも限度額と金利が優れています。なので、カードローンを持つなら『専用ローンでは対応しきれない用途の穴埋め』をメインに考えていきましょう。

専用ローンといえば『住宅ローン』や『車ローン』が主に該当しますが、そうした専用ローンでは対応できない以下のようなケースでは、カードローンしか頼れません。

  • 給料日前なのに生活費が尽きた
  • 終電を逃したのに宿泊費やタクシー代がない
  • 急な冠婚葬祭が発生した

専用ローンが使える用途ならそちらを組み、それ以外にはカードローンで対応する…そんな使い道なら『77カードローン』が良いでしょう。

また、専用ローンが使えない状況が多いなら、『77スマートネクスト』を作ると余裕があります。全てカードローンで対応するのではなく、専用ローンとカードローンの賢い併用を目指してください。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.