当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

肥後銀行のカードローンは3種類、コースごとに利点が違う!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/01/11

熊本市にある肥後銀行は、熊本県を中心に支店が多く点在した、90年の歴史を持つ大手地方銀行です。古い地方銀行として、地域社会、地域住民への貢献にも力をいれています。

当然、金融機関としてもそのニーズに応えるべく様々な商品を扱っている中、カードローンもまた3種類のコースを用意し、サービスに力を入れています。

そのコースにはそれぞれの利点とも言える特徴があるのですが、それがどんなものか、どう良いのか、見てみたいと思います。

90年の歴史ある大手地方銀行、肥後銀行は地域住民のための銀行

肥後銀行は、熊本市に本店をおく90年の歴史のある銀行ですが、その前身は実は明治12年に設立された第百三十五国立銀行になります。その後、熊本、飽田、植木の3行が合併(これが設立年)、その後、商号変更により今の肥後銀行になりました。

九州全体に支店があるとはいえ、やはり熊本県内が中心になっており、また、熊本県や県内にある多くの各市の指定金融機関も勤めています。

銀行名 株式会社 肥後銀行
創 立 1925年7月25日
本店所在地 熊本県熊本市
資本金 181億円
店舗数 123
(本支店118、出張所4、 海外駐在員事務所1)
金融機関コード 0182

肥後銀行は地域密着金融機関としても活躍している

地方銀行として地域の金融機関の役割を担うべく、取引会社に専門的なコンサルティングや情報提供、創業や事業改善再生の支援も行っています。もちろん企業だけでなく、地方公共団体や民間団体に対してもプロジェクト支援を行っています。

金融機関として専門分野の支援は当然と思われるかもしれませんが、肥後銀行はそれだけでなく、環境保全活動や社会貢献活動も行っています。

  • 県や新聞社と共催で現在の「公益財団法人肥後の水とみどりの愛護基金」の元になる顕彰を創設。
    (植樹活動や水田保持のための稲作にも参加)
  • 「肥後の里山ギャラリー」を設置。
  • 文化活動支援や美術展の協賛。
  • 熊本県の駅伝大会に特別協賛。
  • 女性競技者の活躍の場の提供として、女子駅伝部を創部。

他にも清掃活動や祭りに参加したり、点字カレンダー寄贈など、細かな活動や支援も数多く行っています。

古くからある銀行として、地域住民は誰もが知っている肥後銀行。

銀行だから地域企業や団体への金融支援を行うのは当然と誰もが思うかもしれないのですが、それだけでなく、環境や文化スポーツ方面の支援にも力を注いでいるんですね。もちろん金融機関としての役割も果たしているのは、その長い歴史が物語っていると言えます。

カードローンという商品は、銀行の個人支援としての一つの手ですが、肥後銀行はどのような商品があるのでしょうね。

忙しい人にはこれ!WEBカードローンは来店の必要がない

地域で活躍している肥後銀行ですが、個人での利用の一つとして、カードローンがあります。

予定外の冠婚葬祭、急病による入院、それ以外にも必要にせまられたり欲しいものが急にできたり。そんな時にカードローンは役に立ちます。

肥後銀行のカードローンは、3種類あります。一通り見てみましょう。

まずは、店舗に行く必要なく手続きができる「WEBカードローン」になります。

WEBカードローン商品概要

利用条件 満20歳~満65歳未満の個人
肥後銀行で他にカードローン契約がない(教育カードローン除)
住所が九州各県内(佐賀、沖縄を除く)、東京、大阪にある
保証会社の保証を受けられる
使い道 自由(事業性を除く)
限度額 10万~500万円
契約期間 3年(自動更新)
※満65歳まで
金利(年率) 4.5~14.0%
返済方法 約定返済…毎月5日に指定口座から口座振替
(残高スライド方式)
随時返済…ATMでカード入金もしくは窓口での入金
担保・保証人 不 要
(保証会社の保証は必要)

