当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

強盗犯が被害者に友達申請!?Facebookの新しい使い方ww

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/02

W273
アメリカから驚きのニュースが入ってきました。強盗の容疑者男性が犯行の起こった次の日に被害者女性にfacebookの友達申請を行なっていたというのです。

この驚きの事件の発端はアメリカ、ワシントン州ブレマートンフェリーターミナルで起きました。

強盗犯から友達申請!?

abcニュースとdaily ニュースによると、2014年5月28日、女性がターミナルで座っていたところ、後ろから一人の男が彼女の後頭部を殴り、彼女の持っていたiPodや財布をひったくっていったとのことです。

彼女はその男性の顔を確認することはできなかったのですが、その男の首に特徴的な三角形のタトゥーがあったことは覚えていました。

次の日、彼女は一人の男性からfacebookで友達申請を受けました。なんとその男性がfacebookにのせていた写真には、前日に彼女がみたタトゥーそっくりのものが写っていたのです!そう、彼女は強盗された男から友達申請を受けたのです。

彼女はすぐに警察に届け出、リレイ・アレン・マリン容疑者(28歳)が第2級強盗の罪で逮捕されました。被疑者がどのようなつもりで被害者に友達申請をしたのかはわかりませんが、ひったくった財布から、彼女の情報を知ったことは確かでしょう。

facebookの危険性

この事件は、なぜ被害者に友達申請?という驚きとともに、facebookの危険性を感じさせます。

彼女は犯人の特徴的な首のタトゥーを覚えていたため、すぐに警察に届け出、大事に至らずにすみましたが、もし彼女が犯人と認識せず友達になっていたらまた犯罪に巻き込まれていたかもしれません。想像しただけでも恐ろしいです。

メールオンラインによると、アメリカの雑誌コンスーマーレポートで、facebook利用者の半分は知らない人からの友達申請を受け入れてしまうと報じられているということです。

また、アメリカの1300万人の利用者が一度も自分のプライバシーの設定を見ていないことも述べています。

facebookは今や世界中で使われている有名なコミュニケーションツールであります。便利である反面、実名を使用することから、このような犯罪に使われるケースもないとはいえません。

顔も見えない、信用できるのかもわからない相手からの友達申請は、新しい友達を増やす良い機会ではありますが、何らかの犯罪に巻き込まれる危険性も十分あることを考えておかなければなりません。

もし悪意をもってfacebookを利用する犯罪者がいれば、ハッキングや、強盗、詐欺、ストーカーの被害者になる可能性もあります。現に日本でもすでにfacebookを使ったストーカー殺人事件が起こっています。

自分でプライバシーの設定を確認する、知らない人からの申請には十分注意をし簡単に友達にならない、ということが大切ですね。

この驚きのニュースには海外でもさまざまなコメントが寄せられています。

彼は特別なばかだね。彼女が無事でよかった。彼が簡単に捕まるばかでよかったね。
↑すべての犯罪はばかげたことだよ。いくつかは特別だけどね。
理解できない。彼は本当に被害者の身分証を使って、彼女をfacebookで特定したの?なんのために?彼がばかだということはわかったけど、その「友達関係」から彼は何を得ようとしたの?自分が強盗をした相手から?もしかしてスリルがほしくて?わからない…。ばかげた空気が社会全体に蔓延しているよ。
↑たぶん彼女からもっと情報を搾り出そうとしたんじゃないかな?いつ彼女が家にいないとか。そうすれば彼は部屋に強盗に入れるよ。
↑なるほどね。それは彼のこの変な行動を説明できるね。彼は彼女がそんなにばかだと思ったのかな。あ~あ。
↑もし知らない人から友達申請がきたら、赤信号だよ。特に、共通の知り合いもいない人とはね。
↑うん。そうだね。彼は間違いなくばかだね。ばかな人たちは他の人も自分と同じようにばかだと思ってしまうんだね。
わお。自分で自分の首をしめてる。
愚か者。
彼はきっと強盗したあと、彼女の財布の中身をみてお金持ちだと知って、彼女と友達になってまた強盗しようと思ったんだよ。もちろん彼はばかだね。
最初に強盗の被害者に警察が聞くことは、「何か犯人を特定できる傷や、マークやタトゥーを見なかった?」だよ。もしわかりやすいタトゥーを彫っているなら、盗みの方法を変えるべきだったよね。政治家にもなれるよ。
彼はまちがいなく本日のダーウィン賞の受賞者だね。(ダーウィン賞とは自業自得としかいえない愚かな行為を実行することで自分の遺伝子を抹消し、人類の進化に貢献したという者に送られるという賞:ブラックユーモア)
↑彼はもらえないよ。まだ生きてるもの。ウィキペディアより:死や自分自身の遺伝子の抹消により、自分の遺伝子を残さないことである固体が陣対の進化に貢献すること、その行為。
たぶん彼は別の日に彼女を襲うつもりだったんだわ。なんて哀れな人!
かわいそうな人!
ばかにつける薬はない!
↑あるよ。知識や治療。
↑ないよ。誰かを賢くすることができたなんて証拠ないし。IQはIQ。変えられない。おしまい。
↑何言ってるの?何をもって証拠というのかわからないけど、数え切れないほどの論文で人のIQは20点以上人生のうちで上がるといわれているよ。人は自分自身への可能性をいつも持っているんだよ。
彼は一度も学校で注目されたことがなかった人に違いないよ。薬が関係しているね。でないとこんなにばかなことをするわけないよ。

やはり容疑者が被害者に友達申請を送るという、不可解な行動がみなさんの注意を集めていますね。彼の行為をばかげていると考えている人がほとんどです。

真相はどうなのでしょうか。彼は彼女と本当に友達になりたかったのか?強盗に入ろうなどと思ったのか?スリルを求めて?彼は自分のタトゥーが見られていないと思ったのか?その後の詳細が記事として出てくることを祈ります。

facebookでの知らない人からの友達申請には十分注意し、一度自分のプライバシー設定についても、見直してみましょう。

またひったくりなどの犯罪に遭遇したあとには、自分の個人情報が犯人に伝わってしまったことをよく理解し、facebookでのやりとりや家での施錠や家族への情報伝達など、注意するようにしましょう。

(参考)http://abcnews.go.com/Weird/wireStory/robbery-suspect-friends-
victim-facebook-23942678
http://www.nydailynews.com/news/national/washington-robbery-suspect-
friends-victim-facebook-cops-article-1.1812680
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2139424/Half-Facebook-
users-accept-friend-requests-strangers-13m-U-S-users-NEVER-
opened-privacy-settings.html

間抜けすぎるけど捕まってよかった。Facebookがこんな使い方されるなんて、マークザッカーバーグもビックリだろう。強盗が友達申請してくるなんて、笑い話になっちゃうが、本文でも書かれているとおり犯罪も起きているので、利用する人は十分注意してほしい。

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.