当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

おすすめはどれ?青木信用金庫の3つのカードローンを徹底比較!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/08/16

青木信用金庫は埼玉県を拠点としており、通常の信用金庫ならではのサービスに加え、豊富な融資プランも用意しています。その中でも現金を借り入れるなら、特にカードローンが一番便利です。

青木信用金庫はカードローンだけでも3種類ほど用意されており、それぞれの名前は『きゃっする500』『あおしんカードローン』『Aクイックカードローン』となります。

今回はこの3種類のカードローンの条件、そしてどんな特徴があるかを説明していきます。自分に合ったカードローンを比較し、絞り込んでみましょう。

信用金庫ってどんなところ?特殊な金融機関について解説!

まずは青木信用金庫も含まれている、『信用金庫』と呼ばれる金融機関について説明していきます。

☆信用金庫の特徴とは
・利用者を会員とも呼ぶ
・利用するには営業区域内でないといけない
・信用金庫同士なら他地方の店舗でも一部のサービスが使える
信用金庫は地元密着型の傾向が強く、ずっとその地方に住まうなら利点が多いものの、引越しなどを検討しているなら他の金融機関を利用した方が良いケースがあります。

青木信用金庫は埼玉県川口市を本拠地とした信用金庫なので、埼玉県にずっと住むなら特に不自由はありませんが、県外に向かう場合には融資にせよ口座にせよ、別の会社との併用も検討すべきです。

この点を理解し、それでも青木信用金庫のカードローンが使いたい人の為に、今回はそれぞれの融資プランについて説明していきます。

限度額と金利も十分!きゃっする500の条件をチェック

それでは、『きゃっする500』の条件について説明いたします。

商品名 限度額 金利 保証会社
きゃっする500 最大500万円 6.0%〜14.5% 信金ギャランティ株式会社
この『きゃっする』という名称は他の信用金庫でも使われており、条件に関してもほぼ共通しています。名前こそは同じでも、営業区域内で作れるかどうか変わりますので、その点だけ注意しましょう。

青木信用金庫のきゃっするをすでに作っている場合、全国の信用金庫が提携ATMになる為、短期間の旅行などであれば特に不自由は感じません。

ただし、県外から青木信用金庫のきゃっするを作る事はできませんので、きゃっする同士でも違いがある事は忘れないでください。

お得だが制限も多い?きゃっする500の利点と欠点解説!

きゃっする500の詳しい特徴については、以下の通りです。

  • 限度額が他のカードローンよりも多い
  • 金利も下限まで下がるとお得
  • 必要条件が多く審査が厳しい

青木信用金庫の中でもきゃっする500が最もお得で使いやすいカードローンですが、公式サイトの『ご利用いただける方』の欄を見れば分かるように、他のカードローンに比べて必要条件が多くなっています。

これはどんな融資にも共通しているのですが、原則として『金利や限度額が優れているほど利用条件が厳しく、審査に通りにくい』という状態になるのです。

このきゃっする500に向いているのは、収入や仕事が安定している人で、大口の融資が必要な方だと言えるでしょう。小口融資を受ける場合、他の二つのローンを見てからでも遅くはありません。

限度額で異なるあおしんカードローン2つのコースとは

次に『あおしんカードローン』ですが、こちらのカードローンは若干申し込み条件が特殊になっています。

商品名 限度額 金利 保証会社
あおしんカードローン 最大100万円(条件により最大50万円まで) 12.0% 一般社団法人しんきん保証基金

あおしんカードローンは最大融資額が100万円なのですが、これは誰でも希望できるわけではありません。職業などの理由により、50万円までしか最大でも借りられない場合があります。

簡単に分けると、以下のようになります。

  • パート・アルバイト・主婦の場合→50万円まで
  • 2年以上の勤務歴があって安定収入がある→100万円まで

要は『安定した仕事と収入があれば100万円まで借りられる』というわけなので、自分の職業と相談して申し込ましょう。

固定金利に注目!あおしんカードローンの意外な利点とは?

あおしんカードローンの特徴ですが、そこには意外な強みが隠されています。

  • 申し込む人の状態によって最大限度額が異なる
  • 10万、30万、50万のように一定金額毎でコース分けをしている
  • 借り入れ額に関わらず金利が常に一定

あおしんカードローンの特徴では、『借り入れ額に関わらず金利が一定』という点に注目です。高額融資の場合はともかく、少額融資を受ける場合、他のカードローンより低金利の可能性が高いでしょう。

例えば先ほど説明した『きゃっする500』の場合、50万円以下は常に14.5%の金利が発生します。それに対してあおしんカードローンは10万円でも12.0%と、2.5%も安くなっています。

よって、あおしんカードローンは50万円以下の限度額で十分な人が向いていますので、自分が欲しい金額によっては十分検討の余地があるカードと言えますね。

少額融資に特化!Aクイックカードローンの条件はこちら

3番目のカードローンは『Aクイックカードローン』となります。このカードローンは、金利に関しては若干特殊です。

商品名 限度額 金利 保証会社
Aクイックカードローン 最大50万円 利用時に問い合わせ (株)セディナ

実はAクイックカードローンは金利の数値が公表されていませんので、利用の度に毎回尋ねる事になります。

「金利なんて早々変わらないから毎回聞かなくても…」と思う方も多いですが、金融情勢というのはめぐるましく変わる為、ちゃんと聞かずに申し込むと、他の融資の方が良かった…なんて事にもなりかねません。

限度額に関しては50万円と一番少なく、この時点で小口融資での利用に限られるのも把握しておきましょう。

実は一番借りやすい!?Aクイックカードローンの審査事情に迫る

Aクイックカードローンの特徴なのですが、実はかなり分かりにくい部分にメリットが存在しています。

  • 小口融資に特化
  • 年収が150万円以上必要
  • 保証会社が信販会社なので審査が簡単

金利が分かりにくく限度額も少ないのでイマイチに思えますが、保証会社が信販会社の為に、他のカードローンよりも審査に通りやすいと言えます。

保証会社とは、融資をする際に必要な保証人の代わりをしてくれる企業で、もしも返せない場合は代わりに信用金庫へお金を払いますから、当然ここの審査が融資を受けられるかどうかに関わってきますよね?

信販会社は今回紹介した他のカードローンの保証会社と異なり、審査が甘めです。ゆえに、Aクイックカードローンはなかなか審査に通らない人であっても、小口融資なら十分希望があるのが利点となりますね。

長く持つほどお得?信用金庫カードローンの隠れた魅力とは

それでは最後に、今回紹介した青木信用金庫のカードローン全般に共通する、重要なポイントをまとめます。

  • ほぼ全てのサービス利用に会員資格が必須
  • 消費者金融などとは違うので貸金業法の対象外
  • 信用金庫の利用度合によって優遇がある

数ある金融業者の中で敢えて信用金庫を選ぶなら、お得意様になる事での優遇を活かせるかどうかが鍵となっています。

青木信用金庫でもそうなのですが、預金が多かったり、カードローンや住宅ローンを利用してきちんと返済している場合、他のサービス利用時にお得意様として対応が変わるのです。

信用金庫は地元の少数の人を相手にしている分、顧客一人一人を見ているので、お得意様になる事で審査に通りやすくなったり、さらに低金利にしてもらえる可能性が高いのは嬉しいですね。

青木信用金庫のカードローンを使うなら、短期間に結果を求めるのではなく、長期利用によってよりお得に使えるようになりましょう。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.