当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

“I love you”の重みの違い!?欧米人と日本人のカルチャーショック

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/03/29

W419
「好きです、僕と付き合ってください!」みなさんご存知の告白の定番ゼリフですが、好きな人から告白されるって、たとえありきたりな言葉であっても嬉しいですよね。しかし、実はこれ、日本独特の”文化”だったのです。

びっくりするかもしれませんが、欧米人はこの告白なしでボーイフレンド/ガールフレンドしてのお付き合いが始まるのです。日本人の感覚としては「え、どういうこと?」「じゃあどうやって付き合うの?」など疑問に思いますよね。

なぜ日本人は出会ってすぐ”I love you”と言うの!?

2人の関係を深めていくには時間がいるのに、まだあまり時間を共にしていない相手に”I love you”なんてなんだか変な感じがする。

そう欧米人が口をそろえて言うにはいくつか理由があるようです。

1回のデートでもう彼女??

1つ目は、どうやら欧米人と日本人では彼氏/彼女の認識が違うからのようです。

英語の表現に、I am seeing someone(定期的に会っている人がいる) / I am dating someone(デートしている人がいる) というのがあります。

これはつまり2人で食事に行ったり、映画を見たり、買い物したり・・・など、恋人らしい時間を2人で過ごしているという感じです。要するに日本人のデートしている感覚と同じですね。

でも大きく違うのは、欧米の場合この段階でお互いの事をboyfriend/girlfriendと呼び、キスやハグなどのスキンシップも普通にあります。「え!?デートしたらもう彼氏/彼女なの!!?」と日本人ならちょっとびっくりしますよね。

しかし、欧米人にとってこれはお互いの”フィーリング”で始まることで、始めに言葉ありきではないとのこと。欧米人は日本人よりも彼氏/彼女という存在をライトに捉えているのかのしれませんね。

“I love you”はけっこう重い言葉

そして2つめは”I love you”という言葉の重さについて。

欧米人は”I love this donut!” (このドーナツ大好き!)または酔っぱらった時に友達同士で”I love you”と言うことはあっても、好きな女性に向かっての”I love you”はとても特別な意味で、十分に時間を共にして、さらにこれからも一緒にいたいと思える特別な相手にしか言いません。

これからデートを始める段階の関係の浅い相手にはとてもじゃないけど言えるような言葉ではないようです。どうやら英語の”I love you”という表現は日本語の”好きです”という表現よりも意味が重たいみたいですね。

これらのことから、欧米人は”デートしてる関係”と”真剣交際”は全く分けて考えているのが分かりますね。

日本では告白後、そのカップルは交際がスタートするというイメージですが、欧米人の意見は、関係を深めていくには時間がいるから、最初のデート期間を経て真剣交際に発展する際に初めて”I love you”という告白をするという事ですね。

そう言われてみると「確かに・・・」と納得できるところもあります。

日本の告白文化は世界からどう思われてるのでしょうか?