※申し込みには肥後銀行の口座が必要。
※本人確認のために来店する場合もある
※申込時間帯によっては、利用開始が翌営業日以降になる場合もある(銀行休業日含)

「WEBカードローン」のメリットはやはり手軽に申し込めるところ

一番の特徴はやはり、「WEBカードローン」の名前から分かる通り、WEBで全ての手続きが行えるところにあります。

他にもいくつかポイントがあります。

  • 「WEB」での申し込みのため、原則来店不要
  • 金利が安い
  • 現在使用のキャッシュカードがそのまま使える
  • 最短で即日融資が可能

銀行の場合、申込方法がネットを使ったものでも店舗へ出向いて契約する必要があるものがほとんどです。特に銀行は営業時間が限られていて、仕事をしている人にはなかなか辛い時間帯です。

しかし、原則という前提はあるものの「来店不要」と言う点は、忙しい人には便利なシステムになるはずです。

当然24時間受付というメリットも付随します。申込も画面入力のため、紙面での申込書の記入も不要です。これは、忙しい人にはありがたいシステムです。

手軽なだけでなく、金利も安く限度額も充分にある

また、金利も消費者金融と比べて安くなっているのもメリットの一つと言えるでしょう。

借入限度額 金 利
~100万円 14.0%
~200万円 12.5%
~300万円 9.5%
~400万円 7.0%
~500万円 4.5%

限度額も以前は100万円まででしが今は500万円まであり、充分と言えるのではないでしょうか。

今使っているキャッシュカードがそのまま使えるというのは、いくもカードを持ったり、カードローン専用のカードを周りに見られたくない人にはもってこいの形です。

最短で即日融資が可能という点も大きなポイントになるでしょう。

返済は5,000円から可能

返済に関しては、もちろん借入額によりますが、少なければ返済額が5,000円からとなるのも嬉しいポイントの一つになるでしょう。

前月5日現在の借入残高 約定返済額
5,000円未満 前月5日現在の貸越残高
~30万円未満 5,000円
~50万円未満 10,000円
~150万円未満 20,000円
~200万円未満 30,000円
~300万円未満 40,000円
~400万円未満 50,000円
~500万円 60,000円

口座振替の形で返済になるので、通帳の残高には気を付ける必要があります。特に給料日とのタイミングや他の口座引き落としがある場合は注意が必要になるでしょう。

早く返済したい場合はATMや窓口での入金手続きも可能なので、まとまった収入があった場合はこの返済方法もありだと思います。

申し込みから手続きまで全てWEBでOKなのが一番の特徴!

何度も話に出たWEBで手続きができる点ですが、流れとしてはこうなります。

申し込みの流れ

スマートフォンやパソコンから申し込み

電話、またはメールにて審査結果を連絡

契約手続き
(WEBを使っての手続き)

メールにてカードローン口座開設の連絡

自身のキャッシュカードにて借入可能
申し込みや契約手続きなど、申し込み側からの働きかけは24時間いつでも動けるのですが、銀行側からは必ずしも24時間中いつでも対応というわけにはいきません。

銀行からの連絡は、営業時間帯になります。申し込みのタイミングによっては、翌営業日だったりします。特に土日祝日の場合はその分、対応が遅くなると考えておいた方がいいでしょう。

当然メリットだけではない!デメリットではこんなことがある

メリットについて触れてきました。何事もそうなのですが、メリットだけではありません。それなりに、反対にデメリットとも取れる条件などがあります。

  • 本人確認のために来店の可能性もある
  • 地域が限定されている
  • 普通預金口座が必要
  • 受付は24時間対応としても 手続きは24時間対応ではない

WEBでの申し込みの為、来店不要とあるのですが、あくまでそれは原則という前提があります。

これは、肥後銀行だけではないのですが、本人確認が上手くいかないなど、場合によっては来店する必要があるのは、頭に入れておかなければいけないことと言えそうです。

地方銀行によくあることですが、カードローンを利用できるのは、その銀行の店舗がある地域に限定される、ということがデメリットとも言える点です。

肥後銀行も同じで、九州と言っても店舗のない佐賀県や沖縄では残念ながら申し込むことができません。変わりというわけではありませんが、東京と大阪に店舗があるので、その地域では申し込むことができます。店舗のない県民から考えればちょっと理不尽かもしれません。

