当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

身近な地銀はお得がいっぱい!徳島銀行のカードローン

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/06/24

徳島県民なら誰もが知っている「徳島銀行」。

今回は、既に取引のある方、そして、身近にあるけど利用したことない…という方にも知っていただきたい徳島銀行カードローンのご紹介です!

「カードローンなら、大手銀行のほうがいいんじゃない?」

そう思っている方も沢山いらっしゃるでしょう。

確かにそれも一理ありますが、地銀のカードローンには地銀ならではのメリットも沢山あるんですよ。

そのあたりを詳しくご説明しますね!

地銀と都銀の違いは?メリット・デメリットを一挙紹介

銀行の中にも、都市銀行と地方銀行があるけど、何が違うかわかりますか?

「都市にある銀行と地方にある銀行でしょ?」と思っているアナタ!

まあ、正解と言ってもいいでしょう。

しかし、それぞれに性質の違いはあるんですよ。ちゃんと理解していますか?

都市銀行と地方銀行、それぞれのメリット・デメリットをみていきましょう。

都市銀行のメリット・デメリット

都市銀行といえば、都市にある銀行、でしたよね。

そう、大都市に本店があり、広い範囲に展開している銀行のことを、都市銀行と呼んでいます。

大都市だけではなく、全国各地に支店があるので、どの地域の人も利用しやすい銀行といえるでしょう。

都市銀行として有名な銀行は、以下の4大銀行です。もちろん知っていますよね?

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • りそな銀行

誰しもひとつくらいは、都市銀行の口座を持っているかもしれませんね。

そんな都市銀行、メリット・デメリットはどんなことなのでしょうか?

■都市銀行のメリット

  • 全国各地に店舗やATMがある
  • メガバンクと呼ばれる安心感
  • 大口取引が可能

■都市銀行のデメリット

  • 全国展開しているためさまざまな手数料が高め
  • 地方に行くと地元地銀のほうが店舗数などは多い
  • 地域密着のサービスは期待薄

このように、転勤族の人、仕事柄あちこち飛び回っている人にとっては、全国展開している都市銀行はメリットだといえるでしょう。

さらに、仕事上、大口取引を希望している人にとっては、都市銀行と取引しておいて損はありません。

逆にデメリットは、全国各地に支店があり、維持費がかかるため、どうしても手数料などが高めになるのは否めません。

全国展開しているだけに、地域住民と密着した付き合いというのも、苦手なようですね。

地方銀行のメリット・デメリット

地方銀行とは、各都道府県に根付いた、地域密着型の銀行のことです。

地方銀行の見分け方ってあるの?

都道府県、県庁所在地の名前がついた銀行は、たいてい地方銀行だと思っていいでしょう。

例えば、横浜銀行・千葉銀行・静岡銀行など。これらは、地方銀行と呼ばれるものです。

では、地方銀行のメリット・デメリットはどんなことでしょう?

■地方銀行のメリット

  • 地方銀行の地元ではATM・支店が都銀より多い
  • 地元で生活・仕事をしている人へのサービスが豊富
  • 銀行と密着した付き合いができる
  • 小口取引が得意

■地方銀行のデメリット

  • 地元以外に店舗やATMが少ない
  • ネットバンキングに弱い傾向がある
  • 大口取引は積極的におこなっていない
このように、地方銀行のメリットは、何といっても地域密着型の、親密な取引ができることに尽きるでしょう。

何よりも地元に住んでいる人、地元で働いている人を、大事にしてくれるのが、地方銀行です。

ずっと地元に根付く人にとっては、地方銀行がおすすめだといえますよ。

地元の人向けのサービスは、都市銀行とはくらべものになりません。

最近の流行りで、ネットバンキングをメインに利用したい人にとっては、地方銀行はやや物足りないかもしれません。

どちらかというと、窓口で顔を突き合わせたい人のほうが、いいでしょうね。

ただし、地域に密着した銀行なので、転勤族や全国各地を仕事で飛び回る人にとっては、やや不便かもしれません。

まずは知ってみよう!徳島銀行ってこんなところ

地方銀行のひとつ、徳島銀行って聞いたことありますか?

