当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

死者まで出る命がけの成人式!?バヌアツ共和国のバンジージャンプ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/08/04

W322
南太平洋にあるバヌアツ共和国では、世界でも珍しい驚くべき儀式があります。「ナゴール」と呼ばれるその儀式では、成人男性と認められるにはとても危険なバンジージャンプをしなければならないのです。

バンジージャンプといっても、私たち日本人が想像するような安全対策がきちんと取られたものではありません。背の高い木にやぐらを作り、頂点に縛ったつるを足首に巻きつけてジャンプをします。

このまさに「命がけ」の儀式では、自分の力の強さを示す以外にも、豊作を祈願する儀式としても行われています。これが、現在のバンジージャンプの原点となったと言われています。

25
出典:http://www.dailystar.co.uk/news/latest-news/388024/Boys-bungee-jump-vines-ancient-tribal-ritual

命がけの成人式

足首につるを絡み付け、20〜30メートルの高さのやぐらから地面に向かって一気に落下する・・・。

バラエティ番組に出てきそうな度胸試しに聞こえますが、これは南太平洋のバヌアツ共和国ペンテコスト島で実際に行われている、成人になるための儀式です。

この儀式は「ナゴール」と呼ばれ、成人男性と認められるためには参加しなければなりません。

26
出典:http://www.dailystar.co.uk/news/latest-news/388024/Boys-bungee-jump-vines-ancient-tribal-ritual

儀式に参加するのは10歳前から30歳ほどまでの男性で、参加者が自ら約7週間かけてジャンプ台となるやぐら作りに参加します。命綱となるバンジーのひもは、自分で慎重に選んだヤムイモのつるを使います。

つるは短すぎると落下の衝撃で足首を壊してしまったり、やぐらにぶつかったりしてしまう一方で、長すぎると地面に直に落下してしまいます。そのため、つるの選択には自分の命がかかっているのです。

普通のバンジージャンプのゴムとは異なりつるには伸縮性がないため、ちょうどいい長さのつるでもジャンパーの体にはかなりの衝撃がかかります。ジャンプの後に破損しているやぐらは、その衝撃を物語っています。

この命がけのジャンプを成功することによって初めて、ペンテコストの地に成人男性として認められ、男性としての強さを示すことができるのです。

驚くべきことに、大人の男性だけではなく10歳前の男の子もこの儀式に参加することもあり、10メートルほどの高さのやぐらの低い位置から飛び降ります。

また、ナゴールは成人への通過儀礼としてだけではなく、豊作を祈願する儀式でもあります。

ジャンプをする人の勇敢さによって、翌年のヤムイモの収穫の出来具合がかかっていると言われています。そのため、村人たちは歌い、踊り、ジャンプをする男性たちを送り出します。

ナゴールの由来

ナゴールの由来は、約1000年前に起きた一組の夫婦の出来事に始まります。ごく普通の家に住む男が妻に暴力を振るい、妻が家を飛び出しました。

夫から逃げるためにジャングルに入り高い木に登って隠れていましたが、後を追ってきた夫に見つかってしまいます。

怒った夫は妻を捕まえるために木に登ってきますが、あとちょっとのところで妻は木から身投げをし、それを追った夫も木から飛び降りました。

夫は地面に叩きつけられて死亡してしまいましたが、妻は足に巻きつけていたつるのおかげで、夫からも逃れ一命もとりとめることができました。この出来事が儀式として発展したものが「ナゴール」で、バンジージャンプの起源と言われています。

この儀式は現在でも、毎年4〜5月のヤムイモの収穫の時期に行われています。着地地点が土であるために、けが人も続出し死者も出ることもしばしば。

それでもスリル満点の命がけの儀式を見ようと、たくさんの観光客が訪れています。今ではエンターテイメントとして、観光客向けのジャンプも用意されています。

世界には様々な成人の儀式がありますが、ナゴールは最も危険な命をかけた成人式と言えるでしょう。日本の成人式が本当に平和に感じます。この「命がけの成人式」、世界の人の反応はいかがでしょうか。

初めてこのジャンプを見た時は本当に怖かった。思わず息を止めてしまった。落下して地面に当たる音を聞いた時は骨が折れたのと思った・・・
この儀式は深い歴史と意味を持っていて、世界でも風変わりな習慣だな。私には到底彼らのような勇気はないけれど。
この儀式は島の正式な文化だけど、見るだけでも怖い。もしかしたら死者がでるかもしれないし、地面に落下する衝撃の音を聞くだけでも鳥肌が立つ・・・
これは度胸と勇気を測るための儀式だ!ジャンプをすることで、社会から認められるようになる。少しはこういう要素はイギリスも見習った方がいいのかも。
地面に向かってジャンプ・・・もし生き残れば立派な成人になれる。ナゴールは世界でも最も危険な成人式に違いない。
アメリカに生まれてよかった・・・
信じられない、自分には絶対にできない。
残酷すぎる・・
本当に驚きの文化だ。世界にこんな文化があるなんて想像できない。
これ試してみたい!
バヌアツに行った時この儀式を見た。かなりの衝撃!自分でつるを選んでそれを足首に巻きつけるなんて信じられない・・・。
高所恐怖症だから、自分には絶対できない!
これがバンジージャンプの由来かぁ。
すごい!裸同然の姿でやぐらから飛び降りるなんて!
儀式のためにやるんだろうけど、でもやっぱり信じられない。
怖い!!民族の小さな子どもでさえジャンプしてるなんてありえない!
これは危険。いつかやぐらの木が折れて、怪我したり亡くなったりするんじゃないかな。
彼らは本当に強く、そしてクレイジー。神への信仰心が彼らをそうさせてるなんて不思議だ。
豊作を願って飛び降りるなら、肥料をつかえばいいのに・・・。
足がちぎれてしまいそう・・・。

世界には成人になるための多様な儀式がありますが、中でもこのバヌアツのバンジージャンプはかなり衝撃的です。

成人として認められること、豊作を祈願することの儀礼として、古くから変わらない風習を引き継いでいることは大切なことだと思います。

しかし怪我人や死者が出ているにもかかわらず、危険な方法を変えることなく現在も行われているというのは、世界の人からはなかなか理解しがたいようです。

日本でも成人を迎えると、子ども時代を終え、自立し、大人の社会へ仲間入りすることを自覚するために成人式を行います。女性は振袖、男性はスーツや羽織袴などの正装で、地方自治体の成人式に参加するのが一般的です。

大人になる儀式という意味ではナゴールと同様ですが、儀礼の方法が全く異なります。「命がけで成人式に望む」なんて日本では考えられないことが、海外の国では常識的に行われているわけです。

もし、バヌアツのペンテコスト島に生まれていたら、このバンジージャンプも通らなくてはならない儀式だったことでしょう。私自身も含め、「日本に生まれてきてよかった」と思う人がほとんどだと思います。

ただ、このナゴールにおいて、「成人になることへの覚悟」を持つという意味では、誰もが一定の年齢になれば成人できてしまう日本人にとって、学ぶこともあるのではないでしょうか。                           

(参考)http://www.dailystar.co.uk/news/latest-news/388024/Boys-bungee-
jump-vines-ancient-tribal-ritual
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2138837/Land-Diving-ritual-sees-
tribesman-bungee-just-inches-ground.html
http://www.bungyjapan.com/ja/index.php/bungy/sections/C5/
http://www.jvgs-npo.com/history_and_culture.html
http://edition.cnn.com/2014/03/30/travel/vanuatu-land-divers/
http://www.internationaltravellermag.com/land-diving-in-vanuatu/
http://www.cracked.com/article_16313_the-5-most-terrifying-rites-
manhood-from-around-world.html
http://iroha-japan.net/iroha/A02_holiday/02_seijin.html

ナゴールの由来は面白いと思った。しかしこういう儀式はなんでヤムイモの豊作と関係あるんだろう。全く関係ないのを1000年も試せばわかるんじゃないだろうか?

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年8月4日 11:42 PM

    欧米の奴らは自分たちが文化の絶対主義的な中心と認識してるから このような文化や風習に対して 偏見もってるよね
    ほんとやつらは傲慢だ

  2. 日本の名無しさん
    2015年8月5日 1:45 AM

    噛まれるとめちゃくちゃ痛い蟻がめちゃくちゃ入ってる草で作った袋に手を突っ込むやつよりはマシかな。

  3. 日本の名無しさん
    2015年8月5日 3:20 AM

    1の通りだよねぇ。
    衣食住すべてがそうだもの

  4. 日本の名無しさん
    2016年8月22日 8:08 AM

    ヤバい、足いたそう。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.