もしも僕が数回しかデートに行っていない相手に告白されたら、すごいびっくりしちゃうと思うな。
どうしてこれからデートを始めるかを最初に確認しないといけないのかよく分からないよ。
僕も告白したことあるよ!でも確か幼稚園の時かな。日本のようにデートする前に「好きです」って告白するのはなんだか子供っぽい感じがして照れくさいよ。
嫌いな人ならそもそもデートしていないのにどうしてわざわざこれからもデートするか確認するのか分からないわ!?
日本のアニメを観ていてよく告白シーンが出てくるけど、なんだか面白いと思う。
日本人の男性から”I love you”といきなり告白された事があるけど、本当にビックリしたわ。私は本当に好きな人以外に簡単にI love youとは言えないわ。
日本人の女の子とデートする時、いつも何を考えているのかよく分からないんだ・・・。デート中に手も繋がせてくれないから、僕に気がないのかと思ったのに、ダメもとで次のデートを提案してみたらOKしてくれたりするんだ・・・。もしかして僕からの告白を待っているのかな?
始めからシリアスな関係を求めるのはちょっと変な感じがするけど、もしかしたらそれは日本人が誠実だからなのかもしれないわね。
日本人男性がよく”I love you”というけど、それはきっと、女の子が喜ぶと思っているから言っているんだと思うわ。
日本人の言う”I love you”はアナタの事が大好きで、これからも一緒にいたいという意味かのしれないけど、本当の愛には時間が必要だから、まだ相手をあまり知らないうちに言うのはどうなのかしら。
私は、元カレに出会って間もない頃に”I love you”と言われたけど、嬉しいというよりも気持ち悪かったわ。
私の国では”Love”という言葉はもっと大事に使われていると思うわ。
まだお互いの事をあまり知らないのにそんな重たい言葉をもらったら、この人は誰にでもすぐそういう事をいう人なのね、とがっかりしてしまうわ。
最近日本人の男性に英語で”I love you”と言われたんだけど、とても混乱してなんて返したらいいのか分からなかったわ。だから「ありがとう」とだけ言っておいたの。
告白って絶対しなきゃいけないの!?それは大変だな。
そんなに早く告白しなくても、しばらく恋人としてデートしてみて本当にその人の事が好きか分かってからでもいいんじゃないかしら?
そんな早い段階で決断を迫られても困ってしまうわ。
アメリカにはそんな文化全くないわ。みんな告白なんかせずにデートしているわ。
“I love you”はシリアスな関係のカップルが使うイメージね。始めのうちにそんなこと言う人はあまりいないわ。
告白をきっかけに2人の関係が変わるっていうのもなんだか面白いわね。

女性にとって告白は宝物

告白してから付き合うという日本人的には普通の感覚が、世界から見ると、面白かったり、ちょっと変に思われているなんて驚きですね。

告白がない分、気軽に彼女/彼氏という関係になれるというのはちょっと羨ましいと思いますが、私は日本人女性の感覚としてやっぱり付き合う前に男性が勇気を持って告白してくれるのは単純に嬉しいです。

確かに「言わなくても分かるでしょ?」という意見も分かりますが、言わなくても分かるかもしれないけどわざわざ言葉にして伝えてくれるというのは、とても優しいことなのではないでしょうか?

たとえ上手く行かずに別れてしまった相手でも、告白してくれた日の思い出はキラキラと輝いていたりするものです。なので、私は告白文化のある国に生まれて、良い思い出もたくさんできて、本当に良かったなと思うばかりです。

(参考)http://www.tofugu.com/2013/10/23/japans-love-confessing-culture/
http://www.japan-guide.com/forum/quereadisplay.html?0+55621
http://www.japan-guide.com/forum/quereadisplay.html?0+43300

カルチャーショックだぁ。欧米の付き合い方は時間がかかるけど、日本の付き合い方はダメなら次って感じで乗り換えが早い感じなのかな?

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年3月29日 10:15 PM

    日本人のI love you は、愛とかいう大義名分カードは切っといてやるからヤろうゼの意味

  2. 日本の名無しさん
    2016年3月29日 10:22 PM

    日本人の多くはいわゆる恋愛は向いていない
    多くの日本人が恋愛だと思ってるそのほとんどは、西洋の恋愛を日本風の幻想で脚色した儀式、あるいは非日常的な一種の祭り、ハレの日の継続体なのかもしれない
    日常の延長から相互理解を深め愛情へと昇華させる向こうの恋愛は、日本では実は別の形で存在していたんじゃないかな
    それを取り違えたことにより男女の縁が遠ざかるばかりなのが日本の現状だと思うがね

  3. 日本の名無しさん
    2016年3月29日 10:36 PM

    じっくり育んだわりには離婚率50%越える程度のしょーもない愛しか見つけられないんだ。

  4. 日本の名無しさん
    2016年3月29日 10:44 PM

    普通に英語の汎用性の悪さが問題じゃないのか?日本語で好きですと愛してますじゃ重みが全く違うし、愛してますなんてあんまり言わないだろ。Iloveyouは好きです付き合ってくださいの意味で使ってるんだし、なあなあで付き合いが始まる方がおかしいだろ。そんなことが自分に起こったら恐怖だわ。
    何彼氏面してんの?ってなるわ。

  5. 日本の名無しさん
    2016年3月29日 10:46 PM

    ???
    なんか逆なんだが
    海外の人は 「日本人は愛してると言葉にしない」って言うけどね

    愛してるなんて告白で言うのか?