徳島銀行というくらいなので、徳島県にあることはわかりますよね。そう、鳴門のうずしおで有名な徳島県です!

正確にいうと、徳島銀行は、第二地方銀行に分類されます。

第二地方銀行?地方銀行と違うの?

どちらも地方銀行ですが、所属している協会が違います。

地方銀行は、全国地方銀行協会、第二地方銀行は、第二地方銀行協会に所属しています。

地方銀行は、地元の人からの預金を元に、地元企業に貸付をおこなったりする、いわゆる地域密着型の業務をおこなっているのが、大きな特徴といえます。

カードローンに関しても、地元の人たちや企業を中心におこなっており、銀行そのものの財力も、都市銀行に匹敵する地方銀行が、数多く存在しています。

第二地方銀行は、元々相互銀行として業務をおこなっており、1990年頃普通銀行へと転換したものになります。

ひと昔前、○○相互銀行なんてものがあったのを覚えていませんか?

この、元相互銀行が、現在の第二地方銀行と呼ばれるものの前身というわけです。

地方銀行にくらべると、財力は劣るため、さまざまな特色を打ち出して、顧客を獲得しています。

第二地方銀行は、都市銀行ほど有名でもないし、地方銀行のように地域住民に密着しているわけでもないので、生き残るために、ひとつの商品に注力しているところが多くみられます。

例えば、「おまとめローン」に焦点をあてて、低い金利で貸し出すことで、顧客獲得に成果をだしている、などですね。

とはいえ、地方銀行と第二地方銀行、現在ではあまり差がなくなっているというのが、本当のところですね。

第二地方銀行だけど地方銀行?徳島銀行の特色

徳島銀行は第二地方銀行ですが、地域密着型という点からは、地方銀行だといってもいいでしょう。

徳島銀行の本店は、もちろん徳島県徳島市にあります。店舗数は、全国に80店舗!そのうち約30店舗近くは、徳島県にあります。

この数でわかるように、徳島銀行は、地元徳島県に根付いた銀行だということです。

そんな徳島銀行、徳島県に住んでいる人は、利用していなくても知っている人が多いのでは?

ちなみに、徳島銀行のイメージキャラクター、ご存じですか?

知ってる!と、いうあなたは、徳島にゆかりのある人ですね。

「トクベ~」と言って、猫のようなドラえもんのような・・

全国的にみるとあまり有名ではありませんが、地元のチビッ子達には人気のキャラクターです。

こんなにお得!徳島銀行のサービスいろいろ

第二地方銀行でありながら、地方銀行のようなサービス満載の徳島銀行。

徳島銀行のサービスって、いったいどんなもの?はい、順番に見ていきましょう。

  • 4 YOU NET(フォーユーネット)サービス
  • れいんぼ~Net
  • れいんぼ~ポイントサービス
  • れいんぼ~プラザ
  • とくぎんトモニカード
  • メールオーダーサービス
  • とくぎん輝倶楽部
  • ペイジー「Pay-easy」サービス

4 YOU NET(フォーユーネット)サービス

徳島県は四国ですよね。四国以外にあと3県あるのですが、わかりますか?

