当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

世界の変な仕事集めてみました!やりたくないビミョーな職業TOP10

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/06/11

W525
毎日の生活の為には欠かせない「仕事」。仕事に就かなければ食べていけないし、住む所もなければ温かい布団でゆっくりと眠ることさえ出来ません。

ですが、世の中には「こんなことしてまで稼がなきゃいけないの!?」と思わず絶句してしまう程の職業が存在します。一体どんな職業だというのでしょうか!?

あなたは出来る?こんな職業

1. 雄牛の精液採取

言葉通りの職業なのですが、何とも気まずい職業でして・・・。けどこれにはちゃんと「繁栄」させるという立派な役目を果たす職業なんです。

と言ってもやはりその内容は滑稽で、ダミーの雌牛を使い、雄牛を発情させて精液を採取するのですが、牛が相手でもちょっと気まずいその工程。それをしっかりと見届けながら採取しなくてはいけない、というお仕事でした。

2. 匂い?臭い?分析者

この職業こそ一番微妙、と言えるかもしれません。その内容はとにかく匂いを嗅ぎまくること。今日は焼き立てのピザの匂いを嗅ぐお仕事かと思えば、次の日は人のワキの下の臭いを嗅がなくてはいけなかったり。その日によって天国と地獄。

この仕事のプロとなるには、匂いの種類はもちろんのこと、匂いの「濃淡」も理解していなかればいけないとのこと。

01

3. 犯罪現場の清掃員

この職業は単純に家を掃除するというわけではありません。犯罪が起こった現場を清掃するのです。それがどんなに見るに堪えない現場であろうがなかろうが、誰かが綺麗に片付けなければいけないのです。

02

4. コンドームと大人のオモチャのテスター

コンドームに関しては、「ちゃんと予防できるのか」「装着した後の感覚はどうなのか」などを試す人達。大手メーカーのDUREXでは、このコンドームを試すだけで一人約12万円も支払うのだとか。

大人のオモチャの方はというと、こちらはもっと高額。一週間に15回ものオーガズムの記録を細かに報告し、それだけで年俸約270万円も貰えるというから驚きです。

5. プロの抱っこ屋さん

フルタイムの仕事なんだけど、何もしないでただ一日中色んな人を抱っこして横になるだけの「抱っこ屋さん」という職業があったら、あなたはやりたいと思いますか?

簡単そうですが、実はただ抱きつくだけではなく、その人が今どんな精神状態にあるだとか、どんな風に落ち着きたいのかというのをちゃんと把握しなくてはいけないんです。

ニューヨークにある「スナグラー(寄り添う人)」という抱っこ屋さんでは、45分のセッションで6000円から1万円はするのだとか。それでも抱っこされたいと言う人がいるのが驚きです。

03

6. 雛の鑑別師

一日中雛の性別を分けていく職業。単純作業で退屈そうと言う人もいますが、そんな単純な職業ではありません。

寒さから身を守るために雛同士が温めあっている中を引き離し、卵を産めない雄を処分される方に分けていくため、それを見届けなければいけないとても悲しい職業でもあるんです。

7. 化粧品の肌実験

メイクアップから基礎化粧品まで、肌に直接つける化粧品。もちろん世の中に出る前に、安全であるかをテストしなくてはいけません。

これまで動物を使って実験してきていましたが、最近では動物実験を廃止する運動が広まり、人の肌で直接実験するようになってきています。もちろん安全であることを前提に実験するのですが、100%の保証がないのも事実です。

8. スタンリー・カップの保管者

スタンリー・カップとは、ナショナル・ホッケー・リーグの優勝チームが手にする優勝カップ。由緒あるトーナメントで、毎年優勝チームの名前が彫られます。

その優勝カップを受け取ると、一年間大事に保管しなくてはいけません。盗まれたり、壊したりしたら大変とあって、このカップの保管を職業としている人を雇います。

カップ保管者は一年中、どこに行くにもそのカップを持ち運び、寝る時も一緒。肌身離さず一年を過ごすと言う、なんとも大変なお仕事です。

04

9. 人工授精師

これは人のではなく、牛や馬の人工授精を施す人達のことで、このランキングにも入っている精液採取の後の工程。

こちらはもっと大変な作業で、この人工授精師の人達を本当に尊敬してしまう程。とにかく機械を使わず、全て手作業で行わなければいけないというのが過酷すぎます。

10. ゴルフボール・ダイバー

その名の通り、打ったゴルフボールが誤って池や湖、はたまた海に落ちた場合に落ちたボールを探し集めるダイバーの人達のこと。

「ボールを探しながらスキューバダイビング出来るなんて、楽だし楽しそうじゃない?」と思われがちですが、ワニなどの危険な動物が生息している池もあり、常に危険と隣り合わせ。

ところが、多少の危険をさらしてでもやりたいと思う人が多いとか。その理由は600万円という高額年収。あなたは600万円でワニが生息する池に入れますか?

05

雄の雛は不要?だったら目覚まし時計代わりになるように訓練させて、生かしてあげよう!
お金の為だったら、全てやれる。
どこでプロの抱っこ屋さん見つけられる!?今必要!
次の転職は抱っこだな。
ドッグフード、食べたことあるけど死ぬほどまずかった。
どんな仕事でも、報酬もらえるんだから有難い。どんな仕事でも、全てに価値があるんだ。
大人のオモチャ試すだけでそんな貰えるの!?夢のような仕事だな。
ドッグフードのテスター、やりたい!大好きな犬に関わる職業なんだもの!
抱っこやってもらったことある。初めてのセッションで女性に抱っこしてもらってる最中、俺オナラしちゃったんだよ。申し訳なかったのだけ覚えてるさ。
600万もの年収なら、ワニがいようが何だろうが、ゴルフボール見つけるさ!
600万でいつ死ぬか分からない仕事なんてイヤ!
牛の精液採取は、微妙でもクレイジーでもないさ。僕ら人間にとっては重要なものを採取してくれてるんだ。
匂いを嗅ぐ仕事・・・他人のワキの下だけは勘弁よ。可哀想すぎる仕事だわ。
ドッグフードは安全で人間が食べても害がないよう、人間自身が食べて試さなくちゃいけないんだ。そんな仕事をしてる人達は尊敬に値するよ。
このビデオ見た後、抱っこ屋さんの予約しちゃったよ。
自分が雛の鑑別師だったら、雄の雛を逃がしてあげる。
キャットフードのテスターの仕事ってないの?キャットフード食べるし、猫のことも大好きだから天職なんだけど!
時々自分の犬のドッグフード食べてるんだけど・・・だったらこれで給料貰えるドッグフードテスターになろうかな?
600万もらえるんだったら、サメだろうがクラゲだろうが、関係なくゴルフボール探すよ!
優勝カップの保管者になりたい!
自分、デオドラントの会社(ワキの下の消臭スプレー等を製造する会社)で働いていて、この匂いを嗅いでくれる人たちをいつも雇ってる側。いつも思うけど、自分には絶対出来ない。
さっきまでお腹空いてたんだけど、この動画見てたら空腹じゃなくなったよ。

世の中色んな職業がありますが、確かにちょっと自分には出来ない。と思う仕事もありました。

どの仕事にも意味があるとコメントしている人もいるように、その仕事をやっている人もいるわけで、他人がとやかく言えることではないのですが・・・それでも私は600万円でワニがいる池には入れません!

やりたい仕事がいっぱいある!さすが自由の国アメリカだ。需要があるから成り立つのであって、需要の幅広さがアメリカにあるのがわかった。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.