  6. 日本の名無しさん
    2016年3月29日 10:48 PM

    え、遊びに行ったらスキンシップもOKセックスもありなのに
    アイラブユーは重い言葉、簡単には言わない本当に付き合う時だけって
    外人は頭おかしいの?

  7. 日本の名無しさん
    2016年3月29日 10:50 PM

    映画ですぐセックスするのは時間かけれないしサービスかと思ったら文化なんだな
    あれが普通とかマジで気持ち悪い

  8. 日本の名無しさん
    2016年3月29日 10:51 PM

    映画やドラマ信じるのはさすがに…

  9. 日本の名無しさん
    2016年3月29日 10:58 PM

    管理人は欧米人と何人付き合ったことがあるのだろう。個人による違いはもちろん、アメリカ人、スウェーデン人、イタリア人、クロアチア人で全然違うよ。
    なんだかアメリカ人の言う一般論を「欧米」として語っているように感じる。

  10. 日本の名無しさん
    2016年3月29日 11:00 PM

    アメリカは知らんけど北欧とかドイツではとりあえずやってから考えるらしいよ
    だからセックスする関係の「恋人候補」が2~3人いるのも珍しくない
    その時点では誰とも「付き合ってない」から不誠実な行為という訳でもない

  11. 日本の名無しさん
    2016年3月29日 11:10 PM

    9で言い忘れたけれど、キャソリック系(のアメリカ人も含む)だと、結婚するまで肉体関係は持たないという主義の女性も結構いる。

  12. 日本の名無しさん
    2016年3月29日 11:12 PM

    逆だろ?
    管理人が、「好き」と「愛してる」の違いを理解していない事は判った。

  13. 日本の名無しさん
    2016年3月29日 11:24 PM

    欧米のいつからつき合ってるのか分からんのはどうも合わないなぁ。
    なんか都合よくない。つまりつき合ってるのかつき合っていないのか曖昧ではっきりしてないから浮気や束縛に関して曖昧になるよね。
    スタートがないからまだつき合ってないじゃんといって浮気じゃないと言って逃げる事もできるし逆にこの関係はつき合ってる同然だから束縛するなんていう事もできる。やっぱりカップルになった日(互いの承認、意志の確認)が必要だわ。

  14. 日本の名無しさん
    2016年3月29日 11:30 PM

    管理人って外国人なの?日本語を理解できてないみたいだけど

  15. 日本の名無しさん
    2016年3月29日 11:33 PM

    日本は最初に手続きを踏んで、そこから互いに妥協点を見出していく
    向こうはまずは妥協点を探っていって、合意ができたら手続きを踏む
    って感じなのかね
    例えが適当ではないかもしれんが、大学入試や卒業との違いにも似てるような、似てないような?

  16. 日本の名無しさん
    2016年3月29日 11:57 PM

    日本人だって告白する前にデート重ねるだろ。外人はなんか勘違いしてないか?告白しなきゃデート出来ないみたいな。

  17. 日本の名無しさん
    2016年3月30日 12:06 AM

    日本語の「好き」に当たる言葉が英語にないのが問題なんだろ

  18. 日本の名無しさん
    2016年3月30日 12:09 AM

    日本だっていきなり「愛してる」なんて言ってくる奴はいない。
    好き(好意・興味)から始まって関係が深まって愛になるんだからプロセスとして全然違うって程じゃない。

  19. 日本の名無しさん
    2016年3月30日 12:31 AM

    いや、日本じゃ「好きです、付き合ってください」なんてのがスタンダードじゃん
    それを外人と付き合う人が「アイラブユー、つきあって」で伝えてるんだろうな
    向こうが言いたいのは「今度遊びに行こうぜ」を繰り返すうちに「おまえのことアイラブユーだわ」みたいに伝えるもんじゃないのってことで、言語や文化の違いの範疇でしょ
    肉体の相性確認とかスキンシップはこの際大きな問題じゃないと思うがな
    日本でもやってから付き合うことはよくあるわけだし