答えは、「香川県・高知県・愛媛県」ですね。

この四国4県の銀行が提携してできたサービスが「フォーユーネットサービス」です。

香川銀行・高知銀行・愛媛銀行・徳島銀行が手を結んだってことになります。

例えば、徳島銀行のキャッシュカードを使って、他の銀行ATMを利用すると、手数料がかかります。

しかし、この4行間に限っては、なんと手数料が無料になる!サービスが受けられます。

他行で「引出」「振込」「預入」をおこなうと、通常108円の手数料がかかりますが、これがすべて無料になります。

徳島銀行のカードさえ持っていれば、四国どこへ行っても無料でATMが利用できるってわけです。

四国を縄張りとしている人であれば、これはぜひ利用したいサービスですよね。

れいんぼ~Net

れいんぼ~Netとは、地銀では珍しい「インターネット・モバイルバンキング」のことです。

れいんぼ~Netに登録しておくと、24時間いつでも以下のようなサービスが利用できます。

  • 口座照会
  • 振込
  • 振替
  • 定期預金
  • 公共料金申込
  • 住所変更など

これらは、営業時間内におこなう必要があるのですが、気が付いたら営業時間外だった!なんてこと、ありませんか?

さらに、銀行へ行きたくてもなかなか時間が取れない・・そんなアナタには、「れいんぼ~Net」です。

家にいながら、夜中だろうが早朝だろうが、いつでも利用できるので、思い出したときにやってしまえばいいわけです。

れいんぼ~ポイントサービス

「れいんぼ~ポイントサービス」とは、徳島銀行での取引項目によって、ポイントが貯まるサービスです。

すなわち、利用すればするほどポイントが貯まり、貯まったポイントに応じて、サービスを受けることができます。

どうやったらポイントが貯まるの?

はい、以下のような何でもない事で、どんどんポイントが加算されていきます。

  • 給与振込
  • 年金振込
  • 公共料金引落し
  • クレジットカードなどの引落し
  • 定期預金などの預入
  • カードローンなどの利用
  • れいんぼ~Netの利用

徳島銀行を利用していれば、普段の何気ないことで、いつの間にかポイントが貯まるってわけですね。

ポイントを貯めたはいいけど、どんなことに使えるの?

はい、貯めたポイントはこんなことに利用できます。

  • ローンの金利を「-0.15%~-1.5%」サービス
  • 定期預金の利率を「+0.005%~+0.50%」サービス
  • ATMの時間外手数料無料
  • 振込手数料2割引
  • 自動振込・振替サービス2割引
  • 貸金庫手数料年間1千円~3千円割引

どうですか?何気なく貯めたポイントで、このようなサービスが受けられるなんて素晴らしい!

どうせ徳島銀行を利用するのなら、ポイントを貯めて、手数料などをポイントで払えれば、何だかお得な気分になりますよね。

れいんぼ~プラザ

「れいんぼ~プラザ」とは、徳島銀行でとりおこなう業務の他、さまざまな相談にのってくれる、お客様相談室のようなものです。

平日はもちろんのこと、土日祝も10:00~18:00まで営業しているので、平日忙しい人にはうってつけのサービスではないでしょうか。

「れいんぼ~プラザ」では、どんなことが相談できるの?

はい、相談・対応できる業務は、以下のような項目になります。

  • カードローン・フリーローン・住宅ローン・リフォームローンなどの相談
  • 年金受取などの相談
  • 投資信託・国債・保険などの相談
  • 普通預金・総合口座などの口座開設
  • 通帳紛失・住所変更などの各種届出の受付
  • 普通預金・定期預金の預入、引出(平日のみ)

とくぎんトモニカード

「とくぎんトモニカード」とは、キャッシュカードとクレジットカードの2役を1枚でこなしてしまう、便利なカードのことです。

銀行のキャッシュカードと、クレジットカードをそれぞれ持たなくていいので、スマートですよね。

クレジットカードは、VISA・JCBのどちらかが選択でき、徳島銀行のICキャッシュカードとして使えます。

さらに特典として、クレジットカードの年会費が初年度無料!

そして、徳島銀行ATMの時間外手数料も無料となります。

お得で便利を考えるなら、「とくぎんトモニカード」で決まりですね。

メールオーダーサービス

日頃、忙しくてなかなか銀行に行く時間がない!というアナタにおすすめなのが、この「メールオーダーサービス」です。

以下のような事柄が、「メールオーダーサービス」で可能となります。

  • 公共料金自動支払
  • 住所・電話番号変更届出
  • 個人向インターネット・モバイルバンキング「れいんぼ~Net」
  • フリーローン「あわせて一本」

とくぎん輝倶楽部

満57歳以上ではありませんか?