営業エリアとしては東京や大阪はどう考えても遠いので外れていると考えてしまいがちですが、支店があるため、申し込みができるエリアに該当するのです。九州から東京や大阪に引っ越しした場合はそのまま利用できることになります。また、引っ越し後でも申し込みができるという点でメリットになるかもしれません。

口座が必要なのもデメリットになるかもしれません。商品概要の項目の利用条件としては、記載されていないので見逃しがちですが、補足説明として口座が必要なことが書かれています。これはある意味、申し込み条件として捉える必要があります。

確かに銀行の中には口座不要のカードローンもありますが、肥後銀行の場合、普通預金口座が必要です。返済には口座振替が基本となっているので、口座の必要性は申し込み条件として当たり前と言えるかもしれません。

当然キャッシュカードも必要になってくるでしょう。持っていない方は口座開設だけでなく、カードの申し込みが必要です。

面倒と思われるかもしれませんが、その後の返済や、先ほど言ったカードローン専用のカードが見られたくない方には、上記のようにメリットと捉えることができるかもしれません。

今は、ネットを使った申し込みを取り扱う金融機関が増えたのですが、肥後銀行も「WEBカードローン」にて、申し込みが可能、しかも原則来店不要というのは、忙しい人にはもってこいのカードローンですね。

とはいえ、来店不要も100%とは限らないし、タイミングによっては、即日融資とはならないということもあり得るようです。

申し込みを検討する際には、これらの点に気をつける必要がありそうですね。

口座引落が多い人には「カードローンBack Up」がオススメ

「WEBカードローン」の他にあるカードローンの一つには、「カードローンBack Up」があります。

利用条件 満20歳~満65歳未満の個人
肥後銀行で他にカードローンがない(教育カードローン除)
保証会社の保証を受けられる
使い道 自由(事業性・旧債務返済用を除く)
限度額 30万・50万・100万円
契約期間 3年(自動更新)
※満65歳まで
金利(年率) 12.5%(保証会社が肥後カード(株)の場合)
14.0%(保証会社が(株)オリエントコーポレーションの場合)
返済方法 約定返済…毎月5日に指定口座から口座振替
随時返済…ATMまたは窓口で入金
担保・保証人 不 要
(保証会社の保証が必要)
必要書類 本人確認ができるもの(運転免許証、保険証など)
返済用普通預金口座の通帳と届け印
100万円の場合は、収入証明書類が必要
(源泉徴収票、公的所得証明書など)

金利等を見ると、「WEBカードローン」よりもあまり内容が良くないように思うかもしれません。が、「Back Up」のメリットは別のところにあります。

残高不足時の自動融資だけでなく、保証会社が2つでバックアップ?

概要だけ見ると、何がバックアップなのかわかりにくいのですが、このカードローンの特徴として、クレジットでの買い物や公共料金の引落がある時に残高不足をしていても自動融資で対応してくれるところはメリットになります。

肥後銀行には「Harmonica(ハモニカ)」と言うクレジットカードがキャッカードと一体となって利用することができるのですが、このカードにカードローン「Back Up」の機能をつけることができるのです。(ハモニカの方も申し込みをすれば、当然ハモニカの方でも審査はあります。)

給料日と各支払いのタイミングによってはいつもギリギリでのやりくりや、残高にドキドキしている人には便利な機能です。それこそ、クレジットカードを使う人には、この自動融資はあると助かるのではないでしょうか。

