当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【質問】「出合い系サイト」と聞いて悪いイメージはありますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/05/02

W489
あなたはどこで異性と出会いますか?お見合いは古臭い感じがするし、合コンはちょっと躊躇してしまう。

でももしも、学校や職場にいい人がいなかったり、自分の生活リズムが周りとずれていたり、または出会いを求めてバーや相席居酒屋に行くなんてことは面倒くさいと思ったらどうしましょう。

「出会い系サイト」は交際手段の王道!?

そんなあなたに朗報。今、海外では、自分の好きな時間に、自分の求める条件にピッタリ合う恋人を見つける方法が人気を博しています。それは、ネットでの出会い。

日本では「出会い系サイト」というとまだ少数派というイメージがつきまといますが、アメリカやイギリスの若者は至って自然にインターネットを利用してデート相手を見つけています。

今、アメリカで恋人がいない人のうち、4000万人、実に5人に2人がネットの出会い系サイトを使用しているそう。

さらに、若者全体で見ても、5人に1人がネットの出会い系サイトユーザーで、この内3人に2人はネット上で出会った人と実際に会ってデートをしたといいます。そして、既婚者の5%が、大切なパートナーとネットをきっかけに出会ったのだそう。

とは言っても、恋人とどこであったのかと聞かれた時、「ネット」と答えるのは少し恥ずかしいと思うかもしれませんね。だけれども実は心配する必要なし。

アメリカでは約5人に3人が、「ネットを介した出会いは素晴らしい出会いの方法である」と考えているのです。

これらを見れば、日本の人々が持ちがちな「出会い系サイト」というレッテルはもう古臭いものになっていると思いませんか。

ネット出会いの成功の秘訣

それでは、今回は、ネットで出会った彼氏を夫に持つ一人の女性が、自身の経験をもとにした、インターネットでの出会いから恋愛を成功させる秘訣を紹介しましょう。

来るチャンスのためにこれさえ予め心得ておけば、あなたの出会いの可能性は数次元分広がる事間違い無しです。

①安全が第一、当然ね。

あなたの住所や勤務先や以前の交流について余り書き過ぎないこと、そして絶対に公共の場所で会うこと。それから自分の直感に従うこと。何かがおかしいと思ったら、それは多分本当だから。

私は6ヶ月間変な人とチャットをしていて、変なメールをもらったりしたの。でも大体の場合は安心できたわ。

②互いのルールを作りましょう。でも、相手の自由は忘れないで。

私はデートで幾つかの教訓を学んだのだけれど、まずセルフィーをプロフィール写真にする人とは絶対に付き合わないわね。それから音楽の趣味が合うからと言って他のいろいろな合わない部分を埋め合わせてくれはしないことも学んだわ。

③ネットのコミュニケーションはだらだらしがち。次のステップに移るタイミングを見極めて。

実際の世界では、他の人と会話をだらだら続けながら一緒にいることなんてないと思うけど、ネット上では一日中会話を続けたり、一方ではちょっとしたことで関係が途切れてしまったりするの。悲しいけどそれが事実ね。

相手はあなたに興味が無くなったと言う代わりに返信をよこさなくなるわ。相手に返信をせがむこともできるけれど、彼の行動自体が興味のなさを表していると捉えて次に進む方が賢明ね。

④自分に素直に、相手に素直に。気恥ずかしさは災いのもと。

もしあなたがいやと言えない人だったら、ネットでそれをためしてみるべきだわ。すこしくらい失礼に思えたとしても、自分の時間を意味のないやり取りに使うよりはずっとましだと思うもの。

例えばデートで早く帰るのは躊躇してしまうことだけれど、それって後々気乗りのしないデートに行くことよりも問題なことなのかしら。

⑤機先を制せよ!デートの約束はなるべく早く。

デートをする前にたくさんのチャットをして情報交換をした方が安全に思えるかもしれないけど、実際にデートに行くのは相手について知る上で最も効率的な方法よ。偉大な文通友達も、実際のパートナーには勝らないわ。

⑥ファーストデートはお食事?そんなの問題外です。

過ごしたことのない人とどのように時間を過ごす?それならお茶やコーヒーブレイクをするべきね。もう一度この人と会いたいかどうか、5分でわかるわ。豪華な肉料理は時間を無駄に長引かせてしまうけれど、お茶は短い時間で済むからね。

⑦お気に入りの場所はデートに選ばないで。

初デートの場所にお気に入りのコーヒーショップは選ばないで。もしデートがうまくいかなかったら、その後その人があなたのお気に入りの場所に入ってくることになるのを想像してごらんなさい。

⑧自分の中に起きる化学反応に正直になりなさい。

表面だけの人間に全く魅力はないと、正直にお伝えしましょう。化学反応は恋愛において重要な要素で、見た目の美しさが化学反応に作用するわ。

とは言っても、もとのキャラクターが大事なのであって、外見的な魅力は変わり得るから、見た目の美しさに気を使いすぎる必要はないというのは正しいわ。だけど、自分自身もかっこいい人やきれいな人を好きになるでしょう?

⑨おしゃれは引き算で。

恋愛コラムの筆者はよく、「ありのままの自分」でいなさいと言うわね。でも最初のデートで「ありのままの自分」でいることは言うほど簡単じゃないわね。

自分らしい服装でいることは自分らしさを保つ一番簡単な方法かもしれないわ。私も昔みたいに流行を追うのをやめて、自分の好きな服を来てみることにしたのだけれど、やっぱりそれが一番心地よいわね。

どうですか?インターネットでの出会いは、恋愛先進国アメリカでSNSと同じくらい身近な出会いのプラットフォームになっているのです。それが日本に普及するのも間近。

おしゃれ番長が季節を先取りしておしゃれアイテムを着こなすように、一足先にオンラインでの出会いと交際を実現すれば、あなたも一気に恋愛上級者間違いなしです。

ネットでの出会いの難しい点は、誰かにメッセージを飛ばした時に返事が全然帰って来ないことだと思うね。
チャットを「やあこんにちは」から始めるのが問題だよ。そうじゃなくて、一文目から内容のある会話を始めるよう努力する方法がいいと思うよ。
私はネット交際を何度も経験しているから、以下のアドバイスも付けたいわ。まず、出会いのもとのサイトは他のSNSと同じと考えるべき。あまり深く考えないこと。それから、返事が来なくても心配しすぎないことね。
もし僕がネット交際について聞かれたら、大体こういう風に答えるね。ネット交際はブラインドデートの一歩上に過ぎないと。
それから大体みんな正直だけどほんのすこしの人は嘘をつくって考えるといいよ。それからそこで本当にパートナーを探しているのなら、余裕を持った方がいいかもね。仕事を探すのに1年かけるのに、なぜパートナー探しはそんなに急ぐのかな?
私も妻とはネットで出会ったんだけど、個人的にはオンライン交際ってすごくいいと思うよ。バーで初対面の人に話しかける勇気はないからね。
オンライン交際では実際にデートをする前に1、2回のデート分の労力を使うと考えた方がいいな。自分はパートナー探しの際、最初に出会った人に子供がいたことが後から発覚したからね。
僕は初対面の人と話すのが苦手なんだ。それに自分たちが合わないことを知るまでに時間がかかるのも嫌いだね。
私は今付き合って5年になる彼氏とネットで出会ったのよ。いろんなサイトを探したんだけど、自分に合うサイトを探すまでにかなり時間がかかったなー。
私が今まで一番使ってみてよかったサイトの条件は、自分の顔写真が登録されていることね。相手は自分の顔を事前に見て選んでくれているわけだから、その後実際に会った時に想像と違った!なんてことにならないの。
ネット交際のベテランとして僕も思うことが有るのだけれども、もし個人情報をネットに晒したくなかったら、絶対にメールアドレスと電話番号は公開してはだめだよ。それからツイッターで使っているユーザネームと同じ名前を使うんだ。

それからプロフィールに愚痴をこぼしてはだめだよ。怒りっぽい人と付き合いたい人なんていないからね。

自分が興味のない人とつるんではだめだよ。中にはおかしい人や、変な性癖を持っている人がいたりするからね。
ブロック機能をうまく使うことも大事だよね。もし、たとえ一万年あったとしても付き合いたくないような人が要るとしたら、その人とサイトで交流する必要もないよ。
ネット交際を有意義にしたいなら、サイトの仕組みを正しく知ることも大切だね。どのサイトではたくさん質問に答えるべきだ、とかね。
私はデートサイトを文字通り10年愛用しているのだけど、ニューヨークにいると、特に30歳を過ぎるとデート相手を見つけるのはすごく大変になるわね。わたしもかなり時間の無駄遣いをしちゃったわ。
私は、他では絶対に出会わないような人とオンラインで出会って今に至るから、使う価値って絶対あると思う。
ぼくはずっとmatch.comというサイトを愛用しているよ。
はじめから自分がほしいパートナーの条件に合った人を探して、その人とデートをすることができるというのは、オンラインデートのとてもいい点だと思うね。
日々の中に出会いを期待するのはロマンチックだけれど、毎日忙しいとそうもいかないからね。現代化社会ではオンラインでの出会いは合理的だね。
出会いの形はなんであれ、その後に素敵な関係が気付けることが一番大切だわ。

アメリカでは、インターネットへの個人情報の公開や男女の話題についてオープンな雰囲気があります。ネットと現実の垣根が低く、ネットでの出会いが現実のデートにつながりやすいというのも事実です。

日本ではまだまだ保守的な人が多く、インターネットでの出会いに対して慎重な人も多いかもしれません。一方で、だからこそインターネットの使い方のマナーがきっちり決まっており、けじめのある使い方ができる人が多いことも予想されます。

ネットでの出会いが出会い方の主流になったとしても、互いのことを思いやりながら常識を踏まえたな使い方ができる人が多いはず。

何より、誠実で少しシャイなところも多い日本人にとって、事前に相手のことを見極めて、自分のペースでゆっくりと距離を縮められるインターネットは格好の恋愛ツールになりうるのではないでしょうか。

以前よりは一般的になってきたかもしれないけど、まだまだ結婚式などで「出会いは出合い系サイトです」とは言い難いかもしれない。でも今後は欧米なんかのようにもっと普通になっていくんだろうな。

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年5月2日 10:43 PM

    アシュレイ・マディソンのステマか何か?

  2. 日本の名無しさん
    2016年5月3日 4:24 AM

    ※1
    そういえばそんな事もあったね
    でもSNSって範囲広くないか?

  3. 日本の名無しさん
    2016年5月3日 4:17 PM

    出会い系サイトと聞くと、「女はみんなサクラ」「メール一通500円」「犯罪」というイメージがまず浮かぶ。
    まともなイメージがない。
    一方で、かつてはmixiなんかの『コミュニティ』は、良い出会いの場になっていたと思う。オフ会で好きな趣味を通じて付き合う。それで結婚した同人作家の知り合いは一組や二組じゃない。

  4. 日本の名無しさん
    2016年5月6日 7:06 PM

    出逢い系サイト=売春サイトじゃね?
    まあ、中には本当の出逢いを探して要る人も居るには居るが、そんな人は一割にも満たないと思うね。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.