当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【驚愕】マクドナルドで本当に起こった日本では信じられない10の事件

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/08/04

W586
平日・週末関係なく沢山の客が利用するマクドナルド。日本でも大人から子供まで、大人気のファストフード店ですが、そんなマクドナルドで本当に起こった、あり得ない驚愕事件の数々。

日本では考えられない内容に思わず絶句してしまいます。日本って、本当に平和!

1. テイクアウトで現金どうぞ!?

テネシー州に住むグレッグとステイシー夫妻が、ある日近所のマクドナルドに朝食を買いに行きました。いつも通り、ドライブスルーで買って家で食べる予定だった二人は、この日もいつもと同じ物を注文し持って帰ることに。

ところが家に帰って袋の中を覗いてみると・・・バーガーの代わりになんと札束がいくつも入っているではありませんか!?

「どうしよう!?」とパニックになるステイシーに、夫のグレッグは「これは直ぐに返しに行こう!」と、マクドナルドに戻ることに。事情を説明し、現金を返した夫婦に対し、マネージャーは何度もお礼を言ったそう。

それにしてもモーニングセットが札束の山と入れ替わってたなんて、一体どんなお金の管理してるの!?

01

2. いきなり少女を殴る男

2008年9月14日、あるマクドナルドにて、一人の男が十代の少女に対し暴行している様子が、店内の防犯カメラに捉えられていました。

この男、突然店内に入ってきたかと思うと、並んでいた人達を無視し、先頭に立って注文し始めたのです。それを見た少女が「横入りしないで!」と一言注意します。

ところが男は謝るどころか、いきなり少女の顔を数発殴ってしまいます。勢いで飛ばされた少女、男はその後逃亡。運よく防犯カメラがこの様子を撮っていた為、男はその後暴行罪で逮捕となりました。

02

3. 銃を発砲する女

アメリカ人なら誰もが大好きなベーコン。シャニカ・トレスもそんな大のベーコン好き。2014年2月、ミシガン州のマクドナルドにて、シャニカと女友達がベーコンチーズバーガーを数個購入し店内で食べていました。

ところが頼んだバーガーにベーコンが入っておらず、店長に文句を言い始めます。店長は謝り、次回無料でベーコンチーズバーガーを利用できるチケットを渡します。

一旦帰宅したシャニカでしたが、どうしてもベーコンが食べたくなり、またマクドナルドに戻り、無料のベーコンチーズバーガーを貰うことに。ところが、何とこの時もベーコン無しの通常のバーガーが手渡されてしまいました!

怒りに震えるシャニカ、何を思ったかドライブスルーの窓から持っていた拳銃を取り出し、数発店内に向けて発砲。幸いにもケガ人は出ず、数時間後自宅にて逮捕されたシャニカでした。

03

4. 盗難車でドライブスルー?

1995年ワシントン州にて、バージニアという一人の女性が所有するトヨタ車が盗難に遭い、警察に届けを出しました。

ある日バージニアがいつものように勤務先のマクドナルドで働いていると、ドライブスルーに並んでいる一台の車に目が留まります。

なんと彼女が乗っていたトヨタの車が、並んでいるではありませんか!?すぐさま警察に通報し、事情を話すバージニア。駆けつけた警察官により、その場で運転手を逮捕。

逮捕されたのはキャサリン・ヨークという女。そして助手席に座っていた男も逮捕されたのですが、盗難事件とは関わりがなかった為、釈放となりました。

04

5. ソーダを盗んだ男

ある一人の浮浪者の男、喉が渇いたのかマクドナルドに入り、カウンターにて水用のカップを貰います。

(注)アメリカのマクドナルドでは、飲み物はセルフサービスになっており、水以外の飲み物は全てお代わり自由。ただ水は無料なので、他の飲み物と見分けられるように水専用のカップを貰います。

ところがこの男、水専用カップに堂々とソーダを入れて飲み始めます。気づいた店長が飲み物代1ドルを払うよう請求するのですが、それを拒否し店長と揉めることに。

結局警察が駆けつけ、男の身元確認を取ったところ、以前にも軽犯罪で捕まっており、執行猶予中だったことが判明。結果、1ドルも払わなかったことで、軽犯罪が重罪となり4年の実刑判決が下されました。

05

6. マクドナルド破壊

テネシー州のとあるマクドナルドにて、チーズバーガーを頼んだ男二人。ところが注文後男達に渡されたチーズバーガーが、どうやらとてもお粗末だったよう。

チーズがドロドロになってたのか、バーガーパンとパテがちゃんとサンドになってなかったのかは分かりませんが、とにかくそのチーズバーガーのあまりのお粗末さに激怒。何と店内の椅子を窓ガラスに放り投げ、窓ガラスを割り暴れ始めます。

何度も店員が止めたのにもかかわらず、耳を傾けるどころかその怒りは収まらず、店はどんどん破壊されていきます。恐怖に怯える店員たち、そして店員の一人が二人の男に向け拳銃を発砲。

何故こんなことで、人生を棒に振るようなことをしなければいけなかったのでしょうか?

