当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

幸運の象徴!?日本にヘミングウェイも愛した6本指の猫

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/12/07

w725

01

通常猫の足は5本指で、親指は退化して離れています。しかし、近親交配等が原因で多指症になった猫は指が6本、7本になることがあります。

そして、多指症の猫の足は親指も他の指と同じ場所に並んでいます。そのため、まるでグローブのように幅が広く、ミトンキャットとも呼ばれています。

02

とっても器用な親指を持つ猫

この多指症の猫達は普通の5本指の猫よりも器用なことが多く、船の帆やロープを伝って歩くのが得意なんだそうです。

そのため作家のアーネスト・ヘミングウェイは幸運の猫としてかわいがっていたそうです。そこからヘミングウェイキャットとも呼ばれています。

肉球は猫の魅力の1つです。あのぷにぷにとした感触に癒される人も多いのではないでしょうか。その肉球がたくさんあったら・・・。

そして、ミトンのような手で器用にロープを掴んだり、船のマストを登ったりする様子を想像すると、猫好きにはたまらないですよね。そんなヘミングウェイキャットを飼っている投稿者に対して、カワイイ!!のコメントが殺到しています。

みんなにルナを紹介するわ。彼女は短い尻尾と、それぞれの手足に6つの指を持っているの。もちろん、それぞれに6つの爪があるわ。(ヘミングウェイキャットの飼い主)
なぜボブテイルにしたの?猫にはバランスをとったり、ジャンプするために尻尾が必要なんじゃないの?
↑これは生まれつきなの。そういう品種なのよ。
↑そうそう、わたしもマンクスを飼っていて、尻尾が短いんだけど、みんなひどい虐待があって切られたんだって思うの・・・
事実として、多指症は優性遺伝だ。だから、親が多指症なら子供もそうなるね。
それって、親指も一緒に並んでるの?だって普通、親指は退化して離れているからメインの肉球は4本指なのよ。全部一緒に並んでるのね?
超カワイイ!
ゴージャスな猫ね!
親指猫最高。
↑彼女はアイスクリームコーンも持てるの!
↑それに彼らは普通の猫が苦労してする、あらゆる種類のことを、完璧にこなせるんだ。
↑猫にできるアクティビティはもっとたくさんあるわ。猫セルフィー、猫ストレスボール(にぎにぎするやわらかいボール)、猫バンパー(車のバンパー)、猫ティータイム・・・
↑それにトイレを流すこともね!
ビールの缶を開けるためのもう1本の指なのよ。
↑缶を開けるため?バカ女め、猫が深夜にキッチンナイフで殺人を始めようとしているんだよ。
↑わたしは缶を開けるのに親指なんて使わないけど?
↑君は缶をあける時に、おさえるために親指を使ってるね。
なんてかわいいの。でも待って、この猫達はドアを開けられて、缶オープナーが使えて、銃を構えてそして狙いをつけて・・・
↑心配要らないよ!俺達にはトリセツがある。猫が銃を適切に所有することを学習するためのね。
ルナ?セーラームーン??
彼女はパーフェクトね!
全ての猫はパーフェクト!でも中にはもっとパーフェクトな猫もいる!
ねえ、その手1本貸してくれないかな?うちの猫、先週ストーブの後ろにジャンプして1本ほとんど切ってしまったんだ。だから切断手術に同意しないといけなかった。
悪魔の仕業だな。
私が子供のとき、田舎のリトルリーグで女の人が箱に”猫あげます”って書いて持ってたのを思い出した。それが、全部6本指の猫だったの。でも、その女性は一匹も引き取りたくないって言うの。

理由は猫達が悪運を運んできたからだって。あなたが6本足の猫に愛情を持ってくれて嬉しい。あなたの猫ちゃんはとっても魅力的よ。

私たちは不完全さを持つ幸運の猫から学ぶことができたわよね。いつか不完全さを持つ人々のことも、歓迎できる日がきますように。
彼女のジェリービーンズみたいな肉球を見る必要があるわ・・・っ・・・これは科学のためよっ・・・
108%猫だな。
私は猫が親指で物を掴むのを、実際に見たことあるわ!彼女はそれができるの?ところで、彼女、完璧なかわいさね!!
かわいい猫だね。でも、おれはキー・ウエストに住んでる。こんなミュータント猫達はこの辺りに大量に生息してるから、どこでも見られる。(おっと、ミュータントってのは悪意がある呼び方じゃないぜ)んで、そいつらはヘミングウェイキャットって呼ばれてる。

おい、この場所がそんなに人気なのか?6本指の猫が通りをうろうろしてるのは珍しいのか?だったら、写真を撮って、記事書くよ。それに、ヘミングウェイは俺の好きな作家だから、彼の家にまた行く口実になるしね。

↑あなた、自分で聞いて、自分で答えてるわよ。

出会えたら幸運になるかも

6本指の猫が珍しく、器用な様子から”幸運の象徴”とされてきたようです。確かに、普通の猫ができないようなことをやすやすとこなす珍しい猫には、生まれつきのラッキーがそなわっていると考えられても不思議ではないですよね。

6本指で歩く姿はライオンの歩き方に似ているという人も多くいます。

普通の猫が4本指を使って歩く(親指は退化していて、普段歩くのには使っていない)のに対して、6本または7本の指全てが地面に接する堂々とした歩き方にも魅入られてしまいそうです。

また別のヘミングウェイキャットの飼い主さんの、猫の手でアイスクリームのコーンも持てるというコメントにも驚きます。そして海外ではCMが作られるほど、6本指の猫が広く知られているようです。

ヘミングウェイキャットを検索してみると日本でも、多くの人に飼われているようです。幅広で手袋のような彼らの足としぐさに、メロメロになっている飼い主さんのブログを複数見つけることができます。

日本ではまだ見かけることが珍しい6本足の猫、飼い主さんは、その猫と出会えたことがラッキーなのかもしれませんね。

(参考)https://www.reddit.com/r/aww/comments/54hcz2/reddit_meet_
my_kitty_luna_shes_a_bobtail_with_6/
http://cats.wikia.com/wiki/Polydactyl_cat

見た目じゃなく、精神や身体的に問題がないか不安。写真を見る限り問題なさそうだけど。なにか可愛そうな気がする。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年12月8日 12:01 PM

    珍しくもなんともない
    そこら辺にゴロゴロいる

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.