当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

お問い合わせ

golden.zipangu@gmail.com

ミイラ取りがミイラに!?パトロール中の警官が逮捕された珍事件

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/28

W419
アメリカ・オハイオ州にて、パトロール中だった警察官。ある車を止め、運転手に事情聴取をしていたのですが、逆に逮捕されてしまったという珍事件。一体何故??

アメリカでは、パトロール中の警察官が事情聴取の為に車を止める場合があります。止める理由は色々。

スピード違反などの交通違反をした場合、自分が運転していた車が盗難などで、なんらかの登録をされていた場合、(これは特に中古車をディーラーから買わず、個人で売買した場合によくあります)または、いかにも怪しい雰囲気を漂わしている場合…。

01

警察官が捕まった??

ある日曜の夜、オハイオ州ノースキングスヴィルにて、パトロールをしていた警察官がある一台の車に目を留め、運転手に路肩に停車するよう呼びかけます。運転手は自分の車のすぐ後ろで、青い非常灯を光らせるパトカーを見て、慌てて車を停止させます。

ところが、パトカーらしき車の中から出てきたのは私服の男。そしてこの警察官らしき男は、何度も「自分は本物の警察官だ」と説明していたということですが、警察官のバッジも制服もなく、何だか怪しいと思った運転手。

実はこの運転手、何と覆面捜査官で本物の警察官!結局この怪しい警察官を装った男は、信じてもらえなかったという事実と、本物の警察官に出くわしてしまったという驚きとでその場から逃走。

その後この覆面捜査官の通報により、まだ現場付近を徘徊していた「自称警察官」を逮捕。男の名前はマルドナド、42歳。何故この男が覆面捜査官を止めたのかは分かっておらず、ただ行き当たりばったりで止めた可能性が高いとのこと。

法廷では、警察官になりすましたとして6ヵ月の実刑という判決が下されたとのことです。

このニュース、なりすましてただけで最悪な結果にならなかったから良かったものの、もしかしたらこの覆面捜査官を止めていなかったら、どうなっていたか分からないよね?
この前も他の州で警察官になりすましてた奴による、凶悪な犯罪があったばかりじゃないか?
警察官に止められて、もう素直に車を停めたり出来ないじゃん。
これは重罪として扱うべきよ。こんな軽い判決で済ませるから、またこうやって偽の警察官による凶悪犯罪が増えるのよ。
銃を携帯していなかったから重罪扱いにはならないさ。
カリフォルニア州やミシガン州では立派な重罪よ。覚えてる?警察官のユニフォームも手に入れて、パトカーと同じように車も改造して、若い女性を止めては暴行したっていう事件。結局彼の父親がその州のお偉いさんで、無罪になったんだから!許せないわ。
この男が何もしていなかったから6ヵ月の実刑で済んだのかもしれないけど、本当はこの後もしかしたらとんでもない凶悪事件を引き起こしていたかもしれない。警察官はもっと調べるべきだ。6ヵ月なんてすぐ。また出てきて今度はもっと恐ろしい事件になるかもしれないんだぞ!?
毎日沢山の警察官がパトロール中に銃で撃たれて殉職してるんだ。この男はこんなバカげたゲームをしていたにもかかわらず、命を落とさず済んだんだ、有難く思うべきだよ。そして今後はまっとうに生きるべきだね。
今回捕まっていなかったら、次の日には女性をターゲットにしてきっととんでもない暴行犯罪を起こしていたに違いないわ。
結局この男は連続殺人犯と連続レイプ犯になる前に逮捕されたのか?そして6ヶ月後には釈放、おいおい、これは重罪にすべきだろ。
まだ起こってもいない事件で彼を重罪にするのはどうかな?だって現に女性を止めていたわけでもない。もしかしたらただ本当に警察官に憧れてなりすましたかったのかもしれないんだぜ?
違う違う、きっとこの男、警察官になりすまして、ドーナツとコーヒーをタダでもらいたかったんだよ。
とりあえず彼の指紋と、過去の事件で採取された指紋とを全部照らし合わせるべきだね。
ハリウッドはこれで一本映画を作るべきだね。
彼が本当に凶悪犯であれば、本物の警察官を撃ってから逃走してるはずよ。銃も携帯していない程の人よ、そこまで凶悪犯だと決めつけなくてもいいと思うわ。
警察官だと信じて車を停めて、その後金銭を取られたり、暴行事件に至ってしまった可哀想な女性が実際沢山いるのよ。こんな馬鹿げたことする人はみんな一緒、重罪よ。
この覆面捜査官がなんで止められたってことに一番興味があるんだけど・・・
私、二度も偽警察官に止められたことあるの。大体はこれ、絶対本物じゃないよね?って分かるけど、一度本物の私服の警官に止められた時があった。

その時も偽物だと思って逃げ続けたんだけど、結局本物だって分かって、車線変更のシグナルを出し忘れててたから止めようとしてたんだって・・・。そんなの分かるわけないじゃない!?

この覆面捜査官がなんで止められたかって、発表されないのもおかしな話じゃないか?何らかの違反をしていなかったら止めてなかったと思うんだけど。
ペンシルバニア州ではいつも起こることよ。偽警察官だらけなんだから。

最初このニュースを見た時に、「警察官になりすましていた男が、本物の警察官を事情聴取しちゃった、マヌケな事件」だと思いました。

コメントを読んでいるうちに、平和ボケしてる。という反省感と、日本って本当に安全なんだなって、改めて考えさせられました。

偽警官による事件があまりにも多いというアメリカ。州によってその件数は違うものの、日本でこのような事件はほとんど起こりません。ましてやその偽警察官に止められた後、凶悪な事件に発展しているというから、もう誰を信用したら良いか分からない。

後ろで非常灯を照らし、「止まりなさい」と言われたら、素直に車を停めるのが当たり前。「偽警官かも」と思いそのまま車を走らせたら、発砲される可能性だってある。どこで境界線を引いて、どうやって見分けるかなんて見当もつきません。

そんな心配がない日本、本当に安全です。改めて日本の治安の良さに感謝しなければと思わされる事件でした。

(参考)http://www.huffingtonpost.com/entry/fake-cop-pulls-over-real-cop-
gets-real-charge-real-cops-say_55c0bfefe4b06363d5a35e71?utm_hp_
ref=dumb-criminals
http://www.people.com/article/fake-cop-arrested-after-pulling-over-real-cop-
ohio
http://nymag.com/daily/intelligencer/2015/08/fake-cop-pulled-over-for-
pulling-over-real-cop.html
http://img.huffingtonpost.com/asset/scalefit_630_noupscale/55c0c45417000
02600566824.jpeg

そんなにニセ警官が多いんだぁ。偽物のバッジだって今だったら簡単に作れそうだから、何を信じたら良いかわからなくなる。日本にもそのうちニセ警官が増え出すのかな?

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年2月29日 8:03 AM

    まあ
    偽・海外の反応ブログも多々ある事だしw
    ネットやマスコミ、実社会でも見た目の情報を鵜呑みにせず
    自分の見識広げて判断するしかないんだよなぁ

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.