当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

男性性器の縫合手術で世界一の国は?浮気男と恐怖の嫉妬妻

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/02/19


2014年3月10日、ベトナム社会主義共和国、ホーチミンシティにある115人民病院
によると、土曜日の午後11時に浮気が原因で妻に性器を切除された男性が、同病院の救急治療室に担ぎ込まれました。

恐るべしベトナム人女性

医師によると切除された性器は3分の2程であり、切り取られた局部の再生縫合手術が無事に終わりましたが正常に機能が果たせるかどうかはわからないそうです。

情報によると数か月前から浮気していた夫に妻は怒激していました。夫は愛人と密会をする為に頻繁に家から不在がちになり、妻はとてもこの事に愚痴を言っていました。

妻は土曜日にフラフラする夫に車を買い与えると約束し家に呼び出し夫が家に戻ってから、妻は大量のビールで夫を酔わせました。

妻は夫が泥酔した時を見計らって、剃刀の刃で夫の性器を切除してしまいます。局部から酷い出血をし始めた時に妻は包帯で局部を保護し、夫を病院に連れてったそうです。

次々に病院に運ばれてくる男性達

ベトナムは女系国家と言っても過言ではないくらい、市場で女性が働いています。

若い子達は、一見外見はとても可愛らしく、美しくてオザイが似合い可憐な印象を与えますが、一旦怒らせるとその怒りはご家族が止めようと、誰も抑えられない程のパワーを持ちます。

そして、男性に裏切られた女性の恨みの凄まじさはこの様な事件を多く発生させています。ベトナムで男性性器切除事件が昔から多発しているんです。

ベトナム全土に手術施設や最新医療等が整った病院の数は少ないですが、こちらの病院では、男性性器の再生縫合手術においてはエキスパートで、世界一かもしれないと世界中でささやかれています。

ベトナムの恋愛事情

ベトナム人の方達の恋愛状況をみると、男女ともに焼きもち焼きが多いようです。地方では未だにお見合い結婚が多く、恋愛感情に対しての執着は日本人の方からしてみれば人一倍と言えます。

女性が恋い焦がれて男性に好意を寄せた場合、狙われた男性は自分の母親を引き合いに出さない限り逃げられる術がなさそうです。

夫婦間の間でも、日本で言えばストーカー行為と呼ばれる事も平然と行われています。やましいことがなければ、全てみても大丈夫でしょ?という感情なのでしょうか・・・。

惚れるも地獄、惚れられるも地獄というのはまさにこの事を差すのではないでしょうか・・・。

また、男性が女性に好意を抱いた場合、そのアタックは凄まじいです。情熱的な上にすべてをささげるという状態です。そして、この様な背景で恐怖からなのかは未だ謎ですが、愛妻家が多いんです。

離婚事情は、男性は再婚は安易ですが、女性の場合再婚が難しいのが特徴です。特に地方では村社会的な世間の目もあるのであろうかと思われます。

離婚の場合は、妻に夫が妻に性器を切り落とされる等、数々のことを想定しなくてはなりません。離婚された妻の執着は凄まじく命からがら逃げる男性の方も多いようです。

男性が慰謝料を渡そうと、女性側は噛んで離れないスッポン並みの攻撃力で、公にはされていませんが性器を切り落とされ命をなくされた浮気男性はたくさんいます。

彼は彼女の人生を台無しにしたんだ。男性性器カットの容認は出来ないけれど、彼女が人生を取り戻すために良い判決が出ることを願っている。
こいつは確かに恐怖の事件だ。男は確かに罰を受けて当然だが、性器切除は、男でも女でもそれをすることは間違っている。
痛い!間違っている!旦那は自分の罪で性器を失う事に….だけど性器切除は厳しすぎる罰だ!
旦那の性器を切断することは少し間違っている気がする。だけど、彼はそれだけのことをしたんじゃないかな。自業自得だよ。
夫の性器を切断。ここアメリカでは別のベトナム人女性でこのような話があったよ。この様な女性達が再び他の男性とデートしようとしている事を不思議に思う。
男の大事な一物は、情熱を求める愛のミサイルだ!
妻は自分自身の為に良い事をした!旦那はその罰を受けて当然!
彼女は良い事をしたね!
旦那は卑劣な人だったようですね。妻は、旦那の性器の残りの部分を全て切断しておく必要がある。妻は生き地獄から脱出したんだ。
妻も夫も同じくらい恐ろしい。どっちもどっちだね。
男は彼女の人生を地獄にしたんだ。下劣でいかがわしい奴に思える。
俺は女がこういう事をするのは好きじゃない。
この事件は社会の中で小さな問題だ。これは殺人未遂だ。
まあ、妻は夫の性器の半分だけを遮断し、性器全部を切断してないし・・・・。
「痛い」というキーワード検索で、この記事を読みました!!!!
彼の為に全てを切りを取って離婚が良いと思いました。
女性は、男性のその箇所が本当に敏感であるという認識をしなければいけません。この事件に怒っています。
悲しい、悲しい出来事だ・・・。
ありえない!

やっぱ女性は恐ろしい

昔から日本では嫉妬に苦しんだ女性が鬼女になると言い伝えがあります。いつの時代でも女性を恋愛感情で怒らせるのは危険だということですね。ベトナムでは恋愛や夫婦関係をとても重視しているようです。

日本では、男女の付き合い、結婚離婚事情など、男女の関係が、自分たちの祖父母や親の時代と比べて昔より気軽になっています。特にアジアの国の中では、現代の日本はとても自由な国だと思います。

海外では、夫婦同伴でパーティや、レディーファーストが当たり前の国が多いようです。そして、海外で異国の女性と恋愛をする時は、本当に心の底から愛した人でないと簡単にお付き合いということは避けた方が無難かと思います。

女性側の意見ですが、日本でも同じだと嬉しいですね。男性の場合、可愛いな、美人だな、タイプだなという女性に出会い、その場のノリでついうっかり手を出したら最後という可能性もあるようです。

また、旅先の南国などで暑くてお酒に酔った勢いで朝起きたら・・・・自分のタイプとは程遠い人が横にいて全責任を取らなくてはいけない!というとんでもない事に遭遇されませんようにと祈るばかりです。

(参考)http://www.japantoday.com/category/world/view/vietnamese-
woman-cuts-off-husbands-penis
http://english.vietnamnet.vn/fms/society/93325/sleeping-man-s-penis-cut-
off-by-his-wife.html
http://tuoitrenews.vn/society/18955/vietnam-man-cuts-off-throws-his-tool-
into-canal
http://www.thanhniennews.com/health/vietnam-doctors-attach-mans-penis-
cut-off-by-jealous-wife-24547.html

浮気も命がけだ。妻が車を買っていいって言ったり、必要以上にビールを飲ませてきたら身の危険を感じないと。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2017年2月19日 11:04 PM

    昔のベトナムの王国って王家以外は娘の婿が家を継ぐ母系社会なんだよね確か
    貴族はそうだったらしいけど庶民でも同じ母系だったのかな

  2. 日本の名無しさん
    2017年2月19日 11:53 PM

    コレて妻が浮気して夫が妻の性器を切り取ってもこんなコメントにならんやろうな 思い通りにならないから他人を傷付けるてダメだろ 子供がオナニーしてて許せないからチンコやマンコ切る取るか?人間て何処まで行っても自分勝手な生き物やな

  3. 日本の名無しさん
    2017年2月20日 1:37 AM

    まぁ女より男のほうが性欲に左右されるからな。玉を切り取らないと意味ないかもしれんが。

  4. 日本の名無しさん
    2017年2月20日 3:15 AM

    性器切り取って奇跡的に男性が問題にせず元サヤに戻ったところで、男性としての自信も失い鬱になるかも知れないパートナーを抱えて幸せなのかね?

    パートナーが今後どうなるか考えず自身の怒りに身を任せた時点で既に愛情は冷めている気もするけどな

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.