満57歳以上で、年金を徳島銀行で受け取っているアナタ!ぜひ「とくぎん輝倶楽部」を利用しちゃいましょう。

快適なシニアライフを応援してくれる、徳島銀行ならではのサービスですよ。

サービスの内容は、こんなにいっぱいあります。

  • とくぎん輝倶楽部定期預金利率0.1%上乗せ
  • 快適生活情報誌「もも百歳」のお届け
  • 「とくしまマル得クーポン」プレゼント
  • 楽しい「旅行会」のお知らせ
  • 福祉ローン・福祉リフォームローンのご利用

ペイジー「Pay-easy」サービス

「Pay-easy」マークが印刷された、税金や各種料金支払い書などを、インターネットバンキング・モバイルバンキングで支払えるサービスです。

24時間365日、パソコンやスマホから支払うことができるので、金融機関・コンビニなどに足を運ぶ必要がないってことですね。

夜中だろうが、休日だろうが、思い立ったときに利用できるのが、この「Pay-easy」サービスです。

お金が必要になったら!徳島銀行のカードローン

急にお金が必要になった!借りるなら消費者金融でしょ?と、思ってはいませんか?

「借金=消費者金融」だと思っている人がまだまだ多いようですが、実は銀行でも借りることができるんですよ。

え!銀行ってお金を預けるところじゃないの?

確かに、「銀行=預金」というイメージを持っている人は多いかもしれませんね。

実は、銀行からもお金を借りることができます!それが「カードローン」と、呼ばれるものです。

消費者金融との違いは何?銀行カードローン

消費者金融と銀行での借金は、何が違うの?

「どちらもお金を借りるところ」には変わりありません。

大きな違いは、消費者金融は貸金業と呼ばれる業種です。すなわち、「お金を貸すこと」だけをメインにしているところです。

私たち借りる側としては、どちらもお金を貸してくれるので、どっちでもいいのですが、条件が違ってきます。

消費者金融・銀行での借金、それぞれに長所と短所があります。

さあ、あなたはどちらから借りますか?

銀行カードローン 消費者金融
融資額 高額融資可能 最大500万円程度
金利 低い(平均3.0%~15.0%) 高い(平均4.5%~18.0%)
総量規制 対象外 対象(年収の1/3が上限)
即日融資 可能なところは少ない ほとんど可能
審査状況 やや厳しい 比較的甘い
商品の種類 目的別など種類豊富 少ない

メリットがいっぱい!銀行カードローン

このように、銀行と消費者金融、それぞれに短所・長所がある!わけです。

あなたは、どちらから借りたいと思いますか?

銀行のカードローンは、総量規制の対象外なので、審査次第では高額融資が期待できます。

大きなメリットは、何といっても金利の低さでしょう。

消費者金融にくらべたら、とにかく金利が低いのが魅力的です。

審査は「やや厳しい」としましたが、最近はかなり審査が柔軟になりつつあるので、さほど心配する必要はないでしょう。

審査を有利に運ぶには、その銀行の口座を開設しておくことをおすすめします。

即日融資も、あらかじめ銀行口座を持っていれば、対応してくれるところは増えています。

どちらを選ぶか?あなた次第ですが、長い目でみると、銀行カードローンがおススメだといえるでしょう。

条件はあるの?徳島銀行カードローン

おススメが銀行カードローンなのはわかったけど、徳島銀行はどうなの?

ではここで、徳島銀行にピンポイントをあてて考えてみましょう。

徳島銀行も銀行なので、もちろんおススメなのですが、徳島銀行の条件はどうなっているのでしょう?