ただ、例えば公共料金の自動引き落としなど、他の自動融資が入る可能性だってあります。バックアップの自動融資にも限度額があります。

利用限度額を考えてクレジット機能や、カードローン機能を上手く使いこなすようにしないと、引き落としができなかった、という事態に陥る可能性もあるので注意が必要です。

また金利が2パターンあるのですが、よくある限度額での違いではなく、保証会社により12.5%と14.0%と変わります。

これは、まず肥後カード(株)で審査をし、保証が受けられると決まればそのまま手続きになるのですが、肥後カードの保証が受けられない場合は、自動的に(株)オリエントコーポレーションで2次審査を受けることになります。

もちろん、ここで審査に落ちる可能性もあるのですが、審査が2段階ある分、他の金融機関よりも融資の可能性はあります。

こうやって見るとバックアップに納得できるのではないでしょうか。

「Back Up」も返済額は5,000円からで負担が少ない!?

返済は毎月5日に口座振替になりますが、金額として以下のようになります。

前月5日現在の利用残高 約定返済額
5,000円未満 前月5日現在の残高
~30万円未満 5,000円
~50万円未満 10,000円
~100万円未満 20,000円
100万円 30,000円

「WEBカードローン」同様、無理のない返済額ではないでしょうか。

ただ、もう少し早く返済したいから…と言う方には、シュミレーションで返済金額を計算するのも、自分の借金を知る一つの方法になります。

申し込み手続きは、WEBカードローンと方法は違えど「Back Up」も来店不要

「WEBカードローン」と違って、こちらのカードローンでは、申し込みではWEBを利用することができるのですが、それ以降は若干段取りが変わります。

インターネットやFAX、郵送等で「仮審査申し込み」

ハローサービスプラザより本人確認・内容確認の電話が入る

審査の結果連絡
(電話または郵送)

正式な手続き
来店、または郵送で届いた書類に記載し返送

「Back Up」カードが郵送で届く

流れとしては、最初はインターネットを使うことができるので、それこそ24時間いつでも申し込みすることはできます。

ただ、最初の申し込みはネットで行うことができるのですが、審査が通った場合、最終的には店舗で正式な手続きの必要があります。これも、1ヶ月以内に本人が出向かなければいけません。

とはいえ、必ず店舗に出向かないといけないわけではなく、郵送でやり取りする方法もあるので、営業時間内に店舗へ行けない場合は郵送で契約手続きを行うことになります。

特に下記のような場合は店舗へ出向く必要があります。

  • 肥後銀行の口座を持っていない場合
  • 仮審査申し込みから2週間以内に契約をしたい場合
  • 住所変更がある場合
  • 肥後銀行の他カードローンから変更したい場合

来店するか郵送かは、自身の都合と銀行の営業時間を比べて決めるといいでしょう。

カードローン「Back Up」は、「WEBカードローン」と比べて内容が充実していないように感じるかもしれませんが、自動融資機能が備わっていて、口座引落時に残高不足でも助けてもらえて便利です。

また、保証会社が2つあることで、審査に一度は落ちても2回目のチャンスがある点は、審査に不安な人にはありがたいカードローンではないでしょうか。

郵送という手を使えば、店舗に行かなくても手続きができる点も忙しい人には向いているかもしれません。

住宅ローン利用者には「カードローンBEST ASSIST」!

これは誰でも申し込み出来るわけではないのですが、肥後銀行の住宅ローンを利用している人には、とてもメリットのあるカードローンです。

利用条件 満25歳~満60歳未満の個人
前年度税込年収400万円以上
(融資限度額300万円の場合、年収600万円以上)
保証会社の保証を受けられる
肥後銀行で他にカードローン契約がない(教育カードローン除)
使い道 自由(事業性を除く)
限度額 100万・200万・300万円
契約期間 3年(自動更新)
※満60歳まで
利率(年率) 7.15%(肥後銀行の短期プライムレート連動)
5.4%(肥後銀行の短期プライムレート連動)(肥後銀行の住宅ローンを利用している場合)
返済方法 約定返済…毎月5日に指定口座より口座振替
随時返済… ATMまたは窓口で入金
担保・保証人 不 要
(保証会社の保証が必要)
必要書類 本人確認できるもの(運転免許証、保険証など)
所得が確認できるもの(所得証明書、源泉徴収票、納税証明書など)
返済用普通預金口座の通帳と届け印

