当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

外食する気がうせる海外レストランでやめてほしい風習と反応

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/03/27

W423
アメリカで、一部のレストランがチップ廃止に乗り出したというニュースは、記憶に新しいですよね。これに刺激を受けた世界の他の国々でも、この長年のしきたりを終わらせようという声が高まっています。

このブームを受け、英国でもチップ制度のみならず、レストランでの他の様々な習慣が疑問視されるようになりました。そしてついに、2015年10月21日付の英国ガーディアン紙(オンライン)にこんな見出しが登場。

チップ廃止だけじゃない!やめてほしい、さらなる11の風習

かつて食文化への関心がうすいと言われてきた英国。この国の新聞に、こんな記事が掲載されているだけでも興味を引かれますが、果たしてこれに人々がどう反応するかも注目したいところです。

では、その「やめてほしい風習」11のリストとは?

  • 予約時にクレジットカードナンバーを聞かれる
  • 中世風の時代遅れな制服を着ている
  • 外国語で書かれたメニュー、しかも翻訳なし
  • 本日のおすすめを全部口頭で告げられる
  • パン代がチャージされる
  • 「ブラックペッパーはいかがですか?」と質問する
  • メニューに「アミノ酸」「ファイバー」など科学的な専門用語が使われている
  • 「古代の穀物」(Ancient grains)など、食べ物に合わない表現がある
  • ボトルワインを頼むとテイスティングさせられる
  • 食事の中盤で接客係がチェックしに来る
  • デザートならまだしも、スープや副菜が「泡」状に調理されて出てくる

日本人としてはあまり馴染みのないもの、英国にいてもあまり出くわさないもの、また『別にそれはいいんじゃない?』と思うもの、色々挙げられています。

そこで今回は、コメント欄で特に反響の多かった項目を3つピックアップして、皆さんにご紹介したいと思います。日本のレストランと比較しながら、実際にこれらの習慣に遭遇したらどう感じるか、想像しながら読んでみてくださいね。

パン代がチャージされる

この記事の筆者は、次のように書いています。

「レストランで食前に持って来られるパンがどんなに美味しいかなど、僕はどうでもいい。

無料サービスとして慣れ親しんできたものに、実は代金が請求されていたとなると、客としては非常に後味が悪く、食事そのものが台無しになるのだ」

近年日本でも、居酒屋のお通しについて話題になりました。注文したわけでもないのにテーブルに置かれるのでサービスと受け取って食べたら、会計でしっかり代金請求されている。

では断れば良いのか、といえばこれがなかなか言えないもの。しかも店によっては意外と高かったりする。そんな抗議を受けて、お通しそのものを廃止にした居酒屋チェーンもあるそうです。

「ブラックペッパーはいかがですか?」と質問する

「すでにシェフが、その料理に一番良い味付けをしてくれたんじゃないのか?」

これは面白い指摘です。注文したスパゲティーが運ばれてくると、接客係がボウルにパルメザンチーズを持ってきて、こちらが望むだけかけてくれます。

これと同様に、他のどんな料理を注文しても、巨大ペッパーミルを持った接客係がやってきて、ブラックペッパーをオファーするのです。しかもテーブルには小さなソルト&ペッパーが常備されているのに。

それでもこの挽きたての粗びきコショウ、私自身を含め、好む人にとっては、このオファーが無いレストランはむしろ物足りなく感じられます。

『要らないなら断ればいいだけ』と思いますが、毎回毎回、やってくる接客係にノ—サンキューを言わなきゃならないとなると、ウンザリくるのかもしれませんね。

食事の中盤で接客係がチェックしに来る

そう、これなんです。注文の料理が運ばれてきたので、ワーイいただきまーす、とひと口ふた口食べたところへ若い接客係が戻ってきて、「Is everything OK?」と確認しに来るのです。

OKって当たり前じゃん。なんで聞くの?OKじゃない事があるの?自信なさげな質問がなんとなく腑に落ちないけれど、とりあえず「Yes, thank you」。

もちろんその意図は『お気に召しましたか?』という事であって、好みを尊重してくれるのは有り難いし、イギリス人にも「尋ねてくれるのは、むしろ親切でいいじゃない」と言われれば、まあその通りなのだけど…

どこか奇妙に感じるのは自分だけ?と思いきや、このOKチェック、しかも大概食べ始めてすぐのタイミング、実は煩わしく感じている人が非常に多かったのです!