基本の条件は以下のようになっています。

  • 満20歳以上満65歳以下
  • 徳島銀行の営業区域内に居住もしくは勤務している人
  • 継続して安定収入のある人
  • 保証会社の保証が受けられる人

徳島銀行の大きなポイントは?

「徳島銀行の営業区域内に居住もしくは勤務している人」ということになります。

え?ってことは、私は借りられないの?と、思った人もいるかもしれませんね。

そうなんです、残念ながら、誰でも利用できるわけではないんですね。

しかし!条件を満たしてさえいれば、徳島銀行のお得なカードローンが利用できるわけです。

どうですか?条件は満たしていますか?

満たしているのであれば、徳島銀行にレッツゴー!です。

どう選べばいい?商品選びのコツとポイント

消費者金融にくらべて、銀行カードローンは商品の種類がたくさんあります!

なぜ銀行は、ローンの種類が豊富なのでしょう?

銀行にはいろいろな目的で、ローンを申し込んでくる人がいます。

例えば、「銀行で住宅ローンを組む」という人、多いのではないでしょうか?

住宅は「一生の買い物」と言われるほど、高額な買い物ですよね。

高額ゆえに、銀行は明確な目的があるローンの場合、金利を優遇してくれる場合がほとんどです。

住宅だけではなく、「教育ローン」「マイカーローン」「リフォームローン」など、さまざまな用途に合わせて、商品が用意されていて、それぞれ金利も優遇されているのが、特徴です。

商品ごとに金利設定をわけているので、商品が多いと言ってもいいでしょう。

そのため、使用使途がフリーのローンより、目的別に合わせた商品を利用するほうが、ずっとお得になる!ということですね。

では、徳島銀行はどうなのでしょう?徳島銀行のラインナップを見てみましょう。

  • 住宅・リフォームローン(9種類)
  • カードローン(5種類)
  • フリーローン(6種類)
  • 教育ローン(2種類)
  • オートローン(3種類)
  • その他のローン(2種類)

まず大きく6種類にわけられます。さらにその中にも、細かく商品別にわかれています。

合計27商品もあるんですよ!いや~ビックリですね。

商品によって、条件や金利が若干異なるので、詳細は徳島銀行のホームページを見てくださいね。

これだけたくさんの商品があると、どれを選んでいいか迷っちゃう・・というアナタ!

商品選びのポイントは、何といっても「使用目的」を明確にすることですよ。

まず、自分が「何のためにお金を借りようとしているのか」を、考えてください。

目的がはっきりしたら、それに合った商品を選択します。

自分でわからない場合は、徳島銀行の人に相談しちゃいましょう!親切にアドバイスがもらえます。

この「相談」は、地方銀行の得意技といってもいいでしょう。

地域密着型の銀行、それが地方銀行なので、とにかく窓口で担当者を話してみてください。

むしろ、担当者と直接話さないと、もったいない!ですよ。

ちなみに、使用目的が明確になっていなくても、「使途自由」のフリーローンがあるので安心してください。

誰でも利用できる?徳島銀行のカードローン

先に説明したように、残念ながら徳島銀行のカードローンは、誰でも利用できるわけではないんですね。

利用すべき人は、徳島県民!ですよ。

地域に根付いていて、地域密着型の徳島銀行だからこそ、徳島県民のあなたにおススメします。

もうおわかりですよね。そう、徳島銀行をおススメするのは、徳島にゆかりのある、こんな方々です。

  • 徳島県在住の人
  • 勤務先が徳島県にある人
  • 転勤族ではない人
  • 仕事で全国飛び回ることが少ない
  • 将来融資を考えている人

徳島県在住の人

徳島県内に住んでいる人、徳島県で働いている人で、徳島銀行を利用していないアナタ!

なんてこった・・・って感じです。もったいなさすぎ!です。

今まで都市銀行だけを利用していたあなた!規模が大きいからいいってもんでもありませんよ。

徳島銀行は、県内のあちこちに支店やATMがあって、とにかく便利!

さらには、徳島県民だけのお得なキャンペーンが定期的にあることを知っていますか?