大きなメリットともいえるポイントは、やはり金利になります。

収入の条件が他のカードローンコースよりも厳しいですが、その分、金利が安かったり限度額が高く設定されています。

特に、肥後銀行で住宅ローンを組んでいる人には、この金利はかなり嬉しいものではないでしょうか。もちろん、住宅ローンを利用していなくとも、かなり低い金利になっています。(だからこそ、年収の条件が厳しいのでしょうが。)

それこそ、生活全般をアシストしてもらっているといえるでしょう。

「BEST ASSIST」の返済額は10,000円から!

「BEST ASSIST」では、口座振替で返済になる金額は以下のようになります。

前月5日現在の当座貸越残高 約定返済額
1万円未満 前月5日現在の当座貸越残高
~50万円未満 10,000円
~100万円未満 20,000円
~200万円未満 30,000円
~300万円以下 40,000円

基本的に他のコースと大きく変わりません。住宅ローンも合わせて考えると、これぐらいが限度かもしれませんね。

「Back Up」同様!最終的な契約は店舗か郵送で行われる

申し込みから契約までの流れも、基本的には「Back Up」と同じです。

申し込みの流れ

インターネットで「仮審査申し込み」画面に入力、送信する
または、「FAX仮審査申込書」をダウンロードし、記入してからFAX、郵送する

ハローサービスプラザより内容確認の電話が入る

審査結果の連絡
(電話または郵送)

正式な手続き
郵送で届いた書類に記載し、必要書類を持って店舗にて手続き、または返送する

こちらも、仮申し込みはインターネットやFAXを使ってできるのですが、審査に通ると最終的に店舗の手続きとなります。やはり、1ヶ月以内に店舗に出向く必要があります。店舗へ行けない方は、郵送でもできます。

ただし、「Back Up」同様、口座がないなどの場合は、店舗へいかなければいけません。(「Back Up」の項目参照)

最終的な手続きとして店舗へ出向く必要があると面倒と感じるかもしれないでしょうが、地方銀行ならではのポイントして、いろいろ細かい相談をするのもありだと思います。

年収の条件や限度額や金利の違いはあれど、内容的には基本的に他のカードローンと似たようなものと考えるとわかりすい「Best Assist」ですが、このコースの大きなポイントしては、住宅ローンを組んでいると金利がやすくなる、という点でしょうか。

ローンにいろいろなコースがあるように、住宅ローンで肥後銀行を利用している人にはオススメのコースの一つと言えると思いますよ。

それぞれの利点を知って自分にあったカードローンを選ぼう!

こうやって見ると、ぞれぞれのコースによって大きな特徴があります。反対に、返済額などは割と似たようなものになっています。

忙しくて、店舗に出向きにくい人は「WEBカードローン」。口座引き落としが多い人は、「カードローンBack Up」。一定以上の年収があり、特に住宅ローンを利用している人には「カードローンBEST ASSIST」。それぞれがオススメになるのではないでしょうか。

どれがいいのかは、各自の生活スタイルに大きく関係する所でしょう。返済が心配な人は、一度シュミレーションをするのもありです。

地域が限られているとはいえ、該当地区に住んでいる方には、自分の生活スタイル、必要額、いろいろと考えて、肥後銀行のカードローンを選ぶことをお勧めします。

一見どれも同じように感じるかもしれない肥後銀行のカードローン3種です。が、それぞれに特徴はきちんとあり、いろいろな生活スタイルに沿った内容となっているのではないでしょうか。

それは、地域住民が使いやすいように考えられていると言ってもいいと思います。

もちろん、肥後銀行には地域住民の喜ばれるよう他のローンやサービスもあるので、それぞれ上手く利用できるよう考えて、コースを選ぶといいでしょう。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.