では、注文の料理がオーケーじゃなかったら?-確かに、きちんと対応してくれます。

実際に、スパゲティ―が柔らかすぎて戻してもらった事もありますが、ちゃんとアルデンテのパスタが運ばれてくるまで、こちらは待たされるわけですから、あまり『尊重してくれて親切だなあ』とは感じられないのです。

この記事の筆者によると、この長年繰り返されてきたお決まりフレーズ、なんと最近ではハードルが上がったらしく、「Is everything delicious/outstanding*?」になってきているとか!

つまりは、お気に召すかどうかの次元ではなく、このレストランの料理は美味しいか、他に抜きんでて優れているか、と聞かれているのです。

「大げさな賛辞を強要しないでくれ。嘘っぽい称賛も、シェフとの対立も僕は望んでいないのだから」

*outstanding =傑出した、卓越した

さて、この記事は大きな反響を呼び、世界各地のレストランの慣習について、沢山のコメントが集まりました。

バンクーバーに住んでいると、これらの問題はむしろ羨ましいくらいだ。こっちでは予約時のクレジットカード確認を廃止して、予約自体を受け付けなくなったんだ。

あの「Is everything ok?」チェックについてだが、接客係の95%は料理を運んできて2分もしないうちに尋ねてくる。こっちはフォークを取るひまも無い。まあそうやって、文句がつけられないようにしてるんだろうが。

私の働いているところでは、この2分チェックは義務。客が「まずい」と苦情を言ってきたら、きちんと対応する。さもないとトリップアドバイザーで叩かれるのは自分達だから。
僕が腹立つのは、水に金を払わせられる事だな。英国の水道水は飲料水として浄化されているんだ。ピッチャーにレモンと氷を入れて、無料で提供するべきだろう。ボトル水がワイン一本の値段と変わらないなど、あまりに馬鹿げているよ。
アメリカ・コネチカットでの話。両親が訪ねてきた時にレストランでランチをしたの。メニューにはなかったけれど、ステーキに目玉焼きを添えてくれるか尋ねたら、「もちろんです」と対応してくれてとっても驚いたわ。しかも美味しかったし。

ところが、ロンドンのカジュアルレストランではその反対。ハムサンドイッチとブリ―チーズのサンドイッチがメニューにあったから、ハムサンドにブリ―チーズも入れて下さいと頼んだら、メニューには無いのでNOだって!すぐに店を出てったわ。

接客係:「ハーイ、私の名前は○○です。あなたのオーダーを担当しまーす」…ノ—サンキュー。僕がレストランにきたのは、小一時間座ってリラックスしたいからなんだ。ま、名前を教えてくれてありがとう。クリスマスカードのリストに加えてやるよ。
①「Hi, Guys!!」(ハーイ、みんな!)
②生ぬるい水道水も頼まないと持ってこない 
③フレンチレストランとは違い、パンのサービスがない 
④カクテルが運ばれてきて10分もしないうちに料理を持ってくる 
⑤料理はカクテルを飲み終わってからにしてくれと頼むと、おもむろに怒った顔をする
ボトルワインを注文した時の、あのテイスティングをやめてほしいわ。滅多に高級レストランに行かない私に、ソムリエのフリでもしろっていうの?!
ワインテイスティングの目的は、ボトルの半分以上飲み干してから「このワインは劣化しているから、新しいのと変えてくれ」なんて言ってくるお客が多いからです。

ウェイターが料理はオーケーかチェックしに来るのも同じで、料理の四分の三をすでに平らげているお客が、文句つけて新しいのを要求する…なんて事にならないためです。

↑それも理論としてはわかる。でもテイスティングは、劣化してるかどうかではなく、期待通りのワインかどうかを試す機会をくれているんだと思う。接客係のIs everything OK?チェックは、食べ始めて10分後くらいなら構わない。

でもひっきりなしに構われるのはごめんだ。特に、口いっぱいにほおばった状態で、オーケー?と聞かれても、口ごもってイエス、サンキューとうなづくのが精いっぱいだ。実際これは礼儀を尽くした『失せろ!』なのだが。

「Is everything OK?」に関して、皆さんの意見に賛成よ。私はもうおばさんなので、一度「ノー!この料理はひどいわ!」と言って、接客係の反応を見てみたい気もするわね。