なに、それ?徳島に住んでないと受けられないの?

そうです!徳島県民にだけ提供する、特別なサービスがしょっちゅう開催されています。

せっかく徳島県に住んでいるなら、利用すべきでしょう。

もちろん、県外の人は利用できません!ちょっとした優越感ですよね。

徳島銀行のホームページをこまめにチェックですよ。

勤務先が徳島県にある人

徳島県内に住んでいなくても、勤務先が徳島県にあるアナタ!ラッキーですね。

徳島県在住の人たちと同じように、サービスが受けられます。

仕事で徳島県に行くのなら、あちこちに店舗があるのは知っていますよね?

徳島県に勤めている限り、サービスは利用できるので、この際あやかっちゃいましょう。

転勤族ではない人

なんで転勤族は利用しないほうがいいの?と、思うかもしれませんね。

「利用しないほうがいい」のではなく、徳島県外に引っ越してしまったら、「せっかくのサービスが受けられなくなる」から、です。

さらには、県外にでてしまうと、店舗数やATM数は、ガクッと少なくなるので、ちょっと不便かもしれません。

転勤族の人は、全国展開している、都市銀行がおすすめかもしれませんね。

仕事で全国飛び回ることが少ない

仕事で全国飛び回る、というのは、営業で全国各地に仕事で行くことが多い人、のことです。

もちろん、徳島県在住であれば、サービスは受けられるので、大丈夫ですよ。

ただ、仕事で全国へ赴いたとき、店舗やATMが少ないため、ちょっと不便かもしれないわけです。

手数料を払えば、他のATMでもお金を下ろしたりすることはできますが、手数料のことを考えると、あまり利用したくないですよね。

そのため、お金を出し入れするための口座として、都市銀行をサブバンクにしておくといいかもしれません。

サービスを受けるために、メインは徳島銀行!サブバンクとして全国展開している都市銀行!と、使い分けるのが賢いかもしれません。

将来融資を考えている人

将来、住宅や車の購入、子供の教育資金として、ローンを考えている人は、ぜひ徳島銀行と取引しておくことをおすすめします。

地域密着型なので、親身になってローンの相談にのってくれるのはもちろん、金利面でもさまざまなサービスが受けられるのが、徳島銀行です。

キャンペーンの一環として、金利を低くしてくれるサービスもあるので、ぜひ利用したいものですよね。

ローンに関しては、長く取引している人ほど、審査の面で有利になります。

例えば、ローンの商品によっては、以下のような条件が必要な場合があります。

  • 現住所に5年以上住んでいる人
  • 申込店舗で1年以上の取引がある人
  • 勤続年数が10年以上

住居と勤続年数は、自力で何とかなりますが、問題は「1年以上の取引」が必要な場合がある、ということです。

徳島銀行のカードローンを利用しようとして、慌てて申し込んだとしても、1年待たないといけない・・わけです。

え?初めて徳島銀行を利用したら、ローンは申し込めないの?

いえいえ、あくまでも「ローン商品によって条件が違う」ということです。

もちろん、新規ですぐにローンを申し込める商品もあります。

そのため、とにもかくにも「徳島銀行の口座を開設しておく」ことから始めるべきですよ。

口座を開設するのは、すぐにできますよね?

口座を開設したら、次に「給与振込」「カードの引落し」なども、徳島銀行にしてしまいましょう。

さまざまな「取引実績を作っておく」ことで、信頼度が大きく違ってきます。

徳島銀行からの信頼は、ちょっとずつの積み重ねです。

ちょっとずつ、ちょっとずつ、信頼を積み重ねて、いざというとき頼ってはどうでしょう?

そう遠くない将来のために、まずは徳島銀行を利用することからはじめてください。

地方銀行ならではの、サービスはもちろんのこと、生活環境の変化でお金が必要になったとき、必ずや助けてくれる銀行、それが徳島銀行ですよ。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.