当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

妻がブチ切れ!18人の女性と22人の子供をつくったビッグダディー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/02/07

W674
ニューヨークで数学の教授として働くアリさんは、約10年間にわたって自らの精子を無料で様々な女性に提供していました。相手はインターネットなどで知り合った、赤ちゃんが欲しいシングルマザーや、同性愛者のカップルです。

確認されているだけで子供の数は22人で、これからも増えるだろうとアリさんは言います。アリさんは結婚しており、3人の子供たちがいます。しかしながら、妻はアリさんの行動を理解できない様子です。

(精子提供をしていたアリさん)
01

全ては母子のために

精子提供された母親の数は18人で、さらに23番目の赤ちゃんがもうすぐ生まれるとの報告もあるそうです。アリさんは専門機関等は使わずインターネット、ドナーのサイト、口コミ等で精子提供をしてきました。

たいていの場合はアリさんが一人で精子を採取し、その容器を相手に渡す形式で提供されます。こういった、10年間に及ぶ彼の精子提供について、奥さんには詳細が知らされておらず、今回の発覚にはすっかり『激怒』状態だそうです。

アリさんは「妻には怒鳴られっぱなしだよ」、「彼女はいつでも僕に伝統的な普通の夫でいて欲しかったんだ」と話します。

(アリさんの子供たちだけで野球チームを組める、と話題に)
02

妻との関係については、結婚生活はもう何年もロマンチックな関係ではなく、別々の部屋で寝るようになってしまっていたそうです。

妻は精子提供について知っていながらも、快くは思っておらず、アリさんが次々と精子を提供していくうちに、さらに不満が溜まっていきます。

アリさんは「22人の生まれた子供たちに関しては、妻は全く喜んではいないけど、なんとか我慢してるって感じかな」と記者に話します。妻は「過ぎたことは過ぎたこと」とすっかり諦めています。

(有名になったアリさんには、今や世界中に精子提供の要望が)
03

無料が人気の理由

「ほとんどのシングルマザーたちは純粋に子供が欲しいだけなんだ。たまにセックス目的な人もいるけどね」と話すアリさんには、数人の母親から訴えが出ています。

しかしアリさんは「僕に養育費の義務が全く無いことは誰にだって分かるからね」と気にしていない様子です。

記者が精子提供の理由を尋ねると、彼は「母親と生まれた子供たちが幸せそうなのが嬉しいんだよ」、「僕には難しい作業でもないし、僕も幸せを分けてもらえるからね」と満足そうに話します。

通常精子バンクなどで、精子を受け取るには300ドル(約30万円強)から4000ドル(約41万円)程度の費用がかかると言われています。そういったことから、彼が精子を無料で提供していることも、多くの母親たちに選ばれた理由でもあります。

アメリカでは精子バンクと呼ばれる企業がいくつか存在していて、精子を提供すると、謝礼金を受け取ることができます。かなり有名なビジネスとして成り立っていますが、倫理的な問題から議論されることもしばしばです。

では今回のケースについて、海外の人たちはどのように感じているのでしょうか。世界の様々な声をご紹介します。

子供たちの将来が心配だね。お父さんは引っ越して、名前も変えた方がいいんじゃないかな。
もっと問題になってくるのは十年後、二十年後だろうね。子供たちが成長したら、誰だって自分の生みの親のことは気になるはずだよ。調べ出すとこの記事が出てきて、「これが親父か!」ってなるのかも。
訴えられててもそれでいいって言ってるんだし、別に彼らの問題だから好きにしたらいいんじゃない?奥さんは怒るだろうけど。
問題なのはちゃんとした機関を使ってないってことだよ。子供たちが将来父親を知らないまま、近親相姦になってしまうことが起こり得るからね。だから企業とかは精子提供の回数に上限が決まってるんだ。
数学者だから良い遺伝子ってことなんでしょ?なんだか気持ちの悪い話だわ。
こいつただの変態じゃないの?おかしいよ、こんなの。すごく不気味な感じがするんだけど。
そもそも精子提供は信頼のある知り合いとかにするべきだよ。訳の分からないやつの子供になんか誰もなりたくないからね。
この人の子供にはなりたくないな。ただの安っぽいナルシスト野郎だし。
精子貰うだけなら他にいくらだっているじゃない。なんでわざわざ同じ奴にいくのさ(笑)
子供ですらインターネットで出来ちゃう時代なんだね。一体どんな広告出してたんだろう?
いくら数学の教授でも、さすがに全員の養育費は払えないだろうね。一人に払うと全員に払う羽目になりそう。
数学はできるのに子供の数は数えられなかったんだね。どう考えたって22人は多すぎるよ。
こいつは異常者だよ。写真見てごらんよ。ナルシストだよ多分。自分の遺伝子を広めて気分よくなってるんだよ。
この子供たちに今度は赤ちゃんができると、孫の数は倍近くになるよね。そしたらその孫同士が結婚するようなことが起こってもおかしくないよね。
てゆうかこの人の顔が気持ち悪いわ。生理的に無理。
こいつが作らせた子供の為に俺らの税金が使われるかも知れないってか?ふざけるなよ、こいつは養育費を払うべきだよ。
彼の奥さんと子供達は本当にかわいそうに思うわ。きっと辛いでしょうね。
訴えてる母親がいるって?精子もらっておいて、今度は育てろってか?そんな都合のいい話はないよね。
インターネットで精子を探すのって、もうすでにおかしいよね。どんな母親だよ。
この教授も、母親たちもだけど、将来の子供のこと考えてたんだろうか。子供たちは親から慰謝料欲しいくらいに傷つくんじゃないかな。

よくこれだけ赤ちゃんが作れたな、と驚かされます。子供がどうしても欲しい人たちにしてみれば、いわゆる優秀な遺伝子というものは貴重なものなのでしょうか。

奥さんもかわいそうですが、すでにいる子供たちも複雑な気持ちだと思います。また、22人の子供たちは父親が同じ人だと気づいたときにどう感じるのでしょうか。

子供を作るということはもっと慎重に考えられるべきことなんじゃないかな、と思います。将来、子供たちには、父親の事で辛い思いをしないように生活を送ってほしいです。

(参考)http://www.dailymail.co.uk/news/article-3649112/Wife-livid-finding-
husband-sired-22-kids.html

精子提供ってSEXか。お互いが同意してたらそれでいいじゃないか。訴えている母親がいるってどういうことかな?なにより22人兄弟でみんなハッピーでしょ!

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2017年2月8日 9:45 AM

    いいと思うよ
    自分の夫がするとなると、ちゃんとした機関でしてもらいたいけど

  2. 日本の名無しさん
    2017年2月8日 8:50 PM

    実子に禍根を残しかねないでしょこれ
    金銭面だけじゃなくて兄弟に会いたくてって訪ねてきて
    面倒振り撒くかもしれんとかさ
    その頃に親父が生きてるとは限らない
    個人でやってたらその辺のセーフティがないんだし

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.