当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

そんなことまで?!世界の笑ってしまう子供のお仕置き方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/08/26

oshioki
「日本人は礼儀を重んじる民族」だといわれていますが、小さい子供のふるまいに関しては、おおらかな部分があります。

日本のスーパーやデパートでは、よく「あれが欲しーいのっ!」「買って!買って!」とごねる子どもや、通路に寝転がって駄々をこねる子どもの姿を見かけることが良くあります。

そのときの親御さんの反応はと言えば、無理矢理ひきずりながら買い物を続けたり、その場に立ち止まって、困った様子で子どもを呼んでいる姿もよく見受けます。叱るのに、子どものお尻をパンパンと叩くこともあるでしょう。

よその家庭での子どものお仕置き方法については、知る機会があまりありません。特に海外の家庭の場合はなおさらです。ひょっとしたら、同じ経験をしていたり、斬新かつ少し変な方法もきっとあるでしょう。

海外の掲示板で、好奇心旺盛な男性が、子どもの頃にされたお仕置きについてみんなの意見を集めていましたので見てみましょう。

僕が嘘をついた時のこと。母はシリアスな表情でじっと僕を見つめてからハグする。その後は、僕がどんなに悪さして、母をがっかりさせたのかを語ってた。それ以来は嘘をついてない。これと、その後ずっと何を話しかけても母のからの無言の反応が非常にツラかった。
子どもの頃は、レゴ(ブロックのおもちゃ)で遊ぶのが大好きだった。悪さして、両親に怒られた時には、お仕置きとして、レゴの創作作品を全部バラバラにされた。すぐいい子になったね。
幼い頃、かんしゃくをおこそうものなら、母は、プラントスプレイ(植物用スプレー)の容器に水を入れて、僕の顔に吹き付けた。こんなことされたら、痛みなどなかったけど、びっくりしてでかんしゃくどころじゃなかったね。
何か悪さをしても、両親は、怒りはしなかった。けど、僕と同じ悪さをした「最後の少年に何がおこったのか」をホラーストーリー時立てで話されたときには、恐怖で固まった。効果抜群だったね。
怒鳴られたり、お尻をぶたれたりしたことはないけど、両親のしつけ方法は非常に感心できるものだったんじゃないかな、と今は思う。まず、おもちゃを取り上げられる。(年齢によるけど携帯電話とか)、友達と遊びにいくのを禁止される。

僕の寝室の扉が取り外される。(中が丸見え状態にされる) 十分 効いたよ、特に、寝室の扉を持ってかれちゃうのは。

僕と妹がけんかしようものなら、お互いに「ごめんなさい」ができるまで、床にばらまかれたお米の上に、ひざまずかされた。僕は5分と持たなかったけど、妹の方はというと、膝がうっ血してくるまで我慢してたな。
僕と弟がけんかをしたときは、必ずといって母は、部屋の隅に二人を立たせ、お互いをハグさせる。母がよしというまで、そのままの状態で少なくとも30分は放置されていた。友達が遊びにきた時が最悪。

喧嘩したら、必ず「これ」をさせられて、友達にも大笑いされた。この方法は、正しく我が子に向けて受け継いでいくつもりだ。

母はスリングショットでぶどうを食べさせてくれた。おれはダーツの的か?
↑へえっ。お仕置きでモノを食べさせてもらえたんだ。 僕 ジェリー。ママにはヘアブラシでケツ叩かれた。
悪態をつくと、ママはそのままのストレート味のタバスコソースをスプーンで食べさせてくれた。
ある日 父に嘘をつくと、父は話かけてくれなくなった。何時間も話かけても、完全に無視され通し。僕がふてくされて部屋に消えていくまで、僕の存在さえ無視するかのような振る舞い。

毎晩、寝る前には必ず部屋に来てお休みのキスをしてくれるのが習慣だけど、嘘をついたその日は、部屋に来てくれなかった。あんな寂しい気持ちは経験したくないと幼心に誓ったのか、それ以降、嘘はつかなくなったね。