  20. 日本の名無しさん
    2016年3月30日 12:33 AM

    好きですはfavoriteとかlike very muchくらいの意味
    日本語の愛してるはloveより重い
    異言語なんだから同じ感覚にならないのは仕方ない

  21. 日本の名無しさん
    2016年3月30日 12:47 AM

    学生のうちは告白はよくあるけど、社会人とかになってくるとデート重ねてから気持ちたしかめ合うってのが日本でも主流だよ。
    でも、まあそれを指して告白とも言うけどね。
    あと、君のためなら死んでもいいた訳した文豪がいた事を鑑みても、外国人のいうI love youが必ずしも愛してるに該当するとは限らないよね。
    それこそ、好き=I love youくらいの温度のこともある。

  22. 日本の名無しさん
    2016年3月30日 1:33 AM

    日本人もプロポーズだろうが何だろうが愛してるはあまり言わないな
    そこは同じような感覚なのかも

    でも定期的に会ってる人が恋人なのか友達なのか告白なしでどうやって確かめ合うんだろう、という疑問が残った…

  23. 日本の名無しさん
    2016年3月30日 1:46 AM

    え?俺たち日本人男性ってそんなに軽かったのか?
    良いことだ。軽い男にお堅い女の国が理想なのに、実際は逆だったからね。

  24. 日本の名無しさん
    2016年3月30日 6:56 AM

    言葉の使われ方の問題だろ。
    日本人には軽い言葉のように捉えられてるんじゃねってことでしょ。
    読解力弱いの晒してるコメ多くね?

  25. 日本の名無しさん
    2016年3月30日 7:15 AM

    日本語の「好きです」が何で「I love you」になるのか。
    一般的にI love youは日本語では「愛してる」と訳される。
    そして世間的には「日本人は何故パートナーに愛してると言わないのか」と疑問を持たれている。

    そもそも言語が違うのに直訳して当てはめるのが無理がある。

    俺の感覚だと「好き」はLikeに訳した場合、ほぼ間違いなく訳せるけど、「愛」をLoveに訳す、またLoveを「愛」に訳した場合、当てはまる事が少ないと思うんだよな。
    つまり若干違う言葉で、お互いの言語に該当する言葉がないんだよ。

    あと日本人でも大人になればフィーリングで付き合うようになる。

  26. 日本の名無しさん
    2016年3月30日 7:15 AM

    アイラブユー簡単に言えるのは母国語じゃないからだろ。英語が軽いから、簡単にいっちゃうんだよ。

  27. 日本の名無しさん
    2016年3月30日 1:40 PM

    愛してるっ!付き合ってくれ!
    …って、昔の名残りだと思うけど。

    つまり恋愛結婚が主流とは言い切れない時代には「安定した、信頼できる関係を作れる保証なんて無いけど、貴女が好きで好きで仕方ないから、このように告白します」ってことだった訳だよね?

    好きだー、付き合ってくれー、とか言うのは冗談かパフォーマンスか結婚を前提に、のどれかだ思う。

  28. 日本の名無しさん
    2016年3月30日 10:59 PM

    一回の食事とかがデートになるなら、異性感の友人関係はあり得ないということ…?
    何かアメリカって男性的であれ、女性的であれって感じが強い気がする。仕草とかそういうんじゃなくて、社会的な立場として。

  29. 日本の名無しさん
    2016年4月15日 8:48 AM

    バイト先の正社員の人に付き合ってないのにデートに誘われた。タイプだとかほぼ告白されながら。断ったら、宅飲みに誘われたし、気持ち悪かった。しかも20歳くらい年上だったし。
    あと、日本ってデートに誘う=好意を持ってるってことだから、複数の人と同時にデートを進行させるのは不誠実に感じるね。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.