当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

アメリカで人気の寿司はブリトースタイル!?スシリトーが大ブーム!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/12/16

J379
アメリカ、サンフランシスコで、あるユニークな食べ物が街角で大行列を作るほどの大ブームを呼んでいます。その名も「スシリトー」。

日本の太巻きをさらに大きいブリトーサイズ(10cm前後)にしたような外見で、アメリカ人にとって普段は高級な寿司と、一般的で人気のあるブリトーの特徴を組み合わせたアイデア商品です。

街頭やレストランで滅多に行列を作ることの無いアメリカ人が、並んでまで食べたいのはなぜでしょうか?

01

スシリトーの人気の秘密は?

商品と同名のレストラン、「スシリトー」は、全米で、おそらく欧米諸国でも初めてこのユニークな商品を売り出したチェーン店です。

販売の主なターゲットは平日にランチを求める会社員ですが、彼らが貴重な昼休み時間を削ってまで並ぶのには数々のわけがあります。

商品がユニークで目新しい、ネタが新鮮でおいしい、ハンバーガーやピザなどに比べてヘルシーなランチである、注文してから会計までがとにかく早い、などの理由が挙げられます。

しかし第一の理由は商品自体が絶妙でインパクトのあるネーミングであることが挙げられるでしょう。

現在では、サンフランシスコ市内に4店舗、パロアルト市内に1店舗のチェーン展開をしており、まだまだ人気の冷めやらない様子です。

02

寿司とブリトー、コンビの発想はここから生まれた!

アメリカで「スシ」といえば一般的に巻き寿司(sushi roll)をさし、「スシ」と「ブリトー」はどちらも「巻く」ことに共通点があると言えます。オーナーであるピーター・イェンさんは、新商品の生まれたきっかけをこう語ります。

「僕らは、とにかくたくさんの具を入れて出きるだけ大きくして、細かくカットしなくてもいいブリトー形式にして売ろうと決めたんです。欲張りで、怠け者だから(笑)。発想はジョークのノリで生まれました」

スシリトーが商品として完成するまでに、オーナーとメインシェフの二人は、いかに中身を崩さずに、巨大な寿司を巻くことができるのかを求め、試行錯誤を重ねました。

「私たちはまず、ご飯に混ぜる酢を変えました。米も特別なものに変えました。海苔もスシリトー用に特別に作らせたものを使用しています」とメインシェフ、タイ・モーラーさんは言います。

メキシコ料理であるブリトーは、小麦粉を原料とした薄皮(トルティーヤ)の上にスパニッシュライス他、いろいろな具を乗せて巻いたものですが、スシリトーはご飯と具を海苔で巻いているので、素材的にはほとんど「スシ」に近いと言えます。

日本の太巻きと大きく違っている所といえば、アメリカらしいユニークな具材が巻かれているということです。

メニューにある名前もそれぞれ、「芸者のキス」「悟り」「サーモン・サンバ」「すもうクランチ」など、遊び心が満載で、折り目正しい日本の寿司というよりは、ラテン系のブリトーのイメージを彷彿させなくもありません。

03
メニューの名前もオリジナリティーたっぷりで絶妙ですが、中に入れる具も名前に負けず劣らずユニークで手の込んだものだと言えるでしょう。

蓮根チップスやアスパラガスの天ぷら、きゅうりのなます、赤タマネギや赤キャベツの漬物など、野菜系のネタが充実しているので、寿司好きはもちろん、サンフランシスコのヘルシー志向の人々をも惹きつけていると言えそうです。

すべてその場で巻かれるので作り置きがなく、巻きたての海苔の食感も楽しめます。

あらゆる人々がスシリトーにどれほどハマっているのかは、以下の反応からも窺えます。

スシとブリトーの組み合わせほどサンフランシスコの特徴を上手く説明できるものはなし?!
寿司が好き?ブリトーも好き?ほとんどの食通は両方好きだろうけど、だとしたら絶対スシリトーは大好きなはず!全部のメニューが8ドルから12ドルくらいで、どれも十分値段の価値があるよ。
何でみんながこんなに騒ぐのか良く分かる気がする!サンフランシスコに来たのは2回目だけど、もう誰もが1週間に一度は行ってるんじゃないかってくらい、超人気で、超満員の場所だよ。

とにかく長蛇の列だけど、列の進み具合は早いから待つのはそこまでバカバカしくない。私的にお勧めなのは “芸者のキス” 。他には “サーモン・サンバ”、“サトリ”を試してみて。

なにこれ?まじで?スシリトーはとりあえず絶対試さなきゃいけないでしょ。ランチタイムの行列はとにかくすごくて、普通だったらクラブの入店待ち?ってくらいの長さだけど、みんな楽しそうに並んでた。スタッフもすごいスピードで働いてるよ。見た目の列の長さに引かないように。
サンフランシスコにいる時は、気づくといつでもここに行きたくなるんだよね〜。おまけにスシリトーで撮った写真をインスタグラムにアップしたら、久々にすごい数の“いいね!”もらって。だからってのもあるけど、とにかくスシリトーすごい!
いつも具材に刺身が入ってるものを頼むんだけど、中でも “芸者のキス” が一番!すごく新鮮でおいしい、“食べられる筒”ってかんじ。
また変なのアメリカは考えたな〜!的なノリで面白半分で行ったお店。ぼくが頼んだのは豚バラのやつ”Porkvorce”。豚の角煮みたいのが中心で、その他にもキャベツ、大根、アボカド、マヨネーズが入ってた。これが意外といけるっ!!!

普通に美味しかったですよ!どちらかというとおにぎりに近い感覚でしたね!大きさも結構大きいので、お腹もいっぱいになります。友達とシェアして他の種類も何個か食べましたが、比較的全部美味しかった!日本人にもうける味では?

僕自身は変なコンセプトのものが大嫌いな人間なんだけど、スシリトー最高っ〜〜〜!実際週一で行ってる。スシリトーの他には数点しか惣菜ないけど…“盆栽サラダ”と、“溶岩ナチョ”。これらもうまい!もうリピーター間違いなし。色んな種類を食べてみたい。

 

この店、地元にはないから、今回初挑戦。“芸者のキス” を試してみました!中にはキハダ鮪、卵、チリペッパー、柚子トビコ、蓮根チップス、なますきゅうり、リーフレタス、ジンジャーアボカド。

はっきり言って、僕にはぞれぞれの具材がどんな味でどこに入っているか見当つかなかったけど、すばらしく手の込んだ巻き寿司でした。一口ごとにおいしさが伝わってきましたよ〜。

スシリトー大大大好き!小さめの店舗に行ったから、最初は座るとこがなかったけど。従業員はとってもフレンドリーだし、働き者。カウンターにたどり着いたら、ものの1分もしないうちに巻上がり。昼時間にしか営業しないから列の長さはものすごかったけど…
商品名とメニューの名付け方が天才的だよね、商品にすごく合ってる!でも仮に、ここがよくありがちな “アジアン・ビストロ” とか言う名前だとして、メニューもちょっと日本語を入れただけのつまらない名前だとしても、最高点付けるよ。そこまで美味しい!!
“芸者のキス” は最高でした!!新鮮な魚、パリパリの蓮根チップス…食べる価値ありです。塩加減も丁度いいかんじでした!
もし、スシとブリトーの要素が半々だったら、まさにスシリトーって言えるんだけどな…スシリトーは、午前11時から午後3時までオープンしてる流れ作業の持ち帰りのスシ・ブリトー工場って感じかな。

サーモン・サンバが一番好き。照り焼きサーモンとサクサクのアスパラガスの天ぷらと、シャキシャキしたきゅうりと、本当にいい味付けのネギソース、例えるなら味のメリーゴーランドか!?

土曜の午後、夫婦のランチに持ち帰りしました。20分並びましたよ〜。店員さんはとってもフレンドリーだし、ブリトーは最高!
地元の友達の勧めで一緒に行って、サーモンのやつを選んだらすごくうまかった。10ドル〜12ドルくらいだったけど、まさに値段通りのクオリティー!行った店舗は席がないから、座って食事はできないけど。
ただただスゴイ!スシ好きとメキシコ料理好きには、このコンビはたまらない。食べてみたらスシとブリトーのコンビではなかったけど、そのおいしさと豪華さにびっくり。最高!!
スシ・ブリトー最高!これはまさに期待以上。海老の天ぷらと魚のすり身の巻きは本当においしい!時間がない時のランチにぴったり!超オススメです。
スシ・ブリトー?スシリトー??変な名前だよね。刺身と魚介類、肉類、野菜なんかが入ったスシ・ブリトーを販売している店。誰もがお気に入りのアイテムを見つけられるはず。ランチタイムには800mもあろうかという長蛇の列ができるけど、恐がらずに並ぼう!びっくりするくらい列の流れは速いから。
東洋の具材を入れた包みと握りを合わせたフュージョンだよね。具材は刺身やマグロのすり身、生鮭やスモークサーモン、味付け牛やサクサクのチキンなど。みんな初めて食べるだろう具は蓮根チップスや豚の角煮、焼き卵など。

その場で巻いてくれるから、自分の好きじゃない具材を入れないでもらうことができるんだ。

ランチにするならもってこいのお店です。新鮮で味わい豊か。私のお気に入りは…というか、それしか頼みませんが、“ブッダの腹”です。オプションでハバネロソースを中に入れてもらうのを忘れないでね〜すごくパンチが効いて美味しくなるから。

次は「おにぎり」が流行る?

日本を代表する食、寿司は、もはやアメリカの食文化において欠かせないと言っていいほど定着しています。

その反面、アメリカではすでに「 futomaki roll(フトマキ・ロール)」として紹介されている太巻き寿司は、ほとんどの人が「いったい何のことだろう」と首を傾げてしまうほど、その意味は浸透していません。

オーナーであるイェン兄弟の作り出した斬新なネーミングは、本来は寿司好きしか食べないような太巻きを、「ブリトー」の名前を入れる事で、誰もが楽しめるカジュアルな食べ物に変えたと言えます。

実際には、ブリトーの食材は一切入っておらず、寿司というよりはいわば巨大な「変わりノリ巻き」とも呼べるようなスシリトーですが、その味には驚くほど多くの人が魅了されています。

そして、スシリトーを筆頭に現在では同じコンセプトの類似商品が、全米の主要都市を中心に広まりつつあります。

その人気を見る限り、海苔巻きだけではなく、日本のソウルフードとも言えるおにぎりさえも具材豊かにすることによって、多民族国家アメリカで、すなわち世界の食文化の中で受け入れられる可能性が充分にあると言えそうです。

私たち日本人が愛してやまない「ご飯と具材を海苔で包んだ食べ物」が、このまま勢いに乗って全米のあらゆるコンビニエンスストアで見かけられる日もそう遠くはないのかもしれません。

(参考)http://www.wsj.com/articles/SB1000142405311190359110457647
0500897889290
http://www.yelp.com/biz/sushirrito-san-francisco
http://www.tripadvisor.com/Restaurant_Review-g60713-d5085701-
Reviews-Sushirrito-San_Francisco_California.html
http://www.yelp.com/biz_photos/sushirrito-san-francisco-4?select=Pf6Q-DW-
0NhwMk8Qj7mgpA
http://www.yelp.com/biz_photos/sushirrito-san-francisco?select=
6ealJ90y0t6onpY1fdywqw
http://www.sushirrito.com/

ネーミングセンスがすごい! 日本の巻きずしより具が多くておいしそうな感じがする。これは行列できても不思議じゃない。日本でもスシリトー来てくれないかな。

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年12月16日 11:08 PM

    和食、寿司、おにぎり、鍋も日本酒も抹茶・緑茶も、健康志向と知的イメージ、日本文化という特別感に叶う。
    一方スシリトーは無国籍風味がより強く、ファストフード、ジャンクフードに近い扱いからは離れられない感じ。

  2. 日本の名無しさん
    2015年12月16日 11:29 PM

    米の薄さを見ると、生春巻きやモノホンのブリトー寄りな味わいだろうな

  3. 日本の名無しさん
    2015年12月16日 11:48 PM

    野菜も入っていて美味しそう

  4. 日本の名無しさん
    2015年12月17日 12:01 AM

    おにぎらずと巻き寿司の中間ぐらいの感じ?

  5. 日本の名無しさん
    2015年12月17日 12:13 AM

    語呂が悪いわボケw

  6. 日本の名無しさん
    2015年12月17日 1:23 AM

    海外の寿司にしては美味しそう

  7. 日本の名無しさん
    2015年12月17日 3:52 AM

    リスペクト無しの劣化版寿司という訳ではなく、アメリカ人なりの寿司のローカライズなんだろうなと思わせる
    完成度がどうのと言うより、アメリカ人が好きだろうなという感じ満載

    ただ、鮭の照り焼きって囧rz

  8. 日本の名無しさん
    2015年12月17日 6:14 AM

    ファストフードの寿司として先祖返りした感じ。

  9. 日本の名無しさん
    2015年12月17日 6:28 AM

    そりゃ具を食いたいよな
    日本でもパンにはなんでもぶっ込んで売ってるし

  10. 日本の名無しさん
    2015年12月17日 7:12 AM

    外人はこういうのがヘルシーに見えるのかね

  11. 日本の名無しさん
    2015年12月17日 1:17 PM

    おにぎらず人気だしスシリトー(語呂わるい)来るか?

  12. 日本の名無しさん
    2015年12月17日 7:11 PM

    固定概念にとらわれないのは良いと思う
    日本もそうやって食文化を発展させてきたしね

    ラーメンにしたって豚骨で出汁を取るなんて中国人には思いつけなかったろうし

  13. 日本の名無しさん
    2015年12月19日 6:23 AM

    要は手巻き寿司の大型版って事かな?
    それで海苔とかがサイズ変更に伴って魔改造されてるって事?
    ちょっと食べてみたいかも

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.