当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

聖職者の2%はロリコン!教会は性犯罪が明るみに出にくい犯罪の温床

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/04/19

W261
2002年に初めてアメリカのメディアに取り上げられて以来、カトリック教会の聖職者の児童性的虐待問題は各国で明るみに出ながらも、アンタッチャブルな問題としてなかなか正当な処分・対応がなされませんでした。

教会上層部によるスキャンダルを恐れてのもみ消し、被害者が幼い子どもということで事件がなかなか表に出ないなど様々な問題を抱えています。

アメリカを始め、カナダ、オーストラリア、アイルランド、イギリス、メキシコなどで次々と児童虐待の事実が発覚していますが、問題の根はなかなか深く、根本的な対策が望まれています。

聖職者の50人に1人が小児愛者?驚愕の事実

2014年、7月。フランシス教皇は司教や枢機卿を含む聖職者の50人に1人、聖職者全体の2%が小児愛者であることを公表しました。インタビューでフランシス教皇は今後、教会はこれらの罪の撤廃、回復に全力を尽くしていくと述べました。

また、前の週、教皇は虐待を受けたとする児童6人と面会をしました。神聖を冒涜する許されざる罪を許してほしいと語るフランシス教皇。彼はまた「教会は罪をもみ消している。これは許しがたいことだ」と告げています。

バチカンは司教、枢機卿が含まれていることを認めていません。今後、更に被害者の数が増加するのではと考えられています。

カトリック教会におけるほとんどの施設の腐敗は疑いようがない。数百年続いた恐ろしい児童虐待を隠し続け、また今後も続けていくのだろう。
公式の数字が2%なら、現実はもっと多いのではないか。フランシス教皇は勇気を持って公表した。彼が正しい行動を起こしてくれることを願おう。誰かが何かをしなければならない。
この報道は広く広まり、全面的に調査が行われるだろう。カトリック教会は彼ら自身の評判のために勇気を持って、処理する権利がある。
男性の人口から鑑みて2%という数字は正しいのではないかと思う。男性の1ー3%は小児愛者と言われている。彼はいい法王だと思う。事実を気付かせ、非難しようとしている。彼にこの問題を撲滅してほしい。彼はすばらしい人物だ。
子どもがいるところにはどこでも小児愛者がいるものだ。悲しいけれど、事実だ。教会、学校、スポーツチーム、どこも同じ。解決法は彼らを一生刑務所に入れるしかない。決して治らないから。
彼はガッツがある。わたしは宗教的人間ではないが、彼を尊敬する。教会の腐敗を公表する努力をしたのだから。
修道女も同じぐらい悪い。わたしはリバプールにいた幼少時代、修道女に性的虐待を受けていた。ほとんどの修道女は残酷で、わたしの人生は彼女らに破壊されたようなものだ。このような事実はもう起きてほしくない。
フランシス教皇は彼が魅力的な指導者であることを再び示してくれた。2%の聖職者が児童虐待を行っていたのはショッキングだが、98%の聖職者が彼らの人生をかけて働いてくれていることも事実だ。

数字はマスコミを通して、より少なくなっている可能性もあるが…子どもを守る規制を作り、失った信用を取り戻すしかない。

50人に1人なんて、ずいぶん引き下げられたような感じだが、それが真実だとして、なぜ彼らはまだそこにいる?どうして刑務所に入らない?
児童への性的虐待は聖職者に限らない。小児愛者は子どもが集まる所にうまく隠れている。両親は子どもに教育しなければならない。大人にどのように触られたら適切ではないか、そしてそれを誰かに告げること。虐待者の行為を隠すことも同じぐらい罪だということも忘れてはいけない。
数字の信憑性は大切ではない。真実を隠さず、正直に言うということが大切だ。
今後この問題についてどのような処置がされるのか目を離してはいけない。
教会の閉鎖的な社会がどんな問題も明るみにでないようにしている。ただでさえ児童虐待は子どもが被害者のため、明るみに出ないのに…このようなことは決して許されるべきではない。
カトリック教徒だけを責めないで。子どもの虐待はどんな信仰にもある。父親に従わなければならないというのは他の信仰にもあることだ。アブラハムは彼の息子を丘に連れていって殺した。なぜなら神が彼にそうするよう言ったからというのを読んだことがある。わたしだったら、従わないけど…。

でも、その場合、わたしは神を信じていないということになる。子どもは明日には大人になる。大人の義務は子どものために準備することだ。わたしは宗教には反対しない。彼らが十分大人になったときに決断させるだけだ。

どうして告発された人々は刑務所に入らない?罪であることさえ、認めさせていないというのか。世界中で虐待が起こっているというのに…全く理解できない。
カトリックは他の組織や影響によって宗教性を失い、崩壊している。ありがたいことにイエスの教えはまだ生きているが、道を外した行いと人の犯した罪は彼の名のもとに行われてしまう。
教会は偽善の王様だ。
問題はカトリックの道徳心が失われているということだ。ミサの乱れと罪について、法律で対処すべき。
委員会は制度だけではなく、オーストラリアの文化、社会における全ての問題を明らかにした。
記録によると2011~12年、教皇ベネディクトは子ども虐待の罪を犯した聖職者を解任した。世界中のカトリック教区は腐敗に満ちている。

つらい聖職者生活?

どうして人々を導くべき聖職者による児童虐待がこのように多いのでしょう。いくつかの原因が考えられています。

  • 厳格で、独身・禁欲主義に徹することによるストレスによるもの
  • 教会という閉鎖された空間で、事件が明るみに出にくく、更に犯罪の温床になりやすい
  • 子どもへの愛情が時に一線を超えてしまう

彼らの抑圧された生活の厳しさは分からないことはありません。しかし、一旦聖職者として生きる覚悟をしたのならば、彼らを信じて教会に通う信者たちを裏切るような行為は決してするべきではありません。

改めて「宗教のあり方」について考えされられる一件ではないでしょうか。

(参考)http://www.theguardian.com/commentisfree/2014/jul/01/the-truth-
is-that-child-abuse-in-australia-has-a-distinctively-catholic-character
http://www.alternet.org/story/146920/what%27s_really_behind_the_catholic_
church%27s_sexual_abuse_problem
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2690575/Pope-Francis-admits-two-
cent-Roman-Catholic-priests-paedophiles-interview-Italian-newspaper.html

修道女に虐待を受けたっていう海外コメントがリアルで痛い。他のコメントでもあったが、日常的にもっと多い感じがする。聖職者は自分が特別な存在だから間違ったことはしていないと思いやすいのだろうか?

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年4月19日 10:52 PM

    ニダなら85%

  2. 日本の名無しさん
    2015年4月19日 11:09 PM

    前のローマ法王のtwitterが荒れてたな

  3. 日本の名無しさん
    2015年4月20日 7:05 AM

    宗教が如きまやかしを信じることじだい先ずは正すべき

  4. 日本の名無しさん
    2015年4月20日 12:20 PM

    宗教を信じるなというのは、腹を下すなら泥水を飲むなと言うのと似た様な事だ
    そういうのなら、自らの身を削ってでも教育を授けよ
    俺ができるんだからお前もやれなんてのは所詮は駄弁に過ぎない

  5. 日本の名無しさん
    2015年4月20日 1:07 PM

    虐待をしていたのが2パーセントでも、黙認していたのはどれぐらいいるんだ?
    そっちも問題でしょうに。

  6. 日本の名無しさん
    2015年4月22日 12:57 PM

    免罪符をみんなで買えばいい。
    教会の関係者の罪は一般人同様なくなり教会は儲かる。
    敬虔な信者たちに現地人虐殺を命じた教会が何故存続している?

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.