当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【好きなものは先にやる?後でやる?】日本とアメリカの考え方を徹底比較!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/11/03

11042
今、あなたの目の前に、美味しそうな料理がいくつかあるとします。手前にはあなたの大好物のものが、その隣には大好物までではないけれど好きなもの、そして奥にはあなたがあまり好きではないものや嫌いなものがあるとします。さぁ、あなたはどのような順番で食べますか??何を最後まで残しておきますか??

料理

私の場合は、時には好きなものから食べ、時には嫌いなものやあまり好きではないものから食べるなど、あまり決まってはないのですが、食べ方としては基本的に三角食べ(少しずつ順番に食べる)をしています。

ただ、必ず決まっていることは、大好物のものは一口分を最後まで残しておいて、シメに味わって食べます。そして、私独自の統計からして、日本人にはそういう人が多いです。私は現在アメリカに在住していますが、ここに来て、気付いたことがあります。

食べる順番も国民性?

アメリカ人はほとんどの確立で大好物を先に全部食べてしまうということです。そもそもアメリカ人は嫌いなものは食べません。基本的に、イエス・ノーがはっきりしている国民性ですので、いくら友人の手料理であっても、招待された席でも、嫌いなものは嫌いなんです。手をつけません。

一方日本人は、嫌いだとしても、出されたものは全部食べようとしますよね。「お皿の上に乗っているものは完食する!」親のしつけもありますが、実はこれ、小学校時代の「給食」で鍛えられたことなのです。

アメリカ人の場合は、親がしつけしない限りは、いつまで経っても嫌いなものを食べようとしません。アメリカ人である私の夫はこう言います。

「好きなものは最初に食べないと!美味しいんだから!お腹減ってるんだからさ~。嫌いなものを最初に食べる奴なんてどこにいるんだよ?嫌いなものは嫌いって最初から言っとかないと!俺の知り合いのアメリカ人は、俺と同じようにみんなとにかく好きなものから順番に食べてるよ。」

・・・ということで、アメリカ人は「好き嫌いがはっきりしている」=「偏食」をする人が多いようですね。アメリカにベジタリアンが多いのも、以下の図式の通り、偏食から始まったとも言われています。

元々アメリカは過剰肉食文化で、食生活は肉中心

肥満になる

その反動で「野菜を食べなきゃ!」という極論に達する

ベジタリアンになる

ちなみに、アメリカ人が大好きなケチャップ。フライドポテトにたっぷりとケチャップをつけて食べるのが彼らの王道ですが、実はアメリカ人の多くは、そのケチャップを「野菜」とみなしています。どれだけ良い食育が与えられていないかがわかりますよね?ちなみに、元々ベジタリアンという移民もアメリカには多くいます。

「最初に楽をしたい、好きなことをしたいアメリカ人」と
「後にゆっくりしたい、好きなことをとっておきたい日本人」

今回の記事では、このようなタイトルを元に、アメリカ人と日本人の正反対の性質を、ある行動において実証していきたいと思います。そしてその行動に対する世界各国の声も同時に聞いていきましょう!

ちなみにここまでで、さっそく実証できたことは、

「なにがあろうが、好きなものは最初に食べる!」アメリカ人 
VS 「好きなものは最後にゆっくり味わいたい!」日本人

でした。

国民性による行動の違い

行動その1「駐車」編
 アメリカ人・・・前から駐車する場合が多い

前から駐車

↑自宅でも広いドライブウェイに前から楽々駐車! 

 日本人・・・バックで駐車する場合が多い

バックで駐車

↑公共の場でも99%バックで駐車

ロシアでは、交通のルールやマナーを守らない人が多いよ。僕も時々急いでいるときは変な車の止め方するけど、前から止めるとかバックで止めるとか以前の問題で・・・。駐車場の黄色い線からはみ出したり、駐車している車の前に堂々と止めてみたり・・・。

  
ひどい止め方

特にスーパーで買い物するときは前から駐車するよ。その方が、買い物した品物を後ろから入れやすいからね。
確かにバックで入れた方が出る時に簡単だけど、後のことはいつも考えないよ。入る時に入りやすければ問題ないよ。

関係なしに駐車

ハワイでは後ろから駐車するのが普通だよ。緊急の時もすぐ逃げられるからね。
日本人には多分集団的な心理が働いて、みんなバックで駐車するんじゃないかな?
ウェールズの人は後ろから駐車するみたいだけど、その他はほとんど前から駐車してるよ。
出る時に楽だから、僕は後ろから駐車するよ。
ホテルで、お客さんの車を駐車場に移動する仕事をしてるけど、いつも後ろからとめてるよ。お客さんがバックで出るのが大変だからね。
日本人は、すべての面に気を配って行動してるんだね。
カリフォルニアでは、一方通行が多いので、バック駐車はありえない・・。
バック駐車は、事故を未然に防げるよ。
バックで駐車するには、明らかに運転技術が必要となる。他の車にぶつけちゃ大変だからね。
バックで駐車する方が簡単だよ。
歩行者をいつでも確認できるようにするためにはバックで駐車しておくのが一番安全なことだと思います。
おそらく日本は、災害などが起きた時のためすぐに避難できるように後ろからとめているのだと思います。
私の会社では、何かあった時にすぐに出発できるように、後ろ向きで駐車することがルールになっている。

さすが日本人のみなさんのご意見、すばらしいですね。歩行者のために、災害が起きたときのための・・・。常に身の回りのことに心配りをしているのがわかります。それから、運転技術の問題も言われていますが、車の運転における技術も日本の方が優れているのかもしれませんね?

行動その1「駐車」編―実証
「最初に楽をして前から駐車する!」アメリカ人 
VS 「最後にゆっくり安全に出たい!」日本人

行動その2「お支払い」編
 アメリカ人・・・クレジットカードやデビットカードと現金払いの割合が半々
 日本人・・・ほぼ9割が現金払い

クレジット大国のアメリカ。日本はアメリカに比べるとクレジットカード利用率が、だいたい半分だということです。日本では、約9割が現金払いです。ただ、おもしろいことに、クレジットの保有枚数は、平均約3枚とアメリカも日本も変わらないそうです。それから、欧米社会では、クレジットカードよりもデビットカード利用の方が多いそうです。
参考:日本の消費者統計(2010年日本クレジット産業協会)国民経済計算(2010年)ほか

くれじっとカード

さて、この事実に対して、各国のコメントを聞いてみましょう。

アメリカではクレジットカードはほとんどどこででも使うことができるよ。現金を一切持たなくても、カード一枚あれば、不自由なく生活することができるよ。
家はほとんどデビットカードを使ってるわ。デビットカードは、わかりやすく言えば、銀行や郵便局のキャッシュカードで、支払い時に、暗証番号と共にそのカードを提示すれば、預金の中から手数料なしで即座に自動引き落とししてくれるのよ。とっても便利でしょ?
韓国では国民の半分以上がクレジットカード支払いをしてるわ。国が協力して、どこのお店でも使えるようになってるし、カード使用での特典なんかもあるからね。韓国のお札は汚いのもあるし、現金なしでも生活できるから満足してるわ。
自分もほとんどデビットカードだけど、こないだスーパーで暗証番号を入力したら、預金残高がなくて承認されず、恥ずかしい目に遭ったよ・・。
タイでは今、クレジットカードを使った犯罪が増えているから、私はあまり使わないようにしているわ。
確かにクレジットカードの返済は大変だけど、アメリカ人は私が知っている限り、ほとんどが100万円以上のクレジット負債額があるのよ。アメリカではこれが普通だし、計画的に支払っていれば、なんの問題もないわ。
気軽にカード使える定食屋とか少ないし、スーパーでもカードだとポイントつかないし・・・。
日本のお札は海外に比べたらきれいで丈夫だし、銀行に行けば新札がきたりして気分良くなるよ。
世界中でカードが普及したのって、偽札が出回ったことも理由のひとつにあるから、日本はまだ現金が信頼されているってことだよね。
カードの怖いところは、現金なしで使えるから、自分の支払い能力を知らずに使ってしまって、あとで地獄を見るんだよ・・。
万札を持ち歩ける日本は本当に安全な国だ。
クレジットカードは、落としたり盗まれたりしてもカード会社に電話すれば利用停止にできるし、意外と安全だよ。あと、アメリカやイギリスで一般的なデビットカードは、クレジットカードよりも手軽に使えるから、もっと日本でも普及してほしい。ポイント制なんかの特典がつけば、日本人は飛びつくよ!
私はプリペイド式のスイカとかワオンカードで十分です。支払不能になることはないからね。
カードの情報が漏えいして、10万円引き出され、窃盗された知り合いがいる。
現金の支払いは借金じゃないから、払った後も気分が良い。
日本人はどうしてもクレジットカードを「借金」と考えてしまうけど、アメリカ人は「決済手段」としか思ってないよね。

やはり日本人は、「カード=借金」という図式がどうしても拭えないようですね・・。それにしても、韓国がアメリカやイギリス以上にクレジットカード大国だったとは、驚きですね!!

行動その2「お支払い」編―実証
「最初に楽をしてカードで支払う!」アメリカ人 
VS 「最初に苦労して支払って後で楽をしたい!」日本人

行動その3「家庭の貯蓄」編
 アメリカ人・・・77%のアメリカ人は将来的な貯金をしていない
 日本人・・・日本人の貯蓄額の中央値は330万円で、貯金していない家庭は31%

アメリカで、アメリカ人の貯金に関する調査が行われたようですが、なんと77%のアメリカ人が将来的な貯金をしていないことがわかったそうです。どうやら彼らにとっては、借金(ローン)を返し、家の修繕などをして、子供やマイカーにかかる費用を支払うと、貯金するための十分なお金がほとんど残らないと言います。

一方日本では、2013年の調査によると、日本人の貯蓄額の中央値は330万円で、貯蓄がない家庭の割合は31%だったようです。

貯金箱

僕のまわりには貯金していない人がほとんどだよ。日本みたいに、老後のために貯金したり、子供たちのために大学の学費を払ってあげたりもしない。子供たちは自分たちが大学に行きたいなら、奨学金や学費ローンで行けばいい。

そうやって自分でやりくりすることで、勉強に対するやる気もでるしね!とにかく、アメリカ人は未来のことをいろいろと心配するよりは、今しかない人生を楽しむのが普通だよ!!

クレジットの支払いが大変で多分一生貯金できないだろうな・・。
貯金していません。ヨーロッパでは、福祉の面が整っていて、特に大学はすべて国立大学で、学費はかなり安い上、奨学金の種類も多様にあるんです。

でも、最近ではフランスも、経済の先行きが不安で、失業率が高く、フランス人の多くは将来に不安を感じ始めるようになってきているのが事実です。なので、ここ最近では、節約をしたりして貯金をする人々が多いですよ。

子供の大学進学や結婚費用を親が負担したりすることが多いので、貯金がなくなっていきます。日本も確か同じだよね?
少なくとも私の知り合いのイギリス人は、老後の貯金はしていません。貯金するよりは不動産を買った方が得だという発想を持つ人が多いみたいです。
オーストラリアでは貯金するよりも投資したほうが得だよ。世界でも利息率第1位の国だからね。
家の主人はなんだか子供がそのまま大きくなったみたいな感じで、車が欲しいって思ったら衝動買いするし、自分の趣味にもお金かけるし・・・。カナダもそうだけど、アメリカもかな?とにかく貯金はできません。
日本人は基本的に極度の心配性みたいな感じかな?ほとんどの日本人が将来の経済的展望に不安を感じています。楽観的なアメリカ人とは異なるみたいですね。
日本人はまず投資をする人が少ないです。将来的なお金の運用に関する知識があまりないと思います。
日本人は以前に比べて貯蓄率が大分減ったのが実情です。その原因としては、多くの高齢者で無職の世帯における貯蓄率の低迷と、企業における給料が低い上に、社会保障や税金の負担が膨らんでいることにあるようです。家庭における節約やこつこつと貯金をするなどの努力が必要です。

確かに日本人が言うように、少子高齢化や不景気の影響で貯蓄ができない家庭が増えているのが現状のようですね。しかし、日本人は、いつ何が起こるかわからない時のために、常に将来に不安を抱きながら今行動することができる国民です。

貯金だけではありません。各学校や企業、団体で行われる避難訓練や防災訓練がその良い例です。海外の学校ではなかなかそのような訓練は行われないので、何か災害が起こった時も非難の仕方がわからないのです。自分の身は自分で守らないとですね。

行動その3「家庭の貯蓄」編―実証
「老後の資金よりは、旅行したり趣味に没頭したり・・、今を楽しみたい!」アメリカ人 
VS 「いざというときや、老後のために今苦労したり節約したり・・、貯金したい!」日本人

さて、3つの行動いかがでしたか?「駐車」「支払い」「家庭の貯蓄」・・・。他にもいろいろな行動で異なる点があるかもしれませんね。
極論は、人生を生きる上で、、、

「今がよければすべて良しの我が道をゆく派」のアメリカ人
VS 「後先考える慎重かつ真面目派」の日本人

ですかね??

受け継がれた習慣も、育ってきた環境も違うわけですから、なんの行動にしても異なるのは当たり前のことですよね?ただ、人生を今楽しむと同時に、いつなんどき自分や家族の身に危機が起こるかわかりませんので、あらゆる方法で備えておく必要は大いにあります。そういった意味では、日本人の「慎重さ」というのは、人生を賢く生きるのには最高の国民性のひとつかもしれませんね。

どうしても日本ではカード破産とか、クレジットカードは借金という悪いイメージが先に出てしまいがちだが、クレジットカードは購入履歴が残るので、いろんな証明に利用でき便利なため日本でももっと普及したほうが良いと思う。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2014年11月3日 12:58 PM

    面白かったです

  2. 日本の名無しさん
    2014年11月3日 12:58 PM

    日本でのスイカの普及を見るに、キャッシュ主義と言うわけでもないんだよね。
    先払いに抵抗感はないけど、後払いは避ける国民性ということなんだろうけど、
    ここにビジネスチャンスがありそうですよクレジット会社さんw

  3. 日本の名無しさん
    2014年11月3日 1:08 PM

    最近はカードのポイントを期待して、日用品以外の大きな買い物はだいたいカードで支払ってるかな。
    というかインターネットでの買い物が増えると、必然的にカードで払うケースが増えますね。

  4. 日本の名無しさん
    2014年11月3日 1:10 PM

    なぜかコンビニだけは前からとめる

  5. 日本の名無しさん
    2014年11月3日 1:12 PM

    何かあった時にはどうするんだアメリカ人は。
    借金が容易で身の丈以上に金を使う習慣は確実に身を滅ぼすと思うんだが。

  6. 日本の名無しさん
    2014年11月3日 1:13 PM

    まぁ、米国には米国のいいところがあり、日本には日本のいいところがあるっつう当たり前の結論に落ち着いちゃいますかなw
    日本人でも、米国的な考え方が好きな人もいるんじゃない?

    個人的には、若い頃は米国人的な金の使い方して、世界中を回ったり馬鹿な金の使い方してたw でも、この頃はある程度のお金を持つことによる余裕で、品物を吟味したり国産にこだわったり社会貢献を考えてみたりと、活きた金の使い方を考えるようになったよ。
    あと自分一人ならどうとでもなるけど、家族や恋人がいるといざというときにある程度まとまった金がないと、大切な人を守ることも出来ないことに気づくよ。

  7. 日本の名無しさん
    2014年11月3日 1:33 PM

    地震があった後とかは、クレジットカードじゃチェック出来なくて支払い出来ないだろ。やっぱり手元にある程度の現金は必要。
    現金なら「電気が止まった時、電卓片手に精算の時」でも物を買える。

    地震がないところはそういう感覚はないんだろうなぁ。大規模に電気が止まるほどの災害は地震くらいだろうから。

  8. 日本の名無しさん
    2014年11月3日 2:24 PM

    そういやコンビニは前から止めるなぁ。言われてみたらそうだと思った。

  9. 日本の名無しさん
    2014年11月3日 4:33 PM

    アメリカ人は、病気になると一気に破産までいっちゃう人が多いとか。貯金してないのと、国民皆保険制度がなく、医療費がとても高いかららしい。

  10. 日本の名無しさん
    2014年11月3日 4:40 PM

    コンビニは駐車場自体に転回する場所がないから、道路から入った時に道路が込んでいれば「前から入れるしかない」だと思う。後ろつかえさせてまでしてバックで入れないでしょ。

    転回する場所がある場合(他の店舗との併設の場合とか)の場合は多分後ろから入れる人が多いと思う。

  11. 日本の名無しさん
    2014年11月3日 4:51 PM

    てか日本で前進駐車とか場所によっては最悪出れない所もあるぞ

  12. 日本の名無しさん
    2014年11月3日 4:56 PM

    日本で車を運転したことがあれば分かると思うけど、
    車は前輪で方向を変えて前後するだけだから、
    前から入れるとハンドルの動きを封じることになって、
    真っ直ぐ入れて真っ直ぐ出られるところじゃないと前からは止められない。

  13. 日本の名無しさん
    2014年11月4日 4:18 PM

    前払い(プリペイド)で、出費項目を後から全部時系列データで取り出せて解析できるカードが出たら全部それで支払いしたい。
    家計簿とか小遣い管理が要らなくなるはず。

  14. 日本の名無しさん
    2014年12月1日 10:12 PM

    カードはポイントの為に持ってるけど、ほぼ現金で払う。
    カードを複数持ってる人は大体金銭感覚狂ってて身の丈以上の生活してる。
    お金に計画性の無い人はやっぱり信用できない。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.