06

7. 9歳の強盗

ある日9歳の少年が、イリノイ州にあるマクドナルドの店内にて、見知らぬ子供の携帯電話を取り上げたことから勃発した事件。

このマクドナルドの店員が警察を呼び、少年の取り調べをしていると、実はこの携帯を取り上げる一週間前に起こったある強盗事件に関与していることが発覚。

この事件が起こる一週間前のこと、車を運転していた人が、4人の子供にライフル銃を突き付けられ、車を奪われる事件が起こっていました。捕まった4人の内、3人が少年法に守られ釈放。この男の子は何とその三人の内の一人だったのです。

取り調べで車強盗にも関わっていたことを知った警官は、すぐに少年を逮捕。今回は少年法も彼のことを守ってはくれないようです。

07

8. ヘロイン入りのハッピーセット!?

ペンシルバニア州のピッツバーグにあるマクドナルドにて、ドライブスルーのカウンター越しにヘロインを販売している店員が逮捕されました。

ヘロインを欲しい客が注文する時に言う暗号は「オモチャを付けてくれますか?」というフレーズ。このフレーズをオーダーの際に客から伝えられたら、ハッピーセットの中にヘロインを入れて渡すと言う、もう何だか映画のストーリーのよう。

そして捕まったのはマクドナルド店員のシャニーア・デニス。結局この女が売ったハッピーセットはなんと10セットにも及んだそう。

08

9. ポテトを食べていたら、とんでもない物が出てきた!

とあるマクドナルドにて、7歳の娘と食事を楽しんでいた母親。ところが娘がポテトを食べ終わろうとしたところ、底のほうから何とコンドームが!!!怒りに震える母親は、店長を呼びつけるより先に警察に通報。

そして他にも、鶏の頭がフライされて入っていたチキンナゲットや、虫が混入したバーガーなど、食べ物の中に異物が混入する事件が後を絶ちません。

09

10. 歴史に残った大虐殺事件

そして最後は、マクドナルドの開業以来、史上最悪と言われる事件。

1984年7月18日、ジェームズ・オリバー・ヒューバティーは妻に「社会にやっとチャンスがきたぞ。これから狩りに出かけてくる。狩りさ。人間を狩ってくる」と言い残し、家を出ます。

そして地元のマクドナルドに行き、突然銃を乱射。止むことのない銃声。この日、30人もの尊い命が奪われました。

この日に命を奪われた30人という犠牲者の数は、一日で一人の人間によって殺された人数としては最も多く、全米中を震撼させました。

10

これを見て「だからアメリカは最悪なんだ!」って思ったあなた!アメリカだけで起こった事件じゃないわよ!全世界にマクドナルドはあるわ!
食べ物にも困ってる浮浪者なんだ。1ドルが払えたら、払っているさ!それくらい見逃してやれよ!レイプ犯や殺人犯とかじゃないんだからさ。
ベーコンの事件は、何となく共感できるな。
こんだけマクドナルドで事件が起きてるんだ。もう行かなきゃいいんだよ。
マクドナルドで起こった事件を10挙げるより、「マクドナルドで何も起こらなかった普通の日」を挙げる方が難しいんじゃない?
数ある事件の中でも、やっぱりアメリカ・テネシー州で起こる率が断トツじゃない?
紙袋に現金?何で返したんだ!?正気か???俺だったら絶対返さない!
あ~、良かった、LAに住んでて。こんなこと滅多に起こらないくらい平和だもんなぁ~。(LAはアメリカでも上位に入るほど犯罪件数が多く、毎日凶悪事件が後を絶ちません。上記のような事件は日常茶万事。そんな現実を皮肉ってコメントされています)
おいおい、少年法!?こんな危険な子供達、ハイセキュリティーの刑務所にぶち込むべきだろ!?
マクドナルドで一度死にかけたわ。トイレから出てきて、「清掃中のため、床が濡れてます」のサインとかなかったのに濡れてて、思いっきり滑って転んだわ。結局目の上を縫う羽目に。けど頭とか打たなくて本当に良かったわよ。
もうチキン系の物、絶対頼まない!
ロシアじゃ店員の態度が悪かったら、すぐに殺されるよ。
だからマクドナルドじゃなくって、バーガーキングの方がいいんだって。
なんだかんだ言って、ほとんどアメリカで起こった事件じゃん。
浮浪者の人が可哀想で、涙出てくる。
あの~、ソーダの事件なんだけど、僕、毎回行く度にやってるんだけど・・・
↑ありがとう!自分も!払ったことない!というか店員誰も気にしてないし。やってる人多いしね。
もう二度とマクドナルド行かない。
現金返しに行った夫婦に、もっと何かちゃんとしたお礼しようよ!!!
シンガポールのマクドナルド爆発事件が入ってないぞ。
この前マクドナルドで食べてたら、トイレで小型銃が見つかって、店員が「誰のだよ!?」って騒いでた。
最後の事件は忘れられない。衝撃的だった。誰もこの事件に関して冗談を交えたコメントをすべきじゃないわ。

私もアメリカに住んでいたことがあったのですが、確かにちょっとコーヒーでも飲もう。と立ち寄ったマクドナルドでは、店員さんとお客さんが揉めてたり、頼んだカフェラテが何故かフラペチーノになって来たり・・・。

日本とは店員さんのサービスも食事の量も、そこで起こる事件の内容も、全てが雲泥の差。日本の治安の良さにはいつも感動させられます。

わざわざ現金返すなんてさすが!写真からも人柄の良さが溢れ出ている「テネシー!」って感じの顔してる。奥さんは「ステイシー!」って風格してるし。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年8月4日 10:08 PM

    なんかハンバーガー屋に忍び込んで肉を焼いて水を盗んだ窃盗事件もあったらしいな。
    第二級窃盗という罪らしい。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.