料理に使う木製のしゃくしって知ってる? うちでは料理用に使われたことがなくて、悪さをした子どもの尻たたき用。(震えるわ)
父からされたお仕置きにこんなのがあったな。大の字を描くように大き両腕を広げ、両足も大きく肩幅以上に広げて立つ。この体勢を一定時間維持し続ける。 10分もすれば、腕がぶるぶる震えだしてきて、からだ全体震えてくるんだ。軍隊並みだよ。
どこのうちの子どもも家の手伝いさせられてたと思うんだけど、僕の家もそう。僕がやりたくないっ!て拒んだときは、父さんが代わりにやってくれてた。「代わりにさせた」罰として、父さんの時給分のお金を払わされた。

一家の大黒柱の時間は貴重なんだから、時給分請求して何が悪い、という持論。 こわっ。 そのせいか、大人になってもお金と時間に対してはシビアだよ。

幼い頃は、高くて赤色の屋根のマンションが見える付近に住んでたんだ。おばあちゃんが、「手のつけられないような悪い子がいると、あの赤い屋根のお家に連れてかれて、そこでマナーを叩き込まれるんだよ」と聞かされた。

僕が悪さをしたときに、おばあちゃんが、僕をあの赤いお家に連れてく必要があるって母の仕事場に電話したんだ。今でも覚えてるけど、連れてかれたくなくて、始めて母の仕事場に電話した。

秘書が電話にでて、「誰と話したいの?」僕「ママ」。秘書が笑いをこらえながら、「ママのお名前は?」と聞かれたけど、笑われたことが恥ずかしくてすぐに電話をきった。すると、ニヤニヤと笑みを浮かべたおばあちゃんが僕の背後に立ってた。

幼い頃の僕にとっては、たとえでっち上げたホラーハウスのような「赤い屋根のお家」でも、ほんと怖くてしょうがなかったけど、ママもおばあちゃんも、ママの勤務先の秘書も、怖がる僕をみて可笑しくてしょうがなかったんだろうね。ったくヒドイ話だよ。

農家で育ったから、家の手伝いが十分お仕置きになったよ。シャベルで牛の糞集め、薪の積み上げ。精神的にも体力的にも参ったね。
小さいことは、シールステッカーを集めるのが好きで、ポケモンやらプレミアリーグやらのを必死に集めてたよ。

お店で買ったシールステッカーを家に帰る途中でワクワクしながら開封しては、気に留めることもなく、包み紙を道にポイ捨てしてた。

ママが道端にポイ捨てしている包み紙は僕が犯人だと突き止めたみたいで、僕を外に連れ出し、道路に散乱しているゴミというゴミ(僕の捨てたものでないものも)を強制的にはしからはしまで、拾い集めさせられた。

それも夏休みで、近所の友達はみんな外で遊んでるそばで。むなしかったね。今となっては、ゴミのポイ捨てはしなくなったし、それに関しては母に感謝してるかな。意図的にポイ捨てするなんていう最低な行為は最低な人間がするものだからね。

両親からされたお仕置きは、スプーン一杯のチリフレークか赤唐辛子を舌の上にのせて30分、壁に向かって座らせられた。もし、口から吐き出そうもんなら、増量のおまけ付きでスプーンに盛られた。

あとは、僕と弟に、薪の木を積み上げさせられては、また積みおろして、という動作を反復練習のようにさせられた。理由? 言われた通りに、ドアそばの箱に使ったものをきちんと片付けなかったからさ。

ティーンネージャーの年頃の子どもを持つ親は、お仕置きの内容もクリエイティブなんだろうね。クリスマスに、新しい洋服を何着もプレゼントされて、学校に着ていく服はどれにしようか、などコーディネーションも楽しんでいた矢先のお仕置きがたまったもんじゃなかったわ。

クロゼットから私の洋服を全部出して箱につめ、残されたのは古い洋服2着だけ。それを2週間毎日学校に着ていけって。あとは、わめき散らして、ドアをバタンッバタンと閉めるからって、部屋のドアを2週間取り外された状態にされた。

これは韓国式のお仕置きなんだけど。母さんはキッチの硬い床にひざまずかせ、(バンザイ状態)のように、両手を空中にまっすぐにあげさせる。

どれくらいおこっているかによってなんだけど、かなり怒ってるときは、おおきなサラダボウルに何かを詰め込んで、僕の頭上にのせてた。

キッチンに座って、「僕の間違い」「僕に対していかに失望したか」「この次に待ってるお仕置きは何か」「次はちゃんといい子にしてほしい」など懇々と話始める。母も短めに話をしてくれて入るけれども、母のレクチャーの間は、沈黙、フリーズ状態で腕もそのままあげたまま。

当然頭上のサラダボウルは落としちゃいけない。重力には誰も逆らえないね。身体的な苦痛を伴うお仕置きにもってこいだね。 怖がる思いもしなければ、お尻をぶたれることもなかったし、フェアな扱いだと大人になった今も思う。

日本の親は子どもに甘いというのは、良く耳にしますが、その背景には日本の伝統的な「子宝」という思想があると言われています。

つまり、子どもは本来善きものという性善説に準拠しているので、子どもを自然に育てて、本来備わった持つ能力を妨げなければ、良い子が育つという考え方によるもの、と言われています。

また欧米に比べて家族内では、子どもの主体性に重きを置いているのが日本の家庭と言われている。

osioki
上記の表は、東京の大学による、親子の意見が合わないとき、子どもの意見が優先される割合(%)を示したもの。

「休みの日の過ごし方」などに見られる家族全体にかかわる決定事項に子どもの意見が大きく取り入れられている。

考えてみればそれもそうだ。夏休みや春休みには、子どもの意見が取り入れられて、ディズニーランドなどに家族旅行が計画されることが日本の場合は非常に多い

お仕置きは躾の一貫と考える声が多いが、それでも、子どもの自立を助け、生き方の価値観のモデルであるべき。

子どもの生活する世界が変化していくことにともなって、親の期待や価値観を押し付ける親も存在することも否めない。

一方では、昨今の日本ではゆとり教育のしわ寄せが来ているとは言われているものの、自分で判断をしたり、行動するような自立性を養うことと、もの善悪を理解させるためにも、これからも子どもの主体性を大事に歩み寄ってほしい、と思う。

(参考)http://www.reddit.com/r/AskReddit/comments/
24d5pw/what_odd_but_effective_punishment_did_your/

日本でも家庭によって様々なお仕置き方法があるので、海外の反応を見てもそれほど驚かなかった。

しかし一歩間違えば最近の日本でもあるように児童虐待で捕まってしまうので、気をつけないといけない。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年4月1日 1:42 PM

    私はオムツを履かされました。お尻ペンペン50回、お浣腸2回、1日下半身裸、彼氏の前でおしっこ、お尻ペンペンの前は、お母さんの準備が整うまで下半身裸でベランダに立たされました。隣の家の人から見られても、我慢しました。時々は、鞭、定規、硬い本などで、させられました。オムツを履かされた時はオムツでおしっこをしたらダメで、赤ちゃんになりきってママに「ママ〜お漏らししそうです〜トイレに行かせて下さい。」と言っておまるでしました。

  2. 日本の名無しさん
    2015年5月27日 5:38 PM

    2'3の、母です。私は喧嘩しているのを見たら一緒になぜやったのか聞きます。
    お互いに嘘をついて話内容が変わったらお尻を叩いて本当の事を言うまでします。
    どちらも話が合ったら抱きついてあげます。泣いた涙をふいてあげます。そしておたがいあやっまたら終了です。

  3. 日本の名無しさん
    2015年11月29日 11:33 AM

    私はHな事が大好きでした。それが、親に見つかると「そんなにHがしたいならHなお仕置きしますよ。」と、言われて、電マで、クリトリスをいじられました。
    我慢出来ずにおしっこをすると、おまんこをこすられました。

  4. 日本の名無しさん
    2016年1月6日 2:40 AM

    コメントキチガイだらけでワロタw

  5. 日本の名無しさん
    2016年4月23日 12:46 AM

    わたしは門限までに帰って来れなかったら彼氏にお母さんがお仕置きしてって頼むからといはれましたそしてある日門限を破ったから彼氏にお仕置きしてと本当に言われましたそして彼氏に呼び出されて彼氏に生ケツ出せと怒った顔で言われましたそして出すと急に思いっきり、叩かれましたそして結局600発位思いっきり叩かれました

  6. 日本の名無しさん
    2016年4月23日 3:53 PM

    私は、外に裸足で出された!、寒くて怖かった!

  7. 日本の名無しさん
    2016年5月6日 4:28 PM

    俺はお仕置きされたことすらないわ。
    みんなすごい、驚いた。

  8. 日本の名無しさん
    2016年7月18日 2:03 PM

    お仕置きといったら硝子の浣腸器を見せるだけでいいでしょう。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.