当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

届く?届かない?どっちなの?アメリカの信用ならない宅配事情

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/11/19

11182
アメリカの郵便局には、日本では当たり前の「時間指定お届けサービス」が存在しないどころか、大切な荷物が届く予定で1日中どこにも出掛けずに待っていたのに、結局届かなかった、なんていうことも起こります。それどころか、荷物を紛失されてしまうことも稀ではありません。

紛失は当たり前!?

今回、とある掲示板で話題になっていたのは、不幸にも連続して2つの荷物をUSPSに紛失されてしまった青年の投稿です。

内容を見る前に、アメリカの郵便と宅配業者について少し説明しておきましょう。

・USPS・・・日本にある郵便局と同じようなもの
・UPS、FedEx・・・民間の運送会社

USPSとUPSは名前が非常に似ていますが、全く別の会社です。

アメリカでは、遅延や紛失といったトラブルがいちばん多いのはUSPSだと言われていますが、支店の多さや料金面から見て一番便利なのもUSPSなので、利用者が多いためにトラブルも多いのが実情かもしれません。

また、サインが不要な荷物で受取人が不在の場合には玄関前に置き去りにされてしまうこともあるため、盗難などの被害に合う可能性もあります。

それでは、投稿を見てみましょう。

「友達の荷物をUSPSが2回も連続で紛失した。それで、被害を受けた友達がUSPSのホームページにある『お客様アンケート』に書き込みをした。」

その書き込みがこちら
「もう、USPSは絶対に使いたくない。FedExとUPSからの荷物を受け取るためには、サインの代わりに毎回股間を蹴られるとしても、そっちのほうがマシ。」

この投稿に対し、アメリカ各地からはこんなコメントが寄せられていました。

手癖の悪い配達員に当たったのかもね。
↑治安の悪い場所だったら、荷物を近所の人に盗まれた可能性もあるよ。
↑以前うちに配達に来ていた配達員は僕たちの手紙を盗んでIAに捕まったけど、他のルートに回されただけでクビにはなっていないって。がっくり。
私にとってUSPSはとても信頼できる会社だけど・・・。私が知っている限りでは、トラブルがあったというのは規制されている物を送る人や、小さな地域に住んでいる人だけ。
↑僕にとってはそうじゃない。USPSから送られてくる手紙はいつも折れ曲がっていたり破れたりしているし、荷物も壊されている。UPSとFedExはそんなことない。
↑ニューヨーク市に住んでいるけど、USPSはFedExとUPSとは比べようもないくらい悪い。
↑私にとっては、サインをしなくても荷物を置いて行ってくれるからUPSが一番便利。USPSは2番目。窓口に荷物を受け取りに行けるから。FedExはそういうサービスを作ろうともしてくれない。
僕にとってUSPSは速いし、信頼できるし、FedExやUPSに比べると便利。ただ運が悪かっただけじゃないかな。
アパートのベルが鳴ったから急いで出たのに、USPSは荷物じゃなくて「2日以内に窓口に受け取りに来てください」っていう不在票を置いて行った後だった。
私はUSPS大好き!速いし、信頼できる!
↑そう言う人は、君だけだよ。
すごく時間がかかったことはあるけど、少なくともまだ荷物を失くされたことはない。
つい最近、自分宛の荷物が宛先住所不明で送り主に返送されてしまった。他の郵便は毎日きちんと届いているのに・・・。どういうことだ?
郵便配達の人が、私宛の手紙を間違えて隣の家に配っているのを見た。封筒には、ちゃんと家の番号が書いてあるのに。
僕が彼女に買ったバレンタインのギフト、2/14までに届くようにUSPSから送られて来るはずだったのに、3月になった今でも届いていない。
USPSは全然使えない。手紙を届けるという単純な作業が全くできないのに開き直っているCanada Postと一緒。絶滅するべき。
私の家のルートを配達をしているUSPSの配達員は最悪。3つも荷物を失くされたことがあるし、いつもポストに手紙をぐちゃぐちゃに突っ込まれる。
USPSにアマゾンで買った品物を失くされたのに、アマゾンが払い戻しをしてくれた。いいぞ、アマゾン!
USPSからの荷物を受け取るのは嫌い。荷物の追跡サービスがあるっていうのに、ちゃんと機能してないし・・・。
今までにUSPSで本を4回送ったことがあるけど、毎回「包装が破けていて、もともと本は入っていませんでした」とメモが付いているか、紛失されている。
やられた・・・。今度は俺が注文したシャツを失くされたみたいだ。
地元のFedExの配達員とは、両親が仕事の関係でしょっちゅう荷物を送っていたこともあって長い付き合いがある。その配達員は、僕たちが住んでいる小さな町でずっと同じルートを担当している。

親戚に配るためのクリスマスクッキーを焼くときは、その配達員の名前もいつもリストに載っていた。言うまでもないけど、僕たちの荷物はこの8年間一度も紛失されたことはない。要するに、配達員はクッキーが好きだっていうことだよね。

ここ数週間くらい、USPSのサービスがはるかに悪くなっているみたい。配達済みと言われた荷物は届いていないし、イーベイで買った商品は「住所不明で配達不可能」になっていると分かるまでに2週間。その上、商品は送り主に返送されていた・・・。
↑もしかしたら、郵便局の片隅に置かれたままになっているのかも。私の場合はそうで、2ヶ月後にようやく見つけてもらえたよ。
荷物を失くしたくせに、追跡サービスの情報は配達済みになっていた。後で紛失したことを認めたけど、そのことには腹が立ったね。
お母さんにバインダー2冊分のゲームカードと本を何冊か送ってもらったことがあったけど、僕の物は盗まれて、代わりに分厚いドイツ語の聖書が入っていたことがあったよ。
グアムに住んでいた時、4ヶ月で5個の荷物を失くされた。ほんとにバカげてるよね。
残念だけど、彼のその投稿も紛失されちゃうだろうね。

この投稿に寄せられたコメントは、3ヶ月の間に300を超えていました。日本に比べ面積も大きく人口もはるかに多いアメリカですから、送られる手紙や荷物の量が膨大なのは分かりますが、それにしても紛失の被害に遭ったことのある人が多すぎる気がしますよね。

また、会社によりトラブルの量に差はありそうなものの、どこの会社を選んだとしても、紛失のリスクは付きまとうようです。

配達物が一時的に増えるクリスマスの頃には、小包の配達に1ヶ月以上かかってしまうなんてことも少なくありません。荷物が増えるとその分トラブルも増えますから、日本からアメリカへ荷物を送る際には、イベント時期は避けて送るというだけでも、少しはリスクを回避できるかもしれません。

(参考)http://imgur.com/JIYW1Fc

一日中どこにも外出しずに待っていて、結局届かないとか、2度も連続で紛失したなんて、その怒りはどう晴らせばいいのだろう。サービスが悪すぎるがそれでもなおその業者に荷物を任せるのは、どれだけギャンブル好きなのか日本人には理解できないレベルだと思う。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2014年11月19日 6:34 AM

    なんてタイムリーな記事。
    東海岸に住んでるけど、まさにUSPSに荷物なくされた。「届けたのは間違いない」って実際届いてないしアパートの管理人も預かって無いって言ってるのに絶対認めなかった。ほんと腹立った。

  2. 日本の名無しさん
    2014年11月19日 12:12 PM

    配達員よく撃たれねーな

  3. 日本の名無しさん
    2015年7月30日 8:15 AM

    知り合いが荷物を送ってくれてから一週間以上経つのに全く届かない。
    前送ってくれた時は1週間ぐらいで届いたのに。紛失してないか、無事に届くのか心配で仕方ないです。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.