決して接客係のせいじゃないんだけど、このチェックのポリシーには、ホント苛々させられるわ。もし、不満があれば(まあ滅多にないんだけれど)こちらからスタッフを呼んで、きちんと苦情を言わせてもらいますから。

パブの肉料理メニューに、その動物の生誕地や”家系図”を書くのはやめてもらいたい。その動物を、食べる側の気持ちにもなってくれ。
あのさ、ここでレストランについてあれこれ文句言ってる人、家で自分で料理して食べればいいじゃん。
イギリスだけかもしれないけど、ウェイターがテーブルナプキンを取り、広げてひざに掛けてくれるサービス。ご丁寧にどうも…でも私、子供じゃないんで!
コースの合間に、いちいちテーブルを拭きに来る。私は食い散らかすのが好きなんだから、ほっといて。
子供お断り。
↑って事は、子供たちをケンタッキーやマクドナルドにしか連れていけないって事?一部の人が嫌がるからって、子供たちがレストランに入れないなんておかしいです。

きちんとしたレストランで、良い食事を体験するのは子供たちにとって大事なこと。行儀よく座って、大きな声を出さない事など、礼儀作法を教えればいいだけのことです。

ブラックペッパーサービスは残してほしいな。でなければ、各テーブルにペッパーミルを置くとか。あんな巨大サイズではなくてね。
↑それをやると、客がミルを盗んでいくんだよ。
プロからの一言。この記事を読んで、ウェイター・ウェイトレスに無礼な事を言って楽しんでいる皆さん、あなたの食事に何が起こるかわかりませんよ。愛想良くしてた方が身のためですよ。
非常に的をついた良い記事だ。ただ、外食する気が失せてきたが…
だから私はマクドナルドが好き!

いかがでしたか?その国のしきたりによって、外食体験も大きく変わってくるものですね。海外旅行中なら異文化体験として楽しんで終わりです。

でも今回のような、伝統的なしきたりへの不満やその廃止を求める声も、必ずしもネガティブとは限らず、むしろレストラン改革への貴重な第一歩かもしれません。近い将来の英国のレストラン、どうなっているか楽しみですね。

今回の記事を書きながら、私自身、『日本のレストランで廃止してほしい習慣があるだろうか』と考えさせられました。

たまに上のリストにあったような事にも出くわすとしても、氷水やおしぼりのサービス、腰の低い、笑顔の接客、常に新しいメニューがある…など、思いつくのはむしろ、いつまでも変わらないで欲しい事ばかり。

やっぱりおもてなしの国。海外から日本を訪れる人々が、日本の外食文化に感動する理由が分かる気がしました。

(参考)http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2015/oct/21/restaurant-
tipping-more-things-to-ban

日本人からすると明らかに面倒くさそうだと思っていたけど、欧米人も面倒だと思っていたなんて。日本人もお中元とか年賀状とか面倒なことやってて、欧米は合理的だなぁと思ってたけど、欧米も結構面倒なことやってるんだなぇと思った。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年3月27日 10:34 PM

    予約でカード番号を聞かれるのはしょうがない。
    なぜかって予約をぶっちする客があまりにも多すぎるからだ。
    近年日本でも予約をブッチされ、食材が無駄になるケースが増えてきている。大陸からのお客様によって。

  2. 日本の名無しさん
    2016年3月27日 10:52 PM

    イタリアで食事中にチップチップ言われたのには閉口した
    いくつもの店で。

  3. 日本の名無しさん
    2016年3月27日 11:36 PM

    レストランの話じゃなくて恐縮だが、ホテルの冷蔵庫に入ってる飲み物とか困る。
    アメニティーは無料なのに飲み物が有料って理解出来ないんだよね。

  4. 日本の名無しさん
    2016年3月28日 8:49 AM

    スペインで幼稚園児の子供(しかも小食)の分も注文しろって怒られた。
    お子様ランチがあるならともかく、大人と同じ量食べられる訳でもないのに、一人一皿常識よねって感じ。
    しょうがないから注文してお金は払ったけど、一皿半ぐらい食べずに終わった。まじで勿体なかった。

    あと、何カ国で経験したのが、日本人がチップ知らないと思って、わざわざチップ計算して払えって言ってくる店員。ふざけてるよね。

  5. 日本の名無しさん
    2016年3月28日 1:00 PM

    食い散らかしたりメニューにないもの要求したりコメント打つ外人の中にも大概な奴が居るな

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.