当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

なぜ地方銀行が人気なの?足利銀行カードローン3つの魅力!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/11/16

カードローン借入先として、地元にある地方銀行が密かな人気なのをご存知ですか?今日はその中から足利銀行をご紹介します!

「銀行カードローンって申込みにくいのでは?」と思っている方は多いのですが、あしぎんカードローンは年収を問わない柔軟さが魅力!専業主婦や年金受給者の方でも申込めるんですよ。

そんな足利銀行カードローン“Mo・Shi・Ca”(モシカ)の3つの魅力に迫ります!

申込みやすさダントツ!足利銀行“Mo・Shi・Ca”

カードローンはどなたにでも利用できる借入方法ですが、一定の条件が設けられていることが普通です。審査前に必ず利用条件をチェックするのは、この条件から外れていると申込むことができないからですよね。

しかし足利銀行カードローン“Mo・Shi・Ca”(モシカ)は、利用条件がとても柔軟です。そのため他の銀行では難しい方でも大丈夫。これがまず第1の魅力です!

年収不問!収入の低い方でも安心です

年収が低いので審査に通らないのではとご心配の方も多いはず。でも足利銀行なら心配無用!あしぎんモシカは収入や職業を問わないカードローンなのです。

銀行カードローンでは利用条件に「年収○○万円以上」という制限がかかっていることがあり、中には申込めないという方も出てきます。また年収制限のない場合でも、審査を受ける前は自分の年収額って気になるものですよね。

でも足利銀行なら、その点全く気にする必要がありません。様々な職業・様々な年収の方が、足利銀行カードローンを利用できます。

※以下の方達は、全員カードローン“Mo・Shi・Ca”を申込めます!
■年収500万円の会社員
■年収90万円のパート主婦
■年収250万円の派遣社員

働いていなくても大丈夫!主婦と高齢者も申込めます

年収を問わないだけでなく、足利銀行なら働いていない方でも申込めるんですよ。ただ無職でもいいという訳ではありません。やはり何らかの収入が見込めることが前提です。

  • 専業主婦 → 配偶者の収入があれば申込みOK!
  • 高齢者  → 年金収入があれば申込みOK!

このように自身がお仕事をしていなくても、一定の収入が見込めるのであれば問題ありません。「きちんと返済できる状況なのに、自分に収入がないから申込めない」という方にも、あしぎんモシカはお薦めです!

収入証明書不要!本人確認書類のみでOKです

その他の銀行のカードローン詳細を読めば分かりますが、殆どの場合「○○万円以上の借入の場合は年収証明書の提出が必要」になっています。「○○万円」は、銀行によっても様々。例えば都市銀行ならこんな感じです。

銀行カードローン 年収証明書が必要になる借入額
三井住友銀行 300万円を超えると年収証明書が必要
三菱東京UFJ銀行 100万円を超えると年収証明書が必要

しかし足利銀行の場合、正真正銘の一切収入証明書不要!あしぎんモシカの最高限度額は500万円ですから、何と500万円まで本人確認書類だけで借りれてしまうことになります。こんなカードローン、なかなか他では見つかりません。

使いやすい!あしぎんカードローン借りやすさの秘密とは?

やっぱり好きな時に好きなように借りれないと、カードローンの意味がありませんよね。そのためには、どんな金額でもすぐに借出せることが重要です。それにやっぱり低コストでないと困りますよね。足利銀行のモシカなら、その全てをクリアします。

あしぎんモシカはとっても使い勝手の良いカードローンです。これが2つ目の魅力です!

急ぐ方でも安心!カード到着前でも借りれます

銀行カードローン、特に地方銀行の場合に問題になるのが借入までのスピードです。契約機が利用できないのでカード一式が郵送で届くため、どうしても時間がかかってしまうんですね。

しかし足利銀行の場合、カードがなくても審査に通れば「最短翌日」に銀行口座にお金を振込んでもらえます。但しこれは足利銀行にあらかじめ銀行口座を持っていることが前提です。

そこでもしも「カードローンを申込む予定だがまだ迷っている」方が居られたら、とりあえず口座だけ作っておくのはいかがでしょう?そうすれば、必要時にすぐモシカを申込んで、最短借入が可能になりますよ。

どこでも借りれる!あしぎんATMなら手数料が節約できます

また利用できるATMが多いことも、あしぎんモシカの魅力のひとつです。借入と返済が利用できるATMの種類は以下の通りです。

  • 足利銀行
  • セブン銀行
  • イーネット
  • ゆうちょ

ATM手数料無料で借りれるのは足利銀行ATMのみで、無料の時間帯は平日の8時45分から18時まで。借りるならあしぎんATMで、この時間帯がお薦めです。なお返済については何時でも無料です。

セブン銀行、イーネット、ゆうちょATMで手数料無料になるのは返済についてのみで、それ以外は時間帯によって108円もしくは216円の手数料がかかります。

ムダなく出金!1000円から借りれます

お金を借りる時、念のため多い目に借りることはよくあること。でもその分利息がかかりますから、できれば借入額は必要最小限に抑えたいものですよね。

でも「1万円からしか借りれない」「1万円刻みでしか借りれない」としたら、どうしたって無駄は出てしまいます。

でも足利銀行なら1000円から借りれますから、借入額を必要最小限に抑えることが可能です。例えばこんな風に借りてすぐ返せば、利息額はあってないようなもの。

※1000円借りて3日で返した場合の利息額は・・・?
1000円 × 0.148 × 3/365日 = 1円(小数点以下切り捨て)

このようにお財布感覚で気軽に借りれるからこそ、カードローンは便利なんですよね!

銀行だから低金利!年利は5.8%から14.8%です

先ほど利息を計算しましたが、足利銀行カードローン“Mo・Shi・Ca”の限度額と金利は以下のようになっています。

限度額 金利
10万円から500万円まで 5.8%ー14.8%

地方銀行だからといって、金利は都市銀行に負けてはいません。また金利は限度額によって変わります。14.8%から始まって最高限度額に適用される5.8%まで、12.8%、9.8%、7.8%、6.8%と全部で6通り!高い限度額で審査に通ればそれだけ低金利が実現します。

地元で借りるのがやっぱり安心!地銀カードローンはお薦めです!

足利銀行の大きな特徴は、地方銀行であること。だからといって、メガバンクと大きな差がある訳ではありません。利用者にとってはむしろメリットに働く面も多いんですよ。

足利銀行カードローン3つ目の魅力は、地元だからこそ安心して借りれるということです!

申込者が少ないから通りやすい!地域限定です

地域の金融機関は、通常は利用者が限られています。あしぎんカードローン“Mo・Shi・Ca”も、以下の地域にお住まいの方限定の商品です。実はこれが審査の通りやすさに繋がっているんですよ。

  • 福島県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 茨城県
  • 埼玉県

大手消費者金融やメガバンクの知名度の高いカードローンは、全国から申込み可能ですから、審査を受ける人も多く、どうしても競争率が高くなってしまいます。

でも地域の銀行なら地元からの申込者だけ。それだけ審査には通りやすくなります。知名度が低いことも、この場合は有利に働くんですね。地元で馴染みの深い銀行ということで、安心感もひとしおです。

審査に通りやすい!保証するのはアコムです

でも審査に通りやすいのには、もうひとつ秘密があります。それはモシカの保証会社があのアコムだということです。

銀行はもともと個人向けの小口融資には不慣れなのですが、そこにベテランの会社が保証に入ることで、より使いやすいカードローンが提供できるようになるのです。このような例は数多く、有名なところでは三菱東京UFJ銀行バンクイックの保証もアコムです。

バンクイックも利用しやすいカードローンとしてとても人気ですよね。足利銀行カードローンも消費者金融のアコムが保証をすることで、このような申込みやすさと借りやすさが実現しているのです。

他で借りていても大丈夫?気になる総量規制との関連

最後に、総量規制との関連をご説明して終わりにしたいと思います。但し年収の1/3を超えてお金を借りている方でも、足利銀行カードローンの申込みについては何ら問題ありませんし、総量規制について神経質になる必要はありません。

しかし総量規制のことを考えればこそ、初めての借入はなるだけ足利銀行モシカのような銀行カードローンをお薦めしたいのです。

同じ金額でも借入先によって通りやすくなる

というのも、総量規制のせいで、実は同じ金額でも審査に通りやすくなるケースとそうでないケースがあると考えられるからです。例えば以下のような場合です。

※どちらがプロミスの審査に通りやすいと思いますか?
【Case1】足利銀行から30万円借入中。次にプロミスで10万円申込む
【Case2】アイフルで30万円借入中。次にプロミスで10万円申込む

年収の1/3には、銀行カードローンからの借入は合算されません。そのため同じ残高でも、それが銀行からの借入ならば、次に消費者金融で借りる際に総量規制の上限により余裕があります。

従って同じ借入残高でも、【Case2】よりも【Case1】の方が、審査にはより通りやすいと言えます。初めてのカードローンになるだけ銀行をお薦めしたいのは、このような理由があるからなのです。

他で借りているとモシカの審査に通りにくいの?

では既に他でも借りている人が、次に足利銀行で申込む場合はどうでしょう?

やはり総量規制の上限に近いほど借りていたり、3社以上から借りていると良い結果は得られません。いくら銀行カードローンが総量規制とは無関係だといっても、返済能力を超えていては審査には通ることは難しいでしょう。

しかしそれを判断するのはあくまでも銀行側です。借入額が多くても、申込み段階でシャットアウトされずに審査を受けることができるのは、あしぎん“Mo・Shi・Ca”が銀行カードローンだからこそなんですね。

つまり総量規制に関して言えば、足利銀行は1社目としても2社目としても、とても申込みやすいカードローンだと言